Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-02

スーパーボール2015 人気CM TOP10

f:id:y_sequi:20150123162007j:image

Patriotsの劇的な逆転勝利で終わったSuperBowl2015。CMランキングの方はSuperBowlらしいエンタテインメント作品だけではなく、近年のストーリーテリングの傾向通り、SadvertisingやFemvertisingがランキングしている。早速、発表されたばかりの"USA Today Ad Meter"の結果を見てみよう。

1.Budweiser, “Lost Dog”

昨年空前の大ヒットを記録した"Puppy Love"の続編。今回はあの子犬が迷子になり、親友の馬が助けに行くというわかりやすい続編の作り方だ。

D

因みに昨年の"Puppy Love"。

D

2.Always, “Like a Girl”

昨夏、超絶ヒットを記録したヴァイラルビデオ“Like a Girl”を30秒に再編集してオンエア。大人の女性や少年に"女の子らしく走って""女の子らしく投げて""女の子らしく喧嘩して"と要求すると、みんな同じように振る舞う。次いで女の子に同じ質問を投げかけると、全く違う、ありのままの自分を表現する動きをする。

このビデオが問題にしているのは"女の子らしい"というステレオタイプに大人がはめようとするあまり、彼女たちは萎縮し、やがて自分らしさを失ってしまう...というポイント。Always(生理用品)は、そういった部分に疑問を投げかけている。

D

3. Fiat, “Blue Pill”

嫁の招きに応えるべく爺さんがバイアグラを飲もうとするが...。これぞSuperBowl CM。欧州車らしいムードもあって良いです。Fiatのランクインって初めてでは無いか?

D

4. Microsoft, “Braylon”

Microsoftのテクノロジーが生まれながらにして両足に障害を持つ子供を救うというSadvertising。Microsoftの上位ランク入りも珍しいです。SuperBowlにおける、こういった涙の物語への人気の傾斜は時代の変化を感じずにいられません。

D

5. Doritos, “Middle Seat”

トップ争い常連のDoritosが5位。勿論、この作品はユーザージェネレーテッド。自分の隣の席に人を座らせない奴は、当然報いを受ける。(Doritosという至福のスナックを子供に食べられてしまう)

D

6. Dodge, “Wisdom”

"目を開けて、時々黙るんだ""文句を言うな""二の足を踏むな"...結構説教臭い内容。語っているのは皆100才以上の老人で、その経験から語っている。そして、Dodge創業100年の歴史から多くを学んでいる。これが6位...。

D

7. Toyota, “My Bold Dad”

トヨタのTOP10もお初かも。父親の強さと優しさ...家族の価値を伝えるCM、最近多い。これまで散々個人主義を主張し、一家に一台から一人一台へと推進することで家族を崩壊させてきた自動車ブランドのこの手のメッセージには違和感感じずにはいられない。

D

8. Coca-Cola, “Make It Happy

ソーシャルブリング(虐め)が横行する中、あるサーバー管理者が、Coca-Colaをサーバーに零すと、ネットワークにCoca-Colaが流れ、みんなをハッピーにするというCoca-Colaらしい社会問題へのコミットをプッシュする物語。

D

9. Nissan, “With Dad”

レーサーとしてのキャリアか家族か...その狭間でもがく1人のレーサー。そして、後者を選択。

D

10. Doritos, “When Pigs Fly”

豚が空を飛べばDoritosあげるよ!...という男の言葉にのって、豚を飛ばせるキッド。今年のDoritosはランキング的に低調でした。CMのクオリティというより、時代の要請が変わったという感じです。

D

2015-01-30

私たちはなぜユニコーンを見ることができないのか?

f:id:y_sequi:20150130181859j:image

イエティ,人魚,つちのこ,龍...いずれも伝説の生き物とされている。そして、その仲間の1つ"ユニコーン"の秘密が公開された...。

D

天地創造の時代、ノアの方舟に乗せた2頭のユニコーンが共に雄だったという話。これは欧州放送局"CANAL+"のCM。"物語をつくるのが大好きなんだ"...という"ドラマのCANAL+"を発信する狙いだ。(よって勿論作り話)

このシリーズ、過去にも面白い作品があり、個人的には"Closet"が面白かった。

D

2014-11-19

360度ホラーの無料ダウンロード

f:id:y_sequi:20141119122931j:image

今、SHIBUYA TSYTAYAでOculus Liftを使った"360度ホラー体験"という企画をやっているけど、ハロウィンの時期に欧州でも類似企画があった。アムステルダムの"Sid Lee"というエージェンシーが制作した"11:57"という作品がそれで、360度 Rig Mount と 6機のGoPro HERO3+を使って撮影された模様。ハロウィンが終わった現在でも、この素材はダウンロードでき、(ほぼいないと思うけど)Oculus Liftをお持ちの方は無料で360度ホラーを楽しめる。

D

ジェットコースターもお化け屋敷も数年後にはOculus Liftに取って代わるんでしょうね。

2014-10-05

20周年を記念してあなたの20年後を描くことを通じて20年後のビジョンを語る

f:id:y_sequi:20141005231130j:image

周年事業って歴史を描いたり、未来を展望したり色々あるけど、Orange(欧州/モバイルキャリア)による20周年キャンペーン"Future Self"は顧客の20年後の姿を描き、その20年後の人にOrangeのビジョンを何気ない会話の中で語らせるという趣向。futureself.orange.comであなたの写真をアップロードし、肌の色や性別・年齢を入力すると、ソフトウェアが白髪姿のあなたの20年後の3Dモデルをクリエイト。そして、あなたはコンピュータのマイク(またはタイピング)を通じて20年後の自分に質問でき、勿論あらかじめ用意された回答だけど、20年後の英国訛りの英語で答えてくれる。

例えば、2034年における自分自身の経済状態について尋ねると、20年後はもはやお金は存在せず、全ての人にとって公平なコマースに置き換わっている...といったモバイルビジネスの未来予想的な視点でレスポンスしてくれる。これがOrangeの20年後のビジョンという訳だ。

こういうイメージのやりとりになる。

D

直接的に20年後の企業ビジョンを語るのでは無く、20年後のユーザーに語らせるというのが面白いです。

2014-09-06

1970年代〜現代までのデジタルアートの動きを凝縮した The Barbican Digital Revolution

f:id:y_sequi:20140906193330j:image

欧州最大の文化施設"Barbican"(ロンドン)で"Digital Revolution"なるイベントが9月14日まで開催中だ。これは初期のビデオゲームやシンセサイザーミュージックやコンピューティングから直近のインタラクティブアートやウェアラブルテクノロジーまで幅広く網羅した展示イベントで、そのハイライトビデオがCraine.tvからリリースされた。

D

懐かしの展示では、Commodore PETや Apple2、ATARI"PONG"、任天堂の歴代ゲーム機など、その他古のハードウェアが勢揃いしている。PSゲームとして一世風靡した"パラッパラッパー"の姿も写真に写っている。

f:id:y_sequi:20140906160956j:image

f:id:y_sequi:20140906160955j:image

f:id:y_sequi:20140906160954j:image

直近のインタラクティブ技術の展示コーナーは8つのセッションに分かれており、各セッションから1つの作品を紹介します。

Section.1:We Create

ユーザーがコンテンツプロデューサーになることをテーマとしたセクション。

Pinokio by Adam Ben-Dror(2012)

人の動きや周囲の環境を検知し、ランプを近づけたり、ランプのスウィッチをOn/Offしたり、その他様々な動きをするロボットランプ。人がペットをしつけるように、人によってランプの動き、付き合い方が変わるという趣向。

The Johnny Cash Project by Chris Milk(2010)

Google Chromeで参加できるWebプロジェクトシリーズ。今回はカントリー、ロック歌手ジョニー・キャッシュをフューチャー。参加者は自らMVの1コマを手書きでアレンジして貢献。参加者全員の作品がひとつになり一遍の映像が出来上がる。

Section.2:Creative Space

デジタルツールを使って空間表現の新たな見せ方を追求するセクション。

Gravity by Alfonso Cuaron(2013)

映画"Gravity"の一部のシーケンスに特化してVFX技術紹介。

f:id:y_sequi:20140906165043j:image

D

Section.3:Outside of Hollywood

デジタルストーリーテリングをテーマとしたセクション。

Dronestagram by James Bridle(2012)

Droneから撮影したInstagramの地球写真をアップし続けるというプロジェクト。現在でも継続中です。

f:id:y_sequi:20140906201545j:image

Section.4:Sound & Vision

テクノロジーで音楽体験の変化を追求するというセクション。

このブログでも何度か紹介したサウンドデザイナーのYuri Suzukiの作品が展示されており、Craine.tvでYuri Suzukiのインタビュー動画がアップされている。

D

動画で紹介されていた"Ototo"。繋げば何でも楽器になる。

D

スピーカーに話しかけると音楽に変換してくれる"Noise Machine"。

マジックで着彩すると音楽に変換してくれる"Colour Chaser"。

Section.5:State of Play

ジェスチャーコントロールやカメラ技術がテーマのセクション。

The Treachery of Sanctuary by Chris Milk(2012)

参加者が身体を使ってインタラクティブシャドウをコントロールし、鳥になって空を飛ぶ。

D

Section.6:DevArt

CODEを使ったアート活動をテーマとするセクション(Googleサポート)。

Wishing Wall by Varvara Guljajeva & Mar Canet(2014)

マイクに向かって望みを語ると、その文字がスクリーンに映し出され、やがて蝶となって飛んでいく。何とも素敵な作品だ。

D

Section.7:The Our Digital Futures

好奇心をささる体験的プロジェクトがテーマとするセクション。

THE BRAINWRITER by Not Impossible Foundatio(2014)

全身麻痺のアーティストが視線と脳のトラッキングでコミュニケーションできるようにする為に開発された。会場では来場者がTHE BRAINWRITERを使ってゲームをコントロールできるようになっている。

D

Section.8:Indie Games Space

Petting Zoo by Minimaforms(2012)

インタラクティブ・ロボット・スネーク。ペットのように戯れ合う。

D

ここに紹介したのはほんの一部であり、恐らく、相当な量の展示がされているのではないでしょうか。世界ツアーを期待したいです。