Hatena::ブログ(Diary)

やまーんの箕面ボルダリング日記

2011-12-30

ホイールインプレ大会 in 河川敷、走り納め

昨日はバタバタと忙しくて5時間睡眠・・・あのロング練の後の回復としては圧倒的に足りないが、今日はある意味イベント的な内容の練習なので問題なかろう。4セットのホイールをなんとか車に詰め込み、7時半過ぎには枚方大橋に到着。


f:id:yam_yam:20111230130505j:image


桃太郎君、N脇君、ダイちゃんとそろったところで、まずはダイちゃんにガソリンアレイ(以下GA)手組みホイール(前後RR415 32Hクロス、後ろはパワータップPRO+、シュワルベアルトレモR1:8気圧)を渡す。僕は店長の私物手組みアルミチューブラーホイール(前後MAVIC 廃盤CDリム 32Hクロス、タイヤはSOYO professional:8気圧)をセット。これでまずは葛葉の車止めまでを往復しました。桃太郎君とN脇君はそのへんでシクロ練w。


ダイちゃんの元々使っていたリアホイールは同じリム(RR415)で、組み方も全く同じ。違うのはパワータップのグレードのみ(ダイちゃんのはELITE)。これは比較するには最高の条件だ。ダイちゃんはGAのリアのカカリの良さに愕然としていた(誇張でも何でもありませんw)。また僕よりも感覚が鋭いらしく、フロントホイールも巡航に相当影響しているようだと言ってました(ていうか今まで使ってたのがウ○コすぎるんだけどw)。トルク入力に対してなめらかに進んでくれるのが本当に感激すると言ってた。まぁこれは完全に予想通りで僕からしたら当然の結果(くわしくはダイちゃんのブログをご覧ください)。桃太郎君が「トルクに対して均等にリムに力がかからない限り真円で回転しないからね」と言っていた。確かに・・・。


さて僕のアルミチューブラー。実はこのホイールは剛性感は十分なんですが(スプリントでもよくカカるし)、いかんせんさすがに重い(汗)。それは量った重さがという意味ももちろんあるんだけど、純粋に「回転が重い」。廃盤リムだからというわけではないと思うが、DTのスポークも見たことないやつでなんだか重そうだし、ハブも前世代のアルテグラ。もちろんスペックだけ見てどうのこうの言ってるわけではなくて、走って重いその原因を探っただけ。しかし特にどれがというのはさすがにわからん。


タイヤの感触は悪くないが、8気圧のSOYOより8.5気圧のコンチコンペの方がしなやかに感じる。SOYOはどちらかというとCORSA EVO CX2に似ている、というか8気圧のCORSAにそっくり。目をつぶったら多分わからない。リムも今まで見たことないくらい細くて、ブレーキシューとの接触面が結構シビア。ダウンヒルに持っていくのは時期も時期なんで、正直怖いからテストは無理だと思います(汗)。


葛葉まで往復してまた駐車場に帰り、今度はダイちゃんがシャマルウルトラ(コンチコンペ:8.5気圧)で僕はR-SYS(同じタイヤと空気圧)をセット。ダイちゃんはシャマルウルトラもよくカカると言っていたが、さっきのGAホイールほどの感動はないらしい。そりゃそうだ、あれ以上カカるホイールがあるなら是非乗ってみたいものだというくらいに素晴らしいのだから(もちろん僕は店員ではないので宣伝のつもりで書いてるわけではまったくない)。


・・・・・・・・・・

次は僕のR-SYS。リアホイールのメンテナンスが完璧になった状態だったので、どれくらいカカりがマシになったか少し楽しみにしていた。・・・しかし結果は残念ながら「リペア前と大して変わっていない」というのが正直な感想。あえて言うなら乗っていて「これは明らかにおかしいだろ」というレベルからは脱している。しかし平地巡航におけるインプレッションは今まで書いたことを訂正できる箇所はない。これで走っていると「今日は調子が悪いのかな〜」と思ってしまうくらい、やはりリアは全然ダメだ。


ダイちゃんはR-SYSにも興味があるらしく、葛葉のところで早々にホイールチェンジ。僕の意見を知っているのでどの程度思い込みに影響したかは僕には知るよしもないが、ダイちゃんの感想も僕と全く同じだった。ほぼ酷評に近いw。まぁR-SYSにとってかわいそうなのは「最も不得意なジャンルでテストされている」という点。これでダウンヒルに持ち込んだらいきなりぶっちぎりの最強ホイールになるのだから、まぁ面白いと言えば面白いんだけど。今度アップダウンコース(のどか村など)に持っていって試してみたいとダイちゃんも言っていました。まぁそうじゃないとフェアな評価はできませんからね。


あと僕に疑問なのが「平地でカカリが悪いのに登りが有利だというホイールがはたして存在するのか?」ということ。さっきも書いた通り、踏んで進まないというのは100〜200gの重量なんかよりよっぽど深刻だと思いますが、平地で進まないということは普通に考えれば登りでも進まないと思う。ただ軽いというだけのホイールはヒルクライム特性として僕は全く認めない。そんなに軽いのが良いならスポークを3本にするとか、プラスチックみたいなハブを使うとか、リムを紙みたいに薄くして走っていればよろしい(笑)。


しかしR-SYSで登りがダメだというインプレはさすがに見たことがない。そうなるとやはり僕の方が間違っているのだろうか?しかし実際箕面を登ってみたが、いたって普通でした(もちろんダメだとは言わない)。平地ほどカカリがどうのとは別段感じなかったが、そこはさすがに圧倒的に落ちる速度や勾配によるトルク伝達への影響など、僕にはわからない何かがあるのかもしれない。今日ダイちゃんと話したのは、「実業団ロードレースをしているのと比べてヒルクライムレースをやっている人口は圧倒的に多いので、『登れるホイール』というのを宣伝文句にした方が売れるという企業戦略ではないか」ということ。


ここからは完全に素人の僕の意見ですが、「このホイールのメリットはその画期的なスポーク構造による快適性とダウンヒルおよび旋回性能なのだが、新しい技術でリムも軽く作れたしトータル1390gとそこそこ軽量になった。これならヒルクライムホイールとしてアピールした方がホビーレーサーには売れるんじゃね?」ということなのではないでしょうか?間違っているかどうかはMAVIC以外誰にもわからないと思いますが、僕自身はこう考えています。そういう意味で別にこのホイールをけなしているつもりは毛頭ありませんが、ヒルクライム専用ホイールだ!と信じて買うのはどうなのかな?というだけのことなんです。一参考意見として読み流していただければさいわいですw。


・・・・・・・・・・

さて次は僕のシャマルウルトラ。R-SYSから乗り換えたら特にカカりの違いが顕著。もう違いすぎて笑ってしまうくらい。シャマルのカカリが相当良いので、GAホイールを使ったことがなかったら、まさかこれ以上カカるホイールが存在するとは到底信じられないかもしれない。カカリというのは本当に大事な要素で、重量やエアロ効果などよりよっぽどパワーセーブに貢献すると僕は思っています。しかし評価を数値化できないため、全く同じ素材で組んだホイールが雲泥の差を生むということが起こってしまう。誰が組んだかわからない完組みを買うのが怖くなったのはこういう理由もありますw。しかしシャマルは良いですけどね。


駐車場に帰ってきてから桃太郎君やダイちゃんと会議。上の話と矛盾するかもしれないが、僕とダイちゃんが次に買うホイールはどちらもGAの手組みアルミチューブラーだということになりました。僕は剛性を重視してMAVIC REFLEX(ダイちゃんは知らんけど)にしたい。結局GAの手組み以上の性能は完組みではまず出せないというのが僕らの結論。シャマルも悪くはないが、あえてシャマルを買う理由もこれまた見つからない(3万なら買うけどw)。まず試すべきはGAホイールだという結論です。


しかしミナミー所有のZIPP404、これは桃太郎君大絶賛のホイールらしいので(これがあったら他はいらんとまで言っているw)、一度試させてもらいたいものです。そんな万能ホイールがこの世にあるのか?というか404をGAで組んでもらえば最強なのでは?とも思いますが、オリジナルハブとかニップルのところが◎△□※・・・と僕にはよくわからない完組みが良い理由もあるようです。


・・・・・・・・・・

そういえば昨日気づいてダイちゃんに伝えたのは、シッティングからダンシングになるべく速度を一定にして移行できないか」ということ。集団走行中にダイちゃんのすぐ後ろを走っているときに、登りでダイちゃんが腰を上げた瞬間に速度がゼロになったので、あやうくハースするところだった。ダンシング中も速度にムラが出て、ペダリングごとに緩急を繰り返す。しかしこれは何もダイちゃんだけというわけではなく、多分かなり多い割合だと思います(本や雑誌でも集団走行中にはダンシングするなと書いてあったりする)。


僕は3本ローラーでダンシングしたことがあるので、たまたまこの違和感に気づきましたが、そうじゃなかったら「みんなこんなものなので後ろが気をつけるしかない」と思ってしまったことでしょう。しかし僕自身はシッティングからダンシングに移るときに速度差をほぼゼロにできますし、ダンシング中も気をつけていさえすれば速度にムラも出ません(当然桃太郎君も)。これは左右にバイクを振るダンシングでも振らないダンシングでもどちらでも可能です(要はペダリングスキルなので)。もちろんモガいているときは無理ですがw。「3本ローラーでのダンシングなんかできても意味ないわ」と思ってましたが、思わぬところにヒントが転がってましたね。


これができるのとできないのとでは集団走行での安全性が全然違います。全員が意識できれば平地から登りに移って、しかもダンシングしている人とシッティングしている人がバラバラでも全く隊列を乱すことなく走ることができます。昨日は平地巡航中にもダイちゃんとほぼくっついて併走する(肘と肘をくっつけたり)練習などしましたが、こういうのをキッチリやっているといざというときに非常に安心感のある隊列走行ができるようになれそうです^^今日の練習でシームレスダンシング(と勝手に命名)をダイちゃんはすぐにできるようになってました、やるね〜w。


f:id:yam_yam:20111230130539j:image

わかりにくいかもしれないが、桃太郎君がクリアしている坂はすごい斜度です。しかも何十メートルもの激坂の最後にさらにこれが待っているので、向かっていくと本当に前輪が降ってきそうでめちゃ怖いです(大げさではなく)。


写真を見てわかるとおり、彼がシクロ用に使っているホイールも僕が使っていたGAの手組みカーボンチューブラー。前後24Hなのもアウターニップルなのも素晴らしいと言ってました。別にシクロ用に組んだわけじゃないんだけどねw。


桃太郎君の見事なシクロテクニック(上の写真のような坂や10センチ段差越え、飛び乗りなど)やN脇君のこけっぷりを見てやんやと盛り上がり、今日の練習は終了(笑)。


<ホイールインプレッション+シクロ練(のようなもの)>

1時間31分  31km  20.3km/h


・・・・・・・・・・

27日の山岳ソロでは29.7km/h(241W)で回れたのに、昨日はトータル170km走ったとはいえ平均でたったの27.4km/h(187W)。これだけ見たら27日のパフォーマンスがマグレか何かの間違いだったかと思ってしまいそうだが、さすがにこれだけトレーニング経験を積んでいればそういうことは思わない。


つまるとことスピードの緩急があるかないか。驚くべきデータとして、昨日の8時からN脇君に引きずり回された時は10分でたったの平均250Wだったらしい(ダイちゃんのデータより)。あの時は特にアタックなどがあったわけではないので、スピード緩急の波はそんなに大きくないはずだが、自分の先頭牽き>N脇君の2〜5km程度のペースアップ>バックにもぐる、という3段階を190〜400W弱で行ったり来たりしていたはず。これだけでもアベレージにしたらたったの250Wなのに15分で千切れたわけだ、3時間30分を241Wで走れたにも関わらず。これは僕にとってものすごく大きなヒントとなった。


桃太郎君の話では、1〜2月のトレーニングはまさにこのような緩急に対応するためのインターバルだということですが、一定ペース走でのパフォーマンスアップを実感できたもののインターバルでの弱点をさらけ出した今、まさに測ったかのように絶妙のタイミング。しかし桃太郎君から見ても、昨日の僕はいったんタレたあとでももう一度踏み直せるようになっているとのことなので、回復力などもすでに昔よりはマシになってきているようだ。アタックのような強烈なインターバルの前にまず積むべき地味なインターバル、これが完成するのはのどか村ということになりそうです。


月間走行距離:1315km(〆)


そんなこんなでようやく帰省。しかし年末年始の自転車休みは2日だけという、完全に通常営業状態w。しかし今「広島」という言葉を耳にしても、「自分の実家のある所」より先に「西日本クラシック」を思い出してしまう・・・。今年もあと1日ですね。


明日は休養日です。

Y谷Y谷 2011/12/30 19:20 やはり恐るべし、GAホイール。私の方は、今日は勝尾寺のタイムはかろうじて15分切りの全く鈍な感じでがっかり。まだまだです。やはり、登りはのぼりの練習しないとだめですかね。箕面駅側におりましたが、あまり飛ばさなかったものの、340はきれいにラインをトレースしてくれるので非常に楽でした。カカリもいいです。先日のチーム練習でゆうきさんのアタックについていけたのは340の抜群の反応性の良さもあったと思います。32H,28H の組み合わせのせいなのかあまり固さは感じないです。ホイールの味見、楽しそうですね。

yam_yamyam_yam 2011/12/30 21:07 Y谷先生、こんばんは。

登りがどうすれば速くなるか、と言われればやっぱり登りまくるしかないかもしれませんね。登りに必要な筋肉は平地とやはり違う気がしています。
まじめに考え出すとなかなか大変ですよね・・・。

ホイールインプレ、ちょっと今はまってますw。

jinjinjinjin 2011/12/31 02:08 やま〜んさん、お久しぶりですm(_ _)m jinjinです。
ホイールインプレとても興味深く拝見させていただいてます
というのも僕もR-sysとシャマルを所有しているので(シャマルは2wayfitですが^^;)
最近上り用のホイールとしてR-sysを購入し、シャマルは売りに出そうと思っていましたが
たまたま買い手が見つかっておらず、現在は上記2セットプラスWH6600、WH7850-C24-TU
とパワータップ(リアのみ)というホイールだらけの状態です(汗)
R-sysは自分の感覚としてはヒルクライムでは多少楽に上れるような気がしますが平坦は確かにしんどいですね(笑)
それよりもガソリンアレイ手組みホイール、めっちゃ気になります^^
僕程度のレベルで違いが分かるかどうか微妙ですが是非一度使ってみたいですね
いっそのこと全部売っぱらってガソリンアレイさんで1セット組んでもらうのも有りかな(笑)
またチューブラーを購入された際のインプレも楽しみにしていますm(_ _)m

ちなみに桃太郎さんが上られているポイントの真ん前が我が家ですww
あの斜面を垂直に上られるとは驚きですね(@_@。
今日もちょっとご挨拶行けたらなと思ってましたが時間が取れずでした(TдT)
またどこかでお見かけしましたらご挨拶させていただきますね(^^)/
それでは〜

yam_yamyam_yam 2011/12/31 09:16 jinjinさん、こんにちは。

ご無沙汰しております。本当に書きたい放題書いてまして、申し訳ありません^^;
絶対に気を悪くされてると思いますが、個人のたわごととして勘弁していただけることを祈るばかりです(汗)。

R-SYSの平坦がしんどいと感じるのであれば絶対にGAホイールのカカリはわかるはずです。
なにもぜんぶ売っぱらわなくても・・・前後5万くらいですのでw。

おお、僕らはjinjinさんちの庭で遊んでおりましたか!
今度ご一緒させていただけるのを楽しみしています^^

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close