双子座殺人事件

はてなのキーワードリンクは破線、その他のリンクは実線(外部へは別窓)表示しています。
上部ヘッダ内の「日記」でこの日記内の検索、「検索」ではてな内の検索ができます。
この日記について・連絡先 / 元サイト「うきぐも」 / twitter
2004 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2005 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 /
2006 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2007 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2008 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2009 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2010 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2011 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2012 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2013 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2014 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2015 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2016 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2017 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2018 / 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12 /
2019 / 01 /

16-05-24

[][]週末の記録


f:id:yako:20160524222250j:image:w400,h266,right

から行ってみたかった「昭和レトロ喫茶宝石箱へ。昼下がりのナポリタンスパゲティと、レモンティーケーキ

昭和40、50年代テーマということで、並べてある殆どが私も持っていたもの。となればもっと、あれもこれも!と思ってしまうけど、保存状態がとてもよく、お客も大事に扱ってるんだろう、どれもきれいで、愛を感じた。Hanako創刊号の不動産の記事などなかなか面白かった。それから勿論るきさんの第一回。83年のオリーブには「おやつストーリー」の印象的な「歯がためビスケット」の回!(後で単行本を買ったから掲載されてるの読んだことなかった、そもそも「セブンティーン」派だったし)1979年りぼんを繰ったら、全プレのクーポンがちゃんと切り取られているのが嬉しかった(笑)


f:id:yako:20160524222251j:image:w400,h266,left

お店にあった、私も持ってたコロムビアのてんとう虫プレイヤーが懐かしかったので、帰りに立ち寄ったヒカリエ地下のシンクスでセバスチャン・ブイエのてんとう虫ケーキを購入。横目では見てたけど買うのは初めて。私は頭から同居人はお尻から食べた(笑)


f:id:yako:20160524222252j:image:w400,h266,right

同居人が作ってくれた休日の夕食。

夏めいてきたので私の大好きなラタトゥイユに、スタッフドバゲット。中味はうちで揚げたひれかつと、ポテトサラダと、アボカドスモークサーモンの合えたの。どれも合ってた。

ゆずうどんには、桜えびかき揚げ人参と玉ねぎの千切りの土台を揚げながら桜えびを少しずつ乗せていったんだそうで、とてもきれい。それからピーマン茗荷天ぷらに、前日の残りの鰹のタタキの握り寿司。どれも美味しかった。


[]海よりもまだ深く


f:id:yako:20160524222253j:image:w180,h255,right

阿部寛演じる主人公・良多の登場は、小手指行の「黄色い」西武池袋線の車内のドアの脇。わあと思っていたら、それどころじゃない西武線映画なのだった(是枝監督がかつて住んでいた清瀬の団地撮影したんだそう)


ヴァンタイトルで母(樹木希林)と娘(小林聡美)が思い出して真似する父親仕草を、最後父親の服を着た息子の良多がすることになる。母と息子は共に、台風の夜に、心の底では「分かっていた」ことを受け入れ、朝を迎える。皆が、人生において「同じようなこと」を体験する。自身離婚、親の離婚、珍しく「二枚目」ふうの橋爪功演じる「分譲」住みの「先生」が「昔テレビに出ないかと言われたことがある」と語るのは、良多が「漫画原作の仕事をもちかけられる」のに似ている。加えて誰もが、「矛盾」と呼ばれてしまいそうだけど考えたらそりゃそうだろうと思われるものを抱えている。他の男の「小ささ」を揶揄する良多は元妻の響子(真木よう子)の後をつけ回し、響子は恋人(小澤征悦)が良多の本を読んだと聞き目を輝かせるが、良多が時間に遅れるとにべもない。


こんなふうに、とにかくお話やセリフが上手く出来すぎて、完璧でこまかいピースが敷き詰められているようで、その下に何があるのか、いや何かがあるということが私には掴めなかった。私は子どもの頃に特になりたいものが無く、しいて言うなら「遊んだり考えたりしながらのんびり暮らしたい」なんて思ってる程度だったから、良多が息子の真吾(吉澤太陽)に告げる「一番大事もの」…「なりたいものになれたかどうかではなく、そういう気持ちを持つこと」や、宣伝文句にも使われている「夢見た未来」という文言にぴんと来ないというのもある。


アイス代わりの凍らせたカルピス、「印刷」された雪舟の掛軸、お店のじゃない「食べるラー油」、全てが「まがいものである。自宅でのコーヒーの淹れ方からして、母親がこれで幸せなのだと割り切っているのに対し、息子の方は「まがいもの」は嫌だとこだわっているようである(為に却ってあんなことになっている・笑)こだわったおかげか、最後に彼は唯一の「本物」を手にする。しかし私には、良多が持っている「本物」は、彼が「小説」を書くのに必要だと信じている「眼」と「心」のように思われた。作中最初の、はっとさせられるその顔のアップは、彼が「小説」の材料を捉えた時のものなのだ


見ながらふと、先日NHKで見かけた星野道夫の著書「旅をする木」にまつわる番組を思い出した。この本はうちにもある。「海より深く人を好きになったことなんてないけど、だからこそ、毎日を楽しく生きられる」…人は「浅い」気持ちで動けるからこそ、幸せでいられる。団地から出ず「我慢」もしてきたであろう樹木希林演じる母親と、行きたい場所に行き切った星野氏が似たようなことを言うのが面白いと思うも、前者がそう口にするのは「当たり前」ではないか?とも思う。全編に渡ってそういう感じがしないこともなかった。