やきにく南山 奮戦記―食農協働レストランへの道― このページをアンテナに追加

2010-07-13 青い鳥、見っけ!

yakinikunanzan2010-07-13

焼肉ダイエット 焼肉ダイエットを含むブックマーク


「今、こうしてお肉を食べている間も、どんどん脂肪は燃えてるんですよ!」

こんなうっとりする江部康二先生の言葉に酔いながら、昨夜は、大変楽しい「ダイエット焼肉」で盛り上がりました。


江部先生は、漢方やアトピー治療で有名な京都の高雄病院の理事長で、糖尿病患者のための食養生「糖質制限食」の普及に努めておられます。


f:id:yakinikunanzan:20100713183348j:image


「植物油は摂らないほうがいい。植物油のリノール酸は、お米や野菜にも含まれていてどうしても摂りすぎになるから・・・。でも、お肉の脂は、オレイン酸。オリーブオイルと同じ成分です。食べ過ぎても体に脂肪を蓄えることにはなりません。

マーガリンはだめですよ。バターはOK!」


・・・オリーブオイルと並ぶ美容食がお肉ということなのですから、うれしい話です。


そもそも、体脂肪になるのは、清涼飲料のブドウ糖果糖液糖、砂糖、甘い果物(果糖)や、炭水化物(食物繊維+糖質)など、つまり糖質が体内で脂肪になって蓄えられるのだそうで、お肉や脂質で脂肪太りすることはないのだそうです。


f:id:yakinikunanzan:20100713183813j:image


江部先生は、南山の赤身の和牛を食べながら、「こんなお肉ばかり食べていたら、血液サラサラになりますよ」と、これまたうれしいことを言ってくださり、人間のそもそもの食べ物(遠い遠いご先祖様の食のあたりまえ)について、教えてくださいました。


農耕が始まって人間が穀物を主食として増殖したのは、長い長い人類の歴史の中ではごく最近のこと・・・。

それまでは、弱小動物として、おなかが減ってたまらなくなったときだけ、骨髄や肉・魚を食べていたというのですから、生物としての人間に適した「食」が、肉であっても何ら不思議ではないのだと納得がいきます。


江部先生は、南山へは短角牛を食べに何度かおいでくださっていたとのことで、昨日は、断然、季節限定のプレミアム短角牛を召し上がっていただきました。

粗飼料70%とフスマで育った、それこそ糖質制限育ちの和牛がプレミアム短角牛! これを焼きしゃぶにして、お野菜をたっぷり巻いてポン酢ジュレをかけてお召し上がりいただきました!


f:id:yakinikunanzan:20100713184424j:image

↑南山の焼きしゃぶ(チョジャンソースに最近はポン酢のジュレも添えてます。豚しゃぶにはチョジャン、牛しゃぶにはポン酢ジュレがよく合います)


ほかにも、できるだけ赤身に育ててもらった近江牛のモモステーキを、塩コショーとワサビで。

塩ユッケ、牛刺し、短角牛の焼きレバーやハツ、タン、ブリスケ(全部塩焼き)などなど・・、南山の低糖質メニューを堪能していただき、「いい肉を食べたら、胸やけも胃もたれもしない」と、本当に喜んでいただくことができました。


実は・・・。私は、江部先生の本を何冊か読んで、焼肉をうんと食べながら、主食を抜いて、甘いものをセーブし、1カ月で5キロほど減量したのです。

さんざんいろんなものを試し、何度も挫折を繰り返して、こっそり散在もした挙句、糖質制限(肉食無制限)ダイエットに簡単に成功してしまったのですから、肥満症の焼肉屋の幸福の青い鳥は、足元の焼肉だったというわけで、江部先生から、「ダイエットの青い鳥」なんて、体験談を本にしたら? と、言われてしまいました。


いやぁ、DVDを購入してかっこいいエクササイズにも挑戦したものの、リズムに乗れず、You Tubeのラジオ体操第1に切り替え、それでも続かなかった私ですが、「焼肉ダイエット」なら一流のインストラクター目指してがんばれそうです。


あ〜、焼肉屋をつづけてきて良かった!!


南山の赤身の和牛は、こちらからもご購入いただけます。

http://nanzan.open365.jp/

シェパードたけちゃんシェパードたけちゃん 2010/07/15 18:44 ふは〜〜〜(´ω`)
きれいなお肉にカラフルお野菜〜〜〜♪
見ているだけで幸せです。

それにしても、お肉でダイエット・・・!
しかも美容にもイイ!!
いいこと聞きました〜(・∀・)

yakinikunanzanyakinikunanzan 2010/07/15 21:40 たけちゃん、本当に、いつもありがとう。
と〜っても幸せにやせられて、健康になれる焼肉ダイエットで、明るい未来を拓きましょう!!
希望に燃えて脂肪も燃やし、日本の畜産を盛りたてよう!