Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-02

スーパーボール2015 人気CM TOP10

f:id:y_sequi:20150123162007j:image

Patriotsの劇的な逆転勝利で終わったSuperBowl2015。CMランキングの方はSuperBowlらしいエンタテインメント作品だけではなく、近年のストーリーテリングの傾向通り、SadvertisingやFemvertisingがランキングしている。早速、発表されたばかりの"USA Today Ad Meter"の結果を見てみよう。

1.Budweiser, “Lost Dog”

昨年空前の大ヒットを記録した"Puppy Love"の続編。今回はあの子犬が迷子になり、親友の馬が助けに行くというわかりやすい続編の作り方だ。

D

因みに昨年の"Puppy Love"。

D

2.Always, “Like a Girl”

昨夏、超絶ヒットを記録したヴァイラルビデオ“Like a Girl”を30秒に再編集してオンエア。大人の女性や少年に"女の子らしく走って""女の子らしく投げて""女の子らしく喧嘩して"と要求すると、みんな同じように振る舞う。次いで女の子に同じ質問を投げかけると、全く違う、ありのままの自分を表現する動きをする。

このビデオが問題にしているのは"女の子らしい"というステレオタイプに大人がはめようとするあまり、彼女たちは萎縮し、やがて自分らしさを失ってしまう...というポイント。Always(生理用品)は、そういった部分に疑問を投げかけている。

D

3. Fiat, “Blue Pill”

嫁の招きに応えるべく爺さんがバイアグラを飲もうとするが...。これぞSuperBowl CM。欧州車らしいムードもあって良いです。Fiatのランクインって初めてでは無いか?

D

4. Microsoft, “Braylon”

Microsoftのテクノロジーが生まれながらにして両足に障害を持つ子供を救うというSadvertising。Microsoftの上位ランク入りも珍しいです。SuperBowlにおける、こういった涙の物語への人気の傾斜は時代の変化を感じずにいられません。

D

5. Doritos, “Middle Seat”

トップ争い常連のDoritosが5位。勿論、この作品はユーザージェネレーテッド。自分の隣の席に人を座らせない奴は、当然報いを受ける。(Doritosという至福のスナックを子供に食べられてしまう)

D

6. Dodge, “Wisdom”

"目を開けて、時々黙るんだ""文句を言うな""二の足を踏むな"...結構説教臭い内容。語っているのは皆100才以上の老人で、その経験から語っている。そして、Dodge創業100年の歴史から多くを学んでいる。これが6位...。

D

7. Toyota, “My Bold Dad”

トヨタのTOP10もお初かも。父親の強さと優しさ...家族の価値を伝えるCM、最近多い。これまで散々個人主義を主張し、一家に一台から一人一台へと推進することで家族を崩壊させてきた自動車ブランドのこの手のメッセージには違和感感じずにはいられない。

D

8. Coca-Cola, “Make It Happy

ソーシャルブリング(虐め)が横行する中、あるサーバー管理者が、Coca-Colaをサーバーに零すと、ネットワークにCoca-Colaが流れ、みんなをハッピーにするというCoca-Colaらしい社会問題へのコミットをプッシュする物語。

D

9. Nissan, “With Dad”

レーサーとしてのキャリアか家族か...その狭間でもがく1人のレーサー。そして、後者を選択。

D

10. Doritos, “When Pigs Fly”

豚が空を飛べばDoritosあげるよ!...という男の言葉にのって、豚を飛ばせるキッド。今年のDoritosはランキング的に低調でした。CMのクオリティというより、時代の要請が変わったという感じです。

D

2015-01-06

フェイスハック

f:id:y_sequi:20150106031828g:image

昨夏、話題になったFace Hacking"OMOTE"の続編となるプロジェクトで(同じく)浅井宣通が手掛けている。被写体は驚くことに香取慎吾と草 剛(SMAP)。ジャニーズの先物買いだろうか。

D

キャスティングはともかく"OMOTE"と同じくプロジェクションのクオリティが超絶的だ。

2015-01-05

映画の世界に飛び込む"Secret Cinema"

f:id:y_sequi:20150105042351j:image

映画の世界を楽しむのはUniversal Studioが一番かと思いきや、その上を行くかも知れないサービスがある。"Secret Cinema"だ。その名の通り、テーマとなる映画も会場もシークレットの状態で告知・券売。そして、開催日が近づくと指定の服装や料金がメールで案内される。つまり、映画のイメージに合わせて仮装して参加する訳だ。

f:id:y_sequi:20150105042732j:image

例えば、昨夏に実施された"Back to the Future"では、ポニーテールに赤い口紅、水玉模様のドレスといった1955年ファッションでPM5:00にEast London駅集合。エントリー後、スクールバスに乗り込み、会場となるハイスクールの前で降りる。会場はHill Valleyのイメージで演出されている。そして、映画の世界を反映した数々のアクターたちが参加者に話しかけ、1955年のHill Valleyの世界に引き込んでいく。Hill Valleyのカップに入ったモスコミュールが6ポンドで売られている。

f:id:y_sequi:20150105042801j:image

次に目にするのはエクセレントな"Clock Tower"(Town Hall)やLou's Diner。郵便局では2014年の友人に手紙を書くことを勧められ、Hill Valleyの家に入ったりすることもできる。そしてPM8:00になると"Clock Tower"を舞台としたショーが繰り広げられ、最後には映画鑑賞で締めくくられる。

D

"Prometheus"やロビン・ウィリアムズ追悼イベントとして"いまを生きる"なども実施された。

D

D

今ではロンドンだけの開催ではなく、世界各地で受け入れられつつあるとのこと。見る限り、イベントのクオリティが高く、テーマとなる映画を告げられなくてもチケットが買えるイベントです。日本でもやって欲しい。

2014-11-26

レコードを回すと音+ビジュアルの新たな世界が広がる

f:id:y_sequi:20141126120711p:image

Lary "Future Deutsche Welle"のアニメーションディスク"Motion Vinyl"。デザインは"Typeholics"。回転する盤面をハイシャッタースピードで撮影すると魅惑の世界が広がる。

文字や画の変化がスクリーンと見紛うほどのクオリティ。魅せるDJプレイに効きそうです。

2014-10-02

この質感・動き、もはやこれは人にしか見えない...。

f:id:y_sequi:20141002171944j:image

Final FantasyのCGのクオリティがいくら凄くても人間の目はCGのクオリティに比例して、その真偽を見抜こうとする能力を発揮すると思っていたけど、このChris Jonesがつくった"Ed"を見た時、人間の真偽を見極める能力の限界を悟った。

D

Lightwave, Sculptris, Kritaという3つのソフトウェアをつかっているようですが...質感・動き共に人にしか見えず、若干の恐怖を感じます。