Campaign_Otaku RSSフィード

2015-02-03

スーパーボール史上最高の視聴率の中、史上最高に気を滅入らせるCMがオンエアされる悲劇

f:id:y_sequi:20150203213113p:image

450万ドル(30秒)の超高額TVCM枠に投資し、オンエアされたこの60秒CM(なので料金は450万ドルの2倍またはそれに近い金額と予想される)にはこんな不名誉な見出しがつけられている。"This Is Probably The Most Depressing Super Bowl Ad"(恐らくスーパーボール史上最も気を滅入らせるCM)。出稿しない方が良かったのではないか...という悲惨な結末であり、こんな時に限ってスーパーボール史上最高視聴率49.7%を記録した。

D

カワイイ少年が"僕ができないこと"として"自転車に乗れない、空を飛べない、旅行ができない、結婚ができない..."と語る。なぜなら、この少年は死んでいるからだ。これは米国の子供の死因No.1が"家"...風呂での溺死、異物を口に入れる、TVの下敷きになる...であることを伝えるCMであり、広告主は保険会社の"Nationwide Insurance"だ。

この事実はほとんど知られていないため、インパクトがあり、また注意喚起になると判断し、採用された表現のようだが完全に裏目に出た模様。Twitterの反応はすこぶる悪く、"Nationwide Insurance"があざといブランドとして見なされている。RwtweetやFavotite数も多い。

f:id:y_sequi:20150203211156p:image

最もRwtweetやFavotite数が多いのがこのTweet。"僕はケイティ・ペリーハーフタイムショーが観れない"と、CM演出を逆手に取った皮肉を食らわしている。

f:id:y_sequi:20150203211650p:image

1つ前のCMがNFLのCM"No More"。昨年、Ray Rice(レイブンズ)が起こしたDV事件に対する反省の気持ちを表す作品で、ピザ屋に電話するふりをして911に電話する、実録の緊急電話音声を活用している。これが好評だったたようで、その落差も大きすぎたのではないだろうか。

D

約9億円を投じて、大きなダメージを得るという...担当者の胸中察するにあまりあります。

2015-01-05

ライティング専用デバイス

f:id:y_sequi:20150105201216j:image

作業をする上でPCはこの上なく便利な道具だ。インターネットで調べて、時にコピーし、WordやPowerPointの資料を作成する。しかし、それはまた時として限りなく集中を阻害する道具にもなる。TwitterFacebookからの囁きも気になるし、ついついネットのお楽しみに無駄な時間を費やしてしまう。

f:id:y_sequi:20150105201245j:image

f:id:y_sequi:20150105201244j:image

そんなことでお悩みの人(特にライター稼業の人)のために"Hemingwrite"は開発された。6inのeインクディスプレイ、クラウドバックアップキーボードを組み合わせただけのシンプルな仕組み。Dropbox, Evernote, iCloude, Google Docsなどで、文章を作成することが可能であり、他のアプリケーションで作成された文章の続きを作成することもできる。重さは約1.8kgと軽く、持ち運びに便利だ。

D

現在、Kickstarter資金調達を実施中で、目標250,000ドルに対して、18日を残して320,000ドルの調達に成功している。

全てを統合する方向が行き過ぎれば、必ずその逆の動きが支持されるようになりますね。

2014-11-03

Selfie大好きマインドを刺激するマラソンランナー・フィギュアサービス

f:id:y_sequi:20141103151618p:image

11月2日に開催されたNYC Marathonのスポンサー"ASICS"がちょっと一風変わった方法でランナーを讃えている。"The Mini Marathon Runners"なるこの企画は、先着500名のランナーのフィギュアを作って差し上げるサービス。フィギュア化の権利を得たランナーが4つのアングルの写真をアップロードすると、それを3Dファイルに変換し、フィギュアを作ってくれる。フィギュアの首から下は強制的にASICAのウェア&シューズを身に着けている模様。因みに受付開始から8時間で500名に到達した。

f:id:y_sequi:20141103151707j:image

更に、事前にNYC Marathonのコース上の名物地点3箇所(Brooklyn Bridge, Queensboro Bridge, Central Park)でフィギュアを撮影し、大会当日ランナーがその3箇所を通過した際、彼らのFacebookアカウントにフィギュアがその地点を走る写真をポストするという企画も展開した。これは、ランナーがタイム計測の為にシューズ紐に装着するRIFDと連携する仕組みだ。

f:id:y_sequi:20141103151644j:image

f:id:y_sequi:20141103151814j:image

D

また、500人に入れなかったランナーの為に、Twitter企画を展開。"#minimarathoner"を最も多く拡散させたランナー上位50人にもフィギュアサービスを提供した。

フルマラソンの思い出って何らかの形で残したいと思うランナーも少なくないハズ。Selfieが大流行するぐらいですから、これはかなり嬉しいサービスでしょう。

2014-10-27

トップミュージシャンとファンのエンゲージメント

f:id:y_sequi:20141027162003p:image

トップミュージシャンとファンの関係って、以前は遠くから見守っているような感じだったけど、最近ではソーシャルネットワークで繋がったり、気軽にサインや握手に応じたり...というケースは少なく無く、ミュージシャンから積極的にエンゲージしている感じだ。しかし、Taylor Swiftほどその距離が近く、積極的にエンゲージするトップ・ミュージシャンはいないだろう。

先日彼女が投稿したビデオによると、彼女はここ1年に渡り、ソーシャルメディア上でのファンの行動を観察し、熱心なファンを抽出(若く、あまり都会的で無い女子及びゲイを選出)。米国と英国で彼等を"彼女の家!"に招待してプライベートパーティを開催した。招待者は@Taylor Nationのフォロワーであり、まず@Taylor Nationの運営会社からDMでインビテーションを受け取る。そして、パーティ当日、秘密のパーティ会場である"彼女の家!"から離れたどこかで集合し、ファン一同がバスに乗ってTaylorの家へ向かう。

f:id:y_sequi:20141027162037p:image

f:id:y_sequi:20141027163556j:image

彼女の家は豪華過ぎない温かい雰囲気のする一軒家であり、Taylorのイメージにぴったりだ。そして、Taylorの手作りお菓子や料理などが振る舞われ、一緒に写真を撮り(ハグなんて当たり前!)、メインイベントはニューアルバム"1989"の収録曲が一部披露される。

D

Taylorとファンの距離を縮めるだけでなく、ファン同士でTaylorの話題で盛り上がり、仲良くなり、みんながTaylorを中心にファミリーのような雰囲気になり、それがソーシャルネットワークの交流を活性化させることも計算されているのだろう。このやり方は凄い。

2014-09-10

広告はリアルタイムへ

f:id:y_sequi:20140910214103j:image

以前は多かった街角での配布。ジュースやお菓子、時にお酒まで何でも配る時代があったけど、最近は少なくなったような気がする。そして、その現代的なやり方がこの"Evian Bottle Service"ではないか。あなたが8月19日〜21日までマンハッタンに居たとして、居場所に#Evianbottleserviceを添えてTweetすれば、5-7分でEvian Bottleを届けてくれる。

また、このリアルタイムの仕掛けは郵便番号を使ってより広域でも実施している。(郵便番号毎に時間を限定してTweetを受けつけ)

D

Evianによると、この施策で日毎のメンションが3.5倍に増え、Twitterで280万インプレッション、75,000エンゲージメントを記録したとのこと。

ソーシャルでのブランドに関わる会話にリアルタイムで対応していくと語ったCoca-Cola。TVCMを中心としたキャンペーンをカルチャーのスピード(企画〜オンエアまで数日)でやってしまうBeats。オンライン広告もAI使ってリアルタイムになっていくという話を聴いたことがあります。広告はリアルタイムの方向へ動いているということでしょうか。