ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

備忘録 yabets.net  このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Monday, 1-1-2018 あけましておめでとうございます このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

あけましておめでとうございます。

昨年は、初めて国際学会での招待講演を引き受けたり、所属していない学会から基調講演をお願いされたりと、これまでの私たちの研究を評価していただき、それをさらにたくさんの方に紹介する機会をいただきました。

本当にとてもありがたいことで、感謝、感謝、という一年でした。

しかし、ごくごく狭い範囲で少しばかり成果が顔を出してきたからといって、根っこが小さければ目に見える高さも時間もほんのわずか・・・、というのが世の常というもの。

今年は、根っこを深くする努力もさることながら、次の新しい花を芽吹かせるべく、難問に立ち向かうために必要なツールの発見と創出を、学生と一緒に進めていく年にしたいと思います。

昨年も書いたように,明日からの人生の初日である「今日」から未来の世界へのチャレンジャーとして,今年も変わらず「楽しく毎日を過ご」したいとおもいます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yabet/20180101

Sunday, 12-31-2017 今年のしめくくり このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨年の1年を締めくくる記事が,「今年は,・・・(中略)・・・,明らかに人生でもっともせわしなく移動した1年でした。」とあるのですが,その翌年となる今年は,恒例の年3回の帰省(天栄村,多治見)に加えて,愛知県(10回),静岡県(4回),東京都(3回),京都(2回),高山,鳥取,島根,神戸藤沢,鹿児島,福井,仙台,韓国,ボストンと,ほぼ昨年を踏襲するような移動距離でした。

また,今年初めの抱負として,「昨年は,精神的にも肉体的にも空間的にも,ここ最近で一番の活動量といえるかなと思いましたが,10年後に振り返ったときに,これがピークではなくこれがベースだったと言えるように,今年も頑張っていきたいと思います。」と書いたのですが,一年を振り返ると,2年に亘ってのペースが,これからのとりあえずのベースとなる土台はできたかなと思うので,まずはめでたしめでたし。

ということで,皆様,よいお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yabet/20171231

Saturday, 12-30-2017 2017年に読んだお勧めの本 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年も残すところあとわずか。

1年を振り返る時間がほんの少しあるので,今年はどんな本を読んだかなあと思い起こし,印象に残ってなおかつお勧めしたい本を3冊厳選しました。

七帝柔道記 (角川文庫)

七帝柔道記 (角川文庫)

久々に「小説」を長い時間かけて読みましたが,作者が同年代でなおかつ大学時代の風景がふっとよみがえる懐かしさもあって,とても印象に残る作品となりました。格闘技好きには,以外に知られていない柔道の世界をかいま見ることが出来る点でもお勧めです。

本文の記事の出典をすべてインターネット上で確認できるように配慮されているなど,授業で話題にする時にも安心して利用できそうです。

こちらも,何となく感じていた日本人の特異性が次から次へと明らかにされていく爽快感があります。もちろん,記事の信憑性については自分で確認できるように,出典も非常に細かく明示されています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yabet/20171230

Saturday, 2-4-2017 LATEXを使いこなすために このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント


科研費の申請書の作成といえば,毎年9月の恒例行事となっていますが,この申請書を作成するために,もうかれこれ10年以上前から「LATEX」というフリーソフトを使っています。


LATEXというソフトを専門的に表現すると,「テキストベースの組版処理システム」ということになりますが,誤解を恐れずに説明すると,決まった書式に合わせて文章をはめ込んでいく作業に非常に便利なソフトと言えるかと思います。

例えば,論文の中身を学術雑誌の投稿規定にあうように自動的に組み込んでいくというようなことも簡単にできてしまいますし,より一般的には,複雑な数式を綺麗に印刷する際に,多くの物理学者や数学者の必需品となっています。

また何より,全くのフリーソフトであるため,世界中の利用者が改良を重ねているという特徴もあります。


科研費の申請書は,内容を考えることもさることながら,この決まった書式に合わせて文章をはめ込んでいく作業もまた骨が折れるものですが,そうした作業は全てこのLATEXに任せてしまって,こちらとしては内容を考えることのみに集中しようという魂胆です。


とはいえ,なかなかこのLATEXを使いこなすのにも労力がかかるのも事実で,なにせ世界中の利用者が日々改良を重ねているわけですから,気がつくと全くついていけないということにもなりかねんません。

そんな時,これどうするんだっけなあという疑問を解決してくれる参考書(辞書)が,この三重大学の奥村先生が書かれている「美文書作成入門」です。

今回で改訂第7版となりますが,僕は第3版の頃からずっとお世話になっていて,やはり新しい版が出ると,手元において置かずにはいられない状態になっています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yabet/20170204

Sunday, 1-1-2017 2017年もよい年に このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

あけましておめでとうございます。

昨年は,精神的にも肉体的にも空間的にも,ここ最近で一番の活動量といえるかなと思いましたが,10年後に振り返ったときに,これがピークではなくこれがベースだったと言えるように,今年も頑張っていきたいと思います。

ある程度の経験が蓄積してくると,それが指標となってプラスやマイナスといった「計算」をしてしまいがちです。

しかし,経験は経験としてモノゴトを推し量る際の参考とだけ考えるようにして,「今日は明日からの人生の初日」であることを肝に銘じ,未来の世界へのチャレンジャーとして活動していこうと思います。

もちろんその基本となるのは,「楽しく毎日を過ごす」ということ。

このブログを訪れてくださる皆さんにとっても,今年がよい年でありますように。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yabet/20170101
Connection: close