Hatena::ブログ(Diary)

みちくさのこみち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-27 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第17話「拡散 オンステージ」


[公式あらすじ]・[「プロトカルチャーシステム」こそ、ウィンダミアの制風圏を崩す手がかり。ただ、その解析のためには、厳重な警備を潜り抜けて遺跡のある星に潜入し、ワルキューレの歌でシステムを起動させなければならない。果たしてケイオスの秘策とは………。]


マクロスΔ 」の第16話は...なんという課金システム...まさに何と言うワルキューレの罠でしょう...(^^)でもあれを見せられればマキナには課金するのはしょがないね...まさにサービスサービス...でもしすぎでは...そして、ハヤテの父はやっぱり次元兵器を落したのか…まだ裏がありそうな気もします。さらにハヤテフレイヤの間に距離が…、寿命が短いと2、3年が大事ですからね。「我がウィンダミア王国は風の歌によるヴァールのマインドコントロールに成功。遺跡の封印を解き制風権を確立した」「独立戦争から既に7年。その間グラミア陛下の風は弱まりルンは尽きてしまわれた...我らは地球人程の時間はない。彼らや他の人類種はなぜあれほど長く生きることが可能なのか?肉体は我らより弱くルンすら持たぬ者達が何故?...我らの命はあまりに短い。今戦場に出ている者達のルンも尽きるだろう。この宿命に打ち勝つためにもプロトカルチャーシステムの解明を急がねばなるまい...そして全銀河に大いなる風の歌を...」ロイドは、プロトカルチャーシステムの解明に種族の延命法がないかと研究していた。亡き先王の遺言として、統合政府を打倒し大銀河文明を樹立すると言われてるが、騎士団の年長組は懐疑的。そしてロイドさんは、ワルキューレのチェックに余念がない。一体誰のことが気になるんですか...(^^)ケイオスでは、ヴォルドールへまた潜入ミッションしようと計画ワルキューレの歌でシステムを反応させデータを収集しようという。全銀河ネットワークでライヴをワルキューレのライヴを配信...ウィンダミア支配下のヴォルドールへ降臨です...しかしコスチュームがエロすぎです...(^^)


...「銀河ネットワークをご覧のみなさんへ!」「現在球状星団ウィンダミア支配下にあり私達は対ヴァール用ワクチンライブを行えない状態にあります!...でもこのまま何もできないのは癪...だから私達のスペシャルライブを...銀河中に配信することにしました!」そして「星も国も銀河も超えてみんなに元気を届けたいんです!...これはウィンダミア支配には決して屈しないという私達の意志!...女神の歌よ!銀河に響け!...」まさに戦乙女って感じです...(^^)配信にはレイナ特製の自立型ウイルスが仕込んである...球状星団内で銀河ネットワークに繋がっているありとあらゆる通信デバイス感染。指数関数的に増殖・侵食していく仕組み。「レッツ・クリック♪応援ありがとう! これはマキマキからのプレゼント!」サービスというか、クリックしちゃダメなものですね...(^^)マキナのサービスカット...これはクリックしてしまいます...課金せずにいられない...(^^)「潜入作戦を遂行すると同時に映像コンテンツ販売もできるって寸法だ」おい...それでいいのか...(^^)ウイルスの侵食は順調に進行。...さすが人気者ですね。そして美雲さんがフレイアに「変わったわね、あなたの歌。...彼のせい?」フレイヤの恋心バレバレですね...美雲さんの歌も変わったというフレイヤ。他のメンバーも美雲の変化を感じていた。この変化はいいものなのかなと...。「準備はいいんかね?!」フレイヤのルンは光ってます。ハヤテも歌にやられちゃってます...。


で...マキちゃんのソロも可愛い...女の子にも好評ですね...(^^)「今日は本物の空を飛んでるみたいでさ。熱くなってマジぶっ飛んだ。最高にゴリゴリだったぜ」ハヤテも最高の褒め言葉の感想です...。「私も なんか胸が熱くなって。 ずっとドキドキしてる あの時からハヤテ… あのね 私…」告白する...のか...って、でも老夫婦が声をかけてきて未発に終わっちゃう...(^^)ウィンダミアには老人もいなくて別の種族だと思ってたフレイヤハヤテにもたまには家族に合わないと1、2年くらい合わなくても…ハヤテの言葉は、寿命がないフレイヤにはさすがに酷ですね。種族の間の寿命の差…。認識の差ですか...。で...ワルキューレのライブはウィンダミア兵も聞いていた...ボーグも間違って課金...何やっているのか...(^^)そして...「私は安くない女。この程度では何も見せてあげない」厳しいですね。そして...作戦成功し、侵食率100%。出撃するハヤテは、父を知るパイロットはウィンダミアと関わるなと言われる。その意味をアラド隊長に問うのですが...「ウィンダミアに次元兵器を落としたのはライト・インメルマン。お前の父親だ」重すぎる事実…ハヤテの父の行動には何か理由があったのか...アラドもハヤテの父が大量虐殺をする人とは思ってない。「今は自分のやるべきことをやる。そしていつか自分の目で真実を確かめてやる」「ハヤテ、手伝えることがあれば言って下さい!私も力になります」ミラージュちゃんにもハヤテにアピールできるチャンスなのでしょうか...。そして再びのヴォルドールへの潜入を試みます...。


ということで...ハヤテにとっては衝撃の事実....彼の父が次元兵器を使った理由、それがとっても気になりますね...。そして次元兵器を使った後、ライトはどうなってしまったのか...。美雲さんの正体も重要。遺跡の関係者なのかな。色々と謎が出てきましたね...。



[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-07-26 今日のあれこれ...の火曜日

[] 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」


[公式あらすじ]・[高校生活がスタートしたものの、臆病な性格のてこはまだ不安でいっぱい。下校中にそんな彼女の気持ちを察したぴかりは、寄り道しをして、てこがまだ知らないとっておきの場所に誘う。自分を元気づけようとしてくれたぴかりの気持ちを感じて、少し前向きな気持ちになれたてこ。翌日、ダイビング部に仮入部したぴかりとてこは、顧問が担任の真斗先生と知って驚く。てこにとってダイビングの講義は何から何まで知らない事ばかりだったけれど、そこにはきっと知らない素敵もたくさんある。そう感じるてこだった…。]


あまんちゅ!」の第3話は...光のおばあちゃんの言葉は名言がいっぱいですね...今日を楽しめるなら、いつでもどこもで楽しめるか…。新生活に不安だった双葉は光と一緒にダイビングの世界へ...未知の世界、知らないコトいっぱいでわくわくしますね...。「女子は何かとグループを作る性質がある...こういう時、私は極度に緊張してしまう...別にいいや…一人でも平気だし…私…本当にそう思ってる?本当は…」と...双葉はまだ光以外のクラスメイトにはまだ馴染めてない。お昼もボッチに…でも「私、小日向さんには凄く感謝しているの...本当に嬉しかったの。今日のお昼も…」光が「てこ!チョコクロワッサンゲット!一緒にご飯食べよ」誘ってくれて本当に助かりますね...光もしゃべるのは苦手、「私、話すの苦手なんだ...伝えたい気持ちを上手く言葉に変換できないっていうか…上手くしゃべれない分、ついオーバーアクションになっちゃうっていうかー」だからオーバーなアクションやホイッスルを使ってる...双葉が引っ越してきて不安だったと聞き、バス停を離れて坂の上に案内する...追いついて来た双葉に、おばあちゃんの言葉を話す。「あのね、今日不幸だと思う奴は、いつでもどこでも不幸になっちゃう奴だって、ばあちゃんが言っていた」...坂の上には桜のトンネル。「てことここに来て、一緒に桜を見られて幸せだ〜」「私もそうだ…今、幸せな気分だ」これを双葉に見せたかったんですね。「今日を幸せだと思える奴は、いつでもどこでも幸せになれちゃう奴だって婆ちゃんが言ってた」「婆ちゃんの言うことはいつも正しいし、婆ちゃんの作る豚汁は世界一なんだよ」それを見て感動する双葉ちゃんを見て光は幸せ。そして、もちろん双葉も...(^^)「ほら、私もいるし…ね。だからてこは、明日も明後日も大丈夫!」それを聞いて「一生懸命、私を励ましてくれてたんだ…幸せの気持ちは、桜のせいだけじゃないよ。ぴかり」


「入部希望者募集中でーす!」体験入部が始まり、すぐダイビング部に行く光たち。火鳥先生がいて、「先週、この部屋に何者かが侵入した痕跡があると苦情が寄せられました。心当たりがある者はいませんかー?」不法侵入が先週あったが心当たりないと聞かれる...(^^)「はい!それは私です!」光が素直に自首して叩かれる...双葉も素直に告白すると、光が巻き込んだのだろうとグリグリ...(^^)先生にはお見通しです...(^^)そして...「歓迎します!ようこそ、ダイビング部へ」ダイビング部の顧問が火鳥先生。「火鳥先生!ダイビング部の顧問は、そちらのお方では?」ちゃは顧問じゃないですよ。仮入部でもすぐ潜れない、お勉強タイムが先。双葉ちゃんはなぜかガッカリしてる...ダイビングで問題になるのは水圧「高層ビルのエレベーターや飛行機に乗った時、耳がキーンてなったことはないか?...あれはな、外の空気の圧力と体内の空気の圧力が違う時に起きるんだ...肺や気道など、人間の体には空気が貯まる所があるんだ...体外の圧力が変化した時に、体内の空気との圧力の差が出来て、鼓膜が圧迫される。それがキーンの正体だ...水は空気よりも重いので、水中の体外圧力変化は、陸上での変化とは比べ物にならない...体内空間は、水深10mという2倍の圧力下では陸上の時の1/2に…水深20mの3倍の圧力下では1/3に圧迫される...問題です。水深40mでは、体内空間は1/5です。空気の袋はどうなるでしょうか?」。「ぁ…5分の1…」「つ…潰れちゃいます」...「ぺっちゃんこだ!」「ど、どうすればいいんですか!?」「プチッ!」プチって不吉なことは言わないの...「押しつぶされないようにするには、十分に空気を補充し、体内空間の体積を通常に維持すればいい」「呼吸によって体積を意地さえ出来れば、肺や気道は押し潰されることはない」「ただし、呼吸しても空気が流れない耳の中には、意識的に空気を送り込まなくてはいけない」「そんなときに役に立つのが、この耳抜きだ!」見見抜きのやり方を教わる。「」その1、ツバを飲み込む...その2、顎を左右に動かす...その3、鼻をつまんで耳に空気を送る...」双葉もすぐ実践...「なんか、変な音がしましたけど」「それが耳抜きです!」


で...「ダイビングには、一つ大きな鉄則が有ります。それは何でしょう」「ヒント!潜行する時ではなく、浮上する時を考えて観るんだ」「水深30mで最適な体積を保った体内の空気は、水深10mではどうなる?」「キュっと押さえつけられてた空気が…徐々に力から開放されて…2倍に、膨れ上がります…」「そうなると、肺はどうなる?」「パンクしちゃいます」...「そうならないためには、何をすればいい?」「イビングの鉄則は、絶対に水中で呼吸を止めないこと...常に呼吸さえしていれば、空気は自然に調整される」浮上するときも気をつけないといけない。常に空気を吸っておくのがダイビングでは大事。新しいことを知ったコトにわくわくする双葉。そのわくわくは光にも伝わる...「新しい学校、見知らぬ土地、憂鬱だった朝、現実感のない通学路…怖いと思ってたのに…知らない世界を知りたい。見たことの無い世界を見たい気持ちが形になって…まるで、パズルが当てはまっていくよう。全てのピースに理由があり、全てのピースに意味がある...てこのドキドキで、私までみなぎってきた!」...「ね!ダイビングって面白いでしょ!」「うん、面白い」「わくわくするでしょ?」「うん。わくわくする」「早く潜りたいね」「うん、早く潜りたい」...ダイビングしたい気持ちがみなぎってきた、そして「一緒に潜ろ、ぴかり!…ぁ」初めて光をあだ名で呼ぶ双葉。「初めてアダ名で呼んでくれた!」それを喜んで抱きついてしまう光。ここで親友になって...「本当の私はいつも、誰か誘ってくれないかと祈るように待っていた...ただ待つだけの、意気地のない自分が嫌だった...でも、そんな気持ちも、意味のあるピースになって、ぱちり…ぱちりと出来上がった、真っ白な春の1ページ目...」...心が繋がった瞬間ですね...恥ずかしいセリフ禁止と突っ込んでくれる子がいそう...(^^)


ということで...深いとこ潜ると体外との圧力の変化とか考えなきゃいけないってのが解ったアニメ...。というか、呼吸止めて上昇は良くないんですね...よくわかりました...次回はプールで練習開始です。...ダイビング部のメンバーも登場で、楽しみですね...(^^)


[アニメ あまんちゅ!]公式ページ。


2016-07-25 今日のあれこれ...の月曜日

[]第4話「ふたりのキモチ」


[あらすじ]・[花丸は「小さい頃から隅っこで遊ぶ、目立たない子だった」「運動も苦手だったし...学芸会では木の役で…段々、一人で遊ぶようになっていった...本を読むのが大好きになっていった..図書室はいつしか、まるの居場所となり…読む本の中で、いつも空想をふくらませていた...ちょっぴり寂しかったけど…本があれば大丈夫だと思った...」小さい頃から隅っこで遊ぶ目立たない子で、運動も苦手だったし、しかも学芸会では木の役って...(^^)それで一人で遊び、本を読むのが大好きになっいった花丸でした。そして何よりそして大事な友達のルビィがいました...。]


ラブライブ! サンシャイン!]」の第4話は...。ルビィと花丸がお互いを思い合う友情が見ていてすごくいいですね。ということで花丸は凛ちゃん推しですか...。それにしても徐々にメンバーが集めっていく過程は見ていてわくわくしますね。花丸は「小さい頃から隅っこで遊ぶ、目立たない子だった」「運動も苦手だったし...学芸会では木の役で…段々、一人で遊ぶようになっていった...本を読むのが大好きになっていった..図書室はいつしか、まるの居場所となり…読む本の中で、いつも空想をふくらませていた...ちょっぴり寂しかったけど…本があれば大丈夫だと思った...」小さい頃から隅っこで遊ぶ目立たない子で、運動も苦手だったし、しかも学芸会では木の役って...(^^)それで一人で遊び、本を読むのが大好きになっいった花丸でした。そして何よりそして大事な友達のルビィがいました。で...アイドル部を承認してくれたマリー、「承〜認!!」ノリノリですね。しかし部室はもらったが要清掃が必要です。あれ...ホワイトボードに何か書いてる...アイドル部が出来て喜ぶルビィ。「あぁ、またライブ見られるんだ〜」好きですね。で、千歌ちゃんたちが来て隠れるルビィ、でもすぐ見つかるのですよ。「スクールアイドル部へようこそ!結成したし、部にもなったし、決して悪いようにはしませんよ〜」なんか千歌が怖いですよ。「2人が歌ったら絶対キラキラする!!間違いない!!」「2人が歌ったら絶対キラキラする!!間違いない!!」しかし「あ、いや…まる、そういうの苦手っていうか…」二人ともやんわり断りますが…ルビィはしたいんじゃないの...。で...回想「お姉ちゃん、昔はスクールアイドル好きだったんだけど…一緒にμ’sの真似して、歌ったりしてた...でも、高校に入ってしばらく経った頃…それ、片付けて。見たくない...」と。でも、高校に入ってしばらく経った頃、アイドルを避けるようになった。で「本当はね、ルビィも嫌いにならなきゃいけないんだけど…お姉ちゃんが見たくないって言うもの、好きでいられないよ…」「それに…花丸ちゃんは興味ないの?スクールアイドル」「ないない!オラとか言っちゃうし…」平気だというルビィだけど、花丸ちゃんは心配しています。


で...「果南〜シャイニ〜!」いきなりハグするマリー...「スカウトにきたの! 休学が終わったら、スクールアイドル始めるのよ!」「本気?」「でなければ、戻ってこないよ」マリーは前にアイドル部をしていたのか...「ルビィは花陽ちゃんかなー」「私は断然エリーチカ!」ダイヤちゃんはエリーチカが好きだった。「生徒会長でスクールアイドル。クールですわぁ」会長やってるのもその影響でしょうかね。で...なぜ、アイドル部をやめるような過去があったのでしょうか...。「μ’sかぁ。オラには無理づら」オラという言葉遣い、なんか可愛い花丸...そして、不審者のヨハネです...(^^)そして...μ’sに習って階段を登る千歌ちゃんたち、でもハードすぎたって。日課で走ってる果南は上まで走って来た...。で...花丸もスクールアイドルやってみたいと言い出す。ルビィと一緒んに体験入部してみようと言い出す。それを聞いて...「これでラブライブ優勝だよ!レジェンドだよ!」気が早すぎる千歌です。「もしかして、生徒会長のこと?」「はい…だからルビィちゃんとここに来たことは内密に…」姉のことがあるので、ナイショで仮入部です...で...アイドル部の練習メニューを作ったと。「本物のスクールアイドル練習」ルビィがいちいち可愛いですね。


「中庭もグラウンドもいっぱいだねー…」「砂浜じゃダメなの?」「移動の時間考えると、練習場所は学校内で確保したいわ」練習場所が開いて無く、μ’sのように屋上で...「屋上はダメですか?μ’sはいつも屋上練習してたって」μ’sの奇跡をたどってますね...(^^)「うーん、気持ちいいズラ〜」練習ですよ、花丸さん...(^^)「いくよー!アクア…サンシャインー!」ルビィ、練習とっても楽しそうで何より何より...。楽しそうに練習するルビィを見守る花丸。友達のために仮入部なのかな。ライブで何曲も踊るには、頂上まで駆け上がるスタミナが必要だしってことで、階段上りです...遅れる花丸をまち、一緒に走ろうってルビィ。「ダメだよ… ルビィちゃんは、もっと自分の気持ち大切にしなきゃ。スクールアイドルになりたいんでしょ? だったら、前に進まなきゃ。さぁ、行って!」背中を押す花丸...『まると一緒に図書室で過ごしてくれたその子は、とても優しくて、とても思いやりがあって、 でも、気にし過ぎな 素晴らしい夢も、キラキラした憧れも、全部、胸に閉じ込めてしまう子…その胸の扉を思い切り開いてあげたいと、ずっと思っていたその輝きを、大空に、放ってあげたかった… それが、丸の夢だった』花丸ちゃん良い子...(^^)そして...ダイヤを呼び出していた花丸。「あの、ルビィちゃんの話を ルビィちゃんの気持ちを、聞いてあげて下さい」仮入部が見つかって、ダイヤと話すルビィ。「ルビィ…ルビィね…」「良かったね。やっと希望が叶って」マリーがダイヤに言う。 ルビィに許可を出したようです。よかったね。ルビィは入ったが花丸は…「これでまるの話はおしまい。 もう夢は叶ったから、まるは本の世界に戻るの」切ないですよ…ルビィが来て、花丸を説得...花丸が自分のために無理に仮入部してるんじゃないかとみてた...でも 花丸は嬉しそうにしていた。「花丸ちゃんと一緒にスクールアイドル出来たらって、ずっと思ってた!一緒に頑張れたらって」「オラには無理ずら… 体力ないし、向いてないよ」「そこに写ってる凛ちゃんもね、自分はスクールアイドルに向いてないってずっと思ってたんだよ」「でも好きだった。やってみたいと思った。最初はそれでいいと思うけど」千歌たちも説得...「ルビィ、スクールアイドルがやりたい!花丸ちゃんと!」「一番大切なのは出来るかどうかじゃない。やりたいかどうかだよ!」花丸の説得に成功、メンバーに入りました...(^^)早速、エントリーすると4999位...上に5000組もスクールアイドルがいるってことですね。こりゃ先は長いですね...(^^)


ということで...ルビィちゃんたちも入って、ついにアイドル部始動...花丸とルビィの友情に胸アツでした...次はヨハネちゃん、さてこの子はどうやって加入するのかなと...そして...どんな活躍をするのか楽しみですね。


[アニメ ラブライブ! サンシャイン!]公式ページ。


2016-07-24 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第3話「さがしものはどこへいった?/ショートボブ/缶接キッス」


[公式あらすじ]・[美術部にやって来た内巻くんは、ソファーの裏に挟まっているコレットさんを発見する。コレットさんは無くしたロケットを探していたが見つからず、そこにはとても大切な写真が入っているという。そこで内巻くんはコレットさんと一緒に校内を探すことに。新しい嫁を考えている内巻くんは、良い髪形が思いつかず落ち込んでいた。そこで宇佐美さんはショートボブを提案する。あまりピンときていない内巻くんであったが…美術部に体験入部の名目で遊びに来たかおり、涼子、さやかの三人。デッサンが一番下手だった人間がジュースを奢ることになり、宇佐美さんと内巻くんの二人がモデルに。変な遊びに巻き込んでしまい、申し訳なさそうに内巻くんに謝る宇佐美さんであったが、友人三人はエスカレートし……。]


この美術部には問題がある! 」の第3話は...ということで、金髪少女コレットちゃんが想像以上にアホ...家可愛い子でした...(^^)ただ、宇佐美も可愛いですね。というか...内巻くんはぜんぜんリア充じゃないか。なぜ二次元嫁に逃げるんだろ...(^^)まだ誰も部室に来てないなと作業しだす内巻。ふとソファの後を見るとコレットちゃんが挟まっていた、「あ、内巻先輩だ!」1年生のコレット...「この子は1年生のコレットちゃん。半年前、ご両親は本国に戻ったんだけど、コレットちゃんは日本に残ることにしたみたい」無くした大事なロケットを探していたらしいコレット。それは両親の写真でしょうか。「捜しましょう。どんなロケットですか?」「飛ばないやつです!」「分かってますよ…」...(^^)落とし物を見にいくがロケットは届いてなかった。ただそこに宇佐美のヘアピンがあった..「肝心のロケットはなしですか。コレットさん、今日行った場所覚えてますか?」「登校してからまず屋上で凧あげして、先生に見つかって怒られて…」なにやってるの...(^^)ロケットがないのに気づいたのは昨日ですよ...昨日はどこに行ったのか教えてください...と聞くが...。「私の行動パターンをそんなに調べてどうするつもりなんですか…?」ストーカー扱いでしょうか。宇佐美が来て、ヘアピンを渡すと、部長の数珠を渡される。わらしべ長者みたいですね持っていた物を偶然出会った人と交換するたびにどんどんいいものになって…最後にはすごいお宝をゲットするんです「早く出してください!ロケットですよ、持ってるんでしょ?」部長は持っていません...(^^)...二人が隠してるのかと疑うコレット…ってポケットに入ってたのに気づくって...(^^)で、言い訳...「今、瞬間移動でロケットがこの中に現れました!」可愛いすぎですね、コレット...で、大事な写真とは、先週撮ったプリクラでした。


「せっかく来たのにみんな遅〜い!退屈〜!」先に部室に来てヒマなコレット。靴が片方脱げて、足で拾ったら勝ちと遊びだす...(^^)靴をゲットしたけど、頭に堕ちて失敗...なにやってるの...(^^)宇佐美が来ると、内巻が落ち込んでる...なぜか...「スランプっていうかネタ枯れっていうか…新しい嫁を考えてたんですけど、どうもいい髪形が思いつかなくて」「じゃ、じゃあさ…例えばショートボブとかはどう… かな?なんて…」宇佐美のさりげないアピールです...(^^)。内巻は知らないので、コレットが絵に描く。それって...ショーとボブ...(^^)同人誌かな...それを見て「すばるお兄ちゃん、私のハートもらってください…」宇佐美の妹キャラ可愛いです。でも...「…無いな」...(^^)次の日、資料の雑誌を持ってくる宇佐美。内巻に感謝されます...ただ...地味に付箋を貼ってショートボブをアピールしていく...宇佐美です...(^^)


「今日どっか遊びに行かない?」「ごめん、今日も部活なの」「青春してるな、みずきは」「別にそんなつもりじゃ…私はただ絵が好きなだけだから」宇佐美ちゃんが部活に熱心なのは、絵が好きだから...でも、「内巻君より?」「それは内巻君の方が好きだけど…」内巻くんの方が好きなんだよね...まさに誘導尋問...(^^)「そういう淫乱な理由で部活に行くのはどうかと思うな」...「淫乱言うな!」...笑った..(^^)かおりちゃん、涼子ちゃん、さやかちゃんが、美術部を体験入部についてくる。新聞部だからネタがないかなって意見も...(^^)「ウチのみずきがお世話になっております。みずきは心優しい良い子だよ。まぁちょっと淫乱なとこはありますが...」もうすっかり淫乱設定にされる...で、三人で絵を描いて、一番ヘタな人がジュースをおごると。で...モデルは宇佐美と内巻がモデル。二人をピッタリ並ばせるかおり...ちょっと緊張...(^^)「よ〜し、じゃあ次はそのままキッス!」「できるかぁ!」石膏を投げるな...(^^)勝負はかおりちゃんの負けでジュースをおごる...因果応報ですね。内巻の頼んだのがなかったのでコーラを買って来たでも内巻は炭酸がダメ。なのでかおりは「これ口付けちゃってるけど、良かったら交換する?」内巻はためらわずOKした...さすがに慌てた宇佐美...それで宇佐美はかおりと内巻が間接キスだと真っ赤になって止めます...そして飲みそうなジュースを奪って自分が飲んじゃう...(^^)しかし...飲まれた内巻は、宇佐美が飲んでいたジュースを飲んじゃいます...間接キッスですね...そして「あんまり悔しそうじゃないですね?」「そ、そんなことないって!ショック、ショック」それを見て...「あ〜もう爆発しろ」で...帰り道...『間接だけど…キスしちゃった』三人に感謝する宇佐美。だが、翌日、記事にされてしまっていた...酷い...(^^)


ということで...初登場のコレットちゃん...金髪で可愛いけど、宇佐美も可愛さで負けてないですね...純情すぎてちょっと笑える...(^^)そして次回は可愛い先生が登場。どんなキャラなのか楽しみですね...(^^)


[アニメ この美術部には問題がある! ]公式ページ。


2016-07-23 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...ポケモン、ゲットだぜ...。


こちらの方は昨日に梅雨が明けました...梅雨明け10日という言葉があるように...梅雨が明けた後の10日間は安定した晴天が続くことをいう。太平洋高気圧の勢力が大きくなってきて日本列島全体を覆うようになると、安定した天候が続くようになるという...その通り今日も良い天気...気温も上がりました、そのためちょっと辛い1日でしたね。


そんな今週のあれこれ...何かこのところ殺伐としたニュースが続いていたのか...アメリカでは共和党の全国大会...トランプ氏が正式に大統領候補、何か不安になったり...ロシアでは、国家ぐるみドーピングリオ五輪ロシアの選手が出場できなくなるとか...、そんなニュースの中...ある意味このニュースは何かほっこりするというか...しかし、あまりの熱狂のためか色々とあちこちで問題を起こしているようですが...。欧米で大きな話題を呼んでい「ポケモンGO」が、7月22日10時過ぎに日本でもリリースされた。App Storeではあっという間に「無料アプリ総合ランキング」の1位に輝いたという...この「ポケモンGO}」は...Niantic Incと任天堂株式会社ポケモンが共同開発し、世界各国で爆発的な人気を博しているスマートフォンアプリですが...アメリカをはじめ世界では社会現象にもなっているとか...。特にアメリカでは熱中するあまり、病院や美術館などの公共施設でゲームをプレーする迷惑行為も報道されている。さらに、戦没者を慰霊する「アーリントン国立墓地」や、ドイツではナチス・ドイツ大量虐殺の記録を後世に伝える「ホロコースト記念博物館」などにもポケモンが出現し、施設関係者が厳粛な場所で遊ばないよう呼びかける事態となっている。と...さらにはボスニアでは地雷除去を行なうチャリティー団体の「Posavina bez mina」がこのゲームのプレーヤーが地雷原に立ち入っていたことを報告しています。その目的はもちろん目的のポケモンをゲットするため…ボスニアヘルツェゴビナには1990年代に起きたボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争により、推測で12万個もの地雷やさまざまな不発弾が埋まっているとされているとか。今回の立ち入り報告をうけ、当然のことながら同チャリティー団体は「地雷原には決して立ち入らないように」と警告を出しましたとか。


◎「ポケモンGO」 日本国内での配信を開始

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00000033-it_nlab-sci


そして..この影響はアメリカアメリカでは国務省記者会見中に、「ポケモンGO」をしていたとみられる記者が注意される一幕があったとか...。米国務省カービー報道官は21日午後の定例記者会見で、突然目の前にいた記者に「(世界で人気のスマートフォンゲーム)ポケモンGOで遊んでいるの?つかまえた?」と問いかけるハプニングがあった。参考消息網が伝えた。 カービー報道官は会見でいつも通り声明を読み上げた。続いて記者からの質問に答える手順だった。声明を読み始めて2分ほどたった時、突然会場にいた記者に「今ポケモンGOで遊んでいるの?」と尋ねた。記者は「ちょっと見ているだけです」と回答。報道官は表情を大きく変えなかったが、笑いを押し殺しているようにも見えたという...ちょっと笑えるとか...そして日本でも...。


◎「もう見つかってるんですか...」 菅官房長官も驚いた官邸ポケモン報告

http://www.j-cast.com/2016/07/22273323.html


ポケモン GO」のモンスターが、早くも国会首相官邸で「目撃」された。7月21日の記者会見でゲーム利用上の注意を呼びかけたばかりの菅義偉官房長官は、22日夕方の会見で「官邸での目撃談」を知らされると、「もう見つかってるんですか...」と驚いていた。 ポケモン GOをめぐっては、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が「危険な場所には立ち入らない」といった内容のイラスト入りの注意喚起文書を出したばかり。菅氏は22日の会見で、改めて「是非、安全に使っていただくためにも、こうした注意をしっかり守っていただきたい」と...しかし、当分はこのフィーバーは続きそうです...。


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-07-21 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」


[公式あらすじ]・[幼稚園でみんなから粘土をもらったつむぎは、大きなハンバーグを作って持って帰ろうとするが、ミキオくんに、「それってドロボーじゃん!」と言われてしまう。お迎えに駆けつけた犬塚は、つむぎを連れて家へ帰り、優しく抱きしめる。しかし、翌日になっても落ち込んでいるつむぎに、元気を出してもらおうと、小鳥と一緒にハンバーグを作ることに。いつもと様子が違うつむぎに、美味しいハンバーグで笑顔になってもらえるだろうか…。]


甘々と稲妻」の第3話は....何だろう...泣けるアニメってあるんですのですね...(^^)1話でご飯...2話で豚汁...3話目でハンバーグも完成して、これでやっと一食分のメニューできましたね...。犬塚先生が子育ても料理も頑張れるのは、つむぎちゃんがカワイイからです...確かにあの笑顔を見たら頑張れますね。それにしても朝から母親のセーラー服姿を見れば...小鳥のショックは大きい...(^^)朝から山盛りごはんの小鳥...、しかしセーラー服でテレビ出演する母の姿にドン引きしてしまいます...「小鳥〜、観てる〜?お母さん頑張りますね〜」って...(^^)失敗しながらもスクランブルエッグ味噌汁を作った犬塚つむぎちゃんにおいしいと言ってもらえれば何よりですね...(^^)「朝、テレビをつけたら…母がセーラー服でした...流石にないです、あれは!...私だってセーラー服着たことないのに…!!しかも結構似合ってたし…」ショックだったと語る小鳥.「そうだ、どうでした?朝食は」「スクランブルエッグ焦げました。味噌汁は、味噌入れた後、火にかけたら煮詰まっちゃって。お湯で薄めました...」「先生、生煮え怖いですか?」つむぎちゃん小さいから生煮えのものは怖いかなと...。幼稚園で、年度のハンバーグを作るつむぎちゃん。みんなに分けてもらってたくさん作ってお持ち帰り...だが、持って帰るのをドロボーじゃないかと言われてしまう。ショックで泣いちゃうつむぎちゃんです。犬飼先生が迎えに来ても、機嫌が直らないつむぎちゃん。一度すねちゃうと以外と長引くようですね。「粘土はもらったの…泥棒じゃないもん…」「分かってるよ。つむぎは泥棒じゃない」「おうちで粘土買って、みんなに返そうか。父さんもさ、たとえ誤解でも、つむぎが泥棒って言われるのは嫌だからね」


で...「つむぎちゃん!今日はお待たせのハンバーグですよ!」でも、元気のないつむぎちゃん。「かなり落ち込んでるみたいですね」「一応今朝、仲直りはしたんですが…スッキリしないみたいで」仲直りはしたけどスッキリしてない。「そんなわけで、ハンバーグで元気出して貰おうと...」「よし!頑張りましょうね!」「煮込みハンバーグです!それだったら、真ん中が生焼けとかなりませんし、美味しいし」作るのは煮込みハンバーグ。確かに美味しい...(^^)で...ゴーグルにマスクをつけて先生には玉ねぎをみじん切りしてもらう。その姿に、「」つむぎちゃん笑いをこらえてる...(^^)...そして母レシピで微塵切りを見るが、よく分からない...何とかレシピ通りに作っていきます「みじん切りにした玉ねぎを、飴色になるまで炒めて…」「飴色ってなんですか?薄い半透明の茶色みたいな、美味しそうな色ですよ」で...ハンバーグ...「基本シンプルですよね。おからとか豆腐とか混ぜ込んだり、人によってはキウイとか入れるそうですよ」...「キウイの成分がお肉を柔らかくして、ふんわり焼きあがるんです。酢豚にパイナップル入れるのと同じです」...キウイプロテアーゼ...ダメだ...酢豚にパインは戦争が起きてしまう...(^^)


そして...つむぎちゃんは悪いことしなたと、まだ元気がない。「先生、もっと頑張って聞いてあげて。ちゃんと」小鳥ちゃんが促します...もう立場はお母さん...(^^)つむぎちゃんは泥棒じゃないけど 粘土いっぱい貰って、粘土返せなかったの… つむぎ、悪い子かな?」それに対して「父さん、つむぎは良い子だって知ってるよ。つむぎは優しいし、うちのお手伝いだってしてくれるし…それに、つむぎは父さんにいっぱい、いっぱい元気をくれるんだ!父さん、つむぎが大好きだよ!」ダメだ...涙がじんわりきてしまう。つむぎちゃんも心が晴れ、ハンバーグ作りをお手伝い。それを見つめる小鳥の眼差しが優しい...ってか、小鳥、本当に女子高生ですか...完全に見守る母親ポジションなんですが...二人でハンバーグをこねる...そう気持ちの込もった料理は美味しいのです。で...「今までで一番見た目がたまんないですねぇ!」自画自賛の小鳥...ハンバーグに目玉焼きは反則ですね...(^^)それに美味しくて泣いちゃうつむぎちゃんです。美味しい料理は心を素直に...そして豊かにするのです。「つむぎがどんな子でも、お父さんは大好きだよ」そして「美味しいー!」つむぎちゃんの笑顔が最高です。つむぎちゃんは父さんの誕生日プレゼントに粘土でハンバーグを作っていたのか。「先生…今日誕生日なんですか? このトロトロ混ざった一番美味しい所をあげますから!プレゼントです!」「大丈夫。いらないですよー」残念な小鳥...(^^)先生にとってつむぎちゃんの笑顔が一番のプレゼントですからね...(^^)


ということで...メインのつむぎちゃんの心境と、子供らしさや可愛さを存分に描いた良い3話目でした...しかし、なんか残念すぎるぞ、小鳥が...ともあれ...つむぎちゃんが天使すぎます...こんなつむぎちゃんだからこそ、犬塚先生も頑張れるのですね...(^^)


[アニメ 甘々と稲妻]公式ページ。


甘々と稲妻 VOL.1 [Blu-ray]

甘々と稲妻 VOL.1 [Blu-ray]

2016-07-20 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第16話「ためらい バースデイ」


[公式あらすじ]・[明後日はフレイア15歳のバースデイ。フレイアを元気付けようと、マキナのアイデアで、サプライズパーティを開くことに決まった。だが、ハヤテは誕生日プレゼントに何を選べばいいのか、まったくのノープラン。見かねたミラージュが買い物に付き合うのだが………。]


マクロスΔ 」の第16話は...ということで...プレゼント選びでミラージュはハヤトとデートな感じだったのに…。しかしルンピカ全開のフレイヤのバースデイを見たらもう、フレイヤエンドしか見えない。ハヤテもの女の気持ちに気付きだしてるし。ということでミラージュは結局報われないのか...(^^)「インメルマン…?アラド。どうしてお前あんな男の息子と…」「あ…いや。何でもない。すまん。助かったよ。ありがとう」「親父さんとはウマが合わなかったのかもな。気にするな」「あんたは親父と知り合いだったのか…」「まぁな。親父さんは俺達と同じパイロットだった」「なんで黙ってたんだよ…」「そりゃあ聞かれなかったからな」アラド隊長は、パイロットだったハヤテの父を知っていた。話さなかったのは、やはり何か問題のある男だったのかな...。で...お店を手伝うフレイヤ。やっぱり可愛いです...チャイナ服が良い。11月3日。明後日がフレイヤの誕生日。プライズパーティーをしようと話し合うハヤテたちです。「以前 私は遺跡を通じ風の歌い手と繋がった。遺跡があった場所に現れたシステムを使えばこちらも対抗できるかも」うまく対抗手段に使えるかも...美雲は、フレイヤのパーティに行くか考えておくということですが、それを聞いて「へぇ…考えておく、か」どれだけ気合い悪かったのですか...(^^)。プレゼント選びに、「…で、何で私まで」「プレゼントなんて何買っていいかわかんねぇんだよ」ミラージュについて来てもらうハヤテ。それを追跡するマキナたち。「まぁまぁいい感じなんじゃない?」「なんかこう付き合い始めのぎこちなさの残るカップルっつーか…」楽しそうなデートにも見えるのですが...ミラージュちゃんが好きってサイン出してるのに、鈍すぎるハヤテ。「恋って残酷…」ですね...(^^)


で...ウィンダミアでも全銀河を敵にするのは意見の分かれるところ。「歌の出力をさらに増大させる実験準備が整いました。新統合軍の全艦隊が集結する前に実行いたします」「余の道は全銀河の民を風の歌により束ねること。それがこの戦争を終結させる最善策と考える。そのためにはわが身を削ることも厭わん」空中騎士団、今後どうするべきかで意見が割れてる...このまま戦いは終わらないのか「戦争…まだまだ続くんやね」と...フレイア。「美雲さん…」「あの星座の先にウィンダミアがある。故郷を思い出していたの」「なんだかここで星を見ていたら…」「ウィンダミアの風はまるで氷の礫。頬に受けると痛みを覚える。あなたウィンダミアのあの舞台で歌ったことある?」「そう。旋律は風に乗りどこまでも飛んでいく。歌は星を駆け巡りそして昇華する」ミラージュちゃんが歌うのに反応するハヤテ...美雲も聴きつけたのかミラージュの前に現れる。「あなたウィンダミアのあの舞台で歌ったことある?」美雲はそこで歌ったことがあるのかな。


で...ハヤテは知らずに父と同じパイロットの道を選んだ。選んだのはハヤテ自身だから、それでいいんじゃないかというミラージュ。アラド隊長がハヤテに秘密にしてることとは…ウィンダミアに次元兵器を使ったのはハヤテの父なのか...フレイアの誕生日。出かけて貰ってる間に、パーティの準備です。フレイアは誕生日だと忘れていて、サプライズ大成功...彼女「誕生日…おわ〜!今日私の誕生日!」「忘れてたの!?」「いや〜…この2、3年誕生日のたびに村長さんからはよ結婚せいって言われて逃げ回っとったから…」誕生日のたびに結婚せいって言われてたせいって...そして、サプライズ登場、美雲さん登場...「くもくも…」「激レア」美雲さんもやって来て歌のプレゼント...これは激レアですね。「あんがと… あんがと…みんなあんがとございます」うれし涙のフレイヤちゃん。ハヤテは何を持って来てるのか遅れてる...戦争のころ歌に出会ったフレイヤ...どんなときも歌が支えてくれすごいと思った…だからオーディションがあるって聞いて...どうしてもワルキューレになりたいって思って...オーディションに受かって…ほんに嬉しかった。「私今日で15歳になりました。ウィンダミア人にとって人生の折り返しになる大切な子の日をこんな素敵な私...みんなに出会えてぶっちゃ幸せです!これからも悔いのないようずっとずっと歌い続けます!」外に雪が降ってる...故郷の雪を思い出して走っていくフレイヤ。「もしかしてこの雪 ハヤテが降らせて…」「俺からのプレゼント、ってことで」やるじゃん、ハヤテ...(^^)フレイヤのルンがピッカピカです...(^^)ハヤテが触ってもいいんだ...ミラージュは誕生日を祝ったことがなくて、どんなのか知りたくて来た。謎がまた…。アラドは、ハヤテの父は優しすぎる人だったと言う。それで軍を裏切るようなことをしてしまったのか...そして...ハヤテフレイヤのラブラブな様子を見て、涙するミラージュちゃんが切ない...恋に気づいた時が失恋なのか…


ということで...寿命が短いウィンダミア人にとって誕生日があんまりいいものじゃなくて暗い話になっちゃうんじゃないかと...とってもヒヤヒヤしてたけどそんなことなく普通に祝ってくれてありがとうでよかった...本当にフレイヤが幸せそうで、よい誕生日会だった...これが一番幸せだった日にならないかなと不安になるのですが...果たしてミラージュの逆転はあるのかな...(^^)


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-07-19 今日のあれこれ...の火曜日

[] 第2話「光といけないコト」


[公式あらすじ]・[てこは学校へ行く準備をしながら、あんなに憂鬱だった気持ちが昨日よりも少しだけ軽くなってるのを感じていた。一方、同じバスに乗り合わせたぴかりと真斗先生。二人は学校に最寄りのバス停よりも前で下車すると、とっておきの素敵ルートを通って競争を開始! 勝負を通して真斗先生と絆を深め合うぴかり……それは、てこにとってはやはり知らない世界の出来事のようだった。その日の放課後、ぴかりのペースに乗せられるまま、てこはいけないと思いつつもダイビング部の部室に無断で侵入してしまうが…。]


あまんちゅ!」の第2話は...双葉はどんどん光の行動に動かされていきますね。いいことです。それにしても憂鬱だった学校も楽しくいきそうです。それにしても桜の花びらのプールで浮かぶ二人の姿が神がかってました...(^^)「ファイブステップ!それはダイバーがもぐる前の最終確認なのである」「身だしなみ!、制服!と、チャック!...、」そして「準備OK!」「時間、OK!」「おうちの玄関、OK!...空気…OK!」「行動!!お天気良し!...オッケーーイ!」ダイバーの光は、朝の登校もチェック。そしてチェックが終わって登校OKです。バスで火鳥先生と同じになる光ちゃん。途中で降りていくのは、朝のヒーリングコースだから...双葉友達からメールが届き、気分も明るくなって登校です。光と火鳥先生は、競争するように学校に向かう。「今日は早起きできたので、素敵ルートで登校しようと思いまして!」「このルートを知ってるとは、やるな!」...(^^)負けないと大胆にジャンプしてショートカットする光。火鳥先生は、他の先生のバイクに乗せてもらってお先に...大人げない先生です...(^^)でも、光ちゃんも負けてない。高い壁からダイビングしちゃう...無理しすぎだ「あんな所からジャイアントストライドかますなよ…」と...(^^)火鳥先生の言葉に、「火鳥先生ってもしかして…ダイバーさん!?」同じダイバーだと分かります...双葉は光の行動にドン引き...「小日向さんって……変…」...(^^)


で...「では、今日はこれで終了です。来週からの仮入部期間、気になる部活にはドンドン行ってみること」、部活の仮入部が来週からはじまると言われるが、双葉帰宅部活動を決めてる「部活…いいや、私は3年間帰宅部で…」しかし...光が変な行動をしてるの見かける双葉双葉も連れて行かれたのは、プールの近くにあるダイビング部の部室。「あの…!部活の仮入部は来週からって先生が…」「大丈夫!大丈夫!」...と...「ぁぁぁ…勝手に入ったら怒られちゃうよー?」部室に勝手に入っていくと、ちゃ顧問がいた...「ちゃはここの部員さんだったのかー」双葉ダイビングスーツを見てる、そこで、説明する光。「ダイビングスーツは…基本は大きく分けて2つ!」「ウェットとドライの2種類なの」ウェットスーツとドライスーツがある。「ウェットスーツには中に水が入って濡れる前提で、ドライスーツは中が乾いた状態の完全防水なの」「完全防水って、どうやって?」分かるように、着替えちゃう光。「テコ、後ろのチャック閉めて?」「ゴムでギューってなってるから水が入ってこないんだよ」「チャックは宇宙服と一緒なんだってー」ドライスーツは宇宙服と同じで密着する構造なのか....。そして「暖かい時がウェットで、寒い時はドライを着るの」...そしてイケナイと思いつつ、双葉ドライスーツに着替えます。光がそのまま手をとってプールへ...(^^)


で...スーツの空気を抜くと密着する、それに面白いとテンションあがる双葉...光はそのままプールに飛び込み、プカプカと浮遊...それを見て「いけない…本当にいけない…私、さっきからずっと小日向さんのペースに乗せられてる」「新しい世界で出会ったクラスメートはキラキラ輝いていて」「なんでか分からないけど、とても楽しそうなこの子を見続けているうちに」「心のワクワク上昇気流が、私を空へ放り上げた」そして...イケナイと躊躇するが、光の行動にどんどん釣られていく双葉。そしてプールにダイブします...桜の花びらの水面に浮かんぶ二人の姿が良い...「海の中ってね、始めのうちは自分の呼吸の音しか聞こえないんだけど…それがだんだん海に溶けてくの」「そんな時ね、私分かっちゃうんだ。あぁ…皆海から生まれてきたんだなぁって」...うーん言葉のヒーリング... 心が癒されていきます...(^^)そして...「一緒にダイビングしてみない?」双葉を誘う光です...。それを聞いて「そうか。今朝、昨日より学校に行きたい気持ちになったのは、この子がいたからかも...ちょっと、考えてみようかな...」どんどん光ちゃんによって変わっていきますね...(^^)


ということで...これも一応プールの水着回...(^^)あまんちゅのプール回に水着なんてものはなかったです...それにしても描写が綺麗で、雰囲気がすごく良いです。それプラスコメディ要素での動きもコミカルで楽しいし、30分見終わった後の満足感が凄いことになってるというか...やはりヒーリングアニメは必要です...(^^)それにしても光の冒険しすぎな登校は...凄いです...。しかしあの高さからのジャイアントストライドエントリーは無茶...よく無事に降りれたね。そしてそんな...光に引っ張られ、双葉ダイビング部に入部でしょうかね...(^^)


[アニメ あまんちゅ!]公式ページ。


2016-07-18 今日のあれこれ...の月曜日

[]第3話「ファーストステップ」


[あらすじ]・[千歌、曜、梨子の3人が練習をしているところに小原鞠莉がやってきた。鞠莉は浦の星女学院の理事長に任命されており、学院の体育館を満員にすることが出来れば人数が部の設立に必要な5人に満たなくとも承認すると約束する。しかし、生徒全員が体育館に入っても埋まらないため、3人は駅前で、宣伝活動をすることに。宣伝活動中に黒澤ルビィ達と出会い、グループ名を決めていなかったことが発覚。なかなか決まらない中、偶然見つけた「Aqours」(アクア)の名前を採用した。 本番当日、千歌達はライブの開始時間を間違えてしまったため、人がまだ集まりきっていないステージで歌い始める。さらに不幸なことに体育館が停電し、照明も音楽も使えなくなってしまう。それでも千歌はライブを続けようとするが、泣き崩れそうになってしまう。しかし、本来のライブ開始時刻になると大勢の人が学院に殺到し、電源もダイヤが発電機を作動させたことで復旧し、ライブは満員のファンの中、大成功を収めた...。]


ラブライブ! サンシャイン!]」の第3話は...。千歌、梨子、曜が浜辺でダンスの練習...曜がフォームの確認しています。そこに小原家のヘリが空を飛んで接近...降りてきたのは「チャオー!」ヘリから降りて来た小原鞠莉...凄いキャラのようです...(^^)何と新理事長は彼女...って...しかも「でもあまり気にせず、気軽にマリーって呼んでほしいの」なんてフランクなお嬢様ですか。さらに「ダイヤひさしぶり〜!胸は相変わらずねぇ?」知り合い、しかも胸を揉んでる...(^^)そして。「高校3年生が理事長なんて、冗談にも程がありますわ」とダイヤ...しかし「小原家のこの学校への寄付は、相当な額なの」お金のパワーは凄いです。「この浦の星にスクールアイドルが誕生したという噂を聞いてダイヤに邪魔されちゃ可哀想なので、応援しに来たのです」そして「デビューライブはアキバドームを用意したわ...イッツ ジョーク!」...おい...(^^)「ここを満員に出来たら、部として承認してあげますよ...」しかし「でも、満員に出来なければ?」「その時は、解散してもらう他ありません」それを聞いて...やるしかないよと、受ける千歌。...「待って!!この学校の生徒って何人!?」...そう...全校生徒全員来ても、満員にならない...。「まさか…鞠莉さんそれ分かってて…」で...「鞠莉さんの言うことも分かる。そのくらい出来なきゃ、この先もダメということでしょ?」それくらいクリアしないとダメか…。


で...早速...「あのね! 来月の初め、スクールアイドルとしてライブを行うことにしたの!」お姉ちゃんの会社の人に来てもらうようお願いする千歌...しかしバカチカと額に書かれた...(^^)で...町内放送で呼びかけたら...なんてローカルな...でもそういう手もあるのでしょうか...梨子は犬が怖くて、部屋に帰れなくなってるこの子が変顔担当になるのでしょうか...。そして定番の方法...駅前でチラシを配る...「来てください...」曜は慣れてる感じですね。それに比べ、千歌ちゃんは、壁ドンして...やり方が違う...(^^)梨子も慣れてないので、ポスターでまず練習...(^^)そして渡したマスクで変装した相手...、彼女は絶対ヨハネ…だよね...(^^)アイドル雑誌を買うルビィ、もう可愛いです。花丸は買いすぎです。花丸たちにもチラシを渡します。「絶対満員にしたいんだ。だから来てね、ルビィちゃん」...「あの、グ…グループ名はなんて言うんですか?」それ...決まってなかったの...(^^)みんなでグループ名を相談します。「学校の名前入ってるほうが良いよね。浦の星スクールガールズとか?」...「梨子ちゃん決めてよ..。ほら、東京最先端の言葉とか!」「じゃあ、スリーマーメイドとか?」「うーん、制服少女隊!どう?...」制服推しな曜です。浜辺に「Aqours」と書いてるのが目に入る。「アクア…水かぁ。... なんか良くない?グループ名に。名前決めようとしている時に、この名前に出会った。この出会いに感謝して!」ということで...「今から、私達は…浦の星女学院スクールアイドルAqoursです」


で...学校非公認だけど...名前も決まった...で...クラスの友達にお手伝いもお願い。直前まで、集まってステップとかを考えます。飽きっぽい千歌ちゃんがここまでのめりこむのは意外だったとママさん。でも、満員になるかな...心配ですね…(^^)当日は雨… 不審者でなくヨハネですね。そして...「えっと…繋ごっか」「さぁ行こう! 全力で、輝こう!!」いつかどこかで見た展開…なんかどっかで講堂ライブした時みたいな衣装...デジャブ...(^^)やっぱり、ステージに集まった人は少しだけ…まさにデジャブ...(^^)「私達は、スクールアイドルAqoursです!目標は、スクールアイドルμ’sです!聴いて下さい!!」歌い出す千歌...ダイヤも外で聞いてくれてる...(^^)少ない観客のなかでも精一杯ライブします...だが、停電というトラブル...何とか歌い続けようとするが無理...しかし...その時、ドアが開いて、「時間間違えたでしょ」と、千歌の姉ちゃんが会社の人を連れてきた...そして、ぞくぞくと客が入って来る。照明も非常用のをダイヤちゃんが用意してくれた...無事にライブを再開。みんなの応援が力になますね...(^^)満杯の客の中ライブは終了。ヨハネも見届けましたね。で...「これは今までのスクールアイドルの努力と、街の人達の善意があっての成功ですわ...勘違いしないように!」そう言って釘をさすダイヤ。「わかってます!でも、ただ見てるだけじゃ始まらないって…今しかない瞬間だから!輝きたい!」と、これで「Aqours」は...まず第1歩を踏み出すの成功しました。


ということで...「ラブライブ」の最初のライブをなぞらえて同じように2年3人の初ライブ回....μ’sとの展開の違いをしっかりと見せるやり方...そう最初のライブ失敗の展開をなぞりながら、逆転していく予想を裏切るた展開でした...やはりこういう展開はいいですね...(^^)良いファーストライブ回でした...そして、次回はルビィの当番回でしょうか...彼女が加入するか楽しみですね...(^^)


[アニメ ラブライブ! サンシャイン!]公式ページ。


2016-07-17 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第2話「美術部部長殺人事件/良い子悪い子迷子の子/ラブレターパニック」


[公式あらすじ]・[美術部の部室で寝ていた部長は起きると、内巻くんが絵の具をこぼして血の海になっているのを発見する。宇佐美さんが来る前に片づけをしていた内巻くんであったが、誤って宇佐美さんの絵を倒して絵の具まみれにしてしまう。そこに宇佐美さんが部室に現れるが…友人のかおりに、内巻くんの事について聞かれた宇佐美さんは、内巻くんとの思い出を話し始める。それは宇佐美さんと内巻くんがまだ一年生だったころ、2人で絵の具を買いに出掛けたときのことであった。ふとしたことから迷子を捜すことになったのだが…ラブレターが下駄箱に入っていたことを宇佐美さんに相談する内巻くん。素直になれない宇佐美さんであったが、その告白は結局断ることになる。「好きな人がいる」という無難な理由で断ろうとするが、告白してきた女の子に思わぬ質問をされて……。]


この美術部には問題がある! 」の第2話は...一体なぜ宇佐美は内巻に惚れてしまったのか、その疑問...しかしラブレター貰っても3次元はいらないと降るし…ロリ疑惑あるのに...ロリより2次元キャラの方だったけどね。今週もコレットちゃんは出て来なかったですね...(^^)しかしあの仮面の不審者は何者なんだというか...。「みず〜、またいかがわしい部室行くの?」「ただの部室だよ」いかがわしい...(^^)「今日のみずがめ座A型は部室で告白するとバッチリ、だとさ」...「ささやかな嬉しいことが続いた末最後は姫だっこでチューしてもらえます」って...「…って占いあったら良いね」「ちょっと待って!今まで何見てたの!?」...(^^)お姫様だっこされる運勢...そんな占いがあれば...友達にからかわれる宇佐美...(^^)内巻が赤絵の具をこぼして、その上に宇佐美ちゃんの絵が起きる悲劇が...部長がその上にのって死体のふり。すぐ演技とバレますよね。部長にふざけないでと呆れる宇佐美...(^^)コンクールに出す絵がないと探し出す。棚の上にあったかもと誤魔化す内巻。絵は見つからないけどパンツが見えてるって...(^^)宇佐美が椅子から落ちるのを受け止める内巻...お姫様だっこ...「これってお姫様だっこ?ということは…濃厚なチュー!?」このままキス…ってそんなわけはない...(^^)で...「大丈夫ですか?部長」「腹が…宇佐美の絵がめり込んで…」支え切れずに部長の上に落ちる絵が見つかって絵具まみれで怒る宇佐美。しかたないので内巻くんの絵をコンクールに出す。なぜか銀賞になり、誰も納得できない...そりゃあの絵ではね...(^^)


で...綾瀬ちゃんの家にお泊り会した宇佐美。「内巻君を好きになったきっかけ?」「お泊まりといえば恋バナじゃん」内巻を好きになった理由を聞かれる...。「言いたくなければ、これの話でもいいけど」「うわあ〜ッ! 隠してたのに〜」「う〜ん…最初にいいなと思ったのは、去年の11月くらいかな。」「でも内巻君が入部したばかりの頃は…なんていうか仲が悪かったんだよね」...まだ内巻が入部したころは、仲は悪かった。そんな時、二人で絵具を買い出しに行った時があった…。その帰り、4歳の娘・萌香ちゃんがいなくなったと探していて、一緒に探すことになる。そこで...「すみません、4歳くらいの女の子を見ませんでしたか?」「長めの髪を後ろで三つ編みにしてます。白のカーディガンでハートのカバンを持ってて…名前は萌香といいます」仮面をつけた不審者と歩く萌香ちゃんを発見。ランドセルして小学生なのか仮面の子がいました。「不審だぁぁぁぁ!」仮面の子に不審者扱いされる宇佐美たち。萌香ちゃんに警戒されてしまう...5時になって仮面小学生は帰ってしまう。萌香ちゃんが信じてくれず困ってると、内巻が母親の絵を描いて信用させます。「なんて事があってね…まあ悪いやつじゃないかな〜と思ったりした訳よ...」内巻のそんな一面を見て好きになったのかな。って話を聞かずに、かおりは寝てしまってるのは...(^^)


で...「ラブレターもらってしまいました」下駄箱にラブレターの入ってた内巻...彼って意外にモテるんですね。「でもお前、複数の女子から好かれるとか立派にリア充じゃねぇ?」「もらったラブレターは一通ですけど...それが他にもいるから言ってんだよ。なぁ、うさ…」宇佐美は返事をするのかと気になります...。「」な…何よ。そんな事、内巻君が心配しなくたって…いつか叩きつけてあげるんだから、覚悟しなさいよね!」「ちゃんと返事するんでしょうね?もう答えとか決めてるの…?」「はい。僕はこう答えるつもりです。身の程を知れ、三次元が」身の程を知れ3次元が...って。内巻ダメすぎる...。差出人の小枝木由佳ちゃんに断る内巻。好きな相手がいると無難な理由。好きな人でなくキャラだけどね...。由佳んは、内巻が好きなのは同じ部の宇佐美と聞く。ぜんぜん違うよと答える内巻。宇佐美が可哀想...(^^)その帰り、小学生とすれ違い可愛いという内巻。まさかアニメキャラ好きだけにロリコン...誤解したが、内巻が可愛いと言ったのはストラップだった...(^^)「あのね、千佳は怖い事あった。変な人にジロジロ見られた」「警察に通報しなきゃ!どんな人だったの?」「えっと…首んとこに袋つけててね、胸がお星様で…髪の毛が茶色でニヤニヤしてた。お姉ちゃんと同じ制服着てたよ」「ホントに?同じ学校に変態!?」内巻に見られた小学生の千佳ちゃんは帰って、不審者にあったと姉の由佳ちゃんに報告。同じ学校の制服と聞いて、学校に不審者がいると思うのだった...(^^)


ということで...今回も安定の宇佐美さんのツッコミ最高でした...(^^)ていうか、最初は宇佐美と内巻が仲悪かったとか意外でした。最初仲悪くて、その人の良い部分見ちゃって一気に好きになるパターンでしたね...(^^)こんな定番な好きになり方、青春ですね。そして...それにしてもまさか「嫁の絵」が銀賞って…(^^)。審査員にオタクがいるのでしょうか...(^^)まぁ絵自体はほんと上手ですけどね...(^^)そして...次回コレットちゃんがついに登場します...どんなキャラなのか楽しみですね...(^^)


[アニメ この美術部には問題がある! ]公式ページ。


2016-07-16 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...日本では民主主義の結果...そしてヨーロッパでは混迷...。


今週のあれこれ...今週はいろいろなニュースが目白押しという感じ、なんかもう日本も世界もどうなって行くのか...もうわかりません...一体どこに向かっていくのか...。


...まずはやはり参議院選挙の結果...大方の予想どおりに自民公明の圧勝...しかも自民党発は追加公認無所属の入党を含めれば自民党平成元年参議院選挙過半数を失って以来、27年ぶりに参議院単独過半数回復することになりました...とこれで憲法改正に前向きな自民公明、おおさか維新日本のこころを大切にする党の4党で参院の3分の2となる162議席に到達。4党で、衆参両院で改憲の発議に必要な3分の2を確保することになるという...まさに圧勝という感じでした...。まああの野党の体たらくをみているとこの結果は当然かな、何せ防衛費を人殺し予算と言い切る共産党と民進等が一緒って...でもそれで話題となった一人区野党共闘統一候補の結果は...これが意外と...特に東北は一定の効果があったのか...ここ新潟でも統一候補が接戦を制して当選という...。うーん首相が3度も来県しても無理だったか...。しかしこれで憲法改正を本気で.やるのか..まだわかりませんね。ただ、怒り狂ってわけわからんことを言うマスゴミの声を聞くのは心地よいですね...。そしてこちらではもうひとつ...時代の終わりを感じさせるものが...参院選新潟選挙区から比例区にくらがえして立候補した民進現職で元防衛相田中直紀氏は、4選を果たせなかった。義父の田中角栄首相、妻の真紀子氏と、国政で守ってきた「田中家」の議席を失ったと...なんかこうくるものがありますね...巷では今「田中角栄」ブームとか...その威光もさすがに通じずですか...時代の流れを感じます...。まあ娘が娘ですからねぇと...その娘婿もという感じなのかな。ともあれやはり政治は政(まつりごと)この結果がどうなるのか...見ていきたいですね。


◎「田中家」国政議席失う 直紀氏落選に真紀子氏の姿なし

http://www.asahi.com/articles/ASJ7C3C5NJ7CUOHB00L.html


そして水曜日のよるに入ってきたニュース。天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。とのニュース。さすがにNHKの飛ばしかと思いましたが...よく朝刊にそれぞれにニュースとして出ていたところを見ると、放蕩なのかな、宮内庁は全面否定していますが...ただ天皇陛下の仕事は激務ですし、今のでしょう、そしてお歳を考えると..無理はできない、そして責任感の事を考えると、それもありかなと、ともあれ、皇室典範にも関わること慎重に、そして迅速にしていくことを希望ます...。というか、これっていろいろ問題ありそうだなと...(^^)


天皇陛下生前退位」の意向示される

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160713/k10010594271000.html


そして...再びフランステロが...しかも保養地...フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後11時(日本時間15日午前6時)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火の見物に集まっていた群衆にトラック1台が突っ込んだ。カズヌーブ内相などによると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重傷を負った。運転手は警察当局に射殺された。車内からは、ニース在住でチュニジア出身の31歳の男の身分証が見つかったと地元メディアは報じた。犯行声明などは出ていないが、バルス首相は「テロ攻撃を受けた」とツイッターで発言。対テロ部門が捜査に着手した...と。しかもプランスの革命記念日という象徴的な日で起こった惨劇....まさに世界は新たな戦いに突き進んでいくのでしょうか...。


◎仏ニース...トラック突入テロ、花火見物の84人死亡。

http://mainichi.jp/articles/20160715/k00/00e/030/158000c


そしてさらにヨーロッパの混迷が...トルコで起きた軍事クーデター...その動きについて、軍の参謀総長代行は、およそ12時間続いたクーデターの試みは阻止され失敗に終わったと強調しました。反乱軍と正規軍との戦闘で、市民47人を含む、合わせて194人が死亡しました。トルコ首都アンカラ最大都市イスタンブールでは、現地時間の15日夜、戦車やヘリコプターが展開したのに続いて、一部の兵士が国営テレビ局を通じて「全権を掌握した」と発表しました。アンカラではヘリコプターが地上に向けて銃撃したほか、議会の建物の近くなどで爆発があり、イスタンブールでも国際空港の近くや市の中心部で断続的に爆発が相次ぎました。トルコ軍のウミット・ドゥンダール参謀総長代行は、日本時間の午後5時ごろ記者会見し、「クーデターの試みは阻止され失敗に終わった」と述べ、およそ12時間続いたクーデターの動きは未遂に終わったと強調しました。そしてトルコ軍のドゥンダール参謀総長代行は、今回の反乱軍と正規軍との戦闘で、市民47人と、警察官や正規軍の兵士43人、それに反乱軍の兵士104人の合わせて194人が死亡したことを明らかにしました。また、ユルドゥルム首相は、反乱に関わったとして兵士2839人を拘束したとしています。と...しかし...もう世界はどうなって行くのか...なんか混沌としてきたということでしょうか...。


トルコクーデターは失敗」 戦闘で194人死亡

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160716/k10010598601000.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-07-14 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第2話「豚汁とみせあかり」


[公式あらすじ]・[恵でおいしいごはんを食べた犬塚は、これからは、自分でおいしいごはんを作ると決心する。教え子の小鳥に、料理を教えてあげると言われ、すっかり乗り気になってしまったつむぎに、困ってしまう。一度、ご両親に相談してからと、挨拶のため恵を訪れるが、小鳥のお母さんは不在で、制服姿の小鳥だけが、犬塚たちを待っていた……。犬塚は、仕方なく、小鳥のお母さんが書いたレシピに沿って、慣れない手つきで料理を始める…。]


甘々と稲妻」の第2話は...いや女子高生の美少女と一緒にご飯を食べるアニメ...ということは一緒に頂い...(^^)...まあ、そんなエロゲみたいな展開は全くなく、ただただ今回もつむぎちゃんの可愛さに癒されるアニメです。娘の喜ぶ姿に幸せを感じる犬塚先生がおとうさんって感じでとてもいいですね。そしてつむぎちゃんのなんでも美味しそうに食べる姿はとっても可愛いです。「私と、ご飯を食べませんか?」「先生…!私と、ご飯を作って食べませんか?」と...やはり迷惑なと小鳥の申し出を受けない犬塚「可愛い顔してもダメです!」...で、翌朝...朝ごはんも料理しようと奮闘する犬塚。しかし、素材の味という、つむぎちゃんの感想です。お弁当はどのおかずが好きかリクエストを聞きます。「これはね、食べたら入れ物のとこ動物描いてあって美味しいしー」なるほど好きなおかずいろいろあるんだ。「母なら大丈夫です!今ちょっと他の仕事で忙しいので…お店閉めてること多いし…」「なんか…お店が無くなっちゃいそうで…」「毎日じゃなくて良いんです…時々お店に明かりをつけて、私とご飯を作って食べてくれれば」と小鳥の言葉...やはり教師が生徒の家でごはんというのはまずい。でも「つむぎ、また小鳥ちゃんのおうちでご飯食べたいなー」つむぎちゃんは、小鳥の店でまた食べたいようですが…つむぎちゃんが楽しかった食事のことを絵に描いてる。さすがそれを見ると犬塚も考える。小鳥の家は母子家庭で、母は料理研究家もしていて、食堂も開けれないようになってる。「飯田ことりね。ご両親は彼女が小学3年生の時に離婚しているそうだよ」「やっぱりまずいですよね?...特定の生徒の家庭に立ち入るのって」「まぁ校外で生徒と絡むような教師は減ったけどねぇ。僕の若い頃なんかは、生徒の家でご馳走になったりすることもあったよ」年配の教師は、むかしは生徒に関わって、家でご馳走になることもあったという。生徒の期待に応えたい犬塚の意志を尊重します。で...小鳥ちゃんは2限のあとに庭パンを食べてる...犬塚が母親に挨拶したいと伝えると、今夜でもいいという小鳥です。で...でも行ってみると、急な仕事で親は不在で、土下座する小鳥...(^^)「それが…母は急な仕事で…本当です!!ここに母の手紙が!!拇印も捺して貰いました!!」で...「あ、あの!ご飯だけでも食べて行きませんか…?...」ごはん食べて行ってと、そして...「おとさん、見て見て!」つむぎちゃんにもエプロンを用意してた...ウィンクが上手く出来ない...ということで...つむぎちゃんがその気になってしまい、犬塚も付き合うしかないですね...。


そして料理作り..「母にレシピを書いてもらいました」「絵本…みたいですね」母にレシピも書いてもらって、メニューは「ごはん、豚汁、ハンバーグ、サラダにマッシュポテト?食べきれますかね?」「まず豚汁から行きましょう。野菜切ったり、下ごしらえに手間がかかりますから」犬塚がなてない手つきで野菜を切る。そこで飛んで行った大根を、「もらっていいの? 」可愛いなつむぎちゃん...(^^)で...「私、その…ごめんなさい。包丁って怖いんです…」小鳥は包丁が怖くて、それで「ひょっとして君、自分の代わりに包丁で材料を切ってくれる人が欲しかったんですか?」「先生も困ってたみたいだし、私も味見ならできるしナイスアイディアだとか思っちゃって…。利用したみたいでごめんなさい」切る人がほしかったのね。そして、犬飼は、こんにゃくは手でちぎるから手伝わせます。「あの、むしろスッキリしました。確かに困ってたんです。僕1人で紬に美味しいものを食べさせてあげられるんだろうかって」「君が消したくないお店の灯り…見つけた時とても安心したんです。だからある程度、利害の一致というか…」「つむぎのお願いが叶うのが、僕の利です」つむぎちゃんもお手伝い。太い野菜はもっと薄く切って...そして、つむぎちゃんは料理する二人を絵に描く。壁に張ってとおねだり...そして...時間がかかったので、ハンバーグはまた今度。お腹の減ったつむぎちゃん...ということでハンバーグは無しで...いただきます...食べた豚汁に美味しい。そう空腹は最高の調味料です。「なんか…めちゃくちゃ嬉しいですね。つむぎの美味しいが嬉しいです」つむぎちゃんの喜ぶ顔に嬉しい犬飼。小鳥もご飯がおいしい...いい食べっぷりですね...(^^)そして...「そうだな。次をお楽しみに」娘が料理すると喜ぶので、犬飼も一緒にご飯を作って食べるのを引き受けます。「時間の他に、色々と決まり事を決めたいですけどそれは次回で」「ここでバタバタしながら作るのは楽しいですし、何よりつむぎが喜びます」いろいろ決まり事は決めないといけないですけどね...。「よろしくお願いします!」と...小鳥です。


ということで...母の店を継続させたい、そのための打算だった小鳥。犬飼も料理を教われるしで利害一致ですね...なにより、つむぎちゃんに美味しいものを食べて欲しいですね


[アニメ 甘々と稲妻]公式ページ。


甘々と稲妻 VOL.1 [Blu-ray]

甘々と稲妻 VOL.1 [Blu-ray]

2016-07-13 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第15話「決別 レゾリューション」


[公式あらすじ]・[亡きグラミアの跡を継ぎ、ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミアが新たな王となる。ウィンダミアの歴史において、古より伝わる「風の歌い手」が玉座に就くのは約150年ぶりの出来事。制風圏を確立し、ウィンダミアの空を取り戻した今、ハインツは一体何を想うのか…。]


マクロスΔ 」の第15話は...ということで...白騎士が無双すぎるようです。隻眼となって最後の命を燃やすように強くなったんのですね。そしてそんな彼にハヤテたちだけで勝てるのか...そのハヤテの父がウィンダミアの戦いと関係あったかもしれない伏線が…。「風の泉へ。風と共に…」風の泉に行った風の騎士団…戦争の終わりや家族のことを思う。「よく覚えとけ。戦があろうとなかろうと命の終わりなんていつ来るかわからんのだ。だから言いたい事は言え。やりたい事はやっておけ。会いたい者には会っておけ」もう死亡フラグとしか思えないです…(^^)...ロイドさんはワルキューレをチェック。ロイドさん絶対ワルキューレガチ勢「俺は風に従うだけだ。お前がウィンダミアの風を裏切らない限り俺のすべきことに変わりはない」「そうか。すまないキース…我らの命が尽きるその前に…』白騎士とロイドまでフラグを。みんな寿命が尽きてしまうのかな...(^^)。キースは側室の子でハインツの兄だったのか...「私は騎士。この国の空と風を守ることが使命です」「そうですか。あなたを兄と呼ぶのはこれが最後です、キース兄様…」「これからもウィンダミアの空を頼む。キース・エアロ・ウィンダミア」「はっ!」哀しい兄弟ですね。「美雲『球状星団の奪還作戦の方はどう?」「会議は続けてるけど中々ね…」「一つ方法があるかも」...美雲が奪還作戦に何か腹案があるみたい...何を思いついたのかな...で...「今日からここが私達のお部屋だって」「元はチャックの部屋だけどな」「私のエリア。立入禁止」...(^^)で...「部屋にお風呂があるんかね!?」「違うって。ラグナ人のベッドだよ」...ハヤテたちは、移民船に越してきた店を部屋にすることになる...ラグナ人のベッドってプールなんですね。銀河ネットワークが乗っ取られ、ウィンダミアの放送が流される...


「…あの日の屈辱を我らウィンダミア人は1日たりとも忘れたことはない」「あれから7年。我々は全銀河に真実を訴えようとしてきた。だがその声は統合政府の巨大な力の前に握り潰されてきたのだ」「時を待ち我らは耐えた…そして風の歌い手とグラミア・ネーリッヒ・ウィンダミア王の下遂に立ち上がったのだ!」「悲しい事にグラミア王は先の戦でお命を風に捧げられた」「しかし陛下はその最後の羽ばたきで球状星団を奪い返して下さった!制風権は確立されたのだ!」「今こそ亡き先王のためにも宣言しよう。正義は我らにありと!これがその証拠である!」VF-22。 新統合軍の特殊作戦用の機体が次元兵器を落した映像が...新統合軍に宣戦布告するロイド。「これは全銀河を地球人とそれに組する者達からの支配から解放するための戦いである!羽ばたけ! 翼の民達よ!」父は常にウィンダミアの、皆の幸せを願っていた。父と風に私も誓おう。ウィンダミアの為命を懸け皆の為に尽くすと…そして争いのない平和な国を… いや、銀河を築いてみせると!」風の歌を歌うハインツラグナのものとよく似た巨大システムが遺跡のある場所に出現。このままでは銀河系全域でヴァールが発生するかも。美雲さんはシステムを見た記憶が?風の歌い手だったんですかね…。


そして...ウインダミアに進攻した新統合軍を圧倒する空中騎士団...隻眼となったことでより凄味をました白騎士が無双です。ロイドは和平を結ぶ気はなく、あくまで徹底抗戦。それはとっても困ったことになってきた…「ウィンダミアの…この空のために戦います。お父様」「各惑星遺跡は正常に作動しています。後は出力を上げさえすれば…」「それはそうと和平交渉の申し出が来ているそうですね。つれなくお断りされているとか」「統合政府はただ遺跡を狙っているに過ぎん。プロトカルチャーの遺産を受け継ぐ資格など奴等にはない」と...。


で...助けられたパイロットは、ハヤテの父・ライトを知っていた。かなり悪感情を持たれてる。ハヤテの父は統合軍を裏切るとかしたのだろうか...と...次元兵器を落したのがハヤテの父って可能性もある...そうなると、フレイヤちゃんとハヤテの関係にひびが入りそう...重い展開になりそうだけど、次回のフレイアのチャイナ服は楽しみですね...(^^)。


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-07-12 今日のあれこれ...の火曜日

[] 第1話「少女と海のコト」


[公式あらすじ]・[中学卒業と同時に東京を離れ、伊豆に引っ越してきた少女・大木双葉。知らない土地、知らない学校での新しい生活に、何ひとつ楽しいことが予感できない双葉は、海を見ようと立ち寄った海岸でも、仲良しだった友達からのメールばかりを気にしている。そんな時、海の家「海女人屋」の女主人・小日向きのと出会い、そして登校初日には、何もかもが楽しくて仕方がないように振る舞う同級生の小日向光と出会う。ふたつの出会いは、双葉にとって海との出会いでもあった…。]


春期深夜アニメ視聴感想第4弾は...今期の中では楽しみにしていた作品、ARIAにどっぷりとはまった私としては、同じ作者のアニメ化...監督も一緒ということで、いやがおうでも期待したい作品...もちろんARIAと同じような癒しを与えてくれるヒーリングアニメになりそうですね。心地よい音楽と景色、前向きな双葉ちゃんのキャラ。見ているだけで何だか癒されますね...(^^)さらにアリア社長と同じような変なマスコット・ちゃ顧問も登場しちゃいます...ということで...最初からヒーリングモード...(^^)ヒロインの一人は、海の家「海女人屋」の小日向光。海に潜るのが好きな自然児な子。そしてもう一人のヒロインは大木双葉伊豆に引っ越してきて、知らない土地で不安な様子。友達からのメールばかり気にして、まわりの海の景色にも気づきません...それを見かねて「こんにちは、お嬢ちゃん。この辺じゃ見ない顔だね」と声をかけたのは...小日向きのさん「せっかく海を見に来たんだ。海、見なきゃな」と「嬢ちゃんは若いからねぇ。手のひらサイズの身近なものが、自分の世界の全てだと思い込んじまう事もある...顔上げてみな。目の前にデッケェ楽しい世界が無限に広がっている」自然の美しさに目を向けますが...海からあがって、小日向きのさんの豚汁が楽しみでしかたない光。帰っていく双葉とはすれ違いでした...。夢が丘高校で対面をはたす二人...。光は早速変な猫のちゃ顧問を見つけてます。なんだろうこの動物...猫の亜種...(^^)同じ1年生の双葉ちゃんをふりまわす光。なんでも楽しくて前向きですね...そして光は「私の新しい生活が、ここから始まる」...と...。


で...靴箱に入ってた校内の案内図も宝の地図...4階の教室まで駆け上がります。毎日あがると嫌になりそうですね。教室の黒板は飾りつけられキラキラです。歓迎されてる感じが嬉しいですね...そして「このクラスの担任は私、火鳥真斗と言います。これから1年間、よろしくお願いします」「まずは君達の自己紹介からいってみよう!それじゃ、窓際から行こうか」と...「大木…双葉…です…」双葉ちゃんはテンパって名前しか言えなかった。「小日向光と申します!中学の時は、無駄に明るいってことで、ピカリと呼ばれてました!」「趣味はスキューバダイビングです!...1年間、よろぴくお願いします」光は張り切りすぎて、先生にどつかれる始末...でもしっかり自己アピール。光は双葉ちゃんに急接近...髪がさらさらでキレイ〜とか、口説いてるんですか...(^^)「眉毛薄い…おデコにある眉毛が薄いから…テコ!!」あだ名も考えたり、積極的に仲良くなっているようです...。


そして...火鳥真斗先生は「高校生になった諸君らは、今日から自覚を持って日々勉学に励み…などというお硬い話は二の次で良いのです」「あっという間の高校三年間、どうするかは君達次第!勉学に励むも良し!部活に精を出すも良し!ひたすら遊び倒すも良し!」「1番大切なのは3年間、君達が毎日を楽しむことです!!楽しいは最強!!楽しいは正義!!楽しいは無限大!!」「うーん、先生今良いこと言った!良いこと言った…よね?」と...(^^)それを聞いて「楽しいこと…ここにそれがあるんだろうか?」...そして「テコはさ、どの教科書の香りが一番好き?」とか...(^^)「うーん、国語?」「一緒!国語が一番だよねー」って...そして...「楽しいは無限大…正直言うと、よく分からなくて、不安の方が大きいけれど…初めてだらけのこの街に馴染むことができたら、いつか、そう思える日が来るんだろうか」と...不安な、でも期待にということでしょうか...。


ということで...まだ慣れない土地で、双葉ちゃんは楽しいと思える日が来るのか...でも光といれば毎日楽しくなりそうですね。ということで...雰囲気の良さ。圧倒的癒され枠ということ...もちろん試聴決定です...。


[アニメ あまんちゅ!]公式ページ。


2016-07-11 今日のあれこれ...の日曜日

[]第2話「転校生をつかまえろ」


[公式あらすじ]・[東京スクールアイドルμ’s」の存在を知り、衝撃を受けた主人公・高海千歌は自分の学校でもスクールアイドル設立を目指し部員集めに奮闘。1話終わりで東京から引っ越してきた転校生の桜内梨子を誘うも早々に断られてしまう。しかし、生徒会長の黒澤ダイヤにオリジナル曲を作る必要がある指摘されている千歌は何としてでもピアノが得意な梨子を勧誘したいところ…。…。]


ラブライブ! サンシャイン!]」の第2話は...。やはり会長はガチの「μ’sファンでした...梨子ちゃんの勧誘も何とか出来て、メンバーも集まって来たようです。厨二な自己紹介自爆登校拒否になってたヨハネちゃん。そしてルビィちゃんたちと一緒に加入に持って行くんですね...(^^)で...前回ごめんなさいをした梨子...彼女には演奏会で引けなかったという過去が…それが彼女に影を落としてるのですね、「だからね、スクールアイドルっていうのは…」「ごめんなさい」「どうしても作曲できる人が必要で…」「ごめんなさい!!」梨子に断れ続けても、あきらめずお願いする千歌。どんなに頼んでもお断りされる...(^^)「あと一歩 あと一押しって感じかな?」「本当かなぁ」いや...どんどん迷惑がられる...。いざとなったら千歌ちゃんが曲を…いや無理だから...曜が衣装のデザインを考えて来た。制服というかコスプレじゃなですか...。いや、まともに考えてたものあったようですが...。また会長を説得にいくが..「お断りしますわ!!」。「最初は3人しかいなくて大変だったんですよね、μ'sも」「もしかして…μ'sのことを言ってるのではないですわよね?」会長知ってる...これはガチのμ'sファンですね...。「μ'sはスクールアイドル達にとっての伝説、聖域、聖典、宇宙にも等しき生命の源ですわよ...その名前を間違えるとは…片腹痛いですわ!」ダイヤ...超ガチ勢じゃないですか...(^^)花丸を見つけて声をかける千歌ん。隠れてるルビィも見つけ、キャンディで釣る..「ほらほらー。食べる?」って...犬や猫じゃないですから...。見事に釣られたルビィを捕まえた...ダイヤは千歌にμ'sのことを質問...μ'sファンクイズですか...。「その浅い知識だと、軽い気持ちで真似をしてみようと思ったのですね?」「μ'sが最初に9人で歌った曲、答えられますか?」って...「僕らのLIVE 君とのLIFE。通称ぼららら」さらに「次!第二回ラブライブ予選で、μ'sがA-RISEと一緒にステージに選んだ場所は?」...「ぶっぶーですわ!秋葉原UTD屋上!」...「次、ラブライブ!第二回決勝、μ'sがアンコールで歌った歌は…僕らは今のなかで、ですが…曲の冒頭スキップしている4名は誰?」...「瀬絵里、東條希星空凛西木野真姫!!」もうμ'sオタク...でも「こんなの基本中の基本ですわよ!!」って..一方...「ルビィは…お姉ちゃんが」「ルビィちゃん、ダイヤさんの妹ずら」花丸ちゃんのずらがカワイイ。「生徒会長、なんでか嫌いだもんね。スクールアイドル」って本当は好きなんでしょ...(^^)嫌いというか、μ'sのファンです...「生徒会長、もしかしてμ'sのファン?」「当たり前ですわ…い、一般教養ですわ!!」素直じゃないですね...。で...丸はヨハネにノートを持って行くところだった。「堕天使ヨハネと契約して、アナタも私のリトルデーモンになってみない」…と言った感じで自己紹介で失敗し、それっきり、学校に来なくなったとか...。


で...また海を見てる梨子ちゃんを発見「まさか、また海入ろうとしてる?」水着着てないか確認...「そういえば、海の音聴くことはできた?」「今度の日曜日空いてる? 海の音、聞けるかもしれないから...聴いて欲しいの、歌を。 梨子ちゃんスクールアイドルのこと全然知らないんでしょ...だから、知って貰いたいの!」梨子は最近ピアノが上達しない。それで海の音を聞ければ、何かが変わるのかなって「海の音だけ聴きに行ってみようよ。スクールアイドル関係なしに」そのたらしは実に巧いなと思います。潜って海の景色から音をイメージしてみようと...もう一度潜って、今度は水面から太陽の光に照らされる光景を見る...これは綺麗です。「私も聞こえた気がする!」千歌も言って、梨子ちゃんたちと抱き合います。歌が聴こえた...で...「私も聞こえた気がする!」千歌も言って、梨子ちゃんたちと抱き合います。歌が聴こえた...「じゃあ、詩をちょうだい」歌詞を考えないとね...千歌の鞄は蜜柑しか入ってない...(^^)旅館をしてる千歌の家で打ち合わせ...で...梨子ちゃんは犬がダメなようです...ま姉と千歌の姉妹ケンカの被害を受ける梨子...顔面が...(^^)「はーじーめーるーわーよ−!?」...あ、怒った...(^^)「μ'sのスノハレみたいなの作るの!」「恋愛経験ないんでしょ?」「μ'sの誰かがこの曲を作ってた時、恋愛してたってこと?」気になって調べるのですが...でも...スクールアイドルにドキドキする気持ちとか…大好きって感覚とかなら書けるかも....「私、その曲みたいの作りたいんだ」千歌が書いたのは「ユメノトビラ」「本当に好きなのね」「うん、大好きだよ!」部屋に帰って、ユメノトビラを歌う梨子。ピアノを弾くやる気も出て来た...のかな...(^^)って、隣の窓から千歌が聞いていた...「私… どうしたらいいんだろ? 何やっても楽しくなくて…変われなくて」「やってみない? スクールアイドル」って、隣の窓から千歌が聞いていた...「私…どうしたらいいんだろ? 何やっても楽しくなくて…変われなくて」「やってみない?スクールアイドル」諦めかける梨子にさらに手を伸ばす千歌。そして梨子も手を伸ばし、先がふれる...(^^)


で...EDは、「ユメ語るよりユメ歌おう」です...(^^)ということで...ついに梨子も仲間になったようです。会長を説得すればルビィもゲットできそうですが…(^^)なぜスクールアイドルに反対なのかな...失敗したトラウマでもあるのでしょうかね...(^^)


[アニメ ラブライブ! サンシャイン!]公式ページ。


2016-07-10 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第1話「問題がある人たち/さよなら内巻くん」


[公式あらすじ]・[内巻くんはデッサンのモデルとして、宇佐美さんに椅子の上に体育座りのポーズをお願いすることに。そんな相談に恥ずかしながらも引き受けることになった宇佐美さん。満更でもない宇佐美さんであったが、内巻くんは全く宇佐美さん自身に興味を示さず、そこに部長も現れ部室は賑やかに…自分が目指す最高の二次元嫁を描いている内巻くんであったが、その絵を完成させたら美術部を辞めると宣言する。それを聞いた宇佐美さんは複雑な感情を抱きつつも、内巻くんに辞めないで欲しいと伝えようと決心するが……。]


春期深夜アニメ視聴感想第3弾は...とにかく...ヒロインの宇佐美ちゃんが可愛い件。好きになのに、好きになってしまった男の子なのに...その男の子は2次元萌え...そりゃ辛いよね...(^^)そしてその声が小澤亜李さんということで、これは良いですね。しかし絵のモデルになっても原型とどめない二次元絵にされて可哀想というか...とにかく女の子が可愛いのは正義ですね。まあ今のところこの美術部には女の子は宇佐美とかいないので...そのモデルじゃないと仕方ないですからね...「何の変哲もない普通の学び舎である月杜中学校のやはり何の変哲もない美術部における、絵の才能には恵まれているが二次元嫁を描くことを使命とする内巻くんや、そんな彼のことが内心気になって仕方のない宇佐美さん、二人を気にかけているようで寝てばかりいる部長など、あれやこれや問題のある部員達が引き起こすドタバタラブコメディ。」(^^)ということで...問題ありまくりの美術部のアニメこの美術部には問題がある!」です。


「私の名前は宇佐美みずき。美術部に所属する中学2年生...彼の名前は内巻すばる。彼にはある夢があった...それは…それは…」...宇佐美さんが気になる同じ美術部の内巻くん。その彼が画いてるのはアニメ萌え絵でした...(^^)「そうなんです。彼の夢は最高の二次元嫁を描き出す事なんです」彼曰く「僕の17人目のお嫁さんですよ。僕が二次元好きだと、困る事でもあるんですか?」って...17人目の嫁...(^^)しかし、宇佐美は「バッカじゃないの!?私はただ美術部員として、こういうオタク絵が嫌いなだけなんですけど!」「絵でしょ。ていうか、美術部にこういうのふさわしくないから。せっかく絵上手いのに…」こんな部員の他、「お前らうるさいぞ〜。寝てる人に迷惑だろうが」...いつも寝てばかりの部長と..放任主義の顧問の先生...いろいろ問題ありな美術部です。「私ががんばらなくきゃ」…と宇佐美さん、とにかくガンバレ...(^^)で...リンゴの静物でデッサン...しかし「前から疑問だったんですが、リンゴ描いて何が楽しいんです?」それに...「セザンヌに謝れ」...もっともです。が...「だって果物ですよ?…愛せます?」と畳み掛け「じゃあリンゴを擬人化してみますか。リンゴでも人間化すれば愛を注げますよ、きっと」...しかし...(^^)で...力説する内巻はというと、宇佐美ちゃんをモデルにしても萌え絵を画いてしまう。そして...椅子の上に体育座りのポーズでモデルをお願いする内巻...「しょ…しょうがないからやってあげるよ」あ、宇佐美さん引き受けるんだ...そして「パンツ見えてますよ?」注意されてスパッツを穿くことに...スパッツも可愛いです。そんなデッサンの様子を撮影してた部長...しかもカメラで...なんというセクハラでしょう...。今回は宇佐美さんを改変しないで画いたという内巻でも出来たのは誰っていう萌えキャラの絵...しかも体育座り関係ない...。宇佐美さんと同じのは縞パンツだけ...(^^)部長が撮った写真にパンツの画像が...(^^)「しょうがないですねぇ…」ちゃんとまともに宇佐美さんのデッサンも画けるのですね。その絵は宇佐美さんのお宝になりそうです。


で...「僕と付き合ってください!」「…って言われたらどうしよう!落ち着いて返事を考えるのよ…」「まだもう少し色塗りが残ってはいますが…この子は僕の目指す最高の二次元嫁になりそうなんです」最高の二次元嫁が書けたと満足する内巻...そんなに力説で説明されてもね...で...宇佐美は「私、勘違いしてたぁぁぁぁ!」と...(^^)で...絵の説明「内巻君って普段 クールぶってるけど…こういう時、意外と熱いんだよね。キラキラしてて、自分の情熱にこだわりを持ってるっていうか…」「ちなみに下はパンツではなく純白のスク水です」...「捨ててしまえ、そんなこだわり」...(^^)で「内巻君、その理想の… 絵が完成しちゃったらどうするの?」「僕、これが完成したら辞めますから。美術部」...えっ...(^^)その絵が完成したら美術部をやめるですか...宇佐美さんは引き留めたいのですが…彼の理想の二次元嫁と結婚式をあげるのが夢...シュールすぎるだろ...(^^)「君は美術部でどういう活動をしていこうと考えているのかな?」「最高の二次元嫁を描くことです!」美術部に入る時から、内巻は二次元嫁を画くと宣言していたのか…「まあ、1年生同士仲良くしましょ。私は宇佐美みずき。よろしくね」「すみません。僕、三次元の女子には興味ないんで」...そんな内巻のことが好きになってしまった宇佐美ちゃんの不幸です。...「分かってたはずなのに…。ほんと、それなのにだよ…」帰宅する時に、「ひょっとして宇佐美さん、僕が辞めちゃうと寂しいとか思ってくれてます?」「ななっ、何で泣いてるんですか!?」「え!?これは違うの!!えっと…」思いがあふれ泣いてしまった宇佐美さん。内巻に本当のことも言えなくて…内巻は次の二次元嫁を画くと言い出す...宇佐美さんの昨日の泣きデレに萌えました...(^^)泣き萌えの絵を画けるまで続けるのね...内巻が残ることになって、宇佐美さんも安心ですね...(^^)


ということで...ということで...ほのぼの学園系アニメ...なんかこういうものってなんかいいですね...ゆったりというか...ということで視聴決定です。


[アニメ この美術部には問題がある! ]公式ページ。


2016-07-09 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...憎むべきものは...テロ、それとも...。


今週のあれこれ...今日8時をもって参議院選挙は終わり、明日は投票日、さてどういう結果になるのか...まあ多分に選挙情勢通りになるように思います。さすがに反政権一辺倒のゲンダイも白旗を上げたようです、常に訴えるようになれば終わりですね...さて、結果はどうなるのか...。


そんな今週やはり衝撃的だったのはバングラデッシュのダッカでえこったテロリズム...まさに非道というしかないです。...バングラデシュ首都ダッカの中心部グルシャン地区で1日夜(日本時間2日未明)、武装集団がレストランを襲撃、警官隊と銃撃戦となった。武装集団は外国人客らを人質にとって店内に立てこもったが、発生から約10時間後、治安部隊が突入し、現場を制圧した。同国陸軍の発表によると人質20人が死亡。菅官房長官は2日深夜に開いた記者会見で、死亡者のうち男性5人、女性2人の計7人が日本人だったことを明らかにした。まさに極悪非道というか...しかし、このことで当然現地バングラデシュでも大きなニュースになっており、 大手メディアのbdnews24は、日本人の被害者の方々の特集記事を掲載。 記事には、日本人を標的にした事に対する怒りの声や、 日本や日本国民に対する謝罪の言葉が数多く寄せられていました...親日国であるバングラディシュ。このことで両国に亀裂が入らないことを祈りますが...それにしても憎むべきものはテロですが...これで世界は変わらないのはわかっているのか...憎しみの連鎖しか生まれない...本当に悲しむべきことです...しかも亡くなられた方はバングラデッシュに尽力してくれていた方々...本当に心から哀悼の意を表します。


◎日本人7人死亡…バングラデシュテロまとめ

http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160703-OYT8T50000.html


そして、まあ地元ではないので関係ないちゃないですが...それにしてはびっくりというか、何ていうか...しかし世も末かなと...「野党統一候補であるならば、ぜひ出させていただきたい」――。俳優の石田純一さん(62)が2016年7月8日、東京都内で会見を開き、条件付きで都知事選(14日告示、31日投開票)へ出馬する意向を示した。14時半すぎ、石田さんは支持団体の男性とともに会見に臨んだ。濃いグレーのスーツに黒い細身のネクタイ、足元は「素足にローファー」というおなじみのスタイルだって...。そしていうことは憲法改正阻止、原発反対...そりゃ国政でしょ...そんなこともわからないバカでアホ、いやまあこいつにとっては正常かな...まあ、誰ももう騙されないというか、こいつを担ぐやつって...まあくだらん奴でしょう、そしてそれにホイホイ乗る奴も...まあ、オリンピックも控えていることですし、まともな感性であれば選ばんでしょ...あ、あの党ならありえるか...バカですから...。


◎「石田純一 何様?」 「野党統一候補なら出馬」の風当たり

http://www.j-cast.com/2016/07/08272046.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-07-07 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第1話「制服とどなべごはん」


[公式あらすじ]・[妻を亡くし、娘・つむぎの子育てに奮闘する犬塚。ある日、つむぎを連れてお花見に出かけ、一人でお弁当を食べる女子高生・小鳥に出会う。小鳥は、すごくおいしいお弁当を一人で食べ終えたと言い、興味津々のつむぎ。犬塚は小鳥から、“ごはんやさん 恵”の名刺をもらう。仕事を終えた犬塚が、お弁当を買って帰ると、作りたての料理が映し出されたテレビに、かじりついているつむぎの姿が…。おいしいごはんを食べるため、恵へと急ぐ…。]


春期深夜アニメ視聴感想第2弾は...いや、これは良いアニメです、1話を見て確信したというか...(^^)妻を亡くした教師とこの子供...さらにその教え子で、料理の全く出来ない生徒...というかなんか不穏な感じですけど...(^^)料理が全く出来ない3人が不思議な出会いで繋がっていく。それにしても...つむぎちゃんの可愛さに癒されます。さらに土鍋で炊いたごはんも美味しそう。見ていると心まで満たされるいい作品です...しかしこういうハートウォーミングなアニメって良いですね。で...「半年前に妻を亡くした高校教師犬塚公平は男手ひとつで幼い娘つむぎを育てていたが料理が一切できず出来合いの食事や外食ばかりの日々を送っていた。ある日、つむぎと出かけたお花見で母にドタキャンされ泣きながらお弁当を食べていた女子高生・飯田小鳥との出会いを経てつむぎにまともな食事を食べさせてやりたいという想いに駆られた公平は小鳥の母が経営する料理屋「恵」を訪ね、小鳥の母が不在のまま3人で炊いた土鍋のご飯がきっかけとなり3人で定期的に料理をするようになり、料理の楽しみに目覚めていく...」...「甘々と稲妻」です。


で...まだ幼稚園の娘・つむぎちゃんを一人で育てる犬塚描写だけで多忙なのがわかります。男鰥、どうしても食事なんかはレンジ食品なんかなってしまいます。忙しい犬塚、それでも子供の朝の用意をして幼稚園に送り届ける。背景は犬塚の奥さんは半年前に亡くなったようです。犬飼は高校の教師。子育てとの両立で苦労してる。「犬塚先生、ちゃんと食べてますか?痩せ過ぎですよ!!」「料理はご自分でされるんですか?」「えぇ、一度やってみたんですが…」「娘の今まで見たことない表情を引き出してしまいました…」...(^^)犬飼の作ったご飯を食べた娘の顔がすごい、どんな味だったんだろう...(^^)で...「しかたないですよ。まだ半年くらいでしょ?奥さん亡くなって」今日もまたコンビニのお弁当でごはん。そんな、つむぎちゃんは「つむぎこのお花知ってる!桜って言うんだよ!」テレビを見ていたので桜の花見のことを話してた。そして、お休みの日、桜を見に行こう...ということで。つむぎちゃんも洗濯と掃除をお手伝いする、偉いですね...。花見客で混んでる公園で、泣きながら食べるジャージの娘に出会う。いったい何があったのでしょう。「大丈夫?」つむぎちゃんが心配、でも彼女は「違うんです。美味しいから泣いてるんです」「一人ぼっちで寂しいとかじゃなくて」「これは、元々2人前で作られていてですね…約束してた母にドタキャンされて…」さらに「これを、どんな風に作っていたか…忙しいのとか知ってるし」「食べてたらどんどん思い出してきて…変に泣けてきちゃって…」それを聞いてつむぎちゃんは「そんなに美味しい!?」と興味津々...しかし、美味しいお弁当は二人分全部食べてしまった...それで...「あ、じゃあこれ。母がやっている店です。良かったら今度食べにきてくださいね」と...そんな彼女から「ごはんやさん 恵」の名刺をもらうのですが...。


で...お店の弁当やファミレスの食事では残してしまうつむぎちゃん。さすがに毎日では...あまりおいしくないのでしょうか...。遅れて帰ると、つむじちゃんがテレビの美味しそうな肉料理を齧るように見ていた。「おとさん!ママにこれ作ってってお手紙して!...ママ、これくらいお肉美味しく作ってくれるかなぁ...」おかあさんのご飯を思い出してるのか…それを聞いて...犬飼は、娘をおぶって、「あの、先日名刺を頂いた犬塚です。これから伺いたいんですが!!」急遽、貰った名刺のお店に向かう...。そして...お店で待っていたのは、先日泣いてた娘・小鳥さん。三つ編みじゃないです。「実は…母が用事で出かけてまして…ですから、本当は休みで…」母が不在で店は休業だが、で、つむぎちゃんは「おいしいご飯ないの?」と...それを聞いて「あります!!美味しいご飯、あります!!」「わ…私だって、お米くらいは炊けます!...すっごく美味しいご飯です」と...(^^)おいしいごはん食べたい。土鍋で作るごはん。小鳥がご飯を作るのを待つことに...しかし...水かげんが分からずに「お母さんのバカ!なんで土鍋って炊飯用にメモリついてないの!?...出来ますよってかっこ良く言っちゃったじゃん!!」...(^^)母に電話して聞く小鳥...。で、なんとか土鍋でごはんを炊き始める...で...犬塚は気がつく「その制服、ひょっとしてうちの学校の?」「やっぱり覚えてなかったんですね。1年A組、飯田小鳥です。副担任の犬塚先生」...(^^)彼女の姿...一生懸命作る姿に、亡き妻のことを思い出す...。そして、「お米が…炊けましたよぉぉー!!」「ツヤツヤしてませんか?...お米が立って、こんにちわしてますよ!!」ようやく出来たご飯は米が立っていて美味しそう...その食べたごはんに、うまぁー...そう、一生懸命、愛情を込めて作ったご飯は美味しいのです...まあ壊滅的にダメな方もいるようですが...(^^)つむぎちゃんは、食べるところを父に見ていて...と。いつも食事を一緒に食べてあげれなかったと思い知る犬飼「つむぎ、約束するよ。こんなふうに美味しいもの、これからは父さんが作るから。一緒に食べような」...アカン...泣いてしまうやないかい...(^^)そして...それを聞いて小鳥は...「私のご飯、美味しかったですか?」...「私、お願いがあって…私と、ご飯を食べませんか!?」「私とご飯をつくって食べませんか?」と...(^^)


ということで...とにかく、つむぎが良い子過ぎて...泣ける。そして...ご飯がいつもコンビニ弁当で一人で食べてるのにすごく物凄い良い子で泣ける。さらにママがいないことを理解して、我慢しているのが泣ける...でも、それを知って...親父がたまらずつむぎを連れ出し小鳥の実家のに行くのが泣ける。小鳥がこの父子の為に料理できないのに頑張って土鍋でご飯炊いたのが泣ける...開始から終了まで泣ける...泣けるアニメって歳のせいか涙腺弱くなっているので...ある意味卑怯...褒め言葉です...(^^)で...生徒と先生と娘。この三人で美味しいものを作っていくのでしょうか...夜食テロ、お腹のすきそうなアニメですね、で、こういうアニメは弱いので視聴決定です...。


[アニメ 甘々と稲妻]公式ページ。


甘々と稲妻 VOL.1 [Blu-ray]

甘々と稲妻 VOL.1 [Blu-ray]

2016-07-06 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第14話「漂流 エンブレイシング」


[公式あらすじ]・[宇宙艦にトラブル発生。このままでは、電力も酸素もじきに供給が止まってしまう。エネルギー回路の爆発に巻き込まれて二人きりになってしまったハヤテミラージュは、問題が起きたブロックの修理に向かうのだが…。]


マクロスΔ 」の第14話は...ということで...ミラージュが可愛すぎるぞ今回...なんか佳作度的に3人が良くなってきているのが嬉しいですね...(^^)そして今回株を上げたのはミラージュ...特にデレた時や恥ずかしがる時の破壊力が半端ないですね。それに比べてハヤテの無反応ぷり…彼女を女の子として見てないんです...それはとってもね、悲しすぎるよ...(^^)「夢?これが…?」美雲の見た不思議な夢。美雲もどこかの遺跡の歌い手だった過去があるのでしょうか。マクロスエリシオンの船団は緊急で出航したのでアイランド船は不調。エリシオンをドッキングさせるしかない。そして何より避難民たちも不安な状態。その中にチャックの妹たちもいた。だが、マリアンヌは兄弟を守って行方不明になってしまった ...「…大丈夫だ。マリアンヌなら大丈夫だ」その言葉が辛いです。占領されたラグナではヴァール化進行政策がとられてる「林檎と水って…ヴァールにして操る気マンマンじゃねぇか!」。そして助けにいきたくても、ケイオスには「今の俺達には燃料も弾薬も満足にない。それを手に入れる資金もな」資源も資金もない状態。民間企業ですからね。そして...統合軍では「ウィンダミアの歌声が星団に響くようになったそうだな」「全ての遺跡が起動し知性体の意識に作用する特殊なフォールドサウンドフィールドに球状星団全体が包み込まれています」...「これによりフィールド内にいるすべての者のヴァール化を促進、マインドコントロール下に置けるようです」「かし歌声の威力は予測データ程大きくありません。あちらも遺跡の能力を完全に解明したわけではないと」「フォールドジャミングの方はどうなんだ?」「風の歌い手に対しての運用は初めてですので効果の程は定かではありません」「7年前計画が成功していればこんなことには…!」と...、そしてウインダミアでは国王崩御、そして時期国王ハインツには戴冠式が迫られる。さらに...白騎士は負傷したものの生存していた...。


で...「しかし大丈夫か?30年ぶりに宇宙に出たんだろこの船」「ラグナ脱出の際に受けたダメージも修復できていませんし…」ということでフレイヤハヤテミラージュたちと一緒になって食事。「あ〜!何勝手に人のもん!ああ…海林檎の缶詰もうあんまり…」もう少ないリンゴが...「あ!忘れるとこやった!ミラージュさん。この間は助けていただいてありがとうございました」前回ミラージュちゃんに助けられたのを感謝する。とっても良い子ですね。そして...「故郷か…うちは死んだ親父が軍人でおふくろも軍医だったから転属が多くてさ。だからいまいち故郷ってピンとこなくてさ」「お父様は軍で何を?」「さぁ。詳しい事は聞いてねぇ」軍人だったハヤテの父が何の任務だったのか謎ですね。色々やっているようですが...「変な親父でさ。赴任先からわけわかんねぇもんばっか送ってくるんだ。貝殻とか砂とか、星間クール便で雪だるまとか」...まあそれがハヤテの気持ち「まぁそんなこんなで家を出てから特にしたいことも見つからなくてあちこち転々として。でも何やってもしっくりこなくてさ」「ラグナに来てVF-31に乗って風が気持ちよくて。ここでなら何か掴めるかもってそんな気がしてた」と...そしてシステムの不調で、ハヤテたちのいたE-17ブロックで爆発フレイヤだけが外に流されて、猫たちを救う。ハヤテミラージュちゃん破損個所の確認に向かいます。エリシオンとのドッキング作業を急ぐことになるが、E-17ブロックのケーブルが繋がらない。ちょうどそこにいたハヤテたちが、繋ぎに向かうことに。ハヤテそんなことできるんですか...。


電力が断たれ、不穏な避難民を元気つけるためライブを行うワルキューレ。そこにフレイヤも合流しますケーブルをつなぐのに服を脱いじゃうハヤテ。...手伝うミラージュちゃんまで服を脱いで半裸状態...(^^)。...ジャケットを後ろに投げることで推力を生み出したということ...「運動量保存の法則」ですね...(^^)アイランド船でまた爆発。猶予がなくなりエリシオンは緊急ドッキングを急ぐ...ケーブルを必死につなぐ...そして回線に混戦するハヤテたちの会話が...「だから…もっと…ぎゅっと…」...「何やってんだか」「秘め事」...(^^)ケーブルをつなぐのに悪戦苦闘するハヤテたち。ハヤテにもっと抑えてと言われ、下着姿で抱きつくようなミラージュ...(^^)彼女の表情がとっても良いですね...(^^)しかし、しっかりと胸を「あててんのよ」と...(^^)以外と胸あるのね...(^^)そして「アイランドジャックポットエネルギーライン接続!」「緊急ドッキングシステム作動確認!」「マクロスエリシオン!合体!」...ケーブルが繋がりドッキング成功...エネルギーも安定してアイランド船にも明るい空が戻る。そして...「みんな!ご苦労だった!今報告が入った。新しいスポンサーが見つかったぞ」「球状星団で資源開発を行っているいくつかの企業とレディMが話を付けた。新しい任務は球状星団の奪還!」ケイオスに新しいスポンサーが出来たニュースも入って来る。新しい任務は球状星団の奪還という...萌える展開です。そして...カメラで半裸で抱き合ってるハヤテたちがさらされる...「やっぱり秘め事」そうとしか思えないですね...(^^)


そして「お父様は命と引き換えに我らの空を取り戻して下さった。私はその志を受け継ぎ球状星団を立派に導いてみせる」「本当にグラミア様のご意志を継ぐ覚悟がおありですか?」「ご遺言を…お預かりしています」と...その遺言、本物...ってくらいきな臭いです。で...ミラージュの半裸...プッシュな回でしたね。これで...二人は今回のことで距離が近づくのか...そうなると、フレイヤは気が気でないですね...(^^)


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-07-03 今日のあれこれ...の日曜日

[]第1話「輝きたい!!」


[公式あらすじ]・[静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。駿河湾のかたすみにある小さな高校で2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。それは、キラキラと輝く“スクールアイドル”になること!諦めなければきっと夢は叶う――。いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けていこう!ここから彼女たちの「みんなで叶える物語」(スクールアイドルプロジェクト)が始まった…。]


7月に入り。やはり梅雨時期、どんよりとした日々が続きます、昨日は本当にうっとうしく体の重い1日。そして今朝も...雨の1日...夏らしい日はまだ遠い気がします...。そんな中...、7月はアニメの改編期...また今期も多くの深夜アニメが放送されますね、それはそれで楽しみなんですが、何せ数が多いのは毎度のことなんです...、この歳になるとさすがにすべてチエックは不可能という感じです...(^^)で、今期もあまり多くなく見ていこうかと思っています..が...、なんか今期はあまり触手が動く作品は少ない気ががします、なんか個人的には...(^^)そんな中でまず最初はこの作品...やはりこれが今期の覇権アニメになるのか...社会現象にもなった「ラブライブ!」の新作...そのユニットは昨年末には紅白歌合戦にも出場した「μ’s」...ということで期待値は高いですね...「静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。駿河湾のかたすみにある小さな高校で2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。それは、キラキラと輝く“スクールアイドル”になること!諦めなければきっと夢は叶う――。いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けていこう!ここから彼女たちの「みんなで叶える物語」スクールアイドルプロジェクトが始まった」ということで2016年夏期アニメ新番組第一弾は...「アニメ ラブライブ! サンシャイン! 」です...。


ということで...「ラブライブ!」の新シリーズがスタート...私立浦の星女学院の千歌ちゃんたちがスクールアイドルを目指す新たなる物語です...「普通な私の日常に、突然訪れた…奇跡」「何かに夢中になりたくて…何かに全力になりたくて…」「でも、何をやっていいか分からなくて…」「くすぶっていた私の全てを…」「吹き飛ばし、舞い降りた!」千歌ちゃんが秋葉原に行ったシチュエーションのアバンからOPに繋がる流れは「ラブライブ!」そのものですね...(^^)...「スクールアイドル部でーす!!輝けるアイドル!!スクールアイドル!!...」新入生歓迎で、スクールアイドル部の勧誘をするのは高海千歌。彼女が主人公でね...。しかし、ぜんぜん集まりません。で...彼女は部屋でほのかちゃんのマネをするくらい好き...それでスクールアイドルの部活を勧誘することになりましたと…そして、再び勧誘...そこで国木田花丸と黒澤ルビィが歩いてのを発見「あの、スクールアイドルやりませんか」美少女だから勧誘しないとって...「大丈夫!悪いようにはしないから!」...危ない勧誘です...(^^)でも黒澤ルビィは極度の人見知り…悲鳴に驚いて、木の上から津島善子が落ちて来た...彼女が天使設定の「堕天使ヨハネ」ですか...(^^)で「ここは…もしかして地上...ということは、あなた達は下劣で下等な人間ということですか?」って...中二病ですか...(^^)「善子ちゃんだ!花丸だよ!幼稚園以来だねー」「私はヨハネなんだからねー!善子言うなー!」知り合いですか...。しかし、そんなスクールアイドル部ですが...「あなたですの?このチラシを配っていたのは」会長の黒澤ダイアさんに、まだ部でもないのに勧誘活動したと叱られます。「とにかく!こんな不備だらけの申請書、受け取れませんわ」そして「私が生徒会長でいる限り、スクールアイドルは認めないからです!」会長がアイドルを認めないパターンですね...(^^)


で...「生徒会長の家、古風な家らしくて…ああいうチャラチャラした感じのものは嫌ってるんじゃないかって噂もあるし」会長はスクールアイドルが嫌いなのか...ダイアちゃんの家は古風なので許可が出ないのかな。そして松浦果南を訪ねる千歌たち。父が病気なのでイビングショップを手伝って休学中なのね。果南ちゃんもアイドルに興味ありそうな感じですか...。そして...小原家に帰って来た小原鞠莉。2年ぶりに帰って来たということ...。そして...音ノ木坂学院の制服を着てる子が、いきなり脱いで海に走り出す...まだ4月で寒いので、千歌が慌てて止めるのですが...。結局落ちてしまった...「海の音を聞きたいの…私、ピアノで曲を作ってるの。でも、海の曲のイメージが浮かばなくて」と...。東京出身だけど、ピアノをやっていてスクールアイドルは知らないのか。千歌に見せてもらったアイドルを見て普通と感じる。だから衝撃だったという千歌。「どんなに変身しても、普通なんだって。それでも、いつか何かあるんじゃないかって思ってたんだけど…気がついたら、高2になってた」「そんな時、出会ったの…あの人達に!みんな私と同じような、どこにでもいる普通の高校生なのに、 キラキラしてた!一生懸命練習して、みんなで心を一つにしてステージに立つとこんなにもカッコ良くて、感動できて 素敵になれるんだって!スクールアイドルって こんなにも、キラキラ輝けるんだって!!そして思ったの。 私も仲間と頑張ってみたい 私も、輝きたいって!」

千歌の話に励まされたと感謝。桜内梨子と名乗る。学校は音ノ木坂学院高校。...あの高校ですか...(^^)曜も、千歌ちゃんと一緒に、夢中で何かやりたいと思っていた。水泳部と兼任でアイドル部に入ってくえれます。でも、まだこれで部員は二人です...。やっぱり認めない会長。ラブライブに出場するにはオリジナルの曲でなくてはいけない。スクールアイドルを始める時に、最初に難関になるポイント学校に作曲が出来る子なんていませんが...(^^)で、その桜内莉子が転校してきた!...「奇跡だよ!」それが、全ての始まりだった...そして歌に入ります...(^^)まさに「ラブライブ! 」です...(^^)


そして...「一緒に、スクールアイドル始めませんか?」「ごめんなさい!」ノリノリで踊ったのに...それは(イメージですが)…あっさりとお断りだった....ということで...「ラブライブ! サンシャイン! 」の第1話は、千歌ちゃんたち2年組メインでの始まりの話でした。しかし...会長が頑なですね、それがどう落ちていくのか...楽しみです...まあ、なかなか前途多難ですね...そして、ここから、どう「Aqours」がどう結成されていくのか楽しみですね...ということで視聴決定です...。


[アニメ ラブライブ! サンシャイン!]公式ページ。


2016-07-02 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...余波は続く...感情に流されてはダメってことですね。


今週のあれこれ...やはり世界は混迷、この衝撃は大きかったようです。...しかし、今更これを言われても...欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票離脱派が勝利した英国で、離脱に票を投じた有権者から、結果を受けて思い直したとの声も上がっている...って...ノリで投票しちゃったことですか...さらにこんなことも言われているようです...この投票前から言われていた言葉...「Britain(英国)とExit(退出)を組み合わせた造語Brexit」に続いて、ツイッターにはRegre(後悔)とExit(退出)を合わせた「Rrgrexit」という言葉がてできたようですが...今更何を言うか...さらに離脱派をを主導し、離脱派の中心的論客として活動し、次期首相の有力候補とみられていたボリス・ジョンソンロンドン市長が6月30日、保守党の次期党首選に立候補しないことを明らかにしたという...何それと...(^^)。まあ、多分に今回の国民投票感情論で投票したというの方もまさかということですか...まあかつて日の沈まぬ帝国と言われた大英帝国からすれば、今の状況はさすがに我慢なランということなんでしょう、ドイツにいいように経済を握られたところでは...。


◎英政界にまた衝撃、ボリス・ジョンソンの代わりにこの男

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5417.php


そして、日本では選挙戦真っ只中、さらに舛添前都知事の辞任に伴う都知事選候補者、突然ともいえる小池百合子氏の立候補。さすがに困惑しているというか...小池百合子氏は6月29日午前、国会内で記者会見し、東京都知事選(7月14日告示・31日投開票)出馬を表明した。「都政の信頼回復、停滞の解消、山積する課題解決のため崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」と語ったが、肝は「崖から飛び降りる覚悟」というフレーズであった...まさに奇襲という感じでしょうか...で、これで分裂選挙にはしにくいし、さすがに、今後出るという方もいないのでは...与党からは、それを見越した立候補出馬表明だったかも...。


都知事選はすでに勝負アリ!小池百合子の驚くほど見事な“作戦勝ち”

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49068


そして今朝はいってきたニュース...バングラデシュ首都ダッカで1日夜、外国人が集まる地区の飲食店に武装グループが押し入り、客などを人質に取って立てこもっていた事件で、治安部隊が店内に突入し、日本人1人を含む13人を救出しましたが、現場からは20人の遺体が見つかり、身元の確認が進められているという...。しかも...バングラデシュ軍当局者がAFP通信に対し、死亡した人質20人の全員が外国人で、大半が日本人とイタリア人であることを明らかにしたと報じた問いう情報もありますし...男性5人、女性2人の日本人7人安否不明という情報もあり、心配です...。無事を祈るしかないですが...。


バングラデシュ人質事件、軍当局者「人質20人死亡、大半が日本人とイタリア人」【UPDATE】

http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/02/dhakas-attack_n_10781398.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-07-01 今日のあれこれ...の金曜日

[]今日のあれこれ...しねり弁天たたき地蔵祭り


今日のあれこれ...今日から7月...いよいよ本格的な夏到来という感じですか...休日、朝から日差しが強く気温もどんどん上がってきて夏らしい1日でした。


f:id:yamaman:20160701154446j:image


で...今日、参議院選挙期日前投票に行ってきました。投票日は仕事なので早めにという感じですか...こちらの選曲は地方選挙区一人区与党野党統一候補とのガチンコ対決。他に諸派の一人が出馬していますが...そんなわけでよく考えて一票を投じてきました。まあ選挙戦も中盤ですが、やはり一人区ということで、こちらの方は静かというか、まあ候補者が一回演説に来ればいいかなと...この広い選挙区に一人ってのはやはり無理.あるのかな...と。でもそれを言ってしまうと今回から県境を越えて合区した「鳥取島根」「徳島高知」両選挙区はもっと大変かなと...。で、与野党激突のこちらの選挙区、まあ、首相が2回も来るということはかなり接戦なんでしょうか...しかしなんか政策論争より批判、中傷.的になってきているような..まあそれぞれエキセントリックになってきている感じもしますが...ただ共産党の発言「防衛費は人を殺す予算」ってのは本質が見えたのかなと...ともあれ残り一週間あまりに迫った選挙戦、どうなっていくのでしょうか...。


◎初の合区の鳥取島根、青木氏を追う福島

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news2/20160624-OYT1T50081.html


共産党「人殺し予算」発言のボディーブロー

http://toyokeizai.net/articles/-/125030


そして...昨日は地元の祭の日でした...この地で行われた天下の奇祭「しねり弁天たたき地蔵祭」...この祭は毎年6月30日の夜、地元の中心部、諏訪町にある弁天堂と陣屋通りを隔てた稲荷町観音寺のお地蔵様との間で行われる祭りです...この祭りの起源は公式ページによると「毎年六月三十日の夜、小出の中心部諏訪町にある弁天堂と陣屋通りを隔てた稲荷町観音寺のお地蔵様との間。弁天堂、通称「弁天様」では、どっぷりと日が暮れて赤い連堤燈に日が灯る頃、境内のあちらこちらから若い男女の歓声で俄かに活気づきます。体をつねられ悲鳴をあげ逃げ回る女性。仕返しとばかりに肩を叩かれ、顔をしかめる男性。年に一度の無礼講が許されます。」というものです....さらに「この奇妙なお祭の発祥は上野、忍不池の弁天様の祭にあると伝えられています。約300年前の江戸時代川柳にも「弁天のしりとつねりに巳待の夜」とあり、正月の初巳の夜には若い女性の尻をつねる習わしがあったことがわかります。弁天の縁日の初巳の日には開運のお守り(巳成金)を貰う事ができ、大いに賑わっていました。その祭を小出の人が持ち帰り広めたのでは、と、昔から伝えられています」ということです。そして「観音寺にある大きな座り地蔵は火伏地蔵で、もともと防火の為に街の出入り口(小出橋のたもと)に置かれたいたものが、明治の初期に観音寺に移されたものだそう。では何故今日のような「たたき地蔵」の風習ができあがったのかと言えば、その昔、一月十五日にはあずきがゆを食べ、かゆ杖(かゆを炊いた木を削って作った杖。かゆの木、お祝い棒、嫁たたきともいう)をつくったとか。江戸時代宝暦年間の川柳に「細腰をやなぎでたたく十五日」 「かゆ杖でたたかれ嫁の腹がはれ」というものがありますが、このかゆ杖で女性の腰をたたくと男の子が授かる、安産になる、という言い伝えがありました。かゆ杖を持った子供が新しく嫁を迎えた家に入って嫁さんの腰を打てば男の子が生まれるといわれ、全国的に行われていました。すなわち「子宝祈願」のこの風習が、「たたき地蔵」のもととなって今日に受け継がれたものと思われます。たたかれた女性は相手の肩を叩き返してお礼をしたのだと伝えられています。その後「弁天様」の宵祭りに行われるようになり、文字通り『天下の奇祭』の異名を持つ若い衆や嫁衆の楽しいお祭りとなったのです」と...なんかコピべのようですが..ということで毎年恒例の楽しい祭、さいわい雨が降らず、よき祭りとなりました...(^^)...って去年も同じことを書いたような...。


f:id:yamaman:20160630191157j:image

f:id:yamaman:20160630191228j:image

f:id:yamaman:20160630191424j:image

f:id:yamaman:20160630205245j:image


今年はいつもの年より人出は多かったように思います。天候も良かったのも一つかなと...ともあれこの地域の夏祭りの初め。賑やかなことは良きことかなと思ってしまいます。ということで今日のあれこれは...こんなところかなと...。


参議院選挙の手引 平成28年

参議院選挙の手引 平成28年

2016-06-29 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第13話「激情ダイビング


[公式あらすじ]・[グラミア王みずから率いるウィンダミアの旗艦シグル=バレンスが、惑星ラグナに迫る。夢を追いかけ田舎を飛び出してきたフレイアΔ小隊の副官を任されることになったミラージュ、そして飛ぶことに生きがいを感じ始めているハヤテ。第二の故郷ラグナを守る戦いのなかに彼らが掴みとるものとは…。]


マクロスΔ 」の第13話は...1クールの最後だけに燃える展開...やはりマクロスはこうでないといけません...(^^)...「デフォールド先に高質量反応!」「敵艦フォールドします!」「グラミアめ…全砲門回頭!ただちに敵艦隊を砲撃せよ!」「急いで戻らんと…」とフレイア...それを美雲が...「まだ幕は上がっていない。私達は歌うことだけ考えてればいい」...そして「敵ウィンダミア艦隊デフォールド!」...ウィンダミアの旗艦シグル=バレンスとは入れ違いでラグナにフォールドされました、これで奇襲は失敗...だがエリシオンが一撃を打ちこんだことで、増幅システムをダウンさせ風の歌の発動を遅らせる...。「α・β・γ小隊は敵巨大戦艦を攻撃!Δ小隊は白騎士達を引き付ける!」小隊が先に先行して風騎士団と戦闘開始。「私が囮になって引き付けます!フォーメーション・ウラノス!」「俺がついてる!迷わねぇで自分の好きなように飛びやがれ!」ミラージュをフォローして白騎士と戦いに専念できるようにするハヤテがマジイケメンですね...そしてワルキューレの乗った艦がデフォールドしてきます...ワルキューレも到着し、さっそく『いけないボーダーライン』を歌います...。それを聞いて...「汚れた風か…」と...。だが、新統合軍は反応弾を爆破してシグル=バレンスを沈めようとするチャックの妹が兄弟を守って爆発の犠牲に…。ハヤテの機体も巻き込まれて、緊急脱出します...「馬鹿野郎…無茶しやがって…お前まで死ぬ気かよ…」「…教官として教え子を見殺しにはできませんから」そして...助けてくれたミラージュ教官に抱きつくハヤテ...「ありがとよ。ミラージュ教官」と...見せつけれるフレイヤがヤキモキ焼いてますよ...(^^)「本艦直下にフォールド反応増大!」「この波形…亜空間から転移してきた!?」「学者共が言ってたのはこのことか」...と...遺跡が反応弾のエネルギーを吸収し、シグル=バレンスは無事だった。そして「本艦と地上に出現した未知の巨大システムがリンクして情報交換を始めています!」「やはりこの艦が制風権確立の鍵だったようです」「陛下。風の歌を歌います。あのシステムから強い力を感じました」「これぞプロトカルチャーの意思…歌うのだ!ハインツ!真の王の名の下に!ルダンジャール・ロム・マヤン!」謎のシステムが現れシグル=バレンスと結合し変形する...。


で...「風の歌が…」「いつもより強い!」風の歌が強化され、ラグナ全土にヴァール化が進行...しかし...「市民にヴァール化の兆候が表れた!暴動が起これば被害は甚大なものとなるだろう」「ワルキューレの歌声で鎮静化させつつ収容が完了した市民だけでもラグナから避難させる!...避難完了まで一歩も引くな!以上!」ワルキューレの歌声で鎮静化しつつ、収容できた市民だけでも避難させ、ラグナを脱出することになる。「お!いい色してんじゃん!」「情熱の赤い角」「もう!角ちゃう!えっち!!」フレイヤのルン真っ赤です...。「ワルキューレは俺が守る!いい感じの歌よろしく頼むぜ!」「うん!絶対届けるからね!」フレイヤフラグも立てるハヤテです...そして「じゃあこっちも行こうぜ!ミラージュ副隊長!」...とハヤテ...ミラージュは...「でもあなたの機体は…」「あてならある!」...それは...メッサーの機体...ハヤテの壊されたヴァルキリーに代わり、ハヤテはメッサーの機体に乗り換える。ここでハヤテの乗り換えか...ワルキューレの歌をBGMに盛り上がる...まさにマクロスですから、そんな気はしたんだけど熱すぎる展開ですね、まさにこれぞマクロスですね...(^^)「借りるぜ。メッサー」...(^^)「みんな!よく聞け!銀河女神ワルキューレの歌が響く限り我々は屈したりしない!」しかし「敵は既に逃亡を始めた。勝利の風は我が内にあり!だが後顧の憂いは断たねばならない」...「ワルキューレを殲滅する」...「避難が完了するまで市民とワルキューレを守り抜け!」...まさに燃える展開...。避難民の乗る移民船を守る小隊。しかし...白騎士はメッサー機を使うハヤテに激昂して狙って来る...。


そして...「この風…命を懸けてる!」「これじゃ歌が…」「歌が届けられん!」命をかけた風の歌に、ワルキューレの歌が届かない...。ワルキューレの乗る空母が狙われる...物理攻撃では歌でも防げない...そこにマクロスエリシオンデフォールドして、攻撃を防ぎます、しかし海に沈んだ...「美雲!その怪我…」「大したことない!」フレイヤちゃんを庇って美雲さんも負傷してしまう。そして「届けなきゃ…私の歌…届けなきゃ…!」フレイアのルンピカして、フレイヤは歌いながらハヤテの元に飛ぶ...「飛んでる女…」...(^^)そして...フレイアのソロが...命かけのフレイヤの歌にワルキューレもコーラスで援護...ハヤテフレイヤの歌が届いた...「ハヤテは思いっきり好きなように飛んで!白騎士を倒しなさい!...」フレイヤをキャッチし、ハヤテを行かせるミラージュ...。マクロスの真骨頂...歌と空中戦のシンクロがとっても気持ちが良いです...。ハヤテは白騎士と激しく空中戦。フレイアの奏でる歌がヴァール化の沈静にも効きだします...。そして...マクロスエリシオンが浮上し、マクロスキャノンをシグル=バレンスに叩きこむ...フレイヤの歌に同期しハヤテは白騎士の風を圧倒。これが歌の力なのか...(^^)「本艦の損傷軽微!航行に支障ありません!」「敵の追撃は不要!本艦とプロトカルチャーシステムの結合を急げ!」...と...「全軍撤退!緊急フォールドスタンバイ!」と...敵母船が止まってる間に緊急脱出する。「ラグナ…」とフレイア...ミラージュは「私達の…青い星…」そして...ハヤテは「絶対…戻って来るからな」ラグナに必ず戻ると誓って...。そして...国王崩御...「全軍に告げる!陛下の遺言に従い今後は私が指揮を執る!」とロイド...グラミア王が崩御し、遺言でロイドが全軍の指揮を執る..「そして我がウィンダミア王国は今ここに制風権の完全な確立を宣言する!」と...。


ということで...1クールの〆だけに燃える展開...フレイヤのルンピカからの飛んで歌い、そしてハヤテの覚醒が良いでした...。歌とシンクロする戦いはマクロスシリーズの真骨頂です。しかしラグナを失ったケイオス、王を失ったウインダミア。互いに失うものが出た戦い。果たして...劣勢になったハヤテたちは、ラグナを取り戻せるのか...2クール目からはさらなる激闘が見られそうですね


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-06-28 今日のあれこれ...の火曜日

[] 第12話「仲間」


[あらすじ]・[クロヴァンたちも助けられ、良き最終回ですか...(^^)ラストでエミリアちゃんとハヤトのキスで、クレアさん激怒のエンドなったのは笑った..(^^)]


ハンドレッド」の第12話は...クロヴァンたちも助けられ、良き最終回ですか...(^^)ラストでエミリアちゃんとハヤトのキスで、クレアさん激怒のエンドなったのは笑った..(^^)「第9エリア、突破されました 」「やはりヴィタリーの狙いは…リザ」ヴィタリーの狙いはリザ...「ヴィタリーのことは僕に任せてくれたまえ。僕を信じてくれたまえ」ジュダルが知っている相手だから任せろと引き受けるのですが...。「仲間思いなことだな。服従しろ!お前達は道具」クロヴァンたちを罠避けに使う非道なヴィタリー。仲間を道具扱いされ、三人もヴィタリーの本性にドン引きしちゃってます…「その子達は道具でも、あなたの奴隷でもありませんです!!」メイメイが撃たれながらも三人を救い出す。オートマタなのに、人間以上に優しいメイドさんですね...。「こんな所で再開できるとはね」ヴィタリーと対峙するジュダル。「手間が省けた。私を愛したふりをして利用し、捨てたお前への復讐」利用されたことへの復讐だったのか…。「お前の目の前でリザを破壊し、リトルガーデンを沈める!!」一方...「どうやら…スレイヤーだけ効果のある音波のようですわね」レプリカントはスレイヤーだけに作用する音波で苦しめる...。「見事だよヴィタリー。僕が再び君が欲しいといえば協力してくれるかい?」「終わりだ、ジュダル」そのジュダルを守ったのは、目覚めたリザ...「馬鹿な…なぜ、目覚めている…!?」それは...サクラの歌で目覚めたのか...。「霧島サクラを覚えているか?彼女の歌にリザが反応してね」それを化け物というヴィタリー...「僕の妹のに酷いことを言うねえ」復讐もできず、襲撃すらもリザの覚醒に利用されたヴィタリーが哀れ...ですが....好きだった男の腕のなかで死んだのは少しの幸せだったのか...。


で...リザは、サクラとカレンに歌でノイズを消してとお願い。「歌おう!みんなのために!」二人の歌でノイズが消され、スレイヤーは動けるようになる。これが二人の歌の力二人の歌にはスレイヤーを力つける能力があるのか....なんかちがうアニメに..(^^)ハヤトがトレンタ級を倒すが、再起動してきた...しかし...ネサッドがそれをトレースしようとして取り込まれ暴走。クレア自らも迎撃に出るが、こんなのをどうすれば...リトルガーデンと姉を助けてと、リザはハヤトにキスして、力を注入...します。クレアが砲撃で時間を稼ぐ...ハヤトはネサッドちゃんに呼びかけ説得...「お前たちはもう自由なんだ! 自由に生きて良いんだ!俺たちはお前を裏切らない!」自分もネサッドと同じようになったかもしれないと説得。「信じてくれ、俺達は仲間だ!」それが引き金になり、ネサッドの暴走が解ける...なんて展開...(^^)で...無事終わりました...「姉様、リトルガーデンを守ってくれてありがとう」とクレア...そして、ということで...フェスタの後夜祭。ずっとハヤトといたいのが願いと、キスするエミリア「ねぇハヤト。入学してから、いろんなことがあったね」「これからも、色んな事があるだろうけど…僕の望みは一つだけ」そして...エミリアはハヤトにキス...(^^)「僕の望みは、ハヤトとずっと一緒にいることだよ」「俺もずっとお前と一緒にいられたらなって思うよ 」だが、キスしてるのみんなに目撃されてしまう。一応...男同士でキスということですか...(^^)「エミリア姫様になんたる破廉恥な行為を!!」クラウディアが口走ってしまい、エミリアが姫で男装してたのがバレる「もう隠せないね…僕の本名はエミリア・グーデンブルグ。実は女で、一応王女なんだ」こんなバレ方ですか...そしてクレア会長のお怒り...(^^)「こんな所でイチャイチャと… 許しませんわ!!」クレア会長激怒りで砲撃します...。「会長の…ばぁかぁぁぁーーー!!」提供ではエミリアが死んだような扱い..なんか酷い終わり方...(^^)


ということで...砲撃で吹き飛ばされちゃうというオチがラノベ原作らしくて面白かった...とはいえ...エミリアの男装設定は最後まであまり意味なかったかなと...(^^)クレア会長のツンデレキャラが一番可愛かったですかね...。エミリアの男装バレで最終回となりました..まあ終わり方も、明るいラノベな感じで楽しかったですね...よくも悪くもラノベ展開の面白いアニメでした。


評価 ★★★☆☆


ということで...楽しいアニメ...、とはいえ...なんか続きは難しそうな...まあ似たような原作のラノベがあるからまあいいか...(^^)ともあれ出演者、そしてスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。とっても楽しい作品を与えてくださいまして心よりありがとうございました。


[アニメ ハンドレッド]公式ページ。


2016-06-27 今日のあれこれ...の月曜日

[] 第12話「たえまなく過去へ押し戻されながら」


[公式あらすじ]・[敦に懸賞金を掛けた黒幕は、「ギルド」と呼ばれる北米異能力者集団のリーダーだった。先手を打たんとばかりに武装探偵社を来訪したフランシスは、お詫びの商談と称して「異能開業許可証」の買収を持ち掛けるが、理想高き福沢がこれを一蹴。しかし、彼らは一夜にして7階立てのビルを消滅させ、無言の警告を行う。さらに、行方不明となった賢治に続き、ナオミも街中で姿を消し……。敦は、人質となった仲間を救うべく、ルーシーの異能力空間に挑む...。]


文豪ストレイドッグス」の第12話は...「おはようございます」と泉鏡花...(^^)「同棲なんて聞いてませんよ!!」「縁者もいない彼女は、沼の中のように孤独だ。君が守るんだ」鏡花ちゃんは敦と同棲に...面倒を見るよう言いくるめられた中島敦です。「君に懸賞金をかけた黒幕の話でもかい?出資者は、ギルドと呼ばれる北米異能者集団の団長だ...」「膨大な資金力と異能力で、幾多の謀を企む秘密結社…そんな連中がなぜ敦を…」敦に賞金を懸けていた北米の異能力集団ギルド...噂をしてるとヘリに乗ってやってきました...「会えてとても嬉しいよ。ヘリを道路に止めさせたが、まずかったかね?」「外つ国の方が、遠路はるばるご苦労でしたな」「俺のことはフランシスと呼んでくれ。北米本国で、ギルドという寄り合いを束ねている」「フランシス殿、貴君は懸賞金でポートマフィアをそそのかし、我々を襲撃させたとの報告があるが…」しかし「この会社を買いたい」フランシスは、武装探偵社の異能開業許可証を買い取りたいと言って来る。「あれは社の魂だ。許可証発行に尽力して頂いた夏目先生の想いが込められている。頭に札束の詰まった成金が安々と触れて良い代物ではない」福沢諭吉夏目漱石先生が尽力したものだから渡す気はない。社員が居なくなると探偵社もなくなるぞ、意味深な脅しをして帰るフランシス。送って行った宮沢賢治が消えた...えっ...(^^)...そして翌日には、ポートマフィアフロント企業がビルごと消滅。これがギルドのやり方でしょうか...「逆らう探偵社も、用済みのマフィアも全て消す…か」敦たちが捜査に出るが、ナオミちゃんが消失してしまう...。谷崎も捕まり、敦も異能が作った空間に捕らわれる。それをしたのは異能者ルーシー・M。能力は「深淵の赤毛のアン赤毛のアンの原作者ってL・M・モンゴメリーって表記されるのが多いけど、ルーシーなんだ。「ちゃんと説明しなくっちゃ皆さんお困りだわ。だって、こんな見知らぬ場所に突然連れてこられたんですもの…私だったら心臓が飛び跳ねてしまうことでしょう」「ここは私のい能力で作った空間なの。安心なさって。いつでもその白いドアから出られるわ。お仲間を取り返したくなければですけど...敦たちに巻き込まれた森もエリスを探してるからと残る。「ルールは簡単よ。アンと追いかけっこをして、タッチされたら皆さんの負け。捕まる前にその鍵でドアを開ければ皆さんの勝ちよ」ルーシーの挑戦を二人で受ける敦。谷崎さんの細雪で勝てると思ってたら、いきなり捕まってる...


で...任務に失敗すれば組織に捨てられるルーシー。「なんて力強くて便利無い能力なんでしょう…さぞ幼少からチヤホヤされたに違いないわ」「私も孤児院育ちなの。とても寒い所よ」「氷のような冷たい水で一日雑巾がけをした後は、何日も指の痛みが取れなかったわ」...「氷のような冷たい水で一日雑巾がけをした後は、何日も指の痛みが取れなかったわ」「あなたが捕らわれた時、探偵社は必死で探したそうね。素敵だわ。きっとアナタが良い異能を持ってるからね」「私も異能を買われてギルドに拾われたの。けどギルドは失敗を許さないわ。今回の作戦をしくじったら、汚れた紙ナプキンのように捨てられる…」同じような境遇なのに大事にされる敦に嫉妬。「あなたも私の気持ちを思い知るべきだわ!!この部屋の中で、永遠にね!!」勝てないと空間を出ようとする敦を止める森。脱出すると記憶を消去されて忘れてしまう...「ゲーム理論では、危害を加えてきた敵には、徹底反撃を行うのが理論最適解とされている...そもそもあの扉の奥にいる彼らは、君が捕われた時、必死に助けたという話だったのではなかったのかね」勝つための最適解を出せと...敦も扉の向こうに捕まってしまう...だが、残った森のオーラにルーシーは慄く。谷崎の細雪でドアを偽装していたルーシーも巻き込む敦...引き込まれるとルーシーも出れなくなると脅し、空間を解除させる。ギルドにもどると酷い目にあうならと心配するまで敦。ルーシーも探偵社に来るのかなと...。泉鏡花が敦を心配して迎えに来てくれた...森が探していたエリスちゃんは金髪ロリでした...(^^)中島敦は森に感謝するが、鏡花ちゃんは森になぜか怯えてる...。「私も童心に帰って、異能力で敵をバッサバサとやっつけたくなったよ」...「酷い。私はこれでも…」森の正体は、ポートマフィア首領森鴎外...能力は「ヰタ・セクスアリス


ということで...ルーシーさんは性格も能力も凶悪だったけど、任務失で泣くのは可愛かったです...新しい敵「ギルド」はアメリカ作家...。マフィアのボスは森鴎外なんですね。文豪としては太宰さんより強そうな感じがしますが....10月からの第2シーズンではどんな文豪キャラが出るのかも期待です....ということで...秋の第二シーズンに期待大ですね...(^^)


[アニメ 文豪ストレイドッグス]公式ページ。


2016-06-26 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第12話「ネトゲの嫁は女の子なんですよ!」


[公式あらすじ]・[文化祭までに行われる攻城戦は今日が最後。ルシアンたちは、同盟を組んだ『猫姫親衛隊』とともに『カントル砦』攻略に向かう。序盤、前線を崩せずに苦労したルシアンたちだが、奈々子の機転もあり砦内に侵入、杏の指示の下砦占領に成功する。残り20分。今度はここを守りきらなければならない。そして、必死に守っているのを攻め落とすことを喜びとしている、やつらが動き出した……。]


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第12話は...。文化祭までに行われる攻城戦は今日が最後。ルシアンたちは、同盟を組んだ『猫姫親衛隊』とともに『カントル砦』攻略に向かう。攻城戦で敵となるのは、裏切ったヴァレンシュタインだろう。アコちゃんたちは、当のヴァレンシュタインから防衛はしないで取りに来ると聞いていた。「あんたら、あんな事された相手によく会いに行けるわね」「いや、廃人に好かれるところがお前達らしい」「いや、達じゃないだろ!?好かれるのはアコだし!」廃人に好かれるアコって...(^^)まずは『カントル砦』を抑え、それから防衛戦となるのか。猫姫親衛隊と同盟し、今回限りの野良猫姫親衛隊「これだけの人数が集まってくれた事に心から感謝する!我々アレイキャッツ、すなわち野良猫と猫姫親衛隊。この闘い限りの野良猫姫親衛隊だ!」空になった砦は、エンペラーソードが先に占拠していた。これを攻略しないといけない。攻城戦用兵器のジャイ軍団を投入...ジャイを増やすと、その分攻撃する人が減る...セッテちゃんがかく乱情報を言って、その間にシュヴァインが突撃し、ランランして切り開く...砦内に突入し、攻略完了。自分たちで攻略できたので100倍は嬉しいです...。残り時間は防衛線となる。エンペラーソードの攻撃に前線に出て来るアプリコット。課金の力で治癒しまくってるのか...アコたちのエクストラダメージで強化した魔法で敵を一掃します...次に本命の敵・ヴァレンシュタインが出現。残り10分、まもり切れるのでしょうか...。


で...迎撃に出た部隊は茜ちゃん以外は全滅。しかし、茜は高価な白ポーション連打で耐えつつランページを放つ。これが茜流の戦い...セッテは自動発動スキルを囮になって使わせるという自己犠牲...英騎がスタンさせた敵も猫姫親衛隊が討ち、残り二人まで減らす...だが喜んでる猫姫ちゃんが斬られた...仇を打とうとする親衛隊も返り討ち。英騎も楯役の敵を相手に動きを封じられる。まだ私がいる。杏会長が最後の守り...バッソに斬られまくっても、超高価アイテムのユグドラシルの雫の連打で回復...ということに...楯役がスタンを狙って来るが、アコちゃんが身代わりとなって受ける。ぴよって殺されるけど、ナイスな犠牲ですね....(^^)時間まで耐え抜いて、野良猫姫親衛隊の勝利となる...やったね...(^^)勝利を喜ぶみんな。ジャイは出なくていいです...杏は、リアルに高額な課金でアイテムを使いまくったのね。砦を得ても儲かるもんじゃないのに。どれだけ使おうと、自分が有益なものに使うならワンコインだ...杏にとって人生で2番めに有益なお金の使い方1番は相棒のPCですか...。アコも努力しての勝利が何より嬉しい...砦にエンブレムを掲げた記念写真展示は、意外にも公表...茜はお店で買った豚肉を…共食いですか...英騎に名前で呼ばれて嬉しいのでしょうか...(^^)アコはメイドカフェで頑張ってる...「お帰りなさいませ、あなた」メイドでなく嫁ですか...斉藤先生も猫耳つけて歌ってる...メンバーは猫姫親衛隊なのかな...。文化祭終わって、アコと二人で片づけ。部活があったから、文化祭も楽しめたってアコ。頑張ったご褒美に何でも言うことを聞く…ゲームで...(^^)。アコはリアルでのキスをご所望...目を閉じるアコちゃんにキスしようと…惜しいところで、杏達が来てしまってキスは出来なかった...リアルとゲームが別といいわけする英騎でした...(^^)


で...最終回らしい大団円でしたアコも活躍したし、攻略戦の面白さも体験できたかな...猫姫さんも楽しんでましたね…ネトゲ文化祭も..リアルでも猫耳しちゃう先生って...どうなのかと...(^^)ネトゲとリアルの違いをアコちゃんに自覚させる戦いはまだまだこれからですね...(^^)


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」を見終えた感想ですが...ネトゲを題材にした楽しい作品でした...しかし、やっていることはリア充そのものという...まあ、もともとそういう原作なんだし、まあれはいいかなと...獅子、アコみたいな女子がいれば、それはそれで大変かなと...でも面白かった作品ではありました...。


評価 ★★★★☆


ということで...楽しいアニメ...、とはいえ...なんか続きは難しそうな...まあ似たような原作のラノベがあるからまあいいか...(^^)ともあれ出演者、そしてスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。とっても楽しい作品を与えてくださいまして心よりありがとうございました。


[アニメ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?]公式ページ。


2016-06-25 今週のあれこれの...土曜日

[]今週のあれこれ...激震の世界...これが引き金になるのか...。


今週のあれこれ....やはり週末に入ってきたニュース、日本だけでなく世界に激震が走ったということでしょうか...英国欧州連合EU残留か離脱かを問う国民投票は、23日午後10時(日本時間24日午前6時)から全国382カ所の開票所で開票作業が行われ、BBC放送によれば、離脱支持票が僅差で残留支持を上回り、過半数に達する見通しとなった。1973年に前身の欧州共同体(EC)参加以来、43年にわたる英国EU加盟に終止符が打たれる。域内2位の経済大国である英国の離脱で欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。また世界経済に大きな混乱を招くのは必至との状況です。しかし、今週末のニュースでは大荒れの様子、日本ではか部下の暴落...この直撃を受けた東京外国為替市場は大混乱に陥り、「安全資産」とされる円に投資家資金が逃避。一時1ドル=100円を突破した。英ポンドは売りが売りを呼ぶ暴落状態となった。日経平均株価も一時1300円を超えて暴落した。そしてそれはニューヨーク株式市場暴落...週末24日のニューヨーク株式相場は、英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したことを受け、急反落した。世界経済の先行き不透明感が強まり、リスク回避ムードが広がった。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比610.32ドル安の1万7400.75ドルで終了。下げ幅は2011年8月以来、約4年10カ月ぶりの大きさだった。「英国ショック」は米市場も大きく揺さぶったようです...。しかし、これからどうなっていくのか...まずはイギリスでの独立運動が活発化するのでは。特にアイルランドスコットランドが心配...そして英国経済の崩壊、そしてそれが引き金になって世界恐慌に...そうなると第二次世界大戦前夜の状況になるのかと...それは杞憂になればいいのですが...。


英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

http://www.newsweekjapan.jp/obata/2016/06/eu.php


そして日本では参議院選挙公示...そて週末に日本経済新聞社は7月10日投開票参院選の序盤情勢を探るため、全国世論調査を実施した。自民党は改選50を上回り、非改選の65とあわせれば単独で過半数(122)となる57議席に迫る勢い。与党など憲法改正に前向きな「改憲勢力」でみても改憲国会発議に必要な参院3分の2の議席獲得をうかがう。野党第1党の民進党は改選45議席に届くのが難しい情勢とのこと...。私の地元の新潟では...野党統一候補自民現職のガチンコ対決....情勢では...野党統一候補が有利な情勢にある選挙区は、山形福島新潟三重沖縄など32選挙区のうち4分の1にとどまる。ただ、1人区で自民の29勝2敗だった13年の前回選挙に比べれば善戦しているという感じですか...。とにかくよく考えて期日前投票したいなと...。


野党、共闘で前回参院選よりは善戦 朝日新聞・情勢調査

http://www.asahi.com/articles/ASJ6R3G5WJ6RUZPS00B.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-06-24 今日のあれこれ...の金曜日

[] 第12話「XX ダブル・クロス」


[公式あらすじ]・[ベルリン・アルゲマイネ社の記者カール・シュナイダードイツソ連の二重スパイの疑いがかけられる。スパイである証拠を探るD機関だが、突如シュナイダーは謎の死を遂げる。結城中佐の指令を受けた機関員たちは各自調査に乗りだすが……。]


ジョーカー・ゲーム」の第12話は...ということで、このアニメの最終話はD機関員全員が登場しました。いや、良い最終回人間味を捨てられず、また陸軍に戻る小田切の姿。最後に「背広姿で敬礼するやつがあるか。」との言葉...最後に送る結城中佐が優しさてしたか。スパイとして非情だけど部下を思う上司、最高ですね。「貴様!それが命令を受ける態度か!お国のためだ!死んでも本望!死んでも行け!」「お言葉ながらたかだか演習のために死んでも本望などと言うのは馬鹿げています!」「たかだかだと…飛崎!貴様は忠節を誓った軍人でありながら上官の俺の言葉が馬鹿げていると言うのか!」「そうは言っていません…しかし…」「しかしもクソもあるか!」と反抗、その結果...理不尽な上官に逆らって陸軍から追い出された飛崎弘行。そして結城中佐に誘われD機関に入ったと...。「死んだのはドイツ人、カール・シュナイダー。表向きは記者となっていますがドイツソ連の二重スパイの疑いがかかっていました」「シュナイダーの死について警察は自殺と断定。これ以上の捜査は行われないとのことです」ドイツソ連の二重スパイのカール・シュナイダーが殺される。監視していた小田切こと飛崎には思いもよらぬことだった...シュナイダー遺書には、『XX』 ダブルクロス、裏切り者の意味が書かれていた。恋人の野上百合子と同じ舞台女優の安原ミヨコが来たときに、シュナイダーは殺されていた?...D機関員に、シュナイダーの調査が命じられるのです。野上百合子は舞台の練習をしていたアリバイがある。「百合子さんだって素晴らしかったわ。あんなことの後なのにとっても立派だった…」同じ舞台で主演の安原ミヨコにも。恋人が死んでも、舞台に立つ百合子…ですが...。


で...調査結果を小田切に報告する機関員。「これは貴様の事件だろうが」...そして「どうやら野上百合子はシュナイダー殺しの犯人ではなかったようだな」「ああ。どんな役者だろうとあの涙は演技では流せない」舞台上で泣き崩れる百合子、その悲しみは本物。シュナイダー殺しは協力者の仕業かな。「シュナイダーの協力者についてはどうだった?」「貴様の予想通りだ」「着いた先は一見普通の花屋だが裏の顔はソ連のスパイ達が情報を受け渡す秘密ポスト」「そしてその花はロシア語で「ロマーシカ」。日本では主に「カモミール」と呼ばれている」「シュナイダーが接触していたソ連のスパイは二人。一人は回収役の花屋の男」「もう一人は…」「野上百合子の友人、安原ミヨコ」「事件直後野上の部屋で感じた匂いと安原ミヨコ宛てに届いた花が同じ物だった」「シュナイダーと安原には野上百合子以外の共通点があったということだ」「おそらくシュナイダーは日本で得たドイツソ連の動きを今度はイギリス側へ渡そうとしたのだろう。三重スパイの可能性も浮かんだことでソ連シュナイダーの暗殺を企てた」「そして恋人宅での自殺演出することにしたがそのためには安原ミヨコが一人になる時間が必要だった」「シュナイダーの遺体発見後動転していた野上を近所の派出所へ走らせあらかじめ用意させていた遺書テーブルの上に乗せた」「アルファベットで「xx」が書かれていたのは英語を母国語とするイギリス側へのメッセージだったのかもな」と...。「だが遺書はどうやって用意したんだ?」「次に使う暗号のヒントとでも言ったんじゃないか?」「あの日シュナイダー百合子の部屋にいることを知っていたミヨコは電話でこう伝えた」「次に情報交換で使うのは「私は全てを失った。共に死のう」を花言葉に持つ植物だと」...。


で...特定の花を使って情報を送っていたソ連のスパイは二人。花はカモミールで、回収役の花屋の男と野上百合子の友人、安原ミヨコ…。シュナイダーイギリスにも情報を渡す三重スパイと疑われ暗殺された。遺書は、次の芝居の台本に使う暗号として、ミヨコが書かしたのか。小田切が任務に失敗したのは、百合子が知っている人物に似ていたため。母のように育ててくれた西山千鶴に…。百合子に意識がいき、ミヨコの動きを見逃してしまった。「貴様はD機関への採用がなぜ男だけだと思う?女は必要もないのに殺すからだ。愛情や憎しみなどといった取るに足らないもののためにな」人らしい感情も捨てた化物にはなれない小田切はD機関を辞職するのでした...。恋人も友人も失った百合子も劇団を辞め、満州に渡った。陸軍の飛崎弘行中尉に戻った小田切は関東軍に配属。死ぬなよと言う結城に、敬礼する飛崎。「馬鹿か貴様、背広姿で敬礼する奴があるか?」飛崎が脱落し、その後、機関員は世界各地で暗躍することになるんですね。エンドカードは、後ろ姿の機関員を送った結城中佐という風に見えますか...。


ということで...いつもはD機関のメンバー...最終回らしく全員集合ということで...佐久間の話の後でアニメの話でいえばD機関の初仕事結城中佐が「背広姿で敬礼」と言った時佐久間にも同じこと言ったななんて思ってそう...最後まで結城中佐がかっこよかったです。


ジョーカー・ゲーム」を見終えた感想ですが...最初から最後まで渋いシリーズでした。人間として感情も斬り捨てていながら、時に見せる結城中佐の優しさがとても良かったです。この後、戦争が起こってD機関はどうなっていくのかも見てみたい。それぞれが生き延びて、終戦工作に暗躍したりしたのかもしれないのでしょうか...。やはりこういうアニメは見応えが.ありますね..。


評価 ★★★★☆

ということで...渋いアニメ..これからも見たい感じですが...、なんか続きは難しそうな...(^^)ともあれ出演者、そしてスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。とっても楽しい作品を与えてくださいまして心よりありがとうございました。


[アニメ ジョーカー・ゲーム]公式ページ。


2016-06-23 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」


[公式あらすじ]・[ウィンダミアは発掘したプロトカルチャーの古代戦艦「シグル=バレンス」を蘇らせた。その力は絶大で、新統合軍の宇宙艦隊を瞬く間に沈黙させてしまうほど。惑星ラグナもそのターゲットとなり、ケイオスは各支部から総力を結集させる…。]


マクロスΔ 」の第12話は...ということで...出撃を前に、トライアングルフラグを立てるハヤテ...罪作ですね...(^^)フレイヤを守ると誓うハヤテハヤテ練習の時のリベンジするってミラージュ...。ミラージュフレイヤに遠慮しないと決めたのでしょうか...。ということで...次回の大規模戦闘とライブに向け盛り上がって来たということでしょうか。「デフォールド反応です!」「風は吹いている。幕を上げよハインツ!」「信じられません…風の歌によって次元断層が形成されています!」「アル・シャハルが陥落した。戦闘開始からわずか15分…」「アル・シャハルの新統合軍は完全に沈黙した…」ウィンダミアは、プロトカルチャーの古代戦艦「シグル=バレンス」でアル・シャハルに進攻。風の歌によりわずか15分で陥落させる。圧倒的すぎる...。ケイオスは各支部からメンバーを招集する。ウィンダミアが次に狙うのはラグナに間違いない。「すぐには来ない。あれだけの力を持つ歌。歌い手の負担も相当なはず」「そんなことどうしてわかる!」「わかるの。私には」美雲はあれだけの歌は続けては歌えないのですぐ攻撃はないと断言。なんで分かるんですかね。攻撃される前に、アル・シャハルに奇襲をかける。作戦はΔ小隊ワルキューレを中心にラグナ支部が担当。これに伴い、ミラージュが中尉に昇進しデルタ2になります。ロイドは、ハインツのことや戦後のことを考え自重をうながす。だが、キースは命尽きるまで復讐戦をやめる気はない。破滅思考のタイプはさすがに厄介です。フレイヤは、自分の歌が届いて、ウィンダミアの歌い手を止められればと望む...歌の力を信じてるんですね。美雲さんはまた風を感じてる。何か不穏ですね...(^^)


で...グラミア王はあれでも35ですと...寿命短いうえに老化するのか…ウィンダミアに艦隊戦の教官として行った時に会ったことのあるアーネスト艦長。アラド隊長は独立戦争の時に戦ったのでしょうか。新統合軍がラグナ遺跡を破壊する工作を勝手に開始。エネルギーシャフト惑星の中心部にまで伸び、危険があるのに進めます。レディMが働きかけ、奇襲がすむまでは、遺跡の破壊はストップがかかる。レイレイたちもラグナと住む人たちに愛着がある...白騎士との戦いを考えていたミラージュハヤテフレイヤが来たので、思わず隠れてしまう...(^^)「ハヤテもご飯かね?』腹が減っては何とやらだ。お前飯は?」「りんごって…」「大丈夫!ラグナ名物海りんご!ちょっとしょっぱいけどおいしいよ!」歌うことが楽しいってフレイヤレイヤの歌を聞いてハヤテも飛ぶのが楽しい。「アル・シャハルで密航者見つけた時まさかそいつと一緒に戦うことになるなんて思ってもいなかったぜ」「ほんにほんに。そういやそれいつもしとるよね」「ああ。親父の形見」...「ガキの頃親父がどっかの星から送ってきたんだ」「さぁな。親父軍人でさ。あっちこっち赴任してたから」ハヤテが持ってるペンダントは軍人だった父の形見。...「時々歌ってて楽しく感じちゃう時があるんよ。戦ってる時も…ああわかっとる!そんなのいけんって」「でも歌で体がいっぱいになって楽しくてどうしようもなくなってみんなにもあんな風に感じてもらえたら戦争なんかする気もなくなるかもしれんなーって」...「戦ってる最中だってのにさ。翼が生えたみたいにこのままどこまでも飛んでいけるんじゃねぇかって思う時がある」「好きだぜ。 お前の歌。だから遠慮しねーで思いっきり歌えよ。俺がお前を必ず守るから」聞いてしまったミラージュは辛いです...。


で...呼び出し音がなって隠れてるのがバレるミラージュ...すぐ行こうとするのに、ハヤテは自分たちもいるから一人で抱えこまなくていいと言う。ミラージュは自分の才能に自身はない。「私には…あなたのような才能はありません…」「ずっと自分でもわかっていました。だから人一倍努力をしてきた。それでもメッサー中尉には教科書通りと…でもまだ諦めきれない…ここで終わるわけにはいかないんです!」でも負けたくないと頑張ってる。「あなたには最終試験で負けたままになっていますがいつか雪辱を果たします!だから生きて帰りましょう」フレイヤにも負けたくないということですね。そして...オペレーション・アインヘリアルを開始。「これよりオペレーション・アインヘリアルを開始する。本物のヤック・デカルチャーってやつを見せつけてやれ!」「マクロスエリシオン全速発進!」マクロスエリシオンが発進!!」「トランスフォーメーション開始します」宇宙に出てトランスフォーメーションしていざ戦場へ...「キューレはデフォールド後敵艦隊に向け強行ライブを行う!」と、やはり萌えますね...(^^)


...しかし、デフォールド先に高質量反応が...「シグル=バレンス」は入れ違いでフォールドしていく。作戦を読まれて奇襲失敗したのか...で...期待を高めつつ、次回は戦闘回ですね...ワルキューレの強行ライブも楽しみです。ワルキューレの歌は風の歌をしのげるのか...楽しみですね...(^^)


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-06-21 今日のあれこれ...の火曜日

[]第12話「もしものせかい!!」


[公式あらすじ]・[スーフォアをコカし、タンクを傷つけてしまった羽音。恩紗の店に持ち込んで修理をしてもらおうとしたところ、失敗してさらにタンクがボロボロに。その時、羽音は思わぬ再会を果たす……。やっぱりバイクがなければ世界は回らない。恩紗たちとバイク通学途中にそんな話をした翌朝、羽音が目覚めると、なんと世界からバイクが消えてしまっていた!その時、彼女が出す結論とは…..。]


ばくおん!!」の第12話は...ということで...バイクの無い世界は寂しいものになるということですか...(^^)。やっぱりバイクのある世界がいいね...と言う...いかにも最終回らしい良い終わりでした。視聴者も安心して見れる良い最終回でした...のかな...(^^)それにしても...神様が見てたあんなバイク雑誌もあるんですか...ってかバイクと関係なくないのでは...(^^)「私こけたことないよ〜って言ったんだけど」バイクでまだコケたことがない羽音。「そりゃあるさ。バイク乗りってのはこけて初めて一人前になる生き物だからな」バイク乗りってのはこけて初めて一人前になるって本当ですかね...(^^)で、朝、登校時...バイクを出そうとして初コケをしちゃいます...(^^)...で...タンクに傷がついて、修理しようと恩紗と持ち上げるが…重くて落としてしまって、傷だらけになってしまう...しかし...「どうせオールペンするんだ。中古のタンクで構わんだろう」というが...「そりゃそうだけど…無傷のタンクなんてそうそうでないでしょ?」「それがな。あるんだよ」....ちょうど新しいタンクがあると上手い話が...しかし、それは...「部品取りに仕入れた教習車から外したタンクがな」なんとそれは、バイ太のタンクだった...(^^)...「やっぱりバイ太だ〜!」「何〜?恥ずかしいの?そっぽ向いて知らないふりしちゃって〜」「あ〜もうわかった!わかったわよ!」...「もう…こんな姿見られたくなかったのに…」...(^^)「どうしてこんな所にいるの?」「教習所退役した後人に買われてしばらく道を走ってたんだけど後ろからぶつけられて廃車よ」と...。「ガードが付いてたからタンクは無傷だったってわけ」「大変だったね。それにしてもタンクだけになっても話せるんだね」「魂なんて何にでも宿るものよ。去勢されたエンジンがないとオカマのアイデンティティ保てないけど...」「でもまた会えて嬉しいよバイ太」...バイ太と話をしてる羽音を見てドン引きする恩紗...恩紗がバイクと話してみるのは誰か見てるだけのポーズ。バイクは走りたがっていないからというツンデレなバイ太...走りたいんだねって羽音には分かってます...。色もピンクにしてキレイに修理を完了。すっかり元通りです....(^^)しかし...「修理したばっかのタンク傷物にされてたまるか」...「よかった…もうこかさないからね!バイ太!」...(^^)修理したのにまたコカしそうになる....みんなが支えないと危なかったですね....(^^)


で...スーパーカブの集団と思ったらスーパーカブはなく似てるバイクたちだった...「あ!見て!スーパーカブの大集合!」「夕刊の配達に郵便屋ですね」「スーパーカブだぁ?よく見ろ。前の2台はヤマハメイトだ」「その後ろはスズキ4ストバーディーで」「さらにその後ろは今は亡きスズキ2ストバーディー」「最後はバーディーの先代機種だったスズキスーパーフリーよ」...「全然わからないよ…」...その通りです...(^^)「あれだけいてホンダスーパーカブが入ってないのは珍しいですね」...「まぁ悔しいけどスーパーカブがビジネスバイクのデザインに影響を与えたのは確かだよ」「スズキバーディーはオリジナルデザインですけど!」...「ーパーカブといえば有名な誕生秘話がありますよね」「ホンダ創始者本田宗一郎と専務の藤沢武夫のアレだろ?スーパーカブには有名な誕生秘話が…。「見ろよ専務!スーパーカブの試作品が完成したぜ!素晴らしいだろ…お前さんの希望通りの製品だ!一体これがいくつ売れるかね…」「これなら間違いなく売れる!3万台はいける!」「年に3万台?いやもうちょっと売れても…」「おいおい何か勘違いしてるんじゃないか?私が3万台と言ったのは」「月に」だよ」...羽音にはぜんぜんわからない...て゜も...「女子高生本田宗一郎のものまねをする日が来ようとは…長生きはするものですなぁ」...感無量ですか...(^^)本屋でバイク誌を物色。カタナ特集があるので、凛は買わざるを得ないですか...。羽音は神様と再会...雑誌のグラビアに食いつく羽音ちゃんに、往復ビンタ...神様だけに、右頬だしたら左頬もぶつのですね...「もしこの世界からバイクがなくなったらどうする?」意味深に問う神様...(^^)


で...「あれ…私いつ寝たんだっけ」翌朝、目覚めると、バイクの世界に来ていた羽音...凛たちは自転車をバイクにしてるのですか...(^^)「長い自転車の歴史の中でも最高にカッコイイ自転車!それがスズキ・スカイヤングよ!」この世界でもスズキ好きで古いのに乗ってる凛です...聖は作るだけで走らせない...(^^)「レディス…サイクル…わかっちゃった…理由は分からないけど私オートバイのない世界に迷い込んじゃったんだ…」...千雨競輪選手の娘になってる...来夢先輩はいない世界なんですね...バイクが全ての存在ですから...。「それにエンジンってすっごく重いんだぞ。100kgとかあるんだ。そんなの積むなら4輪の方が合理的だろ」「車は今必死で衝突安全性とか歩行者保護とかやってるのにオートバイとやらにはシートベルトもないんだろ?危険じゃん。大体オートバイってネーミングが変だよな。最後の「ク」はどこ行ったんだよ」「そのオートバイという乗り物は正直無理でしょう。やっとこさ自転車レーンが整備されて交通事故が減ったんですよ」「自転車でもない、自動車でもない、第3の乗り物なんて今更許可されないですよ」「ただ…これはもしもの世界の話ですけどホンダ創業者本田宗一郎が大衆の簡易な乗り物として大八車にエンジンを積むのではなく...自転車に積んでいたのなら歴史は変わってホンダは今のミニバン屋ではなく羽音先輩の言うオートバイ屋になってたかもしれません」「なってるんだよ〜!ほんとはオートバイ屋なんだよ〜!」自転車にエンジンを乗せてバイクにするって羽音は話すが…合理的でないとか総ダメだしを食う...バイクがなくなった世界に一人涙する羽音…その姿を見ていた来夢先輩...で...目を覚ますと、ツーリングに行こうといつものバイク部が来ていた...バイ太の乗った羽音ちゃんのンバイクも健在...(^^)。由女がメットも持って来てくれます。ツーリング日和ですね...もう少しバイクを人にゆだねて置こうと言う神さま...そんなグラビアを見てるんじゃないですよ...そして...「あれ?今日ってどこ行くんだっけ?」



ということで....最後は、なんかイイハナシ風に終わって、最終回ぽい話で良かったです。バイ太も羽音のバイクのタンクとなって帰って来たしね...(^^)


ばくおん!!」見終えての感想は...果たしてこれがバイク販促アニメになったのでしょうか...(^^)なんか...スズキdisっていることしか印象がないままの...ある意味...感動的な最終回だった。それにしてもバイクアニメの最終回でバイクない方がいいよ的な内容になるなんて...まあ、いろいろおかしなことはあったにせよ、楽しいアニメであったことは間違いない...いろいろ楽しませていただいたアニメでした...。


評価 ★★★☆☆


と言うことでとりあえず綺麗に終わったので、続編は考えにくいのですが...、まあ...原作はある程度残っているのでそれにに期待と...(^^)ともあれ出演者、そしてスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。とっても楽しい作品を与えてくださいまして心よりありがとうございました。


[アニメ ばくおん!!]公式ページ。