Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-03

スーパーボール史上最高の視聴率の中、史上最高に気を滅入らせるCMがオンエアされる悲劇

f:id:y_sequi:20150203213113p:image

450万ドル(30秒)の超高額TVCM枠に投資し、オンエアされたこの60秒CM(なので料金は450万ドルの2倍またはそれに近い金額と予想される)にはこんな不名誉な見出しがつけられている。"This Is Probably The Most Depressing Super Bowl Ad"(恐らくスーパーボール史上最も気を滅入らせるCM)。出稿しない方が良かったのではないか...という悲惨な結末であり、こんな時に限ってスーパーボール史上最高視聴率49.7%を記録した。

D

カワイイ少年が"僕ができないこと"として"自転車に乗れない、空を飛べない、旅行ができない、結婚ができない..."と語る。なぜなら、この少年は死んでいるからだ。これは米国の子供の死因No.1が"家"...風呂での溺死、異物を口に入れる、TVの下敷きになる...であることを伝えるCMであり、広告主は保険会社の"Nationwide Insurance"だ。

この事実はほとんど知られていないため、インパクトがあり、また注意喚起になると判断し、採用された表現のようだが完全に裏目に出た模様。Twitterの反応はすこぶる悪く、"Nationwide Insurance"があざといブランドとして見なされている。RwtweetやFavotite数も多い。

f:id:y_sequi:20150203211156p:image

最もRwtweetやFavotite数が多いのがこのTweet。"僕はケイティ・ペリーハーフタイムショーが観れない"と、CM演出を逆手に取った皮肉を食らわしている。

f:id:y_sequi:20150203211650p:image

1つ前のCMがNFLのCM"No More"。昨年、Ray Rice(レイブンズ)が起こしたDV事件に対する反省の気持ちを表す作品で、ピザ屋に電話するふりをして911に電話する、実録の緊急電話音声を活用している。これが好評だったたようで、その落差も大きすぎたのではないだろうか。

D

約9億円を投じて、大きなダメージを得るという...担当者の胸中察するにあまりあります。

2014-08-02

自動運転カー時代にはより信頼できる保険会社が必要になる

f:id:y_sequi:20140802171536p:image

自動運転カーは今ホットなトピックスの1つだ。カリフォルニア州とネバダ州では既に公道実験が許可されている。そんな中、英国が自動運転カーでのイニシアティブを取るべく2015年1月から国内3都市での公道実験許可を発表、その為に道路交通法の見直しを2014年末までに実施するそうだ。対応が早い。

興味深いのは規制見直しの考え方で、"運転技術のある人が自動・手動切り替え可能な自動運転カーに乗る場合に適用されるべきルール"に加えて"運転技術が無い人しか乗車していない自動運転カーに適用されるべきルール"も加わっている。これは、5月にGoogleが発表したハンドルとペダルが無い自動運転カーに対応する考え方だ。

Googleはドライバーを完全に排除した方がより安全になると判断している。

D

因みに昨年、スウェーデン政府はボルボの協力を得て、2017年から一部都市で100台の自動運転カーを一般車両に混じってテスト導入することを発表しましたが、英国はそれよりも2年早い公道実験導入となる。

この英国政府の発表を知ってか知らずかタイミング良く、オランダの保険会社"Centraal Beheer Achmea"によるTVCMがリリースされている。

D

自動運転カーが巻き起こす様々なトラブル。これまさにみんなが心配していることだ。"Centraal Beheer Achmea"が主張しているのは、自動運転カー時代は予期せぬトラブルも増えるだろうけど、私たちに任せて下さい...とのこと。このトラブルを起こすクルマが何故かVolkswagenというのが気の毒です。

2014-06-13

ソーシャルグッドの象徴が利益追求キャンペーンの象徴へ

f:id:y_sequi:20140613124431p:image

2013年、広告賞各賞を総ナメにした"Dumb Ways to Die"。ソーシャルグッドを象徴する作品で、YouTubeの再生回数も8000万超え。広告としては異例中の異例の実績だ。

D

しかし、その"Dumb Ways to Die"は今、皮肉にも利益追求キャンペーンの顔となっている。というのも"Dumb Ways to Die"のクライアントである"Metro Trains"がそのライセンスをEmpire Life Insurance Co.(生命保険会社)に販売したようだ。

D

D

D

"Dumb Ways to Die"の音楽はそのまま活かしつつ、ムービーの尺だけを調整してTVCM化しているようです。生命保険だから表現的にもそのままでOK。恐らく視聴者的には「ソーシャルグッドだったかどうか」なんてほとんど気にしていないと思うので問題無いかもしれません。

一方で、この作品は広告業界が大きく変化していく象徴的存在だった訳で、ソーシャルグッドの精神が表層的であったとして、一部の業界人は残念がっているようです。個人的にはこういう狡猾な姿勢こそ、"二枚舌・三枚舌当たり前"の広告業界らしいと思います。

2014-03-19

世界初、自動車事故のショールーム

f:id:y_sequi:20140319123048j:image

自動車を買う時、色々な判断基準があると思うけど、その内の1つである"安全性"は既存のショールームではしっかり確認することは難しい。そこで登場したのが"Crashed Car Showroom"。自動車事故に特化した世界初のショールームで、次回の自動車購入で何をチェックすべきかを教えてくれる。プロデュースしたのは自動車保険会社のNRMA(豪州)だ。

主なコンテンツは以下の6つ。

Peugeotの車を3分割スライスし、安全性を支える内部構造を紹介。

f:id:y_sequi:20140319120735j:image

D

豪州東海岸に降る"ひょう"が自動車に大きな被害をもたらす中、ボディの耐性を"ひょうガンショット"で実証。

f:id:y_sequi:20140319120758j:image

D

運転中のスマートフォン利用が主要な事故原因になる中、平均的な車間距離でそれが如何に危険かを体験。

f:id:y_sequi:20140319120820j:image

D

クラッシュ衝撃体験。

f:id:y_sequi:20140319122707j:image

D

全てのクラッシュサイクルとNORMAのサポートをプロジェクションマッピングを使って紹介。

f:id:y_sequi:20140319120847j:image

D

事故統計から導き出された注意すべきヘッドライトの明るさと色。

f:id:y_sequi:20140307173213j:image

D

ティザービデオが公開されている。

D

3月18日〜27日までシドニーのヨーク通で期間限定オープンしている。

自動車保険の広告は価格やサービス訴求が多かったけど、"自動車事故と自動車の安全性を知り尽くしている"というのは初めて見たような。ポジショニングを工夫することで自然に戦術も斬新になっている。

2013-10-12

ヤバくなったらApeldoornに電話!

f:id:y_sequi:20131012230532j:image

オランダで十数年続いているTVCM"Even Apeldoorn bellen"(Apeldoornに電話しよう!)。'Apeldoorn'とは町の名前であり、オランダ最大の保険会社'Centraal Beheer'の本社所在地です。

オランダでは「ヤバッ!」='Apeldoorn'というワードになる程定着しているようです。

その最新作“Koekoek”。ノイローゼの薬の宣伝かと思いました。

D

過去作品にも面白いのが一杯!“Birdie”(2012)

D

“Schotland”(2011)衝撃のラスト!

D

“Picknick” (2010)

D

“Eden”(2008)

D

その他にもまだまだ面白CMあります(アーカイブ)。

因みに、Centraal Beheerの本社には巨大電話モニュメントがあるそうです。徹底してます。

f:id:y_sequi:20131012225301j:image