Y日記

空飛ぶ教授のエコロジー日記

 ■ウェブサイト | Gサイト |決断科学大学院プログラム |つぶやき | Facebook | 教育 | 研究 | 業績 | 新キャンパス保全 | 屋久島 | アジア保全生態学ブログ | アジア保全生態学ウェブサイト

 ■スケジュール表 | 矢原のアンテナ | 人気Blogランキング(たまにはクリックして応援してね)

2007-12-05 研究室

[]イタドリ料理の和風・洋風

イタドリの若葉は、酸味を少し我慢すれば、生でも食べられる。さらしてゆがけば、食感もよく、結構おいしい食材である。

若芽については、「我が家のイタドリ料理法」というサイトに、調理法が写真入りで解説されている。

欧米のみなさん、そんなにイタドリがはびこってるなら、食べちゃえばいいじゃん。

イタドリの食べ方を知らないんだろうな・・・と思って、ちょっと調べてみたら、いやいや、いた。ちゃんと料理法を開発している人が。

「北米東北部早春の若芽と若葉(SHOOTS AND GREENS OF EARLY SPRING in Northeastern North America)」という本を書いている自称「野人」”Wildman”さんのサイトに、「リンゴとイタドリのパイ」のレシピが掲載されていた。このサイトには、イタドリの若芽や花の綺麗な写真が掲載されいて、イタドリに対する愛情が感じられる。

なんと、イタドリアイスや、イタドリシャーベットまで作っている。かなり甘党のWildmanさんだ。

ちょっと笑える「この写真」は、Wildmanさんだろうか。

※月・火・水は授業の三連荘。授業の準備で、午前様が3日間続いたので、今日は早めに帰宅します。

よいよい写真館長よいよい写真館長 2008/01/20 23:14 訪問していただいてありがとうございました。
海外でのイタドリ料理、参考になりました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yahara/20071205/1196856725
Connection: close