Hatena::ブログ(Diary)

yagi-kの日記

2012-12-30

Wine上のOffice 2010で日本語入力に成功。

かなり手こずったものの、こちらのサイトを参考に日本語入力の設定ができたのでメモしておく。
http://grade2linux.wordpress.com/tag/ibus/

環境は、Ubuntu 12.04、Wineのバージョンは1.5.20を使用した。
Microsoft Office 2010のインストール前にWinetrickからcorefonts、dotnet20、msxml6、riched20を予めインストールしておく。

これでOffice2010 Home and Student (Word + Excel + Powerpoint)をインストール
インストール自体は問題なく終了するが、このままだと日本語入力ができないので、

~/.local/share/applications/wine/Programs/Microsoft Office
の中にある、
Microsoft Office Excel 2010.desktop
Microsoft Office PowerPoint 2010.desktop
Microsoft Office Word 2010.desktop
エディタで開き
Exec=env WINEPREFIX=..............となっている部分に、
Exec=env LANG=ja_JP.UTF-8 WIEPREFIX=............
と書きたして保存。


これでインライン変換はできないものの、WordとExcelはざっと使用してみた感じ問題なく日本語入力ができるようになった。
ただし、Powerpointに関しては、漢字変換を確定した時に半分くらいの確率で文字が入力されずに消えてしまう。。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yagi-k/20121230/1356868967
リンク元
QLOOKアクセス解析