Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-02

スーパーボール2015 人気CM TOP10

f:id:y_sequi:20150123162007j:image

Patriotsの劇的な逆転勝利で終わったSuperBowl2015。CMランキングの方はSuperBowlらしいエンタテインメント作品だけではなく、近年のストーリーテリングの傾向通り、SadvertisingやFemvertisingがランキングしている。早速、発表されたばかりの"USA Today Ad Meter"の結果を見てみよう。

1.Budweiser, “Lost Dog”

昨年空前の大ヒットを記録した"Puppy Love"の続編。今回はあの子犬が迷子になり、親友の馬が助けに行くというわかりやすい続編の作り方だ。

D

因みに昨年の"Puppy Love"。

D

2.Always, “Like a Girl”

昨夏、超絶ヒットを記録したヴァイラルビデオ“Like a Girl”を30秒に再編集してオンエア。大人の女性や少年に"女の子らしく走って""女の子らしく投げて""女の子らしく喧嘩して"と要求すると、みんな同じように振る舞う。次いで女の子に同じ質問を投げかけると、全く違う、ありのままの自分を表現する動きをする。

このビデオが問題にしているのは"女の子らしい"というステレオタイプに大人がはめようとするあまり、彼女たちは萎縮し、やがて自分らしさを失ってしまう...というポイント。Always(生理用品)は、そういった部分に疑問を投げかけている。

D

3. Fiat, “Blue Pill”

嫁の招きに応えるべく爺さんがバイアグラを飲もうとするが...。これぞSuperBowl CM。欧州車らしいムードもあって良いです。Fiatのランクインって初めてでは無いか?

D

4. Microsoft, “Braylon”

Microsoftのテクノロジーが生まれながらにして両足に障害を持つ子供を救うというSadvertising。Microsoftの上位ランク入りも珍しいです。SuperBowlにおける、こういった涙の物語への人気の傾斜は時代の変化を感じずにいられません。

D

5. Doritos, “Middle Seat”

トップ争い常連のDoritosが5位。勿論、この作品はユーザージェネレーテッド。自分の隣の席に人を座らせない奴は、当然報いを受ける。(Doritosという至福のスナックを子供に食べられてしまう)

D

6. Dodge, “Wisdom”

"目を開けて、時々黙るんだ""文句を言うな""二の足を踏むな"...結構説教臭い内容。語っているのは皆100才以上の老人で、その経験から語っている。そして、Dodge創業100年の歴史から多くを学んでいる。これが6位...。

D

7. Toyota, “My Bold Dad”

トヨタのTOP10もお初かも。父親の強さと優しさ...家族の価値を伝えるCM、最近多い。これまで散々個人主義を主張し、一家に一台から一人一台へと推進することで家族を崩壊させてきた自動車ブランドのこの手のメッセージには違和感感じずにはいられない。

D

8. Coca-Cola, “Make It Happy

ソーシャルブリング(虐め)が横行する中、あるサーバー管理者が、Coca-Colaをサーバーに零すと、ネットワークにCoca-Colaが流れ、みんなをハッピーにするというCoca-Colaらしい社会問題へのコミットをプッシュする物語。

D

9. Nissan, “With Dad”

レーサーとしてのキャリアか家族か...その狭間でもがく1人のレーサー。そして、後者を選択。

D

10. Doritos, “When Pigs Fly”

豚が空を飛べばDoritosあげるよ!...という男の言葉にのって、豚を飛ばせるキッド。今年のDoritosはランキング的に低調でした。CMのクオリティというより、時代の要請が変わったという感じです。

D

2014-02-03

世界最高峰のイベントには世界最高峰のゲート

f:id:y_sequi:20140203063450j:image

世界最高峰のスポーツイベントともなると入場ゲートまで拘るのか。スーパーボールのハーフタイムショースポンサーであるPepsiがMetLife Stadiumにダイナミック且つ素敵なデサインのゲートを設置し、観客を出迎えるようだ。

f:id:y_sequi:20140203063718j:image

f:id:y_sequi:20140203063716j:image

f:id:y_sequi:20140203063715j:image

PepsiのGlobeマークを基調としているんだけど、このマークを重ねて作られたボトルが印象的だ。

f:id:y_sequi:20140203064503j:image

f:id:y_sequi:20140203064502j:image

f:id:y_sequi:20140203064501j:image

デザインはデザインオフィスの“Pentagram”が担当。トヨタカップ日本シリーズとか、日本で実施するイベントでももっとゲートに拘っても良いかも知れません。

2013-12-26

試乗新手法〜既存オーナーの車を試乗

f:id:y_sequi:20131226111405j:image

ハウスメーカーが顧客の家をショールーム的に公開するというイベントがあるけど、TOYOTAがノルウェイでその手法を模したハイブリッド車試乗キャンペーンを実施した。

まず、トヨタのハイブリッド車オーナーに声をかけ、Facebookで試乗車輌として登録するよう呼びかけ。驚くことに報酬はゼロとのこと(確か、ハウスメーカーの場合は2万円程度の報酬があったハズ)。そして、登録オーナーの中から何人かが「私のハイブリッドに試乗してみない?」と広告出演。

f:id:y_sequi:20131226111438j:image

試乗希望者はFacebookで最寄りのオーナーを探索。オーナーがFacebookの友達あるいは友達の友達なら試乗申し込みが可能とのことで、小さな国・ノルウェイだとこれで全人口の1/3をカバーできてしまう。後は両者が直接会って試乗という運び。

f:id:y_sequi:20131226111727j:image

D

トヨタは新規顧客の獲得に問題がある一方でロイヤルティが高いという特徴があり、強みで問題を解決した形だ。日本でもPriusコミュニティの熱狂ぶりが有名だけど、ノルウェイでもそうなんですね。上手いやり方です。

2013-08-07

48000個のLEDを纏ったMINIがあなたを映し出しながらロンドンの街を疾走

f:id:y_sequi:20130807193128j:image

少し前に「ピンクのクラウン(トヨタ)」が話題になったけど、自動車のボディ全体を48,000個LEDで覆うとは凄い発想。これはMINIの“NOT NORMAL”キャンペーンの一環として実施されている“MINI ART BEAT”なる企画なんだけど、確かに「普通じゃ無い」。

D

D

ビデオにあるように、あなたのビデオまたは写真をアップロードすると、あなた自身がデザインされたMINIがロンドンの街角を疾走し、その模様がYoutubeにアップロードされるという仕掛け。

f:id:y_sequi:20130807192938j:image

MINIファンは忠誠心が高そうだから、きっと投稿が殺到するんでしょうね。

2012-10-18

民家やビルをすり抜けてパレードするスペースシャトルの最後のミッション

f:id:y_sequi:20121018170038j:image

先週末、スペースシャトルが最後のミッションを終えた。最後のミッションは宇宙に飛び立つことでは無く、L.Aの街中を12マイルに渡ってパレードすることだ。ちなみにスペースシャトルを運ぶキャリアの車輪は全部で160、コストは1000万ドルとのこと。

D

Los Angels TimesによってリリースされたこのTime-lapse映像を見ると、かなり苦労して民家やビルへの衝突を避けながらパレードしていることがわかる。

日本ならそういったことをリスク一辺倒で捉えがちだけど、このパレードがどんなテーマパークも敵わない最高にワクワクするイベントであることを理解している米国人にとっては、そんなリスクなんて取るに足らないことなんだと思います。パレードするシャトルを目撃した人の記憶には一生その姿が刻まれるでしょう。

※追記:深夜の準備・出発段階から丁寧に追いかけているビデオがありました。

※追記:トヨタがサポートしていたとは!

D