山田建築設計室の晴耕雨読 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-10-21

 ワークショップ請け負います(笑) 

|  ワークショップ請け負います(笑) を含むブックマーク  ワークショップ請け負います(笑) のブックマークコメント

この1ヵ月…塩尻市中心市街地空間デザイン松本健康首都会議関連、松本市三の丸博物館木祖村景観計画…で、合計9回のワークショップのコーディネーター・ファシリテーターをして、何屋さんなのか解らなくなっています(笑)。このごろ、コミュニティーアーキテクトという呼び方もあるくらいですから・・・良しとしましょう。

尤も、気楽にどんな意見も話せる雰囲気をつくり、様々に錯綜する意見を聞きながら、其々の話の主旨や本意を探り出しつつ、何らかの方向性を探る。という作業は、建築設計方向性やコンセプトを導き出す思考回路とおなじですからまちづくり等のワークショップをコーディネート・ファシリテートするのは、建築家都市デザイナー仕事ひとつだと思います

二世帯住宅店舗併用住宅コーポラティブハウスオフィスコミュニティー施設 etc.複雑なプログラム建築をお考えの方・・・ワークショップ建築設計、請け負わせて頂きます

f:id:ya-ao:20161021150220j:image

さすがに、3日に1度のワークショップをこなしていると、まとめ方も自分なりのフォーマットが出来て、解りやすくまとめるコツを掴みました。

ところでカミさん曰く・・・ワークショップって役に立つの?・・・役に立てて貰わないとね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20161021

2016-10-10

 秋の味覚=きのこづくし 

|  秋の味覚=きのこづくし を含むブックマーク  秋の味覚=きのこづくし のブックマークコメント

信州秋の味覚と言えば、キノコ

先ずは、キノコ王様松茸

今年は、秋の長雨で9月には殆どお目にかかりませんでしたが、10月に入っていくらか晴れ間ものぞき、知り合いから、何本か地元で採れたマツタケを頂戴しました。自然豊かな信州に暮らすアドバンテージひとつです。

f:id:ya-ao:20161010160805j:image

マツタケの贅沢な食べ方と言えば、酒蒸しでしょうか。汚れを拭き落として、縦に割いて、ホイルに載せ、塩と酒を少々振って、柔らかくホイルで包んで、魚焼きグリルで5分・・・スダチを添えて召し上がれ!

f:id:ya-ao:20161010160055j:image

採れたてのマツタケは、丸のまま味噌を擦り込んで薄くスライス、刺身で頂くと最高の食感を楽しむ事が出来ます。勿論〆は、お吸い物とマツタケご飯。

クリタケヒラタケ、リコボウ、ナラタケ、ナメコ、その他・・・いわゆる雑きのこ出し汁が効いたキノコ汁も、地元ならではの楽しみです。

松本市三才山の「蕎麦たきざわ」では、店主が山から採ってきた色々なキノコを、キノコ蕎麦で頂けます。今日は、温かい蕎麦で頂きました。新蕎麦がでたら、温かいつけ汁に冷たい蕎麦で頂きたい!

f:id:ya-ao:20161010161059j:image

秋口のリコボウから12月初旬のナラタケ・天然ナメコまで約3か月、採れたてのキノコ出し汁は絶品です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20161010

2016-10-09

 飯沼英樹展・・・スナップ彫刻 

|  飯沼英樹展・・・スナップ彫刻 を含むブックマーク  飯沼英樹展・・・スナップ彫刻 のブックマークコメント

飯沼英樹展「闘ウ女神タチ」@松本市美術館

f:id:ya-ao:20161009153444j:image

何が闘ウの?・・・日々、自分を磨いて、他者視線に負けない様に頑張る女性の姿・・・なのだそうです。

とすると、彼女たちの戦場は、ストリート職場リゾート、ランウェイ、日常、非日常

f:id:ya-ao:20161009153825j:image

なるほど・・・この彫刻信大生の〇〇さんに似ている。街角スナップ写真みたいです。

会場に流れていたビデオでは、スマホスナップ写真や、ファッションショー写真を見ながら、下絵なしでスケッチするように木を彫り出していく制作の様子が映し出されていました。

楽しい展覧会でした。

f:id:ya-ao:20161009154037j:image

思い出したのは、この有名なジャケットクール・ストラッティン。

ストラット=気取って歩く。50年前の、闘ウ女性スナップ写真です。

飯沼英樹飯沼英樹 2016/10/19 21:57 わざわざ足を運んでいただきましてありがとうございます。ブログ素敵ですね。拝読させていただきました。投稿ありがとうございます。

山田健一郎山田健一郎 2016/10/27 09:21 作家の方にコメント頂けるとは・・・有難うございます。
私的には、街の写真を背景にスナップ彫刻が並べられたコーナーがお気に入りでした。
渋谷の学生?のスナップ彫刻・・・キリットした表情をしながら肩掛け鞄を小脇にさっそうと頑張る!・・・でも前足の膝が曲がって着地(ハイヒール苦手です)・・・がツボにはまりました。
とても、楽しい展覧会でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20161009

2016-10-07

 カラマツ板の外壁 

|  カラマツ板の外壁 を含むブックマーク  カラマツ板の外壁 のブックマークコメント

八ヶ岳山麓カフェ…外壁を張り始めました。

f:id:ya-ao:20161007211735j:image

松本カラマツ自然乾燥 挽きたての板(荒板)を桟で張っています。留めつけの桟のつくる影がなかなか良い感じ♪

f:id:ya-ao:20161007211734j:image

カラマツ丸太を幅18cm厚さ1.5cmに鋸で製材しただけで、鉋もプレナーもかけていないし、本実などの加工をしていない荒削りの板なので加工費は僅かです。その板を幅3cm厚さ1.5cmの桟で留めています。

木材産地ならではの超ローコスト自然な外壁です。こんな素朴な木の使い方がもっと多くの人に良いと思ってもらえたら、地域木材も活かせると思います。その為に素敵な建物をデザインするのが我々の仕事ですよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20161007

2016-08-16

 第10回松本安曇野住宅建築展 

|  第10回松本安曇野住宅建築展 を含むブックマーク  第10回松本安曇野住宅建築展 のブックマークコメント

今年のお盆休みは、模型づくりで終わりました。何とか間に合いそうです。

f:id:ya-ao:20160816132447j:image:w300 f:id:ya-ao:20160816122321j:image:w300

第10回松本安曇野住宅建築展は、今週末19日〜21日、松本市美術館にて!

例年は実行委員会のメンバー9人の展覧会ですが、今年は第10回を記念して、総勢25名の展覧会です。25名の力作が並ぶ会場は圧巻でしょう。

皆さん、是非お越しください。

f:id:ya-ao:20160816123820j:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20160816

2016-05-19

 本棟造りの庇は何故深い? 

|  本棟造りの庇は何故深い? を含むブックマーク  本棟造りの庇は何故深い? のブックマークコメント

先日、三井所清典さんが塩尻木造公共施設に関する講演をした際、講演後の会場との質疑の中で、聴衆に問いかけました。

f:id:ya-ao:20160519160230j:image

中南信州伝統的な本棟造りの妻庇は、何故あれほどまでに深いのですか?どなたかご存知の方。」

会場の方が手を挙げて「雨風が強い気候風土の中で、建物を守る為に庇を深くしているのだと思います。」と答えました。

三井所さんは、納得したようなしないような・・・

講演の中で、富山の井波地方伝統的な建築スタイルの「あずまたち」の写真を見せて頂いた後でしたので・・・確かに、「あずまたち」も妻入りの建物ですが、大屋根の軒はあまり深くありません。

f:id:ya-ao:20160519153107j:image

f:id:ya-ao:20160519153001j:image

富山平野に住んだことがありますが、中南信州よりも、余程風は強いし雨もはるかに多い、おまけに冬は沢山の雪が降ります

先ほどの方の説明は、建築一般論で、本棟造りの庇の深さを説明していることにはならないのでは・・・しかも、建築物を守る為の手段というのは建築において二義的で、一義的には建物生活する為の理由があるはずです。

そこで、私の勝手解釈・・・

「あずまたち」は、瓦葺きの5寸勾配屋根建物ですから、棟は高く、こんな高さから雪が落ちて来たらひとたまりもありません。そこで、下屋が張り出して大屋根の雪を一旦下屋で受け、下屋庇がエントランス空間を作っています

本棟造りは、石置き屋根建物ですから屋根勾配は2.5寸〜3寸程度の勾配です。従って、棟の高さはそれほど高くありません。そこで、妻入りの玄関廻りの雨をしのぐ為に、妻庇を大きく出したのではないでしょうか。中南信州は雪があまり多く降りませんから大屋から雪が落ちる心配はさほどありませんし、大きなエントランス空間の方が魅力です。

石置き屋根屋根勾配で棟を低く抑え、その結果深い妻庇がエントランス空間に対して有効機能することになり、妻庇を深く出すスタイルが定着したのだと解釈してみました。

肝心なのは、庇の出は建物を守るのではありません!・・・人の生活をつくるのです!

f:id:ya-ao:20160519155455j:image

本棟造りの建物でも下屋庇を付けた建物もありますが、下屋庇の無い建物も多く存在ます。おまけに、1階の縁側が建物に入り込んでいる建物も多くみられます

f:id:ya-ao:20160519153145j:image

下の写真は、正に大きく張り出した妻庇の下の生活空間・・・作業の台がありシートや脚立が無造作に散らばり、自転車原付バイクが置かれ、おまけに軽トラックタイヤまでも・・・。梯子を伸ばしたまま立てかけるなんて荒業は下屋庇したの空間では不可能です(笑)

庇は建物を守る為ではありません。大きな庇の下で人々の生活が営まれます

f:id:ya-ao:20160519153258j:image

注)今回の写真は、「本棟造り」と「あずまだち」の説明として、色々な方のブログから拝借させて頂きました。悪意のない旨をご理解ください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20160519

2016-05-07

 RAW⇒JPEG 

|  RAW⇒JPEG を含むブックマーク  RAW⇒JPEG のブックマークコメント

一眼レフデジカメを手に入れて・・・

禁断のデジカメRAWデータ撮影JPEG変換に足を踏み入れてしまいました。

10-18mm(APS-CサイズCMOS)の広角レンズは、どうしても周辺部に樽巻歪みや色歪み、周辺部の光量不足があります。

デジカメではRAWデータで保存、パソコン上で、カメラプロファイルを基に歪を補正すると・・・ばっちり!

但し・・・撮影よりも、撮影後の作業時間のかかります。

f:id:ya-ao:20160507233806j:image

CANONRAWデータ編集ソフト

f:id:ya-ao:20160507140350j:image

周辺部の歪の無い写真の出来上がり。

f:id:ya-ao:20160507183845j:image

夜景にも・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ya-ao/20160507