Hatena::ブログ(Diary)

 陶芸家 伊藤東彦の日記

2011-04-24

2011.04.24.日曜晴れ

08:41

21日突然兄が亡くなった。79歳だった。愛妻を亡くして気落ちしていたらしい。一人でよく働いてくれた。戦後の何もない時代に狭い借家住まいの時にバタ板をリアカーで運んで風呂場を造ったり、私より8歳年上であらゆる仕事を兄の腕一本で成し遂げていった。兄は総てに几帳面な性格で、私の様なダメ人間の面倒をよく見てくれたと感謝している。

みちやみちや 2011/04/24 17:14  ご愁傷さまです。兄上を亡くしたお気持ちよく解かります。私も自分が46歳の時3歳年上の兄をくも膜下出血で亡くした時、葬儀取り仕切っていたので野辺の送りを済ませるまで張り詰めていたが親戚一同も去り兄の祭壇と兄の妻子と自分の妻子だけになったとき恥も外聞もなく号泣しました。悲しいと言うのでなく自分の生い立ちを知っていると言うか分かち合える者を失った喪失感に取り乱しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yakimono704/20110424/1303602075