MOBILE DAILY NEWS blog版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-03-16

ITmedia +D モバイル,スマートフォンが“盗聴器”になる前に対策を──シマンテックの山中氏

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0703/16/news021.html

★[Mobile News] 私は現状ではセキュリティ対策は必要ですが,その中で特にウィルス対策が必要だと思っていません。もちろん,将来的にはわからないですが,現状ではウィルス対策のほとんどは無駄なことだと思います。特に個人では必要ないと思います。企業においては,責任問題もあるので,可能性は低くほとんどありえないようなことにでも対策していたという実績は欲しいのかもしれませんが。あるいは,今後に備えておくという点では,研究しているということでは多少,意味のあることかもしれません。

キャリア網やWi-Fi、赤外線、BluetoothPCとのケーブル接続、外部メモリなど、多くの手段を通じて端末内にメッセージデータが入ってくる。」とのことですが,Windows MobileなりSymbianなりのウィルスが偶然入ってくる可能性はほとんどありえないと思います。もちろん,皆無ではありませんが。また,さらにWindows Mobileなどでウィルスが広まる可能性は,ほとんどないと思います。あまりにも利用されているデバイスが少なすぎて適切なデバイスにウィルスが感染する可能性は皆無だと思います。

可能性があるとすれば,誰かをターゲットして意図的に送りつけることだと思います。もちろん,そういった可能性は皆無ではないと思います。ですが,スマートフォンがもっとはるかにメジャーにならない限り(そしてそんな可能性は皆無でしょう),心配してもしょうがないことを心配しているだけだと思います。意図的にねらうということであれば,はるかにもっと簡単な方法があるんじゃないでしょうか。スマートフォンに何かをソフトウェア的にしかけるよりも,物理的に実際にスマートフォンを盗む方がよほど簡単だと思います。また,盗聴するのであれば一般的な方法で盗聴する方がよほど簡単だと思います。Windows Mobileにおける録音は,一般的な状況でさえトラブルになったりします。そんなに簡単に気づかれずに録音できるとはとても思えません。

そういった意味で,盗難に備える必要は当然あると思います。パスワードとかいったレベルではなく,ユーザーの意志で全データの削除とかは当然可能であるべきでしょう。ですが,現状においてウィルス対策をどこまで本気でやる必要があるのかは,企業においてさえもアリバイ工作程度の意味しかないのではないかと思います。また,私個人の考えでしかありませんが,個人が行う必要は現状ではまったくないと思います。もちろん,将来的に心配になるくらいスマートフォンが売れてくれると嬉しいのですが。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamadaatmn/20070316/1174052473