Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-02

スーパーボール2015 人気CM TOP10

f:id:y_sequi:20150123162007j:image

Patriotsの劇的な逆転勝利で終わったSuperBowl2015。CMランキングの方はSuperBowlらしいエンタテインメント作品だけではなく、近年のストーリーテリングの傾向通り、SadvertisingやFemvertisingがランキングしている。早速、発表されたばかりの"USA Today Ad Meter"の結果を見てみよう。

1.Budweiser, “Lost Dog”

昨年空前の大ヒットを記録した"Puppy Love"の続編。今回はあの子犬が迷子になり、親友の馬が助けに行くというわかりやすい続編の作り方だ。

D

因みに昨年の"Puppy Love"。

D

2.Always, “Like a Girl”

昨夏、超絶ヒットを記録したヴァイラルビデオ“Like a Girl”を30秒に再編集してオンエア。大人の女性や少年に"女の子らしく走って""女の子らしく投げて""女の子らしく喧嘩して"と要求すると、みんな同じように振る舞う。次いで女の子に同じ質問を投げかけると、全く違う、ありのままの自分を表現する動きをする。

このビデオが問題にしているのは"女の子らしい"というステレオタイプに大人がはめようとするあまり、彼女たちは萎縮し、やがて自分らしさを失ってしまう...というポイント。Always(生理用品)は、そういった部分に疑問を投げかけている。

D

3. Fiat, “Blue Pill”

嫁の招きに応えるべく爺さんがバイアグラを飲もうとするが...。これぞSuperBowl CM。欧州車らしいムードもあって良いです。Fiatのランクインって初めてでは無いか?

D

4. Microsoft, “Braylon”

Microsoftのテクノロジーが生まれながらにして両足に障害を持つ子供を救うというSadvertising。Microsoftの上位ランク入りも珍しいです。SuperBowlにおける、こういった涙の物語への人気の傾斜は時代の変化を感じずにいられません。

D

5. Doritos, “Middle Seat”

トップ争い常連のDoritosが5位。勿論、この作品はユーザージェネレーテッド。自分の隣の席に人を座らせない奴は、当然報いを受ける。(Doritosという至福のスナックを子供に食べられてしまう)

D

6. Dodge, “Wisdom”

"目を開けて、時々黙るんだ""文句を言うな""二の足を踏むな"...結構説教臭い内容。語っているのは皆100才以上の老人で、その経験から語っている。そして、Dodge創業100年の歴史から多くを学んでいる。これが6位...。

D

7. Toyota, “My Bold Dad”

トヨタのTOP10もお初かも。父親の強さと優しさ...家族の価値を伝えるCM、最近多い。これまで散々個人主義を主張し、一家に一台から一人一台へと推進することで家族を崩壊させてきた自動車ブランドのこの手のメッセージには違和感感じずにはいられない。

D

8. Coca-Cola, “Make It Happy

ソーシャルブリング(虐め)が横行する中、あるサーバー管理者が、Coca-Colaをサーバーに零すと、ネットワークにCoca-Colaが流れ、みんなをハッピーにするというCoca-Colaらしい社会問題へのコミットをプッシュする物語。

D

9. Nissan, “With Dad”

レーサーとしてのキャリアか家族か...その狭間でもがく1人のレーサー。そして、後者を選択。

D

10. Doritos, “When Pigs Fly”

豚が空を飛べばDoritosあげるよ!...という男の言葉にのって、豚を飛ばせるキッド。今年のDoritosはランキング的に低調でした。CMのクオリティというより、時代の要請が変わったという感じです。

D

2015-01-28

ライバルブランドのCMを視聴しなければ、Volvo新車がもらえるかも

f:id:y_sequi:20150128194441j:image

Super Bowlが近づくと450万ドル(30秒)という狂気的な高額スポットを購入したブランドの動きと共に、世界一の高額メディアに手が出ないブランドによるアンブッシュが活発になる。そんなアンブッシュブランドの1つがVolvoBMW, Kia, Lexus, Nissan, Mercedes-Benz, Audi...自動車ブランドは昨年は11ブランドが高額スポットを購入しているが、Volvoのアンブッシュ施策はかなり露骨で、それらのCMを視聴せず、そのオンエア時間帯に"誰をVolvo XC60に乗せたいか?"を"#VolvoContest"と共にTweetしてくれ、という企画だ。

Tweet後、Volvoからいくつかのユーザーにリプライがあり、その理由を問われる。そして、その理由をTweetするとVolvo XC60を勝ち取れるかも知れない(5名)。

D

Volvoって高級車なので、こんな露骨な企画で品位が落ちないか心配だけど、"The Greatest Interception Ever" (史上最大の邪魔)というタグラインからも、そんなこと微塵も心配していないようだ。お祭りだから良いのだろうか。

因みに、この企画のCDはTor Myhren(Grey)という人物で、昔、Oprah Winfreyが自身の番組19周年を記念してファンに300台のPontiac(GM)をプレゼントするという大盤振る舞いをした時にプロモートした人物だそうだ(あれはOprahからのガチのプレゼントだと思っていたけど、仕込みでしたか)。自動車プレゼントは裏切らないという絶対の自信があるのでしょう。

2014-10-27

広告のメッカでアートが人々を魅了する

f:id:y_sequi:20141027045935j:image

"The Times Square Advertising Coalition","Times Square Arts"という2団体が広告のメッカ"Times Square"をデジタルアートで占拠する"Midnight Moment"が2012年の4月より、開催されている。これは、アーティストが月替わりで毎日23時57分から作品を披露するという試みだ。世界の屋外広告の総本山と言える場所でアートというのも不思議な感じがしますが、気になった作品を紹介します。

2014.3: Zach Nader"optional features shown"

自動車のCMから自動車だけを取り除いたイメージ。広告のメッカで商品だけ取り除き、それがホラー仕上げになっているということに色々な含みがありそうだ。

2014.8:Alfredo Jaar"A Logo for America"

アメリカのロゴだけを表示するという...これは愛国心の象徴としてTimes Squareを捉えているのか、アメリカ的消費文化への皮肉を消費文化の象徴的場所で行っているのか。

D

2014.10: Ryoji IKeda"Test Pattern"

上の2つがTimes Squareという場所を意識して、社会テーマを回収しようとしているのに対し、Times Squareの空間的特徴を活かしたビジュアル表現として追求されている感じだ。

D

"Test Pattern"なるこの作品、原型はフロア展開のようです。

Ryoji IKedaについて少し調べてみると、超音波や周波数などに焦点を当て、物理的・数学的アプローチを多用するアーティストとのことで、この"Superposition"というパフォーマンスを発見したのですが、非常に難解。量子力学や量子情報理論を美学的な視点から解釈している作品らしいですが、全く理解できません。ただ、高度な科学と音楽を融合させたアートというのが興味深いです。

Times Squareのアート企画から始まって、個別のアーティストの話へと飛びましたが...Ryoji IKedaはフランス拠点で世界各地を巡ってパフォーマンスしているようで、ついていけないような気がしますが、一度ライブなど行ってみたいです。

2014-08-13

その街を走れば、自動的にその街のプレイリストと共にドライブを楽しめる

f:id:y_sequi:20140813191406j:image

プラハは音楽にゆかりのある街だけど、どちらかといえばクラッシック。しかし、このToyota Yaris Hybrid"The Musical City"のテーマはポップスソングであり、街をYarisでドライブしながらカーステレオから流れるポップスソングに合わせて歌うTVCM出演オーディションを実施するという趣向だ。但し、個人的にはオーディションよりも曲の提供方法が興味深い。

プラハの街の各所のストリートプレートを曲名に書き換え、各々にGPSを仕込むことで、ストリートが変わる毎にYarisのカーステレオがGPSを検知し、そのプレートの曲がかかる。つまり、その街の走りにピッタリのDrive Play Listを楽しむことができるという訳だ。

D

最近はストリートで電気自動車や自転車を貸し出ししている都市も増えてきており、そんな乗り物と連携したシティプロモーションなんかに応用できるかも知れない。

2014-08-10

ダビデ王、ダビンチ...偉人が生誕し、没した場所から文化移動の歴史を探る

f:id:y_sequi:20140810110739j:image

Googleは"Freebase"というデータベースを無料公開しているけど、その中でイスラエルのダビデ王やダビンチなど、歴史上の偉人がどこで生まれ、どこで亡くなったか...というデータを抽出し、"人類2500年以上の文化移動の歴史"みたいなテーマで可視化した"Charting culture"。(青色が生まれた場所で赤色が亡くなった場所)

17世紀。鎖国中の日本。ほぼ移動が無いです。

f:id:y_sequi:20140810102734p:image

19世紀のオーストラリア。英国からの移民と共に偉人が続々とやってくる。

f:id:y_sequi:20140810103007p:image

5世紀。ローマ帝国の最盛期。移動半径の大きさが領土の大きさを物語っている。そして、人の流れはイタリアへ。

f:id:y_sequi:20140810104216p:image

18世紀になると大西洋の往来がさかんになる。

f:id:y_sequi:20140810104608p:image

19世紀。西部開拓時代。人は西へ西へ。

f:id:y_sequi:20140810105243p:image

20世紀に入ると自動車が発展し、米国東西の往来が激しくなる。

f:id:y_sequi:20140810105526p:image

20世紀中盤にもなると、国際線が発展して、大陸を超えた移動が活発になる。

f:id:y_sequi:20140810105932j:image

21世紀。フロリダがリタイア後のパラダイスになる。

f:id:y_sequi:20140810105718p:image

5分間の比較的長尺ビデオ。でも、見応え十分です。

D

5万年前にタンザニアで誕生した人類の種がどうやって世界各地を旅していったか...みたいなテーマがとても好きなので、こういうのは萌えます。