Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-03

スーパーボール史上最高の視聴率の中、史上最高に気を滅入らせるCMがオンエアされる悲劇

f:id:y_sequi:20150203213113p:image

450万ドル(30秒)の超高額TVCM枠に投資し、オンエアされたこの60秒CM(なので料金は450万ドルの2倍またはそれに近い金額と予想される)にはこんな不名誉な見出しがつけられている。"This Is Probably The Most Depressing Super Bowl Ad"(恐らくスーパーボール史上最も気を滅入らせるCM)。出稿しない方が良かったのではないか...という悲惨な結末であり、こんな時に限ってスーパーボール史上最高視聴率49.7%を記録した。

D

カワイイ少年が"僕ができないこと"として"自転車に乗れない、空を飛べない、旅行ができない、結婚ができない..."と語る。なぜなら、この少年は死んでいるからだ。これは米国の子供の死因No.1が"家"...風呂での溺死、異物を口に入れる、TVの下敷きになる...であることを伝えるCMであり、広告主は保険会社の"Nationwide Insurance"だ。

この事実はほとんど知られていないため、インパクトがあり、また注意喚起になると判断し、採用された表現のようだが完全に裏目に出た模様。Twitterの反応はすこぶる悪く、"Nationwide Insurance"があざといブランドとして見なされている。RwtweetやFavotite数も多い。

f:id:y_sequi:20150203211156p:image

最もRwtweetやFavotite数が多いのがこのTweet。"僕はケイティ・ペリーハーフタイムショーが観れない"と、CM演出を逆手に取った皮肉を食らわしている。

f:id:y_sequi:20150203211650p:image

1つ前のCMがNFLのCM"No More"。昨年、Ray Rice(レイブンズ)が起こしたDV事件に対する反省の気持ちを表す作品で、ピザ屋に電話するふりをして911に電話する、実録の緊急電話音声を活用している。これが好評だったたようで、その落差も大きすぎたのではないだろうか。

D

約9億円を投じて、大きなダメージを得るという...担当者の胸中察するにあまりあります。

2015-01-09

廃線から未来の鉄道の可能性を考える

f:id:y_sequi:20150109200453j:image

より多くの人や物を高速で移動させることで産業の成長を加速させることを目的に発展してきた鉄道。その目的が十分に達成されている今、都市の鉄道の未来の在り方・可能性を考えるプロジェクトがパリの今は廃線となった路線を使って行われた。

f:id:y_sequi:20150109201241j:image

f:id:y_sequi:20150109200525j:image

f:id:y_sequi:20150109200524j:image

このプロジェクトを企画したのはデザインスタジオ"HeHe"。積載人数僅か2,3人で、ソーラーパワーを使ってゆったり走る列車"Metronome"で都市の時間や景観を混雑無く楽しんでもらおうという趣向。これが乗り物本来が持つ味わいという訳だ。

これはまだイベントに過ぎないが、今後世界最大の観光都市パリで正式導入されれば、人気になるに違いない。僕の実家の近所(大阪市南部)にも廃線になったJR貨物の線路があるけど、そういうインフラを有効活用すれば、味わい深い大阪の下町を巡る旅のコースができそうだ。前世代の遺産は壊す前に活用法を考えると、意外と良いアイデアが生まれるかもです。

2014-10-10

Droneが森の中を駆け抜けるスターウォーズ風レース

f:id:y_sequi:20141010123007p:image

"Star Wars Episode 6"でSpeeder Bikeで森の中をチェースするシーンのようにクアッドコプターで森の中をレース。各々のクアッドコプターには小型カメラを搭載し、Speeder Bikeのドライバーになった気分で平均時速は64kmのクアッドコプターを操っている。

D

因みにSpeeder Bikeとはこれです。

D

主催しているのは"Airgony"なるフランスの熱狂的なクアッドコプターレース集団。この映像を通じて世界のクアッドコプターマニアを触発し、グローバルレースイベントを開催したい意向だ。現在撮影中のEpisode 7のプロモーションイベントとして面白いかも知れません。

2014-09-24

Cirque du SoleilがDroneに魔法をかけた!

f:id:y_sequi:20140924191122j:image

ランプシェードを被った10機のDroneがレトロなBGMと共に人のパフォーマンスにシンクロして中空を舞う。"SPARKED"と題されたこのフィルムはCirque du Soleilによりリリースされたフィルムであり、今後の新作ショーでDrone演出導入を示唆しているかも知れない。

D

流行のテクノロジーをCirque du Soleilが扱うと魔法をかけたように感じる。自分たちの世界観の中で新技術を消化し、一段上に引き上げている所が流石だ。Droneが本来持っている風味は完全に消え去っていることが凄い。

※アイデアについての解説はメイキングビデオで公開されている。

D

2014-09-20

現象に機敏に対応する

f:id:y_sequi:20140903110911j:image

大きな現象の裏では、それを何かの好機に変えようとしている人たちがいる訳で、この一連のiPhone6熱もその対象になる。日本でも1週間以上前から路上キャンプで列を作る人がいたけど、マンハッタン五番街のApple Storeでもそれは全く同じ。

"ここが僕の家だ""もう19日間もここにいるけど金曜には開放される""こんなに長くいるとかなり辛い、病気になりそう"...といったTVリポートとは若干異なる列をつくる人たちのコメント後、"彼らは9月19日には家に帰るがアメリカには9月19日になっても家に帰れない人が60万人も存在する"...と続く。

D

Appleの行列を揶揄するサムスンのフィルムかと思いましたが、ホームレス支援団体のフィルムでした。こういう現象にリアルタイムで対応する機敏さが広告の課題であるように思います。