Y日記

空飛ぶ教授のエコロジー日記

 ■ウェブサイト | Gサイト |決断科学大学院プログラム |つぶやき | Facebook | 教育 | 研究 | 業績 | 新キャンパス保全 | 屋久島 | アジア保全生態学ブログ | アジア保全生態学ウェブサイト

 ■スケジュール表 | 矢原のアンテナ | 人気Blogランキング(たまにはクリックして応援してね)

2011-04-14 研究室

[]九州大学アジア保全生態学センター設立

来る5月1日に、九州大学アジア保全生態学センターが設立される。私には「アジア保全生態学センター長を命ずる」という人事通知が届いた。過去10年あまりの努力が、やっと実った。

九大では、生態学だけでなく、昆虫分類学、森林水文学、森林計画学、応用生態工学などの関連分野で、特色ある研究が行われている。しかし、関連分野の教員が多くの部局に所属しており、互いの連携が十分ではなかった。この状況を変えるきっかけとなったのは、新キャンパスへの移転事業だ。新キャンパスでの生物多様性保全事業や環境監視を通じて、分野間の連携を進めることができた。その連携をアジアのフィールドで生かす構想を練って、グローバルCOEプログラムに申請した。2回不採択が続き、代表者を交代したほうが良いというご意見もいただいた。しかし、なんとか3回目の申請が採択された。3回目には、うまくタイミングがあって、東大の鷲谷さんらと連携し、「自然共生社会を拓くアジア保全生態学」というタイトルで申請することができた。昨年度から、リセウム悠遠という箱崎キャンパスの建物に4つ部屋をいただき、実質的なセンター活動を開始した。中国の河川、カンボジアの熱帯林、屋久島、伊都キャンパス(九大新キャンパス)にコアサイトを置き、生物多様性保全やその持続的利用と関連づけながら、生物多様性・生態系に関するユニークな学際的共同研究を進めてきた。

このような活動が「ホップ」とすれば、九州大学アジア保全生態学センター設立は「ステップ」。3年後までには「ジャンプ」を予定している。

5月2日には、九州大学アジア保全生態学センター設立を記念して、下記のシンポジウムを開催する。公開のシンポジウムなので、ぜひ多くの方々にご参加いただければと願っている。保全に関心をお持ちの市民の方々にも、ご参加いただければ幸いである。

九州大学アジア保全生態学センター設立記念シンポジム」プログラム

日時:平成23年5月2日(月)

会場:九州大学医学部百年講堂 大ホール

1:00-1:10 挨拶 有川節夫 九州大学総長

1:10-1:20 祝辞 樋口 聰 文部科学省 高等教育局大学振興課大学改革推進室長

1:20-1:45 矢原徹一:アジア保全生態学センターの紹介

1:45-2:00 記念講演:渡辺綱男(環境省自然環境局長)

2:00-2:15 記念講演:立本成文(総合地球環境学研究所長)

2:15-2:30 記念講演:松田裕之(横浜国大教授・GCOEプログラム「アジア視点の国際生態リスクマネジメント」リーダー)

休憩30分間

アジア保全生態学センター若手スタッフと連携研究者による研究紹介

3:00-3:15 鹿野雄一:中国太湖流域・チャオシー川における保全生態学プロジェクト

3:15-3:30 遠山弘法:カンボジア熱帯林における保全生態学プロジェクト

3:30-3:45 イベラヒム・ドジャマルディン:インドネシアにおけるGIS情報の保全生態学への活用

3:45-4:00 辻野亮:総合地球環境研究所プロジェクト「日本列島における人間−自然相互関係の歴史的・文化的検討」の成果

4:00-4:15 吉田丈人・西廣淳・鷲谷いづみ東京大学):福井県三方湖の自然再生を支援する総合的環境研究

4:20-5:30 パネルディスカッション:アジア保全生態学の課題

記念講演者・若手講演者・事業推進担当者(九大・東大)による討論

6:00-7:30 レセプション (会費制:一般 3,000円、学生 2,000円)

※参加を希望される方は、氏名、所属機関・役職名(「市民」でも可)、レセプションの参加の有無を、平成23年4月26日(火)までに、下記あてにご連絡ください。

GCOE事務 kanri@conservationecology.asia

井上井上 2011/04/16 10:16 このシンポジウムは、ライブでストリーミング中継、あるいは開催後のビデオ公開など予定されてはいないのでしょうか? 大変興味あるのですが福岡は遠くて。

岡本岡本 2011/04/16 17:53 矢原先生
私は、熊本大学理学部理学科1年生の岡本と申します。コメントという形で失礼します。
私は、保全生態学に関することに興味があり、今回開催される記念シンポジウムにも参加したいと思っていました。しかし、当日は大学の授業があって参加できません。
そこで私も、前の方とかぶってしまいますが、お尋ねがあります。このシンポジウムでの講演内容などについて、シンポジウム後に何らかの形で公開されますか。また、公開される場合はどのような形式で公開されますか。
もしご都合がよろしければ教えて下さい。よろしくお願いします。

でじかめおでじかめお 2011/04/19 01:08 福岡在住のでじかめおと申します。
一市民ですが、シンポジウムに参加します。
ライブストリーミングやビデオ撮影は出来ませんが、許可が下りれば、
ICレコーダーでMP3録音したいと考えております。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yahara/20110414/1302781541