Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-02

スーパーボール2015 人気CM TOP10

f:id:y_sequi:20150123162007j:image

Patriotsの劇的な逆転勝利で終わったSuperBowl2015。CMランキングの方はSuperBowlらしいエンタテインメント作品だけではなく、近年のストーリーテリングの傾向通り、SadvertisingやFemvertisingがランキングしている。早速、発表されたばかりの"USA Today Ad Meter"の結果を見てみよう。

1.Budweiser, “Lost Dog”

昨年空前の大ヒットを記録した"Puppy Love"の続編。今回はあの子犬が迷子になり、親友の馬が助けに行くというわかりやすい続編の作り方だ。

D

因みに昨年の"Puppy Love"。

D

2.Always, “Like a Girl”

昨夏、超絶ヒットを記録したヴァイラルビデオ“Like a Girl”を30秒に再編集してオンエア。大人の女性や少年に"女の子らしく走って""女の子らしく投げて""女の子らしく喧嘩して"と要求すると、みんな同じように振る舞う。次いで女の子に同じ質問を投げかけると、全く違う、ありのままの自分を表現する動きをする。

このビデオが問題にしているのは"女の子らしい"というステレオタイプに大人がはめようとするあまり、彼女たちは萎縮し、やがて自分らしさを失ってしまう...というポイント。Always(生理用品)は、そういった部分に疑問を投げかけている。

D

3. Fiat, “Blue Pill”

嫁の招きに応えるべく爺さんがバイアグラを飲もうとするが...。これぞSuperBowl CM。欧州車らしいムードもあって良いです。Fiatのランクインって初めてでは無いか?

D

4. Microsoft, “Braylon”

Microsoftのテクノロジーが生まれながらにして両足に障害を持つ子供を救うというSadvertising。Microsoftの上位ランク入りも珍しいです。SuperBowlにおける、こういった涙の物語への人気の傾斜は時代の変化を感じずにいられません。

D

5. Doritos, “Middle Seat”

トップ争い常連のDoritosが5位。勿論、この作品はユーザージェネレーテッド。自分の隣の席に人を座らせない奴は、当然報いを受ける。(Doritosという至福のスナックを子供に食べられてしまう)

D

6. Dodge, “Wisdom”

"目を開けて、時々黙るんだ""文句を言うな""二の足を踏むな"...結構説教臭い内容。語っているのは皆100才以上の老人で、その経験から語っている。そして、Dodge創業100年の歴史から多くを学んでいる。これが6位...。

D

7. Toyota, “My Bold Dad”

トヨタのTOP10もお初かも。父親の強さと優しさ...家族の価値を伝えるCM、最近多い。これまで散々個人主義を主張し、一家に一台から一人一台へと推進することで家族を崩壊させてきた自動車ブランドのこの手のメッセージには違和感感じずにはいられない。

D

8. Coca-Cola, “Make It Happy

ソーシャルブリング(虐め)が横行する中、あるサーバー管理者が、Coca-Colaをサーバーに零すと、ネットワークにCoca-Colaが流れ、みんなをハッピーにするというCoca-Colaらしい社会問題へのコミットをプッシュする物語。

D

9. Nissan, “With Dad”

レーサーとしてのキャリアか家族か...その狭間でもがく1人のレーサー。そして、後者を選択。

D

10. Doritos, “When Pigs Fly”

豚が空を飛べばDoritosあげるよ!...という男の言葉にのって、豚を飛ばせるキッド。今年のDoritosはランキング的に低調でした。CMのクオリティというより、時代の要請が変わったという感じです。

D

2014-09-30

公共空間をより機能的に、より楽しく

f:id:y_sequi:20140930113820j:image

JCDecaux, Florian Brillet, Nicolas Lelievreによる"Mens sana in corpore sano"(健全な精神は健全な身体に宿る)と題されたフランス国内のプロジェクト。街頭や標識といった公共物をゴルフ、フットボールなどのスポーツ空間に変え、国民の運動不足問題に貢献。

フットボール。こういった港町のゆったりスペースだと親子が散歩がてら楽しむことができる。

f:id:y_sequi:20140930114220j:image

バスケットボール。ボール以外の物でも遊ばれそう。

f:id:y_sequi:20140930113917j:image

意外にもパンチングボール。これは良いエクササイズになります。

f:id:y_sequi:20140930114257j:image

ゴルフ。丸の内あたりにあると、昼休みは人だかりになるかも。

f:id:y_sequi:20140930114603j:image

大きな投資ではなく、ちょっとしたアイデアで社会問題にも貢献できる。公共空間はもっと機能的に、もっと楽しくなるハズだし、クリエーターが活躍できる機会になねのではないか。広告的にもスポーツブランドは食いつくかも知れない。

2014-08-11

Appleを辞めた社員がAppleが如何に素晴らしい会社かを行動で表す

f:id:y_sequi:20140811131511j:image

彼の名は"サムスン"(Sam Sung)。アップルストアでこの前まで働いていた青年だ。"アップルでサムスンが働く"という何と皮肉な偶然だろうか。その彼がアップルストアのスタッフシャツ、ネームタグ、そしてその希少価値の高い名刺をセットにしてeBayでチャリティ販売している。

f:id:y_sequi:20140811131447j:image

サムスンは"私はアップルで素晴らしい経験をしましたし、みんなにアップルで働くことを薦めたいと思っています。私はそのユーモアと社会問題を解決するという意識と共に私の古い名刺がアップルの熱狂的ファンに渡ることを願っている"と、語っている。

火曜日にeBayで競りに出されたサムスンの名刺、シャツ、ネームタグは現在80,200ドルに達しており、締め切りは8月15日となっている。売上は全額"The Children’s Wish Foundation"に寄付される。

一儲けすることも簡単だけど、それを敢えてせずに辞めた後もアップルの精神を継承して行動する。社員が辞めた会社の素晴らしさを表すという素敵な例です。広告による自画自賛も必要かも知れませんが、こういうのがリアルで響きます。

D

先月、アップルの社員がサンフランシスコのPride Paradeに参加して、多様性尊重を訴えていた光景も非常に好感持てました。アップルの場合、ビジネスでの力強さやクリエイティビティは世に広く知れ渡っていますが、こういったユーモアと優しさの証明は、広告では簡単でなく、よりブランドを強くするように思います。

2014-06-26

カンヌライオンズ2014〜グランプリ以外の気になる作品

f:id:y_sequi:20140626151618j:image

カンヌライオンズ各部門のグランプリ作品やグランプリを争った作品を中心に紹介してきましたが、その他にも気になる作品がいくつかありました。

Reunion(Google Search)

1947年、パキスタンがインドから独立し、両国の間では戦争を繰り返してきましたが、独立の際に引き裂かれた家族・友情が多くありました。このフィルムではインドのある男の娘が父の誕生日プレゼントとして、少年時代の親友をGoogle Searchを駆使してパキスタンから探し出し、面会させるサプライズを実施しました。この映像の反響は大きく、両国でビザ手続きの緩和措置へと進展したようです。

これで思い出したのが、昨年Coca-Colaが実施した、インド・パキスタン両国に通信可能なベンダーを設置し、両国の人が協働でミッションをクリアするとCoca-Colaがもらえるという企画。賞狙いの為に両国を利用したと一部で非難されましたが、"Reunion"は実際に両国の間にある問題を捉えており、リアリティがあり、且つ美しいストーリーだと感じました。Ogilvy & Matherのセミナーで紹介されていたのですが、一際拍手が大きかったです。

D

Simon the Ogre(Thomson)

人食い鬼のような風貌のSimon。Simonは優しい男だけど会社では冴えない感じでミスも多い。そんなSimonがThomson(旅行代理店)の旅に出て、家族と目一杯楽しむと、角はとれ、風貌がハンサムな男に...。シンプルで力強いストーリーだと思う。

D

#SochiProblems(Airbnb)

ソチ五輪の際、ホテルが酷いことになっていると話題になった。部屋が未完成、蛇口から茶色い水が出た...など、ジャーナリストがその現状を告発Tweetする中、空き部屋シェアサイト"Airbnb"がジャーナリストに"Airbnbだったら、もっとまともな宿泊を用意できるよ"といったリプライを展開した。どんなビジネスチャンスを逃さない視点が素晴らしい。

D

Banana Republic(Airbnb)

ジャカルタのスラムの劣悪な現状と改善寄付を募るために、空き部屋シェアサイト"Airbnb"で1泊10ドルで宿泊者を募集し、収益金をスラムの改善に役立てた。ずっと住むのは嫌だけど、数泊なら話のネタにOKという人も多い...というインサイトが素晴らしい。

D

Pass the Ball(Vodafone)

モバイルApp"Pass the Ball"を使った赤十字のドネーション企画。赤いボールが人から人へ飛んでいく。ボールを早く手放せば手放すほど寄付金は大きくなる。2週間で37万DLを記録し、20万ユーロが寄付された。何か"ハンカチ落とし"のような感じ。

D

Removal Happens(Esteban Gergely)

弁護士事務所の離婚相談広告。一見、熱々カップルの結婚ビデオを制作し、そのYouTubeリンクを700名の見込み客に送信。再生すると"実はこの2人離婚しました"的メッセージが流れる。何と狡猾な手口!!

D

The Social Swipe(Misereor)

手持ちのクレジットカードをビルボードにSWIPEして寄付するという面白い仕掛け。SWIPEがパンのカットになり、手首に締められたロープを切り落とす役割だったり...クレジットカードの動きと広範な社会問題がリンクし、ダイレクトに寄付できるのが素晴らしい。

D

Phubbing(Macquarie Dictionary)

「スマートフォンに取り憑かれ、人の話を聴かない」を意味する新ワード"Phubbing"を開発。社会問題文脈で世の中の話題にし、自社の辞書に掲載。昨年も「史上最高のフットボールプレーヤー」「完璧なボール裁きをするプレイヤー」の意味として、Messiの文字を含む"In[messi]onate"という新語を開発するPepsiのキャンペーンがあったけど、社会問題文脈にのっている今年の方が良いです。

D

Climate Name Change

1954年以来、米国では'World Meteorological Organization'がハリケーン・サンディやハリケーン・カトリーナのように人名をハリケーンにつけてきたけど、James InhofeやPaul Ryanなど、ブッシュ政権時代に気候変動を否定した共和党議員の名前をつけるべきだと提案。いや、そうすべきだ!!

D

Incomplete Bios

上の"Climate Name Change"と同様の展開で、マニュフェストが気に入らない政治家のWikipediaを勝手に編集する企画。例えば、"子供の教育に関連する施策"がマニュフェストに記載されていない政治家がいるとすると、Wikipediaのプロフィールに「教育政策」という項目だけ作り、内容を白紙にすることで、政治家に考えの変化を促す。制作費ゼロ!

D

Suntory HIBIKI Harmony Bar with HIBIKI Glass

こういう場所があれば素敵だな。

D

2013-06-18

Direct Lions Grand Prixはまたもや"Dumb Ways to Die"

f:id:y_sequi:20130618135336j:image

Melbourne Metro"Dumb Ways to Die"はPR Lionsと合わせて2冠達成です。素晴らしいアイデアだと思いますがここまでの評価は驚きです。社会問題へのアプローチというのは相対的に評価が高いようです。

その他、会場に展示してあったDirect Lionsのノミネート作品で気になった作品を紹介します。(PRやPromo & Avctionと被る作品は省きます)

Tree Concert

D

ベルリンのランドマークである樹齢100年のチェスナットツリーを音楽を奏でる木に変えてしまう企画。チェスナットの実が落ち、木の下にセットされた膜に当たることによる振動等を音と光に変換するという試みで、自然の音が楽しめる趣あるイベント。

ここで収集した音をアレンジした音楽作品を販売するなどし、ベルリンの木々を守る資金として役立てた。

Coca-Cola“Reflection of Music Table Mat”

f:id:y_sequi:20130618201103j:image

f:id:y_sequi:20130617171700j:image

テーブルマット(雑誌広告)のあるポイントにDiet Cokeのメタル缶(雑誌にセットされている)を配置すると、そのメタルにマットの絵柄が写り、それがミュージシャンの顔に見える。更には、缶に仕込まれたサウンドチップが反応し、そのミュージシャンの音楽が聴けるという魔法のようなテーブルマット。(ビデオが見たい)

※イベント版のビデオがありました。

D

adidas“Highest Goal”

D

日本代表のW杯出場がかかった試合でこんなプロモーションが行われていたとは知らなかった。スマートフォン端末を使って森タワーのビジョンにスローインすると香川選手がボールをトラップしてシュートしてくれる。シュート数は11,700。同じパターンのシュートにならないようにかなりの数が用意されたようです。

Mercedes Benz“Sprinter Reciept”

f:id:y_sequi:20130617172415j:image

沢山買い物するとこんなレシートが。Sprinterには沢山荷物が積めますよ。面白い発想。

その他、以前のエントリで紹介したDirect Lionノミネート作品。

PR Lions Grand Prixは“Dumb Ways to Die”

f:id:y_sequi:20130618073923j:image

PRということで、記事になる為には社会動向との関連性が必要になる為か、社会問題を捉えた作品が多かったように思います。以前良くあった大きさ、速さ勝負などスケール感で圧倒するパターンは少ないように思いました。

そして、グランプリはこれ。

Melbourne Metro"Dumb Ways to Die"

D

ホームから転落、踏切突入...増え続ける鉄道関連事故死が如何につまらないかを歌にしてアピール。トーストを焼いていて感電死したり、飛行機を操縦して離陸後すぐに落ちて死ぬのと同じで、これほど馬鹿馬鹿しい死に方は無いとメッセージしている。iTunesでもかなりダウンロードされたようです。

これがそんなに話題になっているとは知りませんでした。

その他、会場に展示してあったPR Lionsのノミネート作品で気になった作品を紹介します。

MY MATTRESS“The First Mattress with a Built-In-Safe”

D

深刻な経済危機の只中にあるスペイン。売上も下降気味の“MY MATTRESS”が資産防衛の為の金庫付きマットを発売。馬鹿馬鹿しいアイデアなんですが、広告代理店がPRを意識しつつ商品提案したことというのが、これからの代理店の役割を示唆しているように思いました。

Tochka G "The Audioguide Project"

D

Tochka Gとはロシアのエロティックアート専門美術館。閑散とした館内に人を呼ぼうと、「エロ〜い声」で「エロ〜いエピソードを語る」オーディオガイドを導入したという話。カンヌの懐の広さに驚きました。

ICELAND“By Another Name”

f:id:y_sequi:20130618014043p:image

経済危機により瀕死状態にあるアイスランドがツーリストを呼び込むべく“xxx Land”なる新ネーミング募集を実施。最近では市町村レベルではネーミングライツの実施事例があるけれど、国とは...。3月で締め切られ"Birdsland""Volcanicland"“Restland”など応募はあったものの、国内からは「何でそのままではダメなんだ」という声があり、結果は実採用されない模様。

Samsung Life Insurance“Bridge of Life”

D

OECDの中で8年連続で最高自殺率を記録する韓国の自殺防止キャンペーン。自殺のメッカとなっているMappo橋のガードレールに“明日はきっと晴れる”“人生のベストはまだ来ていない”といった自殺を思い留まらせる言葉を記した。そしてガードレールに仕込まれたLEDが人の歩くスピードに合わせて言葉を照らす。その他言葉以外にも家族や子供やカップルの幸せそうな写真を展開した。

Maynland“Dengue Cases Half”

f:id:y_sequi:20130617095100j:image

ゴミの山で蠅が絶えず発生し、デング熱など深刻な病が絶えないフィリピン。水ボトルにブラウンシュガーとイースト菌をセットし、蠅を罠にかけて殺してしまうボトルを使った簡単な装置(写真)をウォーターブランドのMaynniladがマニラ市に提供。デング熱での死者が38%減少、病人自体は55%減少という結果になった。Innovation Lionにどうかと思います。

Pepsi“In[messi]onate”

f:id:y_sequi:20130618071400j:image

f:id:y_sequi:20130618071605p:image

Pepsiが契約タレントであるMessiとの結びつきを強化すべく、In[messi]onateという新たな単語を作り、広め、辞書に掲載するまでになったという話。In[messi]onateの意味は「史上最高のフットボールプレーヤー」「完璧なボール裁きをするプレイヤー」という意味。

これが本当に定着してあらゆる辞書に掲載されて、Pepsi発の言葉として定着すれば良いですが。イメージはIBMの“e-Bussiness”でしょうか。

その他、以前のブログエントリにある作品ですが...

は、いずれも素晴らしい作品です。