Campaign_Otaku RSSフィード

2015-01-28

今年のSuper Bowlでも長尺で盛り上げて短尺に誘導し、再び長尺で盛り上げるBud Light

f:id:y_sequi:20150128065323j:image

"Super Bowl 2015"1週間前ということで、30秒450万ドルというTVCM出稿料金の元を最大限とろうと、各スポンサーブランドがティザーや本編のリリースを開始している。本番までに"ひとやま"つくって、本番及び本番後の動画共有サイトの視聴を最大限盛り上げるというのはここ数年で定着した戦略だ。

その1週前に発表したブランドの1つに"Bud Light"がある。彼らの今年の作品は"Coin"。何も知らずバーに入った男がバーテンダーの勧めで、店を出て所定の場所に行くと、そこは懐かしのアーケードゲーム"Pac-Man"のリアルサイズバージョンの会場だった...というストーリー。そして、大型のコインを入れるとゲームがスタートし、自らがパックマンになって走れ回り、見事にクリア。

D

所謂、リアリティCMってやつだ。このTVCMは金曜日の"The Tonight Show With Jimmy Fallon"で発表されたんだけど、90秒の長尺。この一発を起点にSuper Bowl当日まで盛り上げることで、Super Bowlの視聴を最大化。そして、当日は30秒バージョンがオンエアされるため、全編観たい人は90秒を求めてYouTubeにやってくるという仕掛け。また、このラッキーボーイがテレビ番組などに出演し、Bud LightのCMプロモーションに一役買うことになる。

Bud Lightは昨年もリアリティCMで大成功を収めた。リアリティTV全盛時代だからだろうか。但し、Super Bowl全体を見ると、このタイプはほとんど見ない。

D

去年もバーに訪れた男が女に声をかけられ、リムジンに乗って、Reggie WattsのDJプレイを楽しみ、Minka Kellyにスタイリングしてもらい、ビルのエレベータで山羊使いに遭遇し、Schwarzeneggerとピンポンし、パーティが始まる...次々に起こるサプライズの連続は今年と同じコンセプトだ。

"Super Bowl 2015"に二匹目のドジョウはいるのでしょうか。

2013-12-04

ボールディスペンサー・回転スチール板・LED照明が織りなす美しいPV

f:id:y_sequi:20131204220107j:image

DJ・プロデューサーダンスミュージックアーティストの'Timo Maas'(ドイツ)がリリースした”Tantra”新曲PVがとても美しい。

8機のピンポンディスペンサー、回転スチール板、LED照明がArduinoによってコントロールされ、曲を構成する全ての音・リズムに反応して動作するというというインスタレーションだ。

D

このインスタレーションを担当したのはライゾマとのことです。芸術的であり、職人技的でもあり...本当に素敵な仕事です。

2011-06-09

スケボーとピンボールを合体させるという発想

f:id:y_sequi:20110610121724j:image

D

「エクストリームピンポン」とでも言えばいいのか、超巨大ピンボール盤をスケボーで駆け抜け、ポイントを稼ぐというMountain Dew(NZ)のTVCM。6/4には実際にこの超巨大ピンボール盤でイベントも開催されたようだ。

ピンボールプレーヤーのゲーム性は失われているので、スケボーとピンボールを合体させるというより、スケボーの新しい演出方法としてピンボールを用いたという感じ。プレーヤーのゲーム性を加える方法さえ見つかれば、かなり面白いイベントになりそうです。

D

2011-04-04

ピンポン球を連ねて浮かせてシューズを描く

D

色違いのピンポン球を糸で連ねて、更に風力で浮かせてシューズとその「軽さ」を描くクールなアイデア。日本では「ランニングバカ」的イメージのあるアシックスだけど(たぶん)、こういうのがオンエアされると遊び心あるイメージが上乗せされて随分いい感じになりそうだ。

2011-03-25

Maroon 5 世界中のファンとコラボし、24時間以内に無事に新曲完成

D

D

世界中のファンとスタジオにいるMaroon 5がTwitter(#WithMaroon5)を通じてつながり、世界中のファンと対話しながら、24時間以内に新曲つくるプロジェクト“Coca-Cola 24 Hour Live Session”が無事終了した。ビデオを見ていると、Maroon 5の前には大きなスクリーンがセットされ、Tweetされる度にそこに表示されるという仕組みがあったようだ。ファンはMaroon 5が時にはヨガやピンポンをしたり、10組のゲストミュージシャンとコラボしながら曲をつくっていく過程を楽しんだ。気になる新曲は4/1に発表され、初回10万ダウンロードが無料となる。また、このプロジェクトはアフリカの水問題啓発の一貫として行われており、Coca-Colaは非営利団体のRAIN(Replenish Africa Initiative)にドネーションすることになっている。

Maroon 5のファン+Coca-Colaのファン(Facebookで2000万人)だから凄まじいTweet数だったのではないかと想像します。これで、かなりのMaroon 5ファンがCoca-ColaのLikeボタンをポチッとしたんではないでしょうか。

※“Coca-Cola 24 Hour Live Session”の前回のエントリーはこちら