Hatena::ブログ(Diary)

みちくさのこみち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-28 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...71年めの鎮魂。


今週のあれこれ...やはり第42回先進国首脳会議...伊勢志摩サミットでしょう...主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)閉幕から一夜明けた28日、伊勢神宮三重県伊勢市)や会場となった賢島(同県志摩市)には観光客が訪れ、各国首脳に食事会で提供された地元日本酒に問い合わせが殺到するなど、早くも“サミット効果”が現れ始めた。一方、取材に当たった海外報道関係者からは、テロ警備や日本流の「おもてなし」を評価する声が聞かれた。各国首脳の訪問で一躍国際的な知名度を向上させた伊勢神宮。この日は朝から参拝客らが訪れ、内宮や門前町にある観光地「おかげ横丁」などは、徐々に活気を戻し始めた。と...そしてその成果はあったのでしょうが...やはり話題は「安倍首相が、夏の参院選と次期衆院選を同じ日に行う『衆参同日選』を見送る公算が大きくなった。現時点では衆院解散を考えていない意向を与党幹部に伝えた。<中略>また、来年4月の消費税率10%への引き上げについては先送りする方向で、6月1日の今国会会期末後にも表明する」ということでしょうかね...そして。やはりこのサミット後、これはある意味衝撃的でした...。


バラク・オバマ大統領が27日、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問し、平和記念公園を訪れた。安倍晋三首相と共にまず平和記念資料館を見学した後、原爆死没者慰霊碑に献花した。第2次世界大戦のすべての犠牲者を追悼した。大統領は献花の後、所感を読み上げ、広島への原爆投下について「空から死が落下し、世界が変わった」と表明。原爆投下は「人類が自らを滅ぼす手段を手に入れた」ことを意味したと述べ、「核兵器なき世界」への決意を強調。「広島長崎核戦争の夜明けとして知られる未来ではなく、私たち自身の道義的な目覚めとなる未来」の実現を呼びかけた。そして被爆者と交流...この一枚の写真が持つ力...多くの言葉よりたった一つの行動が、被爆者の悲願を満たし、勝者と敗者の間にある心のミゾを埋めていく。そしてそれが世界に...たとえ、色々な批判はあろうとも「核なき世界の実現」...いつの日がこの写真が世界を動かしたと言える日が来ることを願います...。


f:id:yamaman:20160528200146j:image


オバマ大統領広島で献花 被爆者の手を握り、抱き寄せ

http://www.bbc.com/japanese/36396490

◎米メディアはどう伝えたか? 「心揺さぶられる瞬間」「日米の特別な関係を明示

http://www.sankei.com/world/news/160528/wor1605280015-n1.html


そして...この言葉に比較するとなんとむなしいことか...東京都舛添要一知事(67)が開き直った。「弁護士による調査」という逃げ口上を手に入れたためか、27日午後の定例会見では、新たな政治資金の疑惑を質問されて「すべてがクロではない」と反論するなど、強気の姿勢を見せたのだ。都議会与党である自民公明両党の追及不足が指摘されるなか、都選挙管理委員会には、舛添氏の「解職請求(リコール)」を行う方法についての問い合わせが殺到しているという...当然でしょうね。しかしね...もうね...まあ東京都民ではないですが...やはりこれはいきどおっちゃってますが...このまま逃げ切れると思っているのかなと...多分思っていると思うと腹が発ちますね...。


◎舛添知事「すべてクロではない」に都民怒り心頭 リコール問い合わせ相次ぐ

http://news.livedoor.com/article/detail/11575222/


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-05-27 今日のあれこれ...の金曜日

[] 第8話「ネトゲの旦那を諦めると思った?」


[公式あらすじ]・[ホテルのレストランや買い物でLA内アイテムがもらえるコラボ。だが、英騎がログインしたパソコンには罠が仕組まれアカウントハックに遭う。そしてルシアンになりすました何者かの魔の手がアコに忍び寄る……! やがて自分のアカウントを取り戻した英騎だが、すでに愛着のある装備も、大事な結婚指輪も何もかも消えていた。そして、『ルシアン』というキャラクターも消滅していた...。]


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第7話は...。アカウントハックされ消されたルシアン...ピンチに思い出の品を取り戻すため、英騎たちは犯人に罠を仕掛けるが…。ネトゲでも仲間って大事ってことですね。ルシアンのために多くの人が手を貸してくれます。そして...ラストのみんなに祝われての二度目の結婚式でハッピーエンドに...ということで本当に良い最終回かと思いました...(^^)「最近、アカウントハッキングが横行している」アカウントがハックされてしまったことに気づいた英騎。急いでアコちゃんの部屋に行くと、泣いてアコが抱きついてきた。ログの会話を聞くと、偽物の最低な行動が…「なぁいいじゃん別に。そうだ、その前に画像送ってよ。ちょっとエロめの使えそうなやつ」アコはルシアンと思えない下卑たことを言う発言に中身が違うと気づいた。さらに...「」ルシアンのキャラは消され、アイテムも奪われていた...アコは短い時間といえ、偽物をルシアンと思ってしまったことを嘆く。アコは何も悪くないですよ...。知り合いのギルドや、猫姫さま親衛隊にも協力してもらって、思い出のあるアイテムは取り戻していく。猫姫親衛隊はすごいです。盗品を売るキャラを見つけて運営にも報告する。思い出の指輪は捨てられてモンスターから発見される。「でもそのおかげで俺達のとこに戻ってきたんだ。これはちょっとした奇跡だよ」本当に奇跡かもしれないですね。「そうですね!私達の愛の力の成せる技です!」


で... 「その事以上に、あいつがルシアンのふりをしてアコと話してたのが許せないんだよ!少しの間だけど、俺のアコを盗んだんだ!」「ネット上の繋がりは、常に本人確認が難点となる。アカウントさえ奪えば、容易に他人に成り代わる事ができる」「こんなに脆くて不安定なものだったんだな、俺たちの繋がりって…」「そう思うか?アコは文字だけの会話でルシアンが別人なのを見抜いた。そんな僅かなコミュニケーションで、相手同一性を推し量れる人間関係がどれだけある?」「それは確かな繋がりの証だと言って良い」...そうですね...そして会長は「そうか。私は最初からブチ切れているがな…」...(^^)...で...ルシアンのパスを盗んだ相手IPを変更していて、運営も動くことが出来なかった。「IPってのはネットに繋いでる人全員に決まってる個人番号みたいなもんで、悪い事すると、それで犯人が特定されて捕まったりするんだ」悪質なヤツですね…さらに...「あらゆるゲームで詐欺行為をする、有名詐欺師のブログでね。君をアカハックした時の事も面白おかしく書いてある」アングラサイトを運営していて、そこにルシアンのアカウントを取ったことも書かれていた。」ゲームで禁止されれてる「リアルマネートレード。ゲーム内のアイテムや現金と、リアルの現金を取引する行為だ」RMT(リアルマネートレード)もしている悪質なプレイヤー。「ざけんじゃねぇぞ、この ブヒィィィィ野郎!すり潰してブヒィィィィてやんぞ!」


ということで...そこで、英騎たちは不眠不休の作業で何かを作って、犯人を罠にかけようとする。作業してる英騎を誰かが訪ねて来る。「おや?誰か来たうだ....」「来ちゃった♪」そう訪ねてきたアコに思わずドアを閉めてしまう英騎。「なんですか、あの仕打ちは!嫁が実家を訪ねて来たんですから、温かく迎えてくれても良いじゃないですか!」お弁当を作って来たアコ。頑張ってくれるのは嬉しいが、「頑張ってるのは分かりますけど、無理しないでくださいね。ルシアンが元気でいてくれるのが1番大事なんですから」本当のルシアンが体を壊すのが心配...「今のは、これまでにお前が言ってたセリフの中で最高に嫁っぽかったぞ...」そして...「うちを超えるブログを見つけたってメールが来たから除いてみたら…なんだよ、このパチモン感。猫姫親衛隊からの会費徴収詐欺に、あの黒の魔術師からレアアイテム詐取…やるじゃねぇか」...「取引掲示板があるのか。LAでRMT求むねぇ…」自分よりすぐれた詐欺サイトを見つけたと興味を示すLONを名乗る犯人。LONとRMTで接触する英騎。そこに運営が介入します...英騎がRMTしていた事実を認めてLONの罪も確定。ゲームマスターによって、LONはハッキングの罪状もあり告訴もあると告げられる。IPは、英騎たちが数日ででっちあげた詐欺サイトでログをとっていた。そこまでするのですか...。ということで...運営の粋な計らいで、ルシアンも復活します...最後にやることがあると英騎がアコを呼んだのは、もう1度結婚式をあげなおすことだった...(^^)そして、リアルの自分も少しで良いから好きになってくれと告白する英騎。でも、無理ですというアコ...それは「もう… 大好きですから!」ルシアンに抱きつくアコ。おめでとう...ってこれ最終回...(^^)


ということで...とてもハッピーエンドで、これで終わりでもいいような...しかし会長...「今回の反省から、完璧なアカハック対策を考案したぞ!ホテルを貸切れば良いのだ!…ならばネット回線を買い取って!いっそ運営チームごと」って...やりかねないですが...それにしても...アコはずっとルシアン=英騎にベタぼれですね...本当にいい最終回的な終わり方ですが...、来週からどんな話になるのかが想像できないです...(^^)



[アニメ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?]公式ページ。


2016-05-26 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第8話「ダブル・ジョーカー(前編)」


[公式あらすじ]・[元外交官の白幡樹一郎に、陸軍の機密である狹帥綱領瓩鯏霪匹靴燭箸陵撞燭かけられる。秘密裏に真相を究明するため、蒲生次郎は白幡と旧知の間柄である英国領事アーネスト・グラハムに接触するが...。]


ジョーカー・ゲーム」の第8話は...ということで...D機関と正反対な行動原理の風機関が暗躍し始めました。それにしても「躊躇いなく殺せ、潔く死ね。」ずいぶんと荒っぽいです。さらにエリート意識もある...それが陸軍と変わらない、果たしてD機関と争えるような組織になれるのか...まあ相手はツプそうとしているようですが...。「この人物を知っているか?」と...阿久津...武藤「白幡樹一郎!かつて英国大使を務めた元外交官であります...今は確か伊豆の別荘へ蟄居させられておりますが…」「その白幡に統帥綱領を盗読した疑いがかかっている」「奴はドイツと手を結ぶという軍の方針に頑として異を唱えたのです!それに親英派で英国人の友人も多いと聞きます!」「特にアーネスト・グラハム英国総領事とは旧知の間柄…」「まだ公にはなっておらんがグラハムは近く本国に戻ることが急遽決まったそうだ」「統帥綱領が英国に漏れる事は断固防がねばなりません!白幡とグラハムを拘束しては…」「取り調べるには確たる証拠がいる。それに受け渡しの現場を押さえられれば英国に対する外交カードになる。国内の親英派を抑え込む口実にもなるしな」「自体は急を要する。奴等を使え」それが風機関...ドイツとの同盟を画策する陸軍の阿久津中将は、「統帥綱領」...「統帥綱領って参謀向けの教科書」を盗読した元外交官の白幡樹一郎を警戒。蒲生次郎は白幡と旧知の間柄である英国領事アーネスト・グラハムに接触します。...怪しく屋敷を見張ってるのは憲兵でしょうか...しかしグラハムも、本当のスパイはもっとスマートにやるものだと見抜いてる。蒲生の後を、張大明に追わせるのですが...。その張はすでに蒲生に買収されていたか「と言いたい所ですが先日お貸しした分の返済がまだでしたね」と...カジノの負けで...それを弱みに...(^^)で...チェスの対戦でグラハムの性格を分析した蒲生。「チェスは単純なゲームであるが故にその分プレイヤーの性格が出る」「そこから得られたグラハムの性格とは「単純」「そのくせ策に走りたがる」「人一倍猜疑心が強い」「見栄っ張り。野心家」「そんなグラハムにとって本国に返り咲く材料になりうる統帥綱領の情報は喉から手が出る程欲しいはず」「そんなグラハムにとって本国に返り咲く材料になりうる統帥綱領の情報は喉から手が出る程欲しいはず」「心象としてはクロ。ここ一週間張に来客を尾行させていることからもそれは明らか」クロなのは間違いないが、誰かと連絡を取り合ってる形跡はない。屋敷に潜入し、日記を盗み読むが、夫人へ送ったプレゼントの記述しかない。大事な秘密を日記に書いちゃう性癖があるのって日本人だけだと思うけども...(^^)


で...やはり...通信文は夫人に送られた傘の柄にあった空洞から見つかった。「証拠の通信文は夫人に送られた傘の柄にあった空洞から発見。夫人はそれとは知らずに伝達係として使われてたようです」「お借りした特殊インクを仕込んで追跡した所領事館の近くのレストランの受付の男」「夫人が出入りするビルのクローク係」「コーヒー店のウェイターの指にインクが付着していました」「そしてもちろんアーネスト・グラハムの指先にも」...「白幡とは1週間後に伊豆の別宅で受け渡しを行いグラハムはその足で予定を繰り上げ帰国するようです」白幡とは1週間後に伊豆の別宅で受け渡しを行い、グラハムはその足で予定を繰り上げ帰国予定。そして...蒲生は張を始末...「安心してください。2万あります。これで私への借金もチャラにしましょう」...金をもらい油断したすきに...「協力者だった張は金目当ての強盗を装い殺害しました。私につながる痕跡は一切残していません」...「以上。報告終わります」と...「躊躇なく殺せ。潔く死ね。これで貴様も風機関の一員だ」と...風機関とは...。


それは半年前にさかのぼる...「お久しぶりです。阿久津閣下」「楽にしろ。この会見は公式には存在しない。俺は今日ここで貴様と会ってなどいないのだ」...そして「先日提出された報告書だが要約して説明しろ。風戸哲正中佐」と...「近代戦における情報の重要性は増々高くなっております。各国のスパイが今日我が帝都において暗躍してる事は最早火を見るより明らか」「列強のスパイ達から我が国の機密を防衛するために諜報員養成所及び諜報機関設立が急務だと思われます」と報告...。阿久津は「我が陸軍明治建国以来スパイなどという卑怯卑劣な存在なしに戦ってきた...帝国陸軍の戦略は正々堂々を以て旨とし姑息な策を弄する事は栄光ある帝国陸軍への侮辱である!…と、今のは俺の本心ではない。陸軍内の主要意見だ」それが陸軍の基本的な考え...。「実はな。陸軍内には秘密諜報機関が既に存在しておる...そんなものの存在は聞いたことない、か?1年程前に設立されたその機関は通称「D機関」。発案者である陸軍中佐が一人で立ち上げ...ただし貴様が提案しているものとは若干毛色が違う。「死ぬな。殺すな」」それが今までのスバイたち...(^^)「奴等は陸軍の組織であるにもかかわらず地方人を使って作戦に従事させているのだ」「なぜよりにもよって諜報機関に地方人を使わなければならない…」変にエリート意識がある感じです...。ただ...なぜよりにもよって諜報機関に地方人を使わなければならない…それは結城の言葉「「天保銭は使えない」。D機関を設立した結城の言葉だ」天保銭...「旧日本陸軍で、陸軍大学校の課程を修了した将校をあらわす俗語。卒業生が軍服につける「卒業生徽章」が江戸時代の百文銭(天保通宝)に似ていた事に由来する。とか...。内での奴等は使えない。天保銭組など間違ってもうちに出入りさせるつもりはないという。それが我慢できないと...その対抗としての風機関「躊躇なく殺せ。潔く死ね」「帝国陸軍諜報機関員として貴様らが学ぶべきはそのために必要な最も合理的な方法論だ」


で...「グラハムと白幡のつながりを突き止めたようだな」受け渡しの現場を押さ得るため...この作戦が成功した暁には貴様等風機関は正式に陸軍の特務機関として承認される運びとなる。白幡の件に関してはD機関にも伝えてある。ダブル・ジョーカーを使うつもりはない。どちらか失敗した方がスペアだと...。風機関とD機関という対立軸、ダブルジョーカーということから、蒲生はD機関のダブルスパイかな...(^^)


[アニメ ジョーカー・ゲーム]公式ページ。


2016-05-25 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第8話「脱出 レゾナンス


[公式あらすじ]・[空中騎士団の身体能力の高さに、まるで歯が立たないハヤテミラージュハヤテフレイアを庇おうとするが、完膚なきまでに叩きのめされてしまう。フレイアの悲痛な叫びに、ボーグたちはウィンダミア大義をぶつける…。]


マクロスΔ 」の第8話は...「私歌います。」ということで...歌うことを決意したフレイヤ。そのフレイヤの歌にハヤテも共鳴します...さらにあの首飾りのはフォールドクォーツなのか。 ハヤテも誰か有名キャラの子孫なの...そして心配なのは...メッサー...重度のヴァール症なのでしょう。「罠にかかったのは3匹か。統合政府の犬共と裏切者のウィンダミア人」空中騎士団の罠にかかったハヤテたち。ボーグ一人にフルボッコボコされてしまいます。さらに裏切り者としてフレイヤにも剣を向けて来る...。フレイアは「何でこんなことするんね…私が気に入らんなら私だけぼこぼこにすればええね」「これは戦争だ。俺達には制風権を確立しブリージンガルの星々を解放するという大義がある。統合政府に強制的に併合された人々に自由を取り戻すのだ」と...。「解放…?何が解放だ…人を操って親子を引き離しといてそんなのが大義だってのかよ!」と...ハヤテ。しかし...「先に我らの平和を土足で踏み躙ったのは地球人だ!」と...ブリージンガルの星々を解放するという大義があると言うウィンダミア側。平和を土足で踏み躙ってきたのは地球人…。しかし...フレイアは...「だからって食べ物を粗末にしちゃいけん!」フレイヤにとってリンゴは「みんなが一生懸命作った林檎を戦争に使うなんて…それが本当にウィンダミアのためなんか!?林檎とみんなに謝らんかい!」そこまでの思い入れがあるのでしょう...(^^)。しかし「茶番は終わりだ。フレイア・ヴィオン祖国を捨てお前はなぜ汚れた者達の歌を歌う?」問われたフレイヤは言葉につまってしまう。...一方...一方、別に逃げたレイナたちも苦境に…。悪いことにメッサー中尉も負傷。それは怪我だけでなく何か様子もおかしいことになっているような...。しかしここで...「始めるわよ、私達の...ワルキューレのステージを!」美雲さんの言葉で反撃開始へです...。


で..フレイアに問う「お前はただ歌という幻に憑り付かれてるにすぎない。何の覚悟も持たない者の歌など戦場には不要」「その震えるルンごと切り落とし祖国の大地に帰してやろう。それが同じ風の中で生まれた者としてのせめてもの情けだ」...フレイア絶体絶命...しかし「捕獲しろと命じたはずだ。ワルキューレについては知りたい事がある」と...。ワルキューレの曲「いけないボーダライン」空間に響きわたる...。その歌に空中騎士団が気を取られてる間に脱出します...。「遺跡のフォールドエネルギー急激に活性化!ワルキューレのフォールド波に感応していると思われます!」...遺跡のフォールドエネルギー急激に活性化!ワルキューレのフォールド波に感応した。「我が風を読んだな。貴様が死神か!」「お前は…白騎士!」死神と白騎士の激突...その戦いは空中戦に持ち越される。ハインツの歌も遺跡の力で強まる。「風の歌い手…でもこの歌、色がない?」...遺跡によってフォールド波が乱される。ワルキューレを攻撃するララサーバル大尉...やはりヴァール化で操られてるのでしょうか。そして...ハヤテフレイヤが、ララサーバル大尉を止めに走る。「撃っちゃいけーん!歌はきっと届くから! 歌は幻じゃないから!」歌うフレイヤ「届いて…私の願い。届け…私の歌!」そのフレイアを守るハヤテ。フォールドレセプター上昇「感じる!」「この風…!」「誰?この歌は…」「風が…」フレイヤの歌がヴァール化を解く。ハヤテフレイヤと感応して、風のダンスを...ハヤテを...「よく似てるぜあの人」...って、誰のことなのかな...で...ボーグを撃退し、全機脱出です...で...フレイアと美雲...「何をしていたの?こんな所で」「私歌います。歌を銀河中に届けることができればきっとみんな笑顔で…ゴリ楽しくなって」「そうすれば戦争だって…だから私は歌を歌います!」と...決意を決めます。


ということで...フレイアハヤテデュオは最強でしょうか...そしてアラド隊長が言う「あの人」とは一体。新キャラか過去作のキャラだとすればアルトが本命でしょうかね...そしてワルキューレ...フレイヤの覚悟が決まった。戦いを止めるために歌う...これで本当にワルキューレですね。しかし心配なのは、メッサーの症状。「俺に…構うな!」重度のヴァール症...『中尉…」「あんた…まさか…」ワルキューレの歌でもかンチしない重症なんでしょうか...。



[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-05-24 今日のあれこれ...の火曜日

[]第9話「ふゆやすみ!!」


[公式あらすじ]・[バイク部で唯一まだ無免許の聖。誕生日に向けて、部室前で恩紗による特訓が始まる。使うバイクは、ニコイチモータースから早川が買い取ったスーパーカブ。だが練習はなかなかうまく進まない。一向に上達せず、ついにキレた聖はスレッジハンマーを持ち出して……!? そしてついにやってくる冬休み。クリスマスは羽音の家でパーティー、お正月は初日の出を見にツーリング…と寒さも気にせず?バイク三昧..。]


ばくおん!!」の第9話は...バイク部で唯一まだ無免許の聖。誕生日に向けて、部室前で恩紗による特訓が始まる。しかし免許もお金の力で手にしようとする聖はダメです。さらにスーパーカブ酷使しすぎ。ワル仕様の三輪は無い...というかカブまでdisるとは...そしてクリスマス初日の出と年末年始もバイク三昧、ちょっと駆け足的な感じです...(^^)「うは〜。寒い寒い寒い」そして「冬の朝だけはバイクって乗り物を恨むよ。こうやって温めないとエンジンかかりにくいんだよね〜」キックでエンジンかけるだけで暑くなる恩紗「今日も暑いな」って...(^^)「これは海外免許の書き換えですの!世界にはお金を払えば免許をくれる国があるのです!それを日本で書き換えれば一丁あがり!」聖は金の力で免許もゲット...「お金で解決できるものは全てお金で解決する。それが三ノ輪家の家訓ですわ!」...ってさすがブルジョワ...(^^)しかし「信号の黄色の意味は?」と問われ「自分の信じた道を突き進め!」で...信号すら分かってないので却下です。で、ここから特訓...車種は「聖〜!ホンダスーパーカブだ!」...「エンジン絶好調!頑丈低燃費!世界で最も売れたバイク〜」まさに名車...「労働者のバイクですのね」ホンダまでdisる....。しかし「東南アジアじゃこれが一家全員乗れるリムジンであって荷物を運ぶトラックなんだぜ!世界にどれ程の自由をもたらしたことか!」その通り...まさに日本が誇るモノづくりの名車...本田宗一郎翁に謝れ...(^^)しかし...聖は自転車すら乗れないのか...それで練習しても、まともに走れずに転倒...そして...思い切りアクセルをあげてしまい、階段から転げ落ちる。スーパーカブのせいだと怒った聖はハンマーを持ち出し「この…ポンコツがぁ〜!」とカブを破壊...。しかし...「スーパーカブはペットとは違います。スーパーカブとは受け止めるもの。世界に並ぶもののない広い包容力で受け止めてきたのです」「初心者の理不尽な八つ当たりも未熟者が転がしてもぶつけても設計者の想定を超える取り扱いも間違ったメンテナンスさえ。その全てを世界中で何世代にも渡って」早川さんのお言葉...そんな扱いにも耐えたスーパーカブ、それほど頑丈なの...(^^)そのスーパーカブの健気さに、聖も感動してこのバイクに乗ろうと思います。そして恩紗は「古いカブが売れてさらにその修理もうちでやることになるなんて私商売の天才かも。お前もキリキリ動かないと売っちまうぞ」と...「お父さんわかったよ!ほんとにバイクってのは人間と同じなんだって!」しかし...恩紗のパパは...「そうさ。バイクってのは人間と同じで動いたり働いたりしたくないのさ」「なんでバイクが自立できなくてよく転ぶのか知ってるか?奴等隙あらばゴロゴロして寝たいのさ」...台無し...(^^)で...免許をとった聖「筆記試験だけで取れる免許があるのですわ」...一応実技もあったはず...(^^)はスーパーカブで通学.って、牛の角と補助輪が付いてる...「というより目立ちすぎじゃない?あの補助輪」これもワルな感じなのかな...(^^)


で...羽音の家でみんなでクリスマスパーティー...羽音ちゃんの家に集まって...。「聖…お前あのカブに乗って来たのか?」「もちろんですわ。みなさん避けるように道を開けてくださいますの」そりゃあの捕虜輪を見れば...(^^)さらにSSシークレットサービス)が付いていれば...。で...「まさかサンタの正体が由女だったなんて」「3年生って中学かよ!」サンタを中三まで信じていた羽音...(^^)妹ちゃんがサンタ役をしていたという...(^^)さらに凛が信じていたサンタは、「それなら私にもあるわ。小3の時クラスがいる派といない派に分かれたの」「いる派は親に聞いたりからかわれたりして私一人に。でも私には確信があったの」「いい子にしてたからクリスマスにはタミヤの1/12カタナを」「おねがいサンタさん!クラスのみんなに本物だって言って!」と..しかし「凛ちゃんごめん。実は君のパパに頼まれてサンタのフリをしてたんだ」父に頼まれていたプラモ屋さんだった...(^^)さらに...聖の家には「そのサンタはデンマークから四頭立てのソリに乗り空を飛んでやって来たの」「そして本物のサンタだと証明してプレゼントを渡して次の国の子供の所に行くんですの」本場のサンタさんを空輸していたって...(^^)バイトの電話が入って、凛ちゃんは先に帰ります。そしてプレゼントの交換。凛は自分の人形を作ったのをプレゼントしていた、しかしうっかりと落して凛のクビがもげてしまい、慌ててセロテープで修理。その姿は事故で首にギブスをしてるようで不吉です...。で...凛はバイト...羽音は、サンタになって凛んにプレゼントを持って行くことを思いつく。髭の羽音ちゃんと可愛い...。凛はピザの宅配のアルバイト。サンタコスをニセモノという兄弟に本物だと...(^^)


凛を探す羽音は、どこかで見た神様に出会う...まあクリスマスが誕生日ですから...そして、ちょうど止まってる凛を発見。「今年も凛ちゃんがいい子にしてたからサンタさんからクリスマスプレゼント!」羽音が作った『ヨシムラ』と書かれたマフラーをプレゼント。マフラーをつけた凛ちゃんは、まるであの人形みたいに...なんか不吉...でも...書いてる文字をよく見ると『ヨシムラ』ですらなかった...(^^)そして...日は流れて正月...「あけましておめでとう!」そして初詣...に来て、凶を引いてしまった羽音。そのせいか、買ってもらったタコヤキにはタコが入ってないのばかり...で...「さて!そろそろ帰って用意するぞ!」凛は「初日の出犬吠埼まで拝みに行くのよ」犬吠埼まで、初日の出を見にバイクで行くことに。で...聖のサイドカーが完全に車です....いいの..。そして凶を引いて運がない羽音は電熱グリップの温度あげてたらヒューズが飛んでしまう。置いていかれるは寒いはで、「おみくじで凶が出たからってやめればよかった。鍵が見つからないってやめればよかった」「冷たい風で涙が止まらない。鼻もずるずる。吐く息がこもって前も見えない。オートバイって…オートバイって…」冬のバイクの哀しみを知りました...。で...なんとか初日の出に間に合いました。人の倍...苦しむと書いて倍苦...バイクって恩紗。「人の倍、オー!」と言うから、オートバイだって笑顔になる羽音でした...。


ということで....スーパーカブの耐久性を見せつける回と...後半は詰め込み過ぎの回という感じ...とにかく真冬の高速でバイクは寒そう…というか風が痛そう...こちらだと雪も辛い...というこけるリスクが...(^^)それにしても羽音の装備してた電熱装備は結構高価感じですね。そして...次回は待望の後輩が登場ですかね...(^^)


[アニメ ばくおん!!]公式ページ。


2016-05-23 今日のあれこれ...の月曜日

[] 第7話「囚われの荊姫(いばらひめ)」


[公式あらすじ]・[ツヴァイ諸島での対サベージ、謎の3人組のハンターとの戦闘を終え、つかの間の休息に南の島へ訪れたハヤトとリトルガーデンの面々。そんな中、ヘリでやって来たジュダルが現れる。ハヤトに話があるのだと言い、案内された先でハヤトが見たものは...。]


ハンドレッド」の第7話は...テンプレ通りの水着回...しかしそのパートはとっても短いでした...(^^)しかし、それでも圧倒的なナースさんと会長のバストサイズ...さすがです...ハヤトも照れちゃう...(^^)そしてエミールの水着も見たかったですが...どう胸を隠しているのか...。そして新キャラのクラウディアも登場。とっても騒がしい子です...(^^)で、唐突に...いきなり海でバカンスのハヤト...水着回です...妹のカレンも専属のナースのミハルと来ております...。そして当然...サクラも...水着はピンクでした。彼女の好きなカラーなのでしょうか。そして...ミハルさんの胸が...とってもというかすごく立派すぎるです。そりゃハヤトでなくても目がいっちゃいます。しかし...とってもけしからん胸のナースです。で、ハヤトを連れだして、戯れるサクラ...「こら!!くっつきすぎだよ!!ハヤトから離れて!!」と...面白くない...さらに「僕だって…皆の前で女の格好が出来れば…」エミールは女とはナイショなので、水着でなくて残念です。さらに会長も...「そんなおっぱい放り出して…会長もハヤトを誘惑するつもり」胸を放り出してって...。会長にも当たりのきつくなるエミール。そりゃ胸囲の格差ありますから。で、サクラエミールに疑惑を「あなたこそ、本当にハヤト君とはただの友達なの?それとも…」「ま…まさか女だってバレて…」と思ったのですが...「ま…まさか女だってバレて…」はいません、むしろ...「それとも、そういう趣味なわけ?...噂になってるのよ?男同士なのにイチャイチャしてて怪しいって」って...(^^)サクラエミールとハヤトがアレな関係ではないかと心配する。しかし幼馴染だと言う答えに、サクラも対抗しますが...それ以前に妹のカレンは生まれた時からハヤトと一緒とアピール...そりゃそうでしょ...。そしてレイティアたちとビーチバレー。エナジーを使ってというのが危険すぎ...そして...生徒会はクレア会長にオイルを塗るかで争いが勃発。この生徒会はダメですね。で...レイティアのボールを取ろうとしたハヤトがクレア会長の胸に突っ込むハプニングが...なんというお約束のラッキースケベで。テンプレ展開です。クレア会長の胸に顔をうずめるハヤト...しかし、主人公はコケたらオッパイに突っ込まなければいけないのでしょうか。さすがにエミールたちも何してるのと怒ります...。


そんなイチャラブに...クレアの兄でワルスラーン社の社長のジュダルが訪ねて来る。何か胡散臭い人です...「やぁ、久し振りだね。クレア。その水着、よく似合っているよ」というがクレア会長も敵視というか...兄妹的ではないですね...。で...そんな水着回はあっさり終わり...国連によるサベージ狩り作戦が発動。レイティアたちも「お二人にはセレクションズに正式加入して頂き、この作戦に参加してもらいます」、セレクションメンバーとなり作戦に参加。で...「少し話がしたくてね。君の時間を僕にくれないか?」とジュダルに...彼はハヤトにリトルガーデンの本当のエネルギー源を見せられる...「学園都市艦の動力、あらゆる研究開発にかかる電力。リトルガーデンは膨大なエネルギーを必要とする...それは、核融合炉で賄いきれるものではないんだ...では、リトルガーデンを動かす本当の力はなんなのか。その答えがコレさ」眠り続ける「人が作りし最初のスレイヤーであり、ヴァリアント。リザ・ハーヴェイ」…「僕やクレアの可愛い妹というわけさ」クレア会長はハヤトにリザを見せたことで兄を怒る。ハヤトがリザを起こせるか試す「ハヤト君!永遠の眠りについた荊姫を起こす時がきたようだ。さ、今すぐリザに目覚めのキスを」...さすがにそれは...で手をかざすが、起こすまでは出来なかった。「ここからはハヤト君と2人、妹の前でゆっくりお話でもしたらどうだい?優秀なスレイヤーがハーヴェイ家の一員になってくれるなら、僕としては歓迎する事体なのだが」クレアの婿にハヤトをって...「あの場所で見た事、聞いたことは内密に。これは最優先事項ですわ」リザのことは他言無用。これでクレア会長との秘密が出来てしまったね...(^^)


そして...今回の作戦では、前回の密猟者と出会う可能性がある。それで戦かったハヤトたちが選ばれたのでしょうか。そこで...「エミリア様ぁぁ!エミリア姫様ぁぁぁ!!」エミールを姫様と呼ぶクラウディアが登場。「私はクラウディア・ローウェッティブリタニア連邦の一国であるグーデンブルグ出身で、ブリタニア連合軍所属のスレイヤー。そしてエミリア様の幼馴染です!...以上!ペッ!!...(^^)」賑やかでエミール姫様大好きっ子...(^^)そしてエミールはハヤトに秘密を話します「ハヤト、実は僕…10年前から内緒にしてた事があるんだ。本当の名前はエミリア・グーデンブルグ。グーデンブルグ王家の王女なんだ」と...。エミールはグーデンブルグの姫だった。しかしもう国に帰る気はない…連れ戻したいクラウディアには残念なことですね...(^^)で、帰れないのはハヤトのせいだと思って、決闘を申し込むクラウディア。こうなるとハヤトはクラウディアのペースになって決闘を受けるしかない。クラウディアの武器はモーニングスター。当たれば威力は大きいが、ハヤトに跳ね返される...(^^)勝負に負けても諦めないクラウディア。しつこくリベンジしてきそうですね...というか...とにかく賑やかで面白い子。このままレギュラー化するんですか...是非ぜひそうしてもらいたい。で...エミールとハヤトは街に...「それにしてもお前が王女様だったとはなぁ」「そんな事より、僕お腹空いちゃった〜」と...しかしそれを監視する影...エミールたちを狙ってる密猟者.なのでしょうか..。


ということで...いよいよ核心の秘密が...会長に妹と兄がいたことが発覚...しかも兄が嫌な感じ...(^^)で...クレア会長の妹ってことで、まぁこの子もハヤトのハーレム要員なんでしょうか...で荊姫ののようにお目覚めのキスはアニメ終盤の方かな...(^^)そして...丸々1話水着でワイワイのコメディ回でもよかったのですが...それでも...テンプレのような...とってつけたような水着回、そこから急にシリアスモード、ここで経歴偽装しまくり、それをバラしたエミール、そんなエミールを慕う面白く賑やかなクラウディア...。まさに今週も安定のテンプレ回でしたね...(^^)それにしても...今後どんな流れになるのでしょうかね...(^^)


[アニメ ハンドレッド]公式ページ。


2016-05-22 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第7話「理想という病を愛す」


[公式あらすじ]・[「蒼の使徒」からの大規模な市街地爆破予告。爆弾を解除せねば、武装探偵社は連続失踪事件に続き多数の死者を出し、同時に、さらなる醜聞の炎に包まれるであろう。そんな社の存続とプライドを掛けた戦いのさなか、太宰はといえば、先の廃病院から唯一救出の叶った佐々城信子にご執心の様子。大学で社会心理学を教えている信子は、今回の事件が「蒼き王」に関連しているのではないかと言う。それは、かつて国木田によって追い詰められた末に自爆したテロリストであった...。]


文豪ストレイドッグス」の第7話は...救いようのない結末...双方の恨み...やはりそこからは何も生まれません、そして蒼の使徒の正体は...。蒼の使徒の挑戦...市内に仕掛けられた爆弾の除去...それを受けて立つ福沢諭吉所長「全員聞け!今回の事件は、武装探偵社に対する卑劣な情報攻撃である...捜査対象は、蒼の使徒の発見。そして爆弾の除去だ」と...阻止に動く国木田たち...江戸川乱歩は別件でここにはいない...(^^)そんな太宰治は佐々木さんと白昼デートという...何のんきに...。太宰さんは、佐々木さんがいる前で、蒼の使徒の話をします。「あの…このようなお話、部外者の私が聞いても良いのでしょうか…」いいのかな...ダメでしょ...(^^)佐々木さんもこれまでの話を聞いて「蒼の使徒なる人物ですが、かの蒼色期のテロリスト事件”蒼き王”と関係があるんじゃないでしょうか...もしかしたら、蒼き王本人かもしれません。警察に追われ自爆したということですが、死を偽装し、今も生きているのでは?...元官僚だった蒼き王は、あるとき声明とともに、政府施設を爆破。標的は警察のミスで不起訴になった殺人犯や、国際的な政治汚職を行った議員など。法でさばけない凶悪犯ばかりです...」蒼自分の理想で裁いていた。佐々木さん詳しすぎ...。そして「でも蒼き王が生きてるとしたら、どうして探偵社にこんな攻撃をするんです?」...「かつて蒼き王を追い詰めたのは、アジトを突き止めた国木田くんだ。そうか。恨まれているのは国木田くんか...」「相手の正体がわかるまでは警戒したほうが良いね。佐々木さんも、安全のために匿わないと...で、「相手の正体がわかるまでは警戒したほうが良いね。佐々木さんも、安全のために匿わないと」これで国木田独歩は激怒「護身安全のためと言いくるめ、ご婦人を自分の部屋に囲い、連日連夜に及んであんなことやこんなこと…恥を知れ!」...「泊めた時も、隣室で休んだし。当然指一本触れてない」と太宰治...さすがに...「まぁ国木田くんが勘違いしてたのは知ってたし、面白いから放置してたけどー」...遊ばれてます...(^^)蒼の使徒はその関係者なのかな...佐々木さんの理想の男性...「おこがましくて大変恐縮ですが…その…理想に燃え、何かに打ち込む男性など、とても素敵だと思います」それ...やっぱり国木田のこと...しかし国木田独歩のノートの中の女性像を見て...佐々木さんは「国木田様…これはないです」...(^^)いったいなんて書いてるんだろう...(^^)で...江戸川乱歩さんと連絡が取れる...(^^)


そして江戸川乱歩の超推理で、蒼の使徒が狙ったのはコンビナート。「横浜には、石油と天然ガスを保管する広大な敷地が並んでいる。もしその石油コンビナート付近で爆発し、タンクに引火したら…公安全体が炎に包まれるのは確実だ...1番簡単なのが、車に爆弾を乗せて石油施設の近辺に放置することだ...」三人は爆弾の解除のため元国防軍の基地に向かう。そこに...あの運転手が死亡...「私の電話は社長からだ。軍警からの連絡で、運転手が死んだ」「部屋の中で突然苦しみだしてこと切れた。死因は不明だが、手のひらに00という数字の刻印があったそうだよ」...そして現場に着くと...「君の数字をおくれよ。元気で素敵だよ、君。さぞかし良い数字を持っているんだろうね」「僕は数字のある人間を好きな方向に吹き飛ばせるのさ。たとえ地球の裏側にいてもね。そしてその数字が0になった時、苦しみもがいて死ぬ」相手の数字を操る異能の金髪の男が待ち構えていた。さらに解除のための鍵も壊されてピンチに...ただ、太宰治国木田独歩が息の合ったコンビネーションが発揮...ワイヤーガンで場所を入れ替え、太宰が金髪の異能を「残念ながら君の異能力はもう効かない」能力「人間失格」で無効化。...一方、国木田独歩は一度見た鍵を再現して「独歩吟客、解除キー...俺の異能力は、俺が1度この目で見て機能を理解した物を再現できる」それでで解除に成功します...。仲は悪いのに、このコンビすごいです...。


そして...港が見える墓地...「初めて業務で死者を出した時には起き上がれぬ程泣き、無断欠勤した。だが今では涙1つでん。故にその代替としてこうして墓参りすべきだと思っている」そこに佐々木さんが「涙を流せば死んだ人はうかばれますか?」...国木田 は「おそらく、うかばれも、救われもせんだろう。彼らの時間はすでに止まっている」...佐々木さんは...「私、1つ嘘をつきました。別れた恋人とは死別したのです...」「仰る通りです。死んだ人の時はもう止まっていて、今から何をしてもかの人は喜ばず…微笑みません」「さようなら」と...別れます...。意味深な言葉...。で...蒼の使徒の正体を突き止め呼び出した太宰治「アジトのパソコンの中にあった、横浜の調査情報だよ。驚く事に、この横浜支配には探偵社の殲滅が第一だと書かれていた...実は真犯人であると思われる人物にメールを出した。もうすぐここに来るはずだよ...」そこに現れたのハッカ―の田口。だが、使徒の正体は田口でなく...それは佐々木さんだった...「あの人は理想に燃えた人でした。純粋に犯罪のない世界を望み、それ故に自分の手を血に染めました」彼女は蒼の王の恋人だったのか…。「あなたの恋人蒼き王は、法では裁けない犯罪者を犯罪によって断罪する理想主義者だった。今回の事件はその続きだ」彼女は国木田に「あなたはどこか、あの人に似ています...」太宰治は...「あなたの計画は実にスマートだ。自らは何も罪を犯さず探偵社を貶め、誘拐犯と犯罪組織を滅ぼしてみせた。だがあなたには何の信念も理想もない。ただ流されていただけだ...」彼女は...「もう疲れました。私は解き放たれたいのです。撃ちますか?私は銃を下ろしました。撃つと過剰防衛になりますね...」そして国木田を庇い撃たれる田口…そして銃を捨てた佐々木を田口が撃つ。「蒼き王は父上の仇だ…ざまぁみやがれ…」親の仇として佐々木さんは死に...彼も...。救いようのない結末...「なぜだ…なぜこんな事になる!!何が間違いだった!?誰が悪かった!?」...太宰治は...「誰も悪くない。この結果しかありえなかったんだ[...国木田独歩は「黙れ!お前なら救えたはずだ!これが正しい結果とでも言うのか!?」... 太宰治は「正しさとは武器だ。それは傷つける事はできても、守り救済する事はできない...佐々木さんを殺したのは、結局蒼き王の…そして君の正しさだ...君がその理想を求める限り、いつか蒼き王の炎が君にも宿るだろう。そして周囲ごと焼き尽くす...」しかし国木田独歩は「それでも…!それでも進んで突き抜けてやる!俺の理想をなめるなよ!」...と...。


ということで...この結末を止めれたのにという国木田独歩...しかし...太宰治はこうなるしかなかったのだという。理想を求め続ければ、国木田もいつか蒼の王と同じことになる。しかし...俺の理想を舐めるなと...言い返す国木田。蒼の王に関わった二人がどちらも死んでしまうという救いようのない結末。それは理想家の国木田でなくても許容できない終わりです…しかし、これしかなかったというのでしょうか...やりきれない思いです...。しかし...犯人と分かった段階で止めれたような気がします...。


[アニメ 文豪ストレイドッグス]公式ページ。


2016-05-21 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...もう聞き飽きた事例...。


今週のあれこれ...季節は初夏を通り越してまさに夏という感じの気候...周りを見ても田植えはほぼ終わりました。いよいよ夏に向かっていきますね。ただ暑がりの私にとってはちょっときつい季節になりそうです...(^^)


f:id:yamaman:20160508073525j:image

f:id:yamaman:20160507174821j:image


今週のあれこれ...やはり政治と金の問題...しかし、あんな答弁ってありなの...もうどんな質問してもまるでリピートした音楽のように...そして判で押したように同じ答弁...「批判の声があり、私の事務所で調べるよりも厳しい、公正な目で見ていただける複数の弁護士に依頼する」「第三者の弁護士さんに調査をしていただく。調査にもヒアリングを含めてしっかり応じたい」と..こんなことを繰り返すのみ...よくマスゴミの記者はキレないなと...(^^)政治資金流用疑惑が噴出している問題で、東京都舛添要一知事は20日の金曜日の定例記者会見で「政治資金に精通した弁護士に調査を依頼した」として、個別の疑惑についての質問には一切、自身の見解を話さなかった。記者会見の前には、インターネットオークションで購入した美術品に政治資金を使ったなどの新たな疑惑について説明するとしていたのですが...。それについても...一切同じ答え...「第三者の目で...」...一方で、辞任の意向について問われた舛添知事は「全力をあげていい仕事をしたい、都民のために尽くしたいと思っている」「オリンピックパラリンピックへの準備など、あらゆる分野においていい仕事をしたい」「今の気持ちは、しっかり仕事をして信頼回復に努めたい」と、辞任する意向はない旨を話したのですが...。しかし第三者って自分で雇って...自分が費用を支払うのでしょ...なんだかなと...まあ、これでどうなるのか...辞任するのか...どうなのか...注目ですね。


舛添要一都知事、疑惑に答えず「厳しい第三者の目で調査する」

http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/20/masuzoe_n_10059148.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


東京を変える、日本が変わる

東京を変える、日本が変わる

2016-05-20 今日のあれこれ...の金曜日

[] 第7話「海に行ったらリア充になれると思った?」


[公式あらすじ]・[輝く太陽! きらめく海! そしてネット接続禁止! マスターが計画していたネトゲ部夏合宿がスタートした。この合宿、表向きの目的はネトゲ用体力作りだが、英騎が前回失敗した告白に再挑戦するという裏の目的もあった。順調に合宿メニューという遊びをこなす一同。そして夜、花火をしつつ並んで座る英騎と亜子。雰囲気はまさに最高潮! そして意を決した英騎がついに動く...。]


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第7話は...。やっぱりきました合宿水着回。というか、だいたい7から8話あたりに水着位が来るのは定番なのかな...(^^)それにしても彼女たちの水着姿は最高ですね。ということで英騎が羨ましすぎる。...夏合宿に早朝から集合...アコは眠すぎて、立ったままも寝てるし...ということで夏休み、合宿と称してアコにネトゲ断ちしてにリア充体験させ、英騎に告白させようとする作戦ということでした。しかし、何をやっても...やっぱり良い夫婦という結末しか…見えないでした。朝早く集合...「今回の合宿の目的は、ネトゲプレイの為の体力づくり...よって合宿中は…ネットへの接続を禁止する...」そしてこの合宿の真の目的は...実は、アコに英騎とリアルでの恋を意識させようと言う計画だった。「そうじゃない。アコがネトゲにのめり込むのは、うまくいかない現実に疲れたから」「それは裏を返せば、うまくいく現実に憧れがあるという事だ。ならば立派なリア充の夏をこなし、その中でパーフェクトに雰囲気の良い告白をすればきっと上手くいくはず」...彼女は現実がつらいからネトゲに逃げてると見ている...。ならば、海で楽しんだりして、リア充体験をさせればいいという計画。果たしてそれはうまくいくでしょうか...(^^)しかしヨダレたらして寝てるアコが可愛い...。で、合宿会場.は..杏会長の高級なペンション...さらに至れりつくせりの環境。こんなの合宿じゃないと力説する斉藤先生です...。そですよね...でもこれはリア充体験ですから...(^^)その合宿じょはなんとプライベートビーチまで完備。そして水着回本番...可愛いアコんの水着に、英騎も目がいってます。「あの…あんまり見られるとですね…水着を選んでた時はノリノリだったんですけど、こうして本番を迎えると…」ただ「大丈夫だって。すげぇ…可愛い…。自信もって良い」の言葉にうれしいです。そして...茜も遅れて水着で登場。セーラー服ぽい水着...露出は少なめですが、これはこれで可愛いらしい水着。さらに「3人同時に水着で現れ、ルシアンに鼻血を吹かせトイレに駆け込ませる作戦が…!」といって杏会長も登場。なんかグラビアモデルばりのセクシー大胆水着...(^^)日焼けどめもしてないアコも塗ってあげる茜。基本引きこもりでしたから、焼けちゃうと痛いですかなり痛いです。そして、三人で英騎にもローションプレイ...(^^)「準備は済んだみたいね。じゃあ、皆行くわよ!」斉藤先生も競泳水着のような...これはこれで素敵な水着で登場します。


で...アコたちは海でぷかぷか。茜ちゃんは潜り、杏はバタフライで思い切り泳ぐ...合宿といつつ...「なぜ、みんなで遊ばない?」と、まあ先生の疑問ももっともですが...。「例えばですよ。ネトゲで新しいマップが実装されたとします」「皆で新マップに行きます。けど、入ったらとりあえず分かれます」「新マップで重要なのは、ソロ狩りでの経験値はどうか。レアは出るのかどうか。死亡率はどんなものか、だからです!」「一通りやったら合流して、最後に4人での効率を確かめます。これがパターンです。なんて事言ってたら、ネトゲやりたくなってきたな!」って...そんな4人に、海で合宿だからみんなで遊びなさいとキレる先生...「苦手だからって諦めてたら何も進まないのにゃ!...やればできるのにゃ!にゃぜベストを尽くさないのにゃ!!」ちょっと先生、語尾がにゃになってるのですが...。と言うことで、ビーチバレーをやってみたり。スイカ割りをやって見たりと、海を満喫しています。まあ見に来たらですよね。さらに茜に寝てる間にアコが、砂でシュバインの体にしてみる...。ともあれ海を思い切り楽しんでますね...。さらに夜...お風呂にまで乱入しようとするアコ...さすがにこれはアウトだと茜が阻止。本当にこの子は...。で...「BBQをするぞ!!」とにかくバーべーキューをしてみたかった杏会長ですが...。でもぜんぜん下ごしらえ...下準備も出来てない。で、料理スキルがあるのはなんとアコだけ。意外に料理は出来る子でした。食事後...花火で走り回る茜...それにタックルする先生...(^^)...ということで...会長は頃合いを見計らって花火を打ち上げます。いい雰囲気、告白チャンスがきた...アコは、花火を見て涙を流しちゃってる?「なんか嬉しくて…。こんな風に過ごす日、私にはずっと来ないと思ってたんです」彼のおかげだと感謝するアコそして「俺、アコのこと…好きだ」告白したー...私もルシアンの事大好きです!私達やっぱり良い夫婦ですね♪」あー、やっぱり夫婦から離れないアコって...やっぱりダメでしたか...(^^)


で...翌日...翌日は、レジェンダリーエイジとコラボしてるホテルフローレンスに遊びに行く。チェックインするとイベント参加用トークンが貰え、コラボイベントを楽しめるというもの...。というか、高校生の合宿ではない...(^^)で...「丸1日ネット断ちした事によって、過去例を見ないほどネトゲ力が高まっている!」それはそれで...いやな力だな。で...ゲーム開始...しかし英騎がログインしたとき、何か一度弾かれた...そして再びログイン...あれちょっと怪しいかな...(^^)嫌な予感がする。レストランで頼むメニュー「メニューの横にアイテム名が書いてありますよ!」「これ頼んだら、そのアイテムがゲーム内でもらえるって事?」「あざとい…あざといけど、俺は体力上昇アイテムが欲しい!」...そして「会計の時にもらったカードのパスでアイテムが受け取れるって訳か。1階、土産物コーナーでも同様の特典をご用意いたしております」...土産ものに、ゲームのアイテムが付いてる。なんという抱き合わせ商法...「生徒にやらせるには、大人の世界が垣間見えすぎるイベントよねぇ…」そうですよね...(^^)。早速買ったアイテムを試しにゲームへ...先に会長たちは行ってしまい残されたアコと英騎。「良かったら… 私の部屋に来ませんか?」なんとアコのお誘いです、ですがやっぱりって...当然もちろんゲーム内です。「私達、今ホテルで2人きりなんですよね…」「私…こういうのずっと待ってました!」二人きりだと盛り上がるアコちゃんだが…一瞬...ルシアンが何かに変化..「私達、今2人きりじゃないですか!だから…今こそ夫婦の語らいを…」その言葉に...「ふぅん…夫婦ね…」英騎と別人になっていたのか...(^^)


という事で...水着回...それにしてもみんなの水着、最高すぎですが...それにしても、またもやルシアンの告白失敗...さらにコラボイベントで何だか暗雲が漂う状況...やはりログイン時に英騎の...ルシアンのアカウントが乗っ取られたのでしょうか...(^^)そしてこのままアコちゃんをNTR展開になっていくのでしょうか...(^^)ちゃうのか?とにかくピンチのアコです...(^^)。


[アニメ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?]公式ページ。


2016-05-19 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第7話「暗号ケルベロス


[公式あらすじ]・[サンフランシスコからハワイ諸島を経由し日本へと向かう豪華客船朱鷺丸(ときまる)。そのデッキ上でクロスワードパズルに興じていた内海脩のもとに、ジェフリー・モーガンと名乗る男が現れる。そのとき、海上に目をやった人々の口から悲鳴があがり...。]


ジョーカー・ゲーム」の第7話は...ということで...甘利は女子供には優しいスパイかな...スパイというかは美しき未亡人...復讐心を利用されたケルベロスが哀しいです。そして二人と一匹は甘利が面倒を見ることになるのかな...(^^)「船倉に爆薬を仕掛けろ。定量の2倍だ」「この船の乗組員たちは?」「乗組員だと?」「報通り指示書は手に入れた。いかなる証拠も残すな」ということで...最初から衝撃的なOP...これが最後の伏線に...(^^)で、ハワイ諸島を経由し日本へと向かう豪華客船朱鷺丸に乗り合わせた内海脩こと甘利。船上でクロスワードパズルを...。そこで犬が走りだして声をあげたのは美しき女性シンシアと幼女...娘のエマと出会います。突然声をかけられ警戒するエマに、口笛でイルカを呼んで打ち解けさせる甘利...さすが女の扱いは上手いです...それは幼女でも...さらにイケメンなら母親の前で娘を触っても無罪ですか...(^^)で、甘利はクロスワードパズルを置いた席に戻ると、そのクロスワードパズルに興味を示す男...「ジェフリー・モーガンサンフランシスコで小さな貿易会社をやっています」「オサム・ウツミ。日本の技術者です」と...そして「クロスワードパズルがあると放っておけない性分でしてね。悪い癖です」「それは丁度よかった!お知恵を拝借できませんか?実は手詰まりになっていた所なのです」甘利に請われ、一緒にパズルを解くモーガン。「…ではこれはどうです?何々変奏曲。6文字。最後の文字は多分「A」」「…ENIGMA」そのワードが...「イギリス作曲家エルガーの代表作の一つです。ギリシャ語で「謎」です...エルガーはこの曲の主題に謎を仕掛けてそのうちいくつかはいまだに解かれていません...」「解けない謎ですか。同じですね」「ドイツ軍が採用しているエニグマ暗号機ですよ。鉄壁、無敵。決して解かれることのない謎」、ドイツ暗号器をエニグマを指していた。そして甘利はこのクロスワードパズル...モーガンを特定するため用意した「失礼。ご存知の通り日本海軍の機械式暗号エニグマと同じ原理で開発されています」「あなたのような方がアメリカ人を装って我が国に入国されては困るのですよ」「お芝居は終わりです。ルイス・マクラウドさん。それともお国の諜報機関が使っている暗号名「ザ・プロフ」とお呼びした方がいいですか?」


今回の甘利の任務は、「なぜだ…なぜ私だとわかった…この整形はたとえ古い友人や家族でさえ見分けがつかないはずだ…」顔を変えてモーガンとなった元英国スパイのルイスの日本入りの阻止だった。「私に与えられたのはあなたに関する雑多な情報の数々。しかしそれらを総合的に判断すると様々な性癖が浮かび上がってくる」「たとえばクロスワードパズルを放っておけない性癖とかね」...エニグマと同じものを日本も使っていて、暗号に詳しいスパイのモーガンに探られては困る。...「もちろんこの内容もあなた向けです」「エニグマクロスワードそのものが私を確認するテストだったのか…」「もっとも見た瞬間にあなただとわかりました。顔のある個所が写真と同じだったからです。そこは指紋と同じように一人一人固有の形がある」と...その時...英国船が臨検に来るが、「我がイギリス海軍のお出ましとは。予期せぬ出来事、というやつだ。さよならだウツミ。乾杯」モーガンは飲んだワインの毒で死んでしまう…。「貴様…やはりケルベ…」アメリカに寝返ったモーガンは、ケルベロスというコードネームの諜報員に狙われていた...彼の本名は「ルイス・マクラウド。先の欧州での戦争の際英国諜報機関に雇われドイツ暗号解読に活躍した男だ」「奴は顔を変え太平洋経由で日本へ来るつもりだ。奴を日本へ来させるな」と...「ガーデニング作戦…」と名付けた作戦...。そして尋問...「内海様。あなたは亡くなったモーガン氏については名前の他は何一つご存じないと仰るのですか?」「船の上のお付き合いですからね。別におかしくはないでしょう」「死因はわかりましたか?」「検証した船医の所見によりますと青酸化合物による中毒死」...甘利は...「エニグマ解読班の中心人物だったマクラウドは冥府の番犬・ケルベロス暗号名に持つ何者かに命を狙われていた…」「ジェフリー・モーガンというイギリス人が無国籍船に拘束されているという連絡を受けた。彼の安全を確認し身柄を引き渡せば問題ない…」しかし...彼は死んだ...。そしてケルベロスとは...。


で...そのケルベロスの正体は、「あなたがケルベロスですね?」美しき女性...エマの母シンシアだった。甘利は一枚の写真を彼女に見せる「これについて説明してもらえますか?」「なぜ彼だとわかったのです?」「一目でわかりましたわ。私は毎日穴が開くほどこの写真を見ていたのですから」「マクラウドが顔を変えていることは聞いていました。耳の形は変わらないので注意して見るようにとも」「出港後に体調を崩していたエマがようやく回復し私は写真と同じ耳を探しました」「ですがあの時ついに見つけたマクラウドの足元にフラテが近づいていたことで私は動揺してしまいました」「の首輪にこの写真が入っていたからです」それを知って甘利は「その写真を海に捨ててしまえば物的証拠は何も残らなかったのでは?」しかし彼女は「…これはレイモンドが一番ハンサムに映ってる写真なんです。いくら憎い仇が映ってるからと言ってこの写真は捨てられません...この男が私の夫とこの子の父親を奪ったのです。彼を殺すことで私は夫の仇を討った。後悔はありません」...暗号を解こうとしモーガンのガーデン作戦で犠牲になった船の船員が彼女の夫。「1年前程ドイツ仮装巡洋艦に沈められたイギリスの貨物船にレイモンド・グレーンという一等航海士が乗っていましたね」その復讐のために、ドイツのスパイとなった…。「ドイツ軍エニグマ暗号を使って打電。英国はこれを傍受しそこに記された作戦内容とエニグマ暗号文を付き合わせることで解読の手掛かりにする」「しかし独断で遂行されたこの作戦は逆に反感を買い厄介払いされた。顔を変えて日本を目指したのは新たな立場を手に入れるためだったのでしょう」「あなたは一体…あなたも謎を背負って生きているのですね」...彼女は「私は復讐の為ドイツのスパイになりました。覚悟はできています」...。しかし...娘を思うと「でもこの子の顔を見ているとわからなくなるんです。何のために生きてきたのか…何のために生きるべきだったのか」...そして彼女は自首...しかし...甘利は、彼女を気遣って娘を預かって、英国に投降できるようにはからう。「二人と一匹か。ま、何とかなるだろう」...甘利は幼女の面倒を見るつもりなのか...(^^)


ということで...甘利は幼女を引き取るのか...(^^)で...イギリスとしては、独断作戦やらかした上に同僚殺して日本に寝返ろうとした裏切り者を葬ってくれた...そんなんだから母親の罪は大目に見る可能性は高いかな。ただ、1つか2つスパイ活動はさせられるだろうが、母娘と犬で新しい生活が出来るぐらいの計らいもするようですし...もしかしたら...甘利も...と思う。...なんかイケメンは得ですね...(^^)しかし、本当にスパイをやめて育てるのだろうか...それは永遠の謎...(^^)


[アニメ ジョーカー・ゲーム]公式ページ。


2016-05-18 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第7話「潜入 エネミーライン」


[公式あらすじ]・[ハヤテたちΔ小隊ワルキューレは、ウィンダミアの占領下で何が行われているのかを探るため、惑星ヴォルドールに潜入調査を試みる。レイナハッキングで絶対防衛網の監視ネットワークをくぐりぬけ、降り立った先で目にしたものとは…。]


マクロスΔ 」の第7話は...ということで...混ぜるな危険なお二人、そして百合的な...マキナ&レイナハッカーコンビが潜入作戦で活躍します...(^^)そして、ヴァール化を起こしていた意外な原因。判明、こちらも混ぜるな危険ですね。...「プロトカルチャー。およそ50万年前高度なテクノロジー銀河系に一大星間文明を築いたとされる種族...彼らは様々な惑星の原住生物に遺伝子操作を施し地球人をはじめとする多くの人類種を作り上げた創造主でもある...その偉大な力の痕跡銀河の各所に残されていた...」...「敵絶対防衛網のネットワークを逆手にとって侵入しましょう」....占領されたヴォルドールへの潜入捜査。マキナ&レイナハッカーコンビが威力を発揮。レイナちゃんがシステムにハッキングして防衛網を突破。で、ハッキングの時も歌うのですか...。「ヴォルドール。陸地の62%が湿原で覆われた水と緑の惑星。主な資源は木材・果物、そして天然水」しかし「戦略的価値ゼロ」とか...で、ここのヴォルドールの住人は猫耳でした...潜入もネコミミつけてとなります。でも、語尾にニャンはいりません。そして三雲さんは「くもくもならとっくに行っちゃったよ」「単独行動クイーン」また単独行動ですでにいない...(^^)街を探索していると..軍も警察もヴァール化でマインドコントロールされているのがわかります...。ウィンダミア産のリンゴを見つけテンションあがるフレイヤ...その時、「聞こえる…この色…」悲しい色…歌が見える。ワルキューレの歌で操られる父を助けようとする幼い兄弟を見つける。思わず出ていこうと...そんなフレイヤを三雲が止める。しかし、彼女は神出鬼没ですね。そして三雲が情報を「極秘の政府間協議ですか」美雲は「ええ。少しは役に立つ情報が手に入るんじゃない?」...「統合政府の統治も悪い事ばかりではありませんでしたがね。彼らの基地のお陰で雇用が生まれ技術が移転されたのですから」「そうやって飼い慣らしていくのが彼らのやり方ですよ」「だとしても性急過ぎやしませんかね?宣戦布告とは...」「我々には時間がありませんので」「ウィンダミア人の平均寿命は確か…30年程...」「わかりました。大人しく従うとしましょう。ウィンダミア人は敵も味方もまとめて吹き飛ばすような方々ですからなぁ。次元兵器で」...ドローンを使って極秘の政府間協議を盗聴して出てきたもの...。ヴォルドール政府は、ウィンダミアの次元兵器を怖れ従っているようですね...これまた物騒なものが出てきましたね。で...ロイドは学者でもある「わかりました。大人しく従うとしましょう。ウィンダミア人は敵も味方もまとめて吹き飛ばすような方々ですからなぁ。次元兵器で」...「滅亡寸前のプロトカルチャーが最後に創造した人類種がこのブリージンガル球状星団の民だりよって我々こそがプロトカルチャーの正統な後継者である...」と...「そのような話本当に信じておられるのですか?」「その鍵を握るのがあの遺跡かと...」遺跡があるのですね。


で...その遺跡「パラガナール遺跡。プロトカルチャーが残した物のようね」...と...。そこに何か施設が作られてる..。で....次元兵器とは「時空間を歪ませて破壊する絶大な威力を持つ大量破壊兵器」「銀河条約により使用は禁止されているけど7年前の独立戦争ウィンダミアが使ったと言われてるわ」...銀河条約により使用は禁止されている...自国民を巻き込んでまで使用したと...。その怪しい遺跡に潜入。って、「見ててください美雲さん!今度こそ役に立つ所を…」...「また先に行ったんじゃね」...また風を感じたとかで姿を消す三雲さん...(^^)そして...施設の監視ネットにレイナちゃんたちがハッキング...「息がピッタリだ」「ピッタリになったのよ。ようやく」今では息ピッタリのレイナちゃんたち...「前はソリが合わなくて顔を合わせれば喧嘩ばかり。ライブだって中止になったことが」だが、...「水と油。混ぜるな危険」そこからよく仲良くなったものですね..。そして...地下に「遺跡の下にこんな大きな地底湖が…」「センサーも監視カメラもばっちりぐっすりお休み中〜」「警備兵、次の巡回まであと30分」...遺跡の地下には、軍に納入されてる水が大量に。成分には問題ないようですが...。一方...三雲さんを呼ぶ声はプロトカルチャーなのか...いったい三雲さんは何者なのでしょうか...(^^)そして、水だけでなく...「あったあった〜。おいしそうなのがこんなに!」「銀河リンゴか。それも軍への納入品だ。安いが栄養価が高く重宝されていたはず」...「銀河リンゴ…正式名称ウィンダミアアップル。あまり知られてないけど...」そして、「ありえない組み合わせ…混ぜるな危険…」ハヤテが混ぜるな危険を思い出し、水とリンゴを混ぜてみる。「ポリフェノールとヴォルド重炭酸塩の結合…高濃度のセイツノールを検出!?」「ここの水とウィンダミアアップルを取り込むと体内でヴァール化を誘発するセイズノールが合成される」二つを合わせることで高濃度のセイツノールが発生。これを軍に納入してヴァール化を起こしてる「おそらく他の惑星遺跡にも同じ成分の水が存在していてウィンダミアはその水とリンゴを使って人為的にヴァール化を促進」「風の歌でマインドコントロールしていた」「ウィンダミアのリンゴをそんなことに…」...まさに混ぜるな危険です...。三雲さんの歌が聴こえる...そして...ハヤテたちは空中騎士団に「罠にかかったのは三匹か...」「統合政府の犬共と裏切者のウィンダミア人」


ということで...マクロス名物の、三角関係の主人公たちが敵に捕まるイベント発生ですか...れは恋愛関係が進展する予感...(^^)初代マクロスからの伝統でしょうか...(^^)そして...いろいろわかってきました...ヴァール化ってハインツの歌だけで起こるものじゃなかった。軍に納入される水とリンゴをセットで摂取すると混ぜるな危険...。そしてヤバい兵器が....そして次元兵器を使ったのは統合軍...それともウィンダミア...ウィンダミアの国王は統合軍が、でも宰相のロイドはウィンダミア自身が使ったと言われて否定も動揺もしてないからどちらなのか判断できないです。そして...その次元兵器を使われた所をフレイアが見てたのかな...。


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-05-17 今日のあれこれ...の火曜日

[]第8話「ぶんかさい!!」


[公式あらすじ]・[聖がレースを盛り上げるために計画していたのはなんと「賭けレース」。そして校長のたづ子もある思惑があって許可していた……。文化祭当日、バイクスーツならぬメイド服でレースの宣伝にいそしむ羽音たち。その甲斐あって大盛り上がりのレースがいよいよスタート!真っ先に飛び出したのは来夢先輩のカワサキエプシロン。だが、その直後に来夢先輩がまさかの転倒!..。]


ばくおん!!」の第7話は...しかし、なんかバイクアニメというよりは、ギャグアニメとなってきましたね。ともあれ楽しいレースでしたが。賭博はダメ...ってタイムリーな話題です...(^^)「みなさんレース用コスチュームがお似合いですわ。実にプロレタリアアートっぽくて」...「プロレタリアアートって?」「アートってことは芸術だよ…プロフェッショナルな感じの?」...違います...労働者階級...まあ三ノ輪財団のお嬢様から見れば羽音たちはプロレタリアートかな。で、コース説明コースは学校内を10周するもの。階段もスロープを登るって、しかもジャンプ...それって出来るのか。さらに三ノ輪財団が開発した、通るとエンジンが冷える謎のプレートもあり。どんな技術...。そして、賭けバイクの営業「私を買って〜。私を買ってくださ〜い」って誤解を生むでしょう...(^^)ただ、そこは女子高生「でもバイクって全然わからないわ」ですよねぇ。「どれだけ知らないと言っても国内4大メーカーとカタナは知ってるでしょ?」「4大バイクメーカーっていうとホンダヤマハカワサキ…」...鈴木がない...(^^)「あとMr.ハーレーダヴィッドソン!」...(^^)凛は「んでよ!「ス」から始まるメーカーよ!」...しかし「わかった!スクーター社だよ!」「スクーターはメーカー名じゃない!」...(^^)、で、「じゃあ出場するオートバイを紹介するね〜」「まずはホンダCB400スーパーフォア、佐倉羽音。18個のウィンカー、10枚のバックミラー、8本のマフラーで安全運転〜」...(^^)「続いてヤマハTZR250、天野恩紗。20年に渡るチューンのおかげで3XVより速い3MA」「スズキカタナ400、鈴乃木凛。見かけはノーマルでもガンスパークチューンで1200のようなフィーリング」...そして...「カワサキからはエプシロン250、来夢先輩。ハンデということでいつものニンジャから乗り換え。提供はニコイチモータースで〜す」ってハンデって。そして、「フン!どうだっていいわ!そんな簡単にスズキの素晴らしさがわかってたまりますか!」そんな凛のスズキにも応援してくれる人がいた...「私はあなたに賭けますわ」「あなたスズキがバイク作ってたこと知らなかったじゃない」「ええ。でももう知ってるわ」...良かったね...(^^)そしてレース「レディース&ジェントルマン&おとっつあんおっかさん!やってきました本日のメインイベント!史上初女子高生によるメーカー対抗バイクダービー!...司会は悪のベーダ軍団・ヒジリアン女王がお送りします」...(^^)


で...宣伝効果と、賭けレースと言うこともあって、観客は満員です「おい…こんなことってあるかよ…バイクで走ることを応援されるなんてさ…」「メーカーの名前も知らなかった子達が金がかかった途端応援なんて…見てなさい。スズキ以外に賭けたことを後悔させてやるわ!」...賭けはまずいでしょ...(^^)そして...レースの様子はネットでも配信され、レーサーの人たちも観戦「いよいよだな」「あれ?王様に推し掛け大将先輩何見てるんすか?」「サル顔ピアスか。日本の女子高生達のレースだ」...この元ネタって...王様はケニー・ロバーツですか...押しがけ大将は多分フレディー・スペンサー...そしてサル顔ピアスは絶対バレンティーノ・ロッシと、ネットで出ていた....すげー危険なネタ...(^^)校長のたづ子さんは、人気の無い来夢先輩を大量に買って一攫千金を狙う...親の年金はまずいでしょ...(^^)親の金でギャンブルするクズ...でもそれで張ったらオッズが1.1倍に。そりゃそうでしょ...女子高生の賭けですから...。ともかく300万という金額が多すぎた。そしてスタート...来夢先輩がスタートダッシュするが、いきなり転倒...先輩はオートマを乗れなかった...(^^)


ということで...有り金かけた来夢先輩のまさかの転倒に、校長のたづ子さん涙目...レース中...来夢先輩が気になるが、レース中なので他のメンバーはそのまま続行...女子高生なので、コーナーでも速度を落とす安全運転...ウインカーを出すって...交差点ではないのですが...(^^)さらに坂もゆっくりあがります...しかし、なんとものんびりしたレースです。トップに立ったのは凛。恩紗ちゃんはその後につけ、「凛のカタナにピタリとついて最後の最後に抜かせばいいのさ」抜くタイミングを待ちます。そして「スロープの次にはボーナス!三ノ輪グループが開発した「上を通るとバイクのエンジンがなぜか冷える板」が待ち構えています!」聖ちゃんの用意したエンジンが冷める板は誰も踏まない...そりゃそうでしょう...(^^)恩紗のバイクの出す排気に前が見にくい。それなら前に出ちゃえばいいと、追い抜く羽音です...。で...「転倒した来夢選手はいまだそのまま!」「先輩…何ふざけてんのよ…起き上がってよ先輩!...頑張れ〜!」と...そりゃ300万かかっているのですから...。たづ子さんの必死の応援の声に立ち上がる来夢先輩。スクーターを従えて、猛烈な追い上げ...これで勝てる「頑張って!そして取り返して!私が嘘ついて親に無理矢理出させた300万を〜!」と黒い顔のたづ子さん...(^^)三人をごぼう抜きしてトップになる来夢先輩。抜かれた凛たちも負けられないと速度をあげる...「ガンスパークとホットプラズマで本来の性能を引き出すチューンを施している!」「それオカルトチューン…」盛り上がってきました...(^^)「私は信じてる!カタナ400の力を!...私が選んだバイクは!私が選んだメーカーは最高なんだと!世界で一番のバイクを選んだのだと!...このレースはその証明なのよ〜!!」...(^^)で...羽音が追い付くには坂をジャンプするしかない...飛んだ...「お姉ちゃん…そのバイクには翼があるよ」ホンダのエンブレム....ゴールドウイング....(^^)ゴール直前で4人と並ぶデッドヒート。だが、来夢先輩はエンジンの冷める板を踏んで...凍ってしまい、そして爆発...(^^)「来夢選手エンジンが爆発!3台が再びトップ争い!」「しかし来夢選手の落下地点もまさにゴールライン!」さぁ、一番にゴールしたの誰だ...「同時です!正確にはほぼ同時!」...その結果に...誰が勝ったかで熱くなる生徒たち。「喧嘩してるよ…しかもどのメーカーのバイクが一番かで…これは奇跡だ…バイクにまるで興味なかった女子達があんなに必死に…」...そりゃ金を賭けてるからじゃないかな...(^^)...そして写真判定に...「優勝はスズキ・カタナ400、鈴乃木凛!」...でした。凛は嬉しくて...「スズキが勝った!スズキを選んだあなた達が勝ったのよ!」「みんなー!これからも最高のメーカー・スズキを選べ!スズキを買え〜!」しかし「わかったわ!ワゴンR買うようパパに言っとく!」「彼氏の次の車スイフトにさせるわ」...「バイクは!?」...(^^)で...たづ子さんは、校長権限でレースを無効にしようとする…何と言うクズでしょう...(^^)猿山先生が結婚資金の足しにすると聞いて断念します...が...「来夢先輩。300万貸しだかんね…」....(^^)


ということで...由女と一緒に来ていた中野千雨ちゃんも来年は丘乃上を受ける。バイクは公道を走るものじゃないと言う千雨ですが...(^^)で...なかなか熱くて面白いレースでした...しかし、最後のラストの提供が酷いネタ....ただのエロいおやじたちじゃないか...いいのか...バイクレース界の伝説に...(^^)そして...今回初登場した千雨ちゃんの正式参加が楽しみです...(^^)


[アニメ ばくおん!!]公式ページ。


2016-05-16 今日のあれこれ...の月曜日

[] 第6話「歌姫のラブソング


[公式あらすじ]・[ツヴァイ大峡谷からの帰路。ハヤトとサクラの乗るバスがサベージに襲われた。2人はハンドレッドの能力を使い、これに応戦する。すぐにリトルガーデンの仲間たちも加わり、なんとかサベージを退けようかというところで、突然、3人組の謎のスレイヤーが現れる。彼らの目的とは...。]


ハンドレッド」の第6話は...ということで...サクラちゃんの積極的な行動...お別れのキス...からのすぐに部屋にって...行動早すぎでしょう…。そして四角.関係に...本当テンプレ展開、そして修羅場はある意味安心です...(^^)。突然現れたサベージに乗っていたバスを襲われ、防戦を余儀なくされるハヤト。そしてサクラハンドレッドを展開。攻撃は出来なないが防御は出来るのか...一番近くにいたエミールたちが助けに駆け付ける。フリッツとレイティアも駆けつける、全く頼もしい。そして...ハヤトがサクラとイチャ...ラブしていてるのに心穏やかじゃないエミール。まさにサベージと戦ってるのに痴話ケンカって...。ガチでハヤトを殺しそう...(^^)そこに、サベージを狙う謎の三人組が乱入。ハンドレッド使いか。しかしトレースオンって...Fateですか...(^^)3人組はかなり強い、ハヤトたちは押され気味...そして、サベージを倒し、必要までに傷つける...そして、サベージのコアを持ち去る三人組。あんなものを何に使うのか...それは...「あなた達が遭遇したのは、おそらく密猟者…ハンターですわ」と..会長...なぜにそれを...「それはだね、サヴェージのコアがバリアブルストーンの分子構造とほぼ同じだからだよ...」「それってサヴェージのコアも、ハンドレッドとして加工できるって事ですか?」「そう。つまりコアにはバリアブルストーンと同じ価値があるのさ。金銭的にもね」という事で...クレア会長から、あの三人組が密猟者だったと聞かされる。サベージのコアは、ヴァリアブルストーンと同じ素材で、ハンドレットの材料になるのでしょか。そして会長から今回の活躍を認められ、レイティアちゃんも「セレクションズ」入り。良かったね...(^^)...ハヤテはデートが途中で終わったことをエミールに謝ります。「今日はごめんな…。せっかくのデートだったのに。服もボロボロになっちゃったし…」「ううん。ハヤトが悪い訳じゃないし。服はまた買いに行けば良いよ」あまり怒らないのは正妻の余裕ですか...そしてカレンちゃんはサクラちゃんのライブを楽しみにしてますね。無事にライブが出来そうでよかったです。


で...サクラちゃんは自分の歌が人の心に響くのはハンドレットの力だと思っていた。「皆が私の歌を好きだって言ってくれるわ。霧島サクラの歌には、心の奥深くまで伝わってくるものがあるって」「でも私の歌が皆に届くのは、私が普通の歌手とは違うから…。私がヴァリアントだからなの...」「ヴァリアントである私の歌は、今や人類のほとんどが感染しているヴァリアントウイルスに直接働きかけるんだって。だから皆の心に伝わって好きって言ってくれる」「本当に響いてるのではない…。でも..ハヤトは、サクラの歌は本当に心に響くのだと諭す...。サクラのライブハンドレットをつけて、飛翔する彼女は歌の妖精ですね...無事ライブは成功...サクラが母との思い出の歌を歌い、カレンちゃんもサクラと出会っていたのを思い出す。まさかあの時あった女の子がサクラとは。「まだ信じられません!あの時に出会った女の子がサクラさんだったなんて」「私はハヤト君とカレンちゃんと出会って、歌う楽しみを知ったの」そして...、お別れの最後にハヤトにキスしちゃサクラちゃん...エミールもクレアさんも、サクラがハヤトにキスして...またすぐ会いに来ると去って行ったサクラ...(^^)


で...翌日...かな...(^^)...突然はハヤトの部屋に現れるサクラ...本当にすぐ来たし...(^^)「サクラ、なんで?」「言ったでしょ?すぐに会いに来るって」すぐすぎるでしょ...(^^)そこにすぐに怒鳴り込んでくるクレア会長...「霧島サクラ!不法侵入罪で拘束させていただきますわ!」会長...お前はどっから入ってきた...(^^)という事で...ハヤトの取り合い...「皆、出てけぇぇぇぇぇぇ!!」とハヤトが怒る.... エミリアとクレア会長とサクラは揃って 「嫌!!」って安定のハーレム展開ですね...(^^)


という事で...毎回欠かさない、充実したハーレム展開。という事で...サクラもこのまレギュラーとしてハーレムに加わるようですね、今のところは。...それにしても会長は今のとこ、立場上もあるけど、一緒に戦闘できない分、他のヒロインより不利では…。今後会長にもハヤトの前で活躍できる場を…ってか来週水着回...クレア会長は巻き返しなるか...しかし...看護婦さんが全てもっていきそう...(^^)そしてラスト…会長、病室のクローゼットから出てきたの...(^^)


[アニメ ハンドレッド]公式ページ。


2016-05-15 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第6話「蒼の使徒


[公式あらすじ]・[ヨコハマを訪れた旅行客の連続失踪事件が発生し、武装探偵社に被害者の居所を知らせるタレコミが寄せられる。国木田は、非合法のハッカーである田口六臓に情報源を探らせるが、見つかったのは、被害者の写真と「蒼の使徒」という謎の言葉のみであった。偶然にも11人の被害者のうち2人を目撃したという運転手兼情報屋のタクシーを呼び、敦たちは目的地へと向かう。太宰と国木田のコンビが相変わらず不毛なやりとりを繰り広げる中、着いたのは怪しげな廃病院で...。]


文豪ストレイドッグス」の第6話は...という事で国木田独歩...彼の理想と書かれた手帳が、俺の未来の全てだ。国木田独歩当番回...。『理想』と書いたノートに、自分の未来(理想)のすべてを書いてる国木田独歩。何事にもキッチリした国木田とテキトーすぎる太宰は相性が悪いようですが...なんでこの二人がコンビなのか敦には謎ですね。「今回は、横浜連続失踪事件を追う」「たしか、横浜を訪れた旅行客が次々と行方不明になるっていう事件ですよね」と敦。連続失踪事件の捜査に出る国木田たち。まずは情報屋の田口六蔵を紹介する。「違う。結婚は6年後と、この手帳に書いてある」「国木田さん…結婚を決めてる女性がいるんですか…?」「それが出来るのは4年後だ」...ってそれはダメなやつです...(^^)そして国木田独歩は過去の事件の事から、彼は六蔵の面倒を見ている。「それで、タレコミの主が誰か分かったか?」「蒼の使徒」と...。そして「これから依頼のあった廃病院へ向かう」で、同じく情報屋のタクシー運転手「この運転手も情報屋の1人で、元は舞台役者だ」「彼は誰よりもこの横浜地理に詳しいし、今回の失踪事件でも、11人の被害者の内2人を失踪直前に目撃している」それに案内され、廃病院に到着。そこで悲鳴が聞こえて向かうと、水槽でおぼれかける女性が...助けられた女性は、大学教員の佐々木信子。それ以外もさらわれた人が「そうだ。ここには私の他に誘拐された人がいるはずです...溺れかける前に声を聞きました」、その捉えられた人は毒ガスにより全員死んでしまう。で...「横浜連続失踪事件の被害者、民間の探偵が独断で踏み込んだ為死亡…」「これが敵の狙いだったのか…。太宰の言う様に、俺の出番ではなかったのかもな」これは探偵社を陥れる罠だったのか...。


で...佐々木さん「先日はありがとうございました。そればかりか、昨晩はご邸宅にお泊めいただきまして…」「どこに泊まったんですか?」「うち!」太宰の部屋に泊まったの...「私は女性は皆好きだよ?でも佐々城さんは、頼んだら一緒に心中してくれそうで良いなぁ。国木田君こそどうなの?ああいうタイプ」いっしょに心中してくれそうでタイプだって...迷惑な...(^^)国木田の理想の女性もノートに書いてあるのですか...。女性が見ると引くようなタイプって…中身が気になるのですが....そして...眼鏡から、国木田は犯人が誰かをひらめく。それは...「これから犯人逮捕に向かわれるんですね?目的地はどちらです?」「ここだ。誘拐現場はここで、犯人はお前だ。」犯人は情報屋をしてるタクシーの運転手だったとは…。「タクシーに乗った被害者に催眠ガスを嗅がせ誘拐したんだ」...「目的なら想像がつく。出荷だよ。売り飛ばすのさ。裏社会には臓器密売の闇市場がある」「お待ちください。このタクシーで誘拐されたのなら、被害者の足取りを追う市警が気づかないはずないでしょう」臓器売買の片棒を担がされた運転手。そして「このタクシーには誰も注目していなかった。被害者が姿を消し、足取りが確認できなくなるのは次の日以降だからだ」「監禁したら、荷物と衣服を奪う。そして被害者に変装し、宿泊予定のホテルにチェックインしてわざと監視映像に映る」「被害者の伸長と体格がほぼ全員同じなのは、お前が変装可能な客を選んでいたからだ」そして「武装探偵社で僕を保護してください!僕は唆されただけなんです!」その理由は「実は誘拐した者の中に、ポートマフィアの関係者がいたらしいんです」拉致した中に、ポートマフィアの関係者がいた。そして、ポートマフィアの襲撃を受ける...再び...芥川龍之介の襲撃...それを異能力で切り抜ける国木田独歩。探偵社への依頼をしてきた者は『蒼の使徒』と名乗っていた。


それは「ここはかつて、蒼き王が自爆した場所だね」「国や企業の施設をいくつも破壊したテロリスト…。蒼の使徒って聞いた時から、蒼の王に関係ありそうって思ってたけどね」「たしか警察に追い詰められて自殺したんですよね?」「あの時俺は、奴のアジトがここだと突き止め警察に報告した」「蒼き王は警察の動きに勘づき、場撃団を抱えてここに立て籠もった」「錯綜した命令の挙句、下された決断は突入。追い込まれた蒼き王はここで自爆して果てた..5人の刑事を巻き添えにしてな」刑事を巻き込んで自爆した...『蒼の王』と関係が…。「思い出したよ国木田君。その時殉職した刑事さんの1人が、あの六臓少年の父親だよね..」田口六蔵はその時死なせた刑事の子供だったという...。「アジトの報告を警察にあげたのは俺だ。俺が殺したようなものだ」「違うでしょ!悪いのは自爆した犯人じゃないですか!」「それでも国木田君は六臓少年の面倒を見ずにはいられない。死んだ父親の代わりにね」...そして「探偵社への依頼文だ。依頼人は…蒼の使徒…」.を見つける..さらに「なるほどね。蒼の使徒の正体が見えてきた。内容は?」「依頼は爆弾解除。明日の日没までに爆弾を解除せねば数百人が死ぬ」...しかし国木田独歩は「心配するな。爆発などさせん。今度こそ必ず俺たちが止める!」と...。


で...国木田独歩は、文字通り理想通りに生きてる...あの「理想帳」には、今後探偵社のどんな未来が書かれているのでしょうか。文豪ストレイドッグス、探偵要素と異能力、アクションが合わさって、毎話毎話なかなか見応えあります。ギャグも交ぜながら話もテンポよく展開していますね...そして...国木田独歩が主役という話....とてもいい感じですね。そして『蒼の使徒』の正体は何者でしょうか...次回が気になります....(^^)


[アニメ 文豪ストレイドッグス]公式ページ。


2016-05-14 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...まあ、よくある話...詰まるところブーメランですか...。


今週のあれこれ...ゴールデンウィーク明け、気候も良くなってきたのでしょうか...周りでは田植えが盛んになってきています。今日は暑くまるで初夏に...良き気候になってきていました..。しかし、今週はニュース満載ですね。アメリカオバマ大統領広島訪問。舛添東京都知事の不可解な出費...三菱自動車日産自動車の傘下入り...そして...熊本地震から一ヶ月とニュースてんこ盛りでした。


...そんな中...まずは良き話題、アメリカオバマ大統領は今月下旬に開かれる伊勢志摩サミットに出席したあと、27日に現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問することを決め、日本政府に伝達しました...安倍総理大臣はオバマ大統領広島訪問に同行する方向で調整に入りました。アメリカオバマ大統領は、今月26日から2日間の日程で開かれるG7=主要7か国の首脳会合「伊勢志摩サミット」に出席するため日本を訪れる予定で、これに合わせて被爆地・広島を訪問するかどうか検討を進めてきました。ホワイトハウスのアーネスト報道官は9日の記者会見で、「核兵器のない世界」を目指すとするオバマ大統領就任当初から任期中の被爆地訪問に前向きな姿勢を示していたと指摘したうえで、近く訪問するかどうか明らかにする考えを示しました...という...これは良きこと...ただ、やはりアメリカのこと、謝罪はなしという...まあアメリカの正当性は揺るぎなき者...ともあれ、あまりこれに固執する事は国益に反することもあることかな...訪問すること自体に意味あることですから...。


オバマ大統領 広島訪問へ 米現職大統領で初

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160510/k10010515651000.html


そして...まあ権力を握ると人は変わるというか....しかし都市外交って必要なの...(^^)要は自分は総理と同じ立場なんだとという驕りなのかと...東京都舛添要一知事が13日午後、定例会見を開き、自身の政治資金私的流用疑惑について説明を行い、一部私的な飲食代を政治資金収支報告書に記載していたことを明らかにした。舛添氏は、自身の政治団体(現在解散)が2013-14年に収支報告書に計上した、自宅近くの東京世田谷イタリアレストランや、別荘がある神奈川県湯河原町回転寿司店での飲食代の一部が、個人的な飲食費用だったことを認めた。ただちに収支報告書の訂正と返金を行うとして謝罪したが、自身の進退に関しては「全力を挙げて都民のために働く」「東京を世界一の町にする」と続投、さらには再選を経ての2020年東京五輪への意欲を示した...というのですが...しかしね...今まで幾多の政治家が弁明していた事と同じ...秘書のミス、会計上のミス...全てこれですね...それで納得できるのでしょうか...できないでしょうね...。これから針の筵...当然2020年オリンピック時の都知事は...無理でしょうね...。そして、ブーメランの発言...彼が厚生大臣だった舛添知事...当時発生した不正行為にたいし「今からでも刑事告発してやろうかと思って」「横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらうことは当たり前」舛添都知事泥棒でしょ これは 盗っ人なわけですよ」...その彼が都知事として今回行った数々の不正行為に対し、あれこれもっともらしい理由をつけて、都民をはぐらかそうとしていいる現状...です。


◎舛添氏、私的飲食の報告書記載を認める「ミス」、続投へ意欲語る

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000054-dal-ent


そして...今日で熊本地震から一ヶ月...68人が犠牲となった熊本地震は、今日で発生から1か月1収まることのない地震の中で、今も1万人以上の被災者避難生活を送っています。先月の14日の夜に発生したマグニチュード6.5の地震。そして16日未明、再び起きたマグニチュード7.3の地震。国内では例の無い2度にわたる最大震度7の揺れで、熊本城天守閣は無残に壊れ、石垣は崩れ落ちました。家屋への被害は、一部損壊も含めると熊本県内で8万棟以上に上り、現在も244か所の避難所で、1万人以上の人たちが避難生活を送っています。地震による土砂崩れなどで、関連死19人を含めると68人の命が奪われ、未だに1人が行方不明のまま...早期の復旧、そして復興を望みます...。


熊本地震発生から1か月、1万人以上が避難生活

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2773533.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-05-13 今日のあれこれ...金曜日

[] 第6話「告白したら成功確定だと思った?」


[公式あらすじ]・[ネトゲとリアルが違うことを教えるためにいろいろ苦労していた英騎だが、心の中では少しずつ別の気持ちも目覚めつつあった。そんなある日、そろそろ期末テストが近いことに気づいたメンバー。みんなは大丈夫そうだが、亜子の成績は超ヤバイことが判明し、ゲーム内でも期末のための特訓が始まる。そしてその裏で、英騎は期末が終わったらある計画を実行しようと心に決めていた...。]


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第6話は...。という事で...英騎からの告白失敗というか...(^^)アコちゃんとの認識の違いが鮮明になりました...(^^)しかし...ネトゲ部のメンバーでリアルに恋愛経験値のあるキャラがいないってのはある意味問題なのでは...(^^)次回の合宿で何か進展あるといいですね。英騎以外でもネトゲで告白&玉砕の悲劇は多いのですね...ネトゲでは結婚なんてしないなんてと思った英騎だが、最近はアコちゃんに恋愛感情を感じてるってのは...やはり可愛い子には弱い...(^^)で...リアルでは情弱のアコちゃんですが...。一番長く課金してるオフラインゲームがリアルとか...しかし、しかし…そう言われるとすごく辛いですね...。セッテちゃんも無事にサモナー転職。呼び出したペットには「むーたん」と愛犬の名前を付けます。ペットに戦わせるような戦い方は合わないというシュヴァインこと茜ちゃんですが...(^^)ちゃんと情報を調べないセッテは、何度も罠に嵌りまくった。ゲームでは情報はとっても大事ですね。それはそうと、期末テストは大丈夫という話題。茜ちゃんも英騎も忘れていたようです...。そして...テストまで部活も休み。夏休みには何か計画してるぽい部長です。ネトゲ部がないなら登校する意味がないってアコちゃん。しかし出席日数もヤバイから登校しようね...(^^)さらにアコちゃんは成績も超ヤバイことが判明。しかしアコちゃんは彼の奥さんになるから成績は気にしないって...それはそれでダメじゃないですが...(^^)妹に勉強を教えてと言われた英騎は、アコちゃんにも勉強を教えることを思いつく。.という事は.....妹には教えてあげないのかよ...(^^)


で...ネトゲ内で、アコちゃんにテスト勉強を教えることに。日本史も嫌というので、今度は茜ちゃんが数学を教えるわと...。逃げようとしても杏さんの魔法の壁が逃がしませんて...(^^)ゲームの中でも逃げ場なしです...。そして...古典は先生である猫姫さんが教えてくれます。これはこれで...とってもありがたいですね。先生も受験生を教えるので忙しいので、補習とかしたくないという理由があるとか...。そして...なんとかテストは終了し、燃え尽きたアコちゃん...真っ白になっちゃってます。アコちゃんのは先に採点してもらって赤点は免れたと判明。よかったね...(^^)そして...早速ゲームを再開したいアコちゃんです...。テスト勉強で疲れてるのでこの日はお休みなさいって。残った茜ちゃんたちに、英騎は相談する。アコちゃんに告白したいのだと。告白すれば楽勝だと言う茜ちゃんたちですが…ネトゲ部には誰も恋愛経験のある人がいないって...(^^)夏休みにネトゲ部も合宿を行うと部長から発表...まさにテンプレですね...合宿する理由...ネトゲをするのも体力がいるので、体力強化がメインって...そうなのか...英騎は、茜ちゃんたちにアドバイスを貰って、アコちゃんに告白を試みる。だが、部長は当たって砕けろ…、茜ちゃんもいい雰囲気で告白すればOKって...。しかし...「俺と恋人になってくれ!」「嫌です!」ええー...なんで...嫁じゃないの...ということで....告白失敗...(^^)...で....部長と茜...「どーしてこーなった...」って...踊るな...(^^)で...その真相....アコちゃんに告白を断っってその理由を聞くと、...すでに夫婦なのに恋人になるって格下げだから...あ、なるほど...(^^)アコちゃんは既に夫婦だからというか...そうなのね...(^^)


で...英騎の告白は失敗...というか玉砕...しかし理由はすで夫婦...そうですね...アコちゃん的にはもう夫婦ですからね...(^^)もう...これで恋人関係になれないんですかね...。ということで...次回は合宿回...ということは当然にテンプレ的に水着回にも期待したいですね...(^^)


[アニメ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?]公式ページ。


2016-05-12 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第6話「アジア・エクスプレス」


[公式あらすじ]・[協力者...モロゾフから機密情報を手渡したいという緊急連絡を受け、D機関員である瀬戸礼二は満鉄超特急あじあに乗車していた。情報の受け渡しをしようと接触をはかるも、モロゾフはすでに殺されており...。]


ジョーカー・ゲーム」の第6話は...ということで...同じ列車に乗り合わした少年もスバイとして使うD機関...その場にあるものを利用するのもスパイのやり方ですね。それにしても、なかなか優秀な少年たちでした...(^^)。南満州鉄道...特急あじあ号で、瀬戸礼二こと田崎は「アントンモロゾフ。在満領事館に勤務する二等書記官...半年前ハルビンの夜の街で踊り子に入れあげていたのを燃やした...そのモロゾフが三日前新聞の尋ね人欄を使って緊急連絡を送ってきた。大金を要求していることから極めて機密性の高い情報と思われた...彼の持っている新聞にそれが記されているのだ...洗面所でお互いを確認後受け渡しを行うはずだったのだが…」ソ連モロゾフと情報を交換するはずだった。しかし、すでにモロゾフは殺された後だった。殺したのはソ連のスパイか。「スメルシュ…スパイに死を、か。吊るされた男。つまりキリストを裏切った反逆者ユダ。ソ連を裏切った人間を容赦なく暗殺していく秘密諜報機関...革命の為に生きるかあるいは死ぬか。そう信じて疑わない連中。軍人精神とやらに凝り固まったどこかの奴等と同じだ...暗号の書かれた新聞を手に入れた暗殺者はおそらく次の奉天で降りる...到着まであと1時間と少しか…タイミング的にはモロゾフと洗面所で会ってる可能性が高い。しかし自分が裏切り者と自覚していたモロゾフは暗殺されることを恐れていた...見るからに怪しいあの人物がスメルシュの暗殺者だったならモロゾフ無防備に背中を向けたはずがない...何か警戒を解く仕掛けがあったのか…もしくは…」情報の入った新聞記事を探す方法を考える田崎です...。それを...考えながら田崎がカードを出し入れしてるのに興味を持った子供たち。彼はなぞなぞを出して、答えを知りたければと子供たちに、古い新聞を読んでる客を探させる。子供たちはその客を発見してタロットカードを置いて来る...。


で...「暗殺に怯えていたモロゾフの背後に警戒されずに背後に立つ人物。それは車掌ぐらいなもの」モロゾフを暗殺したの車掌だった。車掌を眠らせ、その協力者だったエレーナと接触。「アントンモロゾフは一人ではなかった。あなたを連れて亡命しようとしたんですね」「大丈夫だ、問題ない。この情報は金になる。日本に渡ってそれから亡命しよう」「俺の存在に気付いてた暗殺者はモロゾフを殺して証拠を奪うのに時間を稼ぐ必要があった...あなたは展望一等室と通路の間を塞ぐようにわざと自室の前に立ちその時間を作った」モロゾフはエレーナも一緒に亡命させようとしていたが...「私は脅されて…」「いえ。あなたは自分から彼を売ったんでしょう。あなたは最初からアメリカに渡る気はなかった」裏切られたのか…。「ご安心なさい。あなたをスメルシュに渡すつもりはありません。ただ日本のために働いてもらうことになるでしょうが...」二重スパイに...。で...子供達への答え...「満州は謀略の国だ。電信による通信は全て傍受・盗聴されてることを前提としなければならない...終点の大連で待つD機関の人間に二人の身柄を確保させるには「あじあ」より速い特別な通信手段が必要だった...追い風の場合伝書鳩の平均速度は100kmを超える。この季節の風を考えれば伝書鳩の方が早く到着する計算だ...モロゾフの情報は今後のソ連の動きを知る上で非常に有益な物だった。しかし問題はD機関が情報を得た後だ...」アジア号より速く手紙を届けられるのは伝書鳩だった...。伝書鳩で結城と連絡をとり、拘束したエレーナたちの身柄を渡す。しかし...「最近苦労して得た情報がうまく機能していない感じがある。情報は集めるより使う方が難しい...頭の固い陸軍のお偉いさん相手に結城中佐がいくら奮闘した所でやれることなどたかがしれている...」集めた情報が上手く使われていない。「スパイは平時においてこそ活躍する存在だ。一旦戦争が始まってしまえば存在意義そのものが失われる...まぁ仕方ない。やれるだけのことをやるまでだ...」と...。


そして...「満州で身柄を拘束したソ連のスパイですが情報はD機関の手に渡ったようです。生きたまま泳がせるとか…」「「死ぬな殺すな」。また奴等か」...「腐った林檎のような奴等です!我が大日本帝国陸軍に必ずや悪影響を及ぼします」...「しかし帝国陸軍の精神を備えた諜報機関があればそれに越したことはない...」「では承認が降りたのですか!?』「ああ。そろそろD機関の奴等には退場してもらおう」...陸軍は独自に諜報機関を作ろうと、画策しているようです。


で...何でも独自でやりたい陸軍にとってD機関も邪魔になってきたようです。そして排除と...。戦争になれば消される存在となってしまうのでしょうか…。まあ...機関員は技能で生き延びそうですけど...それにしても使えるものは何でも使う彼らです...(^^)


[アニメ ジョーカー・ゲーム]公式ページ。


2016-05-11 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第6話「決断オーバーロード


[公式あらすじ]・[ヴァール化して操られた兵たちを前に、ケイオスも新統合軍もじりじりと押されていく。実戦でコクピットではなく敵機の翼ばかりをねらうハヤテは、「そんな甘い考えでは命を落とすぞ」とメッサーから厳しい言葉を投げられてしまう…。]


マクロスΔ 」の第6話は...ということで、戦争とは他人を殺すこと..その。現実、それは戦士として決断を迫られるハヤテ。そしてフレイヤにもステージに立つ意味が問われる。戦いとの隣合わせ…。そしてウィンダミア側もまた生きるために戦う理由がある。やはりシビアな展開になっていきそうですね。「ミラージュ少尉。右後方の警戒が甘い。アラド隊長のフォローがなければ落とされていた」...そしてハヤテ...「ちょっと待てよ!呼び止めておいて俺には何もなしかよ!」訓練後、メッサーからダメ出しされまくるミラージュ。そしてハヤテに対しては論外な扱い…。というか、厳しすぎ...。ただ一理ある...敵機を本気で落とさなければ、自分が命を落とすと。で、現状はこの連敗で三つの星を落とされたが、新統合政府の中央は動かない。中央にとって辺境この戦争は、単なるの小競り合いだと思われてるのでしょうか...。そしてフレイア...も...美雲さんは風の歌の鼻歌を歌う、美しい歌声...そして彼女はフレイアにダメ出し...「その歌…風の歌い手の…」「ついね。だって気になるじゃない。歌声からほとばしる命の輝き...不思議ね。あなたからは何も感じないのにね...」と...。で...ラグナ星は軍需景気、特需になります。まあ戦争は壮大な景気浮揚になりますからね…日本が戦後復興したのは朝鮮戦争が大きいですから...壮大な消費が起きるるのですね。美雲さんの言葉に凹むフレイヤ「そうなんよ…あの目で何も感じないと言われると…」...(^^)。で、ミラージュは、居残って訓練。ほんと堅物というか真面目です。....で、ハヤテはメッサーのことを...フレイアは美雲のことを...。軽愚痴叩きつつハヤテはメッサーのことはリスペクトしていて、次の訓練では見返すと前向き。フレイヤも...ちゃんと美雲さんのことを信頼している...ともに同じ、「確かにな…あいつが飛んでるのを見るとゾクっときやがる」「そうなんよ。隣で踊っとっても見とれちゃうんよね」「明日の訓練で」「見返してやんだからね!」...ほんと「お前らさぁ…」「なかよしこよし」仲良しなのですね....(^^)そしてメッサー...アラド隊長の誘いを断って帰る...真面目すぎて、どこかで壊れそうな感じもします。そして...ウインダミア...ハインツが倒れるのを気遣うロイド。だが、キースは制風圏の確保に不可欠だと厳しい。ウィンダミア側も負けられない戦いなのでしょうか...。イオデニス軌道上の戦いに向かうケイオス。初の宇宙戦のハヤテは大丈夫かな...。


そして発進シークエンスはどのアニメを見ても格好がいいですね「プロジェクションユニット接続!...MMPブースターパック装着!」「新統合軍の兵士も既に70%以上が操られ空中騎士団も現れた!アルファベータ小隊はポイントチャーリーの防衛を。デルタ小隊はポイントエコーへ。これまでの借りを返してこい...」と。「デルタ1より5へ。お前にとっては初めての宇宙戦闘だ...大気圏との軌道の違いや推進剤の残量に注意しろ!」「了解!行くぜミラージュ。死神野郎に目に物見せてやろうぜ!」「言われなくても!」...そして発進...今度はワルキューレ...「歌は愛!」「歌は希望!」「歌は命!」「歌は元気!」「聴かせてあげる!女神の歌を!」「聴かせてあげる!女神の歌を!」、こちらは素敵です...。そして高速戦闘...これがマクロスです...(^^)ワルキューレの映像と歌が超展開、ヴァール症候群を浄化しようとするが...そこに空中騎士団が戦場に乱入。メッサーは白騎士と高起動戦闘を繰り広げる。敵味方入り乱れて乱戦となるが、ハヤテはインメルマンダンスを見せて善戦します。しかし、だが、空中騎士団の攻撃がワルキューレにも迫る。「見つけたぞ、裏切者!」...その言葉がフレイアに突き刺さる...裏切り者と呼ばれ、動揺するフレイヤ。そこにハヤテが助けに駆け付けて助けるのですが...今度は...ミラージュが2機に挟撃され大ピンチ...危機に陥る。その彼女を助けるため、ハヤテは敵パイロットを倒す攻撃をしてしまう…。そしてパイロットは爆発に巻き込まれ...命を落とす。仲間を救うためだが、敵を殺したことにショックを受け、落ち込むハヤテ...。心配するフレイアですが...彼女も美雲から、「早く行きなさい。くだらない言葉に足元をぐらつかせてる人間は必要ない」「フレフレは自分の故郷の星と戦争しなきゃいけないんだよ」と...庇うが「でもね。そんなことじゃこの銀河全てに歌声を届けるなんてできやしない」...「私達はワルキューレ。あなたはなぜステージに立つの?何のために?どんな想いで歌ってるの」問われる歌う意味と覚悟...「もう一度よーく考えなさい...」厳しい言葉...。


そしてハヤテのところにミラージュが...「私が初めて人を殺したのは新統合軍に入って1年目でした。あるアイランド船を占拠しようとした反統合勢力と戦闘中」「覚悟はしていたつもりでした。でも一生乗り越えることなんてできない。覚えるんです。平気なフリをする方法を…」「一人殺すたびに重荷が一つ増えていく。きっとそれを背負い続けることが私達の…戦士の責任なんです...」「そして重荷を一つ背負うたびに誰かの幸せを一つ守ることができるのが…それは意味のあることだと思うんです...」彼女もまた...天才な祖父母を持つ苦しみを持っていたのでから...でもそれを聞いて「…ありがとな。ミラージュ教官」「俺だっていつかこういう時が来るってわかってたさ。俺だけ…負けてらんねーよな」それを聞いて...「…私だって」とミラージュ...なんか距離が近づいていますね...そんな二人の話を聞いているフレイア...。そして...インツに、ウィンダミアの巨大な傷跡を見せるキース。「目を背けてはいけません。見るのです。我らが受けた傷跡を。屈辱の印を!」これが新統合政府にされたウィンダミアの屈辱…なのか...そしてケイオスに、占領された惑星ボルドールへの潜入命令が出される。そこでウィンダミアが何をしているか探れと...。


ということで...厳しい言葉と態度のメッサー...でもそれは彼なりの優しさなのかも...そして天才というか...。ミラージュの時もハヤテの時も、死なないようにアドバイス。そして、今回はフレイアに今まで押されていたミラージュ回。ミラージュフレイアと同じでハヤテの同類みたいな感じか...ともに新人として励まし合うみたいな関係でしょうかね。そして...ミラージュ...マックスとミリアの孫ってだけでそう言われてしまう...なまじ伝説のパイロットを身内に持つと大変です。そしてハヤテも前回の出来事からミラージュの見方が変わったようで。とってもいい感じになりそう。そうすると...フレイアは...(^^)いよいよ三角関係が拍車かかってきましたね...(^^)


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-05-10 今日のあれこれ...の月曜日

[]第6話「じゅんび!!」


[公式あらすじ]・[文化祭が近づいてきた。「我々バイク部は、レースを行うこととする!」と宣言する恩紗。みんなでレースを盛り上げる方法を考えているさなか、校長のたづ子は来夢先輩を呼び出して新車を自慢していた。それをきっかけに、かつて来夢先輩とオートレースに出かけた日の思い出を語り出すたづ子……。数日後、聖はレースに向けて「バイクの改造」を提案する。レースに向けてそれぞれが考える「改造」とは!...。]


ばくおん!!」の第6話は...相変わらず協賛メーカーをdisアニメ...(^^)で...来夢先輩の年齢がますます謎です....校長がJKの時に賭博も出来たって...しかも...懐かしい船橋オートって...私が東京にいた時にあったと思ったが...(^^)「もうすぐ文化祭だが我々バイク部はレースを行うこととする!」「敵ですわね。まさにワルの祭典!」「レースをやればみんなにオートバイのこと知ってもらえるかもしれないね」文化祭にバイク部でレースしようと提案する恩紗。凛も誘われると乗り気ですね...で...来夢先輩は、たづ子校長に呼び出されていた。それは...新車を買ったの自慢「買っちゃったんですよ新車!220万現金一括!またがってみてくださいよ。新車香りがするでしょ」お金にもの言わせてバイクをやってる人なのか...さすがに協賛外は名前は出せないか...(^^)「私はリターンライダーたづ子。どんな些細な事があってもディーラーに通ってお金を落とす正規のライダー」「金を使って全てを他人任せの喜び。先輩には味わえないでしょうね。でも年を取るというのはそういうものなのよ」「先輩覚えてる?昔千葉オートレースを見に行った日の事を」...船橋オート...懐かしい...(^^)「これは!カワサキGPZ250R!これってさ…」「超カッコ悪いよね!」早速disる...(^^)「未来から来たバイクとか謳ってたけど呼ばれてたけどあの形から鳩サブレなんて呼ばれて」「車体色5色、替えのシート7色合計35色のバリエーション!その日の気分でシートの色を変えようなんて言って...」「私なんてカタログ見た瞬間吐いたよ!」って...酷い...(^^)ハトサブレと呼ばれたバイクって...色バリエーションとかそんな昔からあったのね…それにしても..協賛メーカーをdisるとは...(^^)...「車券って20歳以上じゃないと買えないんじゃ…」「なぜかあの人は買えるのよ...オートレースで賭けが出来る来夢先輩って一体何歳なんだよ...(^^)しかし1点買いで勝ち続け大金をゲット。「あ…あのお金をGPZ250Rを35色集めるために…?」そのお金で欲しかったのがハトサブレ全バリエーションだった...「今日は気分がブルーだからブルーを選ぶわ…」「私もブルーだからブルーを…」...って...(^^)来夢先輩が帰って来て文化祭の出しものレースに決める。「多数派は私。ということでこの一件私が仕切らせてもらいますわ!」...聖ちゃんの金ってなんだ...(^^)「金でどうレースを盛り上げるんだ?」「それは私にお任せを」...何をする気だ...(^^)


で...「文化祭まであと1ヶ月余。会場やその他もろもろの手配は早川が進めておりますがみなさんにもやってもらいたいことがありますわ」「バイクの改造ですわ!」レースをするならバイクを改造してみないかと言う話になる。ドリルとかつけるって発想が何とも...。羽音のバイクはハッピーメーターで実際より速いスピードに表示されてるのね。「いいか羽音。バイクの改造には二種類ある。一つはチューニング。もう一つはカスタムだ」バイクの改造には、チューンとカスタムがある...「わかった!チューニングは速くするやつでカスタムはかっこよくするやつだ!」「惜しいな。チューニングは乗りやすくすること。逆にカスタムは乗りにくくすることだ」そうなのか...。「バイク乗りってのは不思議な生き物でさ。仲間意識がある一方お前とは違うってアイデンティティを持ちたいわけだ。この乗りにくいバイクを操れるのは俺だけだ、ってね」...「じゃあオートバイアニメのステッカー貼るのはチューニング?カスタム?」「それも他の人が乗りにくいバイクだからカスタムかな…?」...れは痛車です...(^^)凛ちゃんもパーツを付けてバイクを改造...ホットプラズマ...「羽音。バイクの改造にはもう一種類あった。オカルトだ」...「効果があるか怪しいパーツを売り文句に乗せられて取り付け効果が出たと喜ぶことだ」...(^^)...凛が.反論..「あんた今時スペック至上主義?数値に出ないフィーリングとかあるでしょうが!」「外見はノーマルにこだわりたいじゃない?これなら見かけは変わらずパワーアップ!付けた時からフィーリングが違うのよ」...「そんな都合のいいもんはない!」...で...「わかるのさ。私もかつて通った道だから。とは言うもののあえて例外があるとすれば」「オイル添加剤〜!」...(^^)「こいつだけは本物さ。オイル交換の時入れたらギアチェンジのフィーリングが全然違うの!」「そんな都合のいいものはない!」...(^^)


で...改造が分からなくて悩む羽音。妹の由女にバイクを愛してるから改造もするのではと言われる。妹が一番大人...(^^)そこで何か羽音も思いつく...羽音が思いついた改造は、紙で作ったハッピーメーター...(^^)速攻で却下されます。聖はレースに向けてゲームでシミュレーション...遅くなる装置とか現実にはないから。しかし本気で開発しそうで怖いです。文化祭のレースは賭けることが出来る…だと...それは違法.なのでは..それも高校生が...(^^)しかも校長が、来夢先輩を1点買い出来るようにする条件でOKを出した。って、倫理は...(^^)悪い顔の校長...金の匂いがしますね...(^^)恩紗ちゃんはレース用に速いバイクがないか父に相談。「それなら勝てるマシンがあるよ」「マジで!?それってYZF-R1!?」...R1とかいうバケモノ...そして出してきたのは「あれは…特徴的なセンターアップマフラー!....キャブレーターをエンジンの前に置いた唯一無二の前方吸気・後方排気のレイアウト!...これはヤマハバイクにおける失敗作の筆頭!二代目TZR250 3MA、通称サンマ!」サンマと呼ばれる3MA。...しかしdisっていいの...(^^)父が乗っていた古いバイクで、恩紗はダメだと思い込む...2stは遅いと思ったが、7千回転を超えると速くなる...その速さにすっかり魅了される恩紗。恩紗のバイクをカッコ良くするという双子の弟たち。ドリルをシートに付けられた...その位置はヤバイ...(^^)...で...羽音は、来夢先輩に手伝ってもらってバックミラーとかと大量につける...なんてバイクでしょう...(^^)


ということで...バイク改造とか何だかバイクアニメぽい...それぞれ改造したりしたバイクで、次回どんなレースが展開されるのでしょうか...(^^)そして校長の悪い考えは成功するのかな...優勝するのはどのバイクか...国内4メーカーのうちどれが勝つのでしょうか...(^^)


[アニメ ばくおん!!]公式ページ。


2016-05-09 今日のあれこれ...の月曜日

[] 第5話「イミテーション・ガール」


[公式あらすじ]・[ボディーガード任務の空き時間。ツヴァイ諸島の市街地でふたりの時間楽しむハヤトとエミリア。そんな楽しい時間もつかの間のこと。ホテルからサクラが姿を消してしまったという連絡がクレアから入る。そうこうしている間に目の前にサクラが現れ、ハヤトはエミリアに事情を説明する間もなく、連行されることになった。向かった先はサクラの思い出の場所、ツヴァイ大峡谷。そこでハヤトは、サクラの過去を知ることに...。]


ハンドレッド」の第5話は...エミールとデートからの...サクラちゃんとにデートへ移行...しかしせっかく水着になったのにリベンジさせてもらえなかった会長が不憫です。しかしクレア会長はデレすぎです...。サクラちゃんには、島で行きたい場所があった。そこは母との思い出の場所。だから、サベージから守ってくれたハヤトに感謝してるのですね。「お話があると伺って来ましたが…なぜ、そんな格好で…」で...水着回...「あなた、もしかして…私の水着姿に胸を躍らせておりますの?」「話をする前に、私の水着姿をしっかり見せて…」...会長、安心してください、水着取れています...(^^)「キャァァァァァ!」って...痴女ですか...。そして...自爆サービスするクレア会長。ハヤトを制裁しようと走ったリディさんも滑って、ハヤトに騎乗位してしまうラッキースケベ。まるで絵に描いたようなテンプレですね。前回の襲撃の際に、サクラのライブ用のヴァリアブルストーンが盗まれた。今回も盗まれることがないように注意を受ける。で、クレアちゃんの私用で、ハヤトにリベンジを要求。水着も用意したので泳ぎで勝負しろと!用意したのってブーメランってのは...(^^)しかし...ハヤトは約束もあるので、リベンジを断って帰ったハヤト...「つれませんのね…如月ハヤト…」と不満げなクレア。もうデレデレじゃないですか、チョロいですね。で...ハヤトとのデートに、可愛い服で来たエミール。やっぱり女の子としてデートしたいです「何か付けてみたいかなって。ハヤトとの想い出にもなるしね...」「買うか!俺が出すよ」ペンダントを買ってもらって幸せそうです。「これで僕は、ハヤトのものってことだね」「だって、男の人がペンダントをプレゼントするのって…自分のモノって証なんでしょ」ってどういう理屈...。そして...そこでフリッツとレイティアの姿を見つけ、試着室に隠れるハヤトたち...この店を教えてくれたのがフリッツだったか…ハヤトと密着して、エミールとしては大歓迎のようです...(^^)で...クレアからサクラが勝手にいなくなったと連絡が入る。ハヤトにも探すを手伝ってもらうとい言う会長。「私が仕事をしている間、アナタがエミールクロスフォードと2人きりでショッピングを楽しんでいるからといって、怒る理由が理由がどこにあるというんですか」会長は、ハヤトがエミールとデートしてるのも監視していてお怒りです...(^^)でも「今度私のショッピングにも付き合いなさい!!…え、本当ですの」「それでは、何か情報があればこちらに連絡を」って...もうデレデレじゃないですか...(^^)


で...探すまでもなく、サクラちゃんの方からハヤトに会いに来る。サクラに連れだされ、エミールとのデートは途中で終了です...エミールは不憫です。ということで...今度はサクラとデートするハヤトに、会長はイライラMAX...(^^)すっかりハヤトに振り回されますね...。サクラが一緒に行きたがったのは、母との思い出のある公園。母との思い出の歌を口ずさむと、ハヤトがよく妹も歌っていたと話すが...それを聞いて...。実はサクラサベージに襲われた際に、ハヤトたちと会っていた。その時に、ハヤトに歌を褒められたのが、歌手を目指したきっかけだった…ハヤトとの運命を感じるサクラ...なんて偶然でしょう...(^^)サクラは声を失った後、治療と称して実験台にされた。ワクチンを投与され多くの子供たちが犠牲になった...。声を取り戻したサクラは苦しむ子供たちのために歌った…だが救うことは出来なかった。サクラだけが生き残り...そして助けられた...。そして...「すごい!!ハヤト君は私の運命を変えた人であり、思い出を守ってくれた英雄であり…」「更に同じ定めを持つヴァリアント同士なんだよ!?なにこれ、奇跡だよ」ハヤトも同じヴァリアントと聞き、ますますテンションのあがるサクラ。歌のイメージが沸いて来たと...(^^)やっと来たバスで街に戻ろうとした時、突然のサベージの襲撃が...迫るサベージに、ハヤトたちも大ピンチ...よくよくサベージに襲われる主人公です...まあしょうがないか...(^^)


ということで...まさかサクラまで、ハヤトは関係...フラグを立てていたとは...それにしても...子供の頃会っていたとは世界に10人もいないヴァリアントなのに、...ハヤトはそういう知り合い多すぎです...こうなると、ハヤトの妹もヴァリアントの可能性が高いというか...それにしても会長...チョロすぎです...(^^)


[アニメ ハンドレッド]公式ページ。


2016-05-08 今日のあれこれ...の日曜日

[] 第5話「Murder on D Street」


[公式あらすじ]・[ポートマフィアの武闘派「黒蜥蜴」の襲撃を受けながらも、あっさり撃退してしまった武装探偵社。国木田が「最悪の事態」と恐れた通り、社員たちは散らかった事務所の後片付けに追われていた。そんな中、乱歩の仕事現場に付き添うことを命じられた敦。だが、電車の乗り方すら知らない世間知らずな「名探偵」を、少々いぶかしく思う。事件現場で待ち受けていた箕浦刑事と、その部下とされる女性の遺体を前に乱歩は「一分以内に解決できる」と豪語するが...。]


文豪ストレイドッグス」の第5話は...江戸川乱歩...彼は異能力者じゃなかったと...単普通に推理するだけでもすごい能力です。で、この能力...武装探偵社の中でも独自な存在です。ポートマフィアの武闘派「黒蜥蜴」の襲撃を受けながらも、あっさり撃退してしまった武装探偵社。国木田が「最悪の事態」と恐れた通り、社員たちは散らかった事務所の後片付けに追われていた。それですか、最悪の事態って...(^^)そんな中、乱歩の仕事現場に付き添うことを命じられた敦...「まったく、この街の警察は僕なしじゃ、犯人一人捕らえられないんだからなぁ…」「僕の超推理は、この探偵社…この国でも最高の異能力だ。皆が頼っちゃうのも仕方ないよね」...と...むかつく物言いするキャラやらせたら神谷の右に出る者はいないです。で...電車の乗り方すら知らない世間知らずな「名探偵・江戸川乱歩」を、少々いぶかしく思う。そして、事件現場で待ち受けていた箕浦刑事と、その部下とされる被害者は、箕浦刑事の部下だった山際刑事。「殺害現場も時刻も不明、弾丸すら発見できない…」と何もわからない状況...しかし。ここから江戸川乱歩の推理...探偵などいらないという箕浦刑事に、乱歩は「超推理は、一目見れば犯人が誰で、いつどうやって殺したか瞬時に分かるんだよ」「僕は異能力者だからね」と...、「そこまで言うなら見せてもらおうか。その能力を」という刑事に...乱歩は自信満々に....そして「よく観ていたまえ敦くん。あの眼鏡をかけると乱歩さんは、超推理のスイッチが入る」...「事件の真相が分かる能力…本当にそんな力が存在するのか!?」と敦。そして乱歩は...「異能力!超推理!!」と...そして...「犯人は、君だ...」指をさしたその先は...。


「犯人は君だ。杉本巡査」、えっ杉本巡査だった...乱歩は彼に銃を見せるように言われた杉本、拒否するがそれは「いくらこの町でも、素人が銃弾を補充するのは容易じゃない。彼は懸命に考えている最中だよ。使ってしまった銃弾についてどう言い訳するかをね…」...それは図星...、彼は抵抗するが敦に取り押さえられる。「犯行時刻は昨日の早朝。場所はここから140m上流の造船所跡地...そこに行けばあるはずだ。君と被害者の足跡…それに消しきれなかった血痕も...」そこまで分かっちゃうのか。超推理。「続きは職場で聞こう…。お前にとっては最後の職場』になるかもしれんが…」、そして取調室...自白する巡査「撃つつもりはなかったんです…。彼女はある政治家汚職事件を追っていました」「そこで予想外にも、大物議員の犯罪を示す証拠を入手したんです」「しかし議員も老獪で、警察内のスパイを使ってその証拠を消そうとしました」そのスパイは...「そのスパイが君という訳だね」と...彼は「昔から警察官に憧れていました。試験に3度落ちて、落ち込んでいる時に男に声を掛けられたんです」「そして議員の力で警察官になった僕は、見返りに指示に従っていました…」その指示で「それでお前は議員の犬として山際を殺したのか」と...しかしそうではなかった...。「違います!自分は彼女に警告を…!このままでは消されるから、証拠を手放せと…しかし彼女は…」...証拠を渡してくれなければ自殺すると言った杉本を止めようとして、謝って撃った弾で彼女は死んだ...。そして、山際の死をポートマフィアの仕業のように偽装した...。そして...江戸川乱歩は...彼女の最後の言葉...「ごめんなさい…だね?」そして証拠品は「本当に…全てお見通しなんですね…証拠品は僕の机の引き出しあります…」と...事件は無事解決...。


そして...「世話んなったな。それに実力を疑って悪かった」と刑事...あっ、ちゃんと謝る刑事の鑑です。...そして...明推理を見せた乱歩だったが、実は異能力者ではない…だと...(^^)太宰が異能力で異能無効化していたが、乱歩は普通に推理できていたと。ただ太宰もわかっていた「それなら私にも分かったよ。杉本巡査、言ってたよね」「偽装の為だけに遺骸に2発も撃つなんて…」犯人以外知らないこと...。「遺体の損壊は少なかったから、川を流れたのは長くて1日。そして平日に化粧なしとくれば、犯行は早朝」「犯行現場とか、銃で脅したとかはどうやって」...それは太宰も「そこまではお手上げだよ。乱歩さんの目は、もっと多くの手がかりを捉えているだろうし」...。で、「ですよね…。彼女の最後の言葉まで当てちゃうくらいだから…」「あれはね…彼女に交際相手はいないって話だったよね。でも彼女の時計は独り身の女性が自分用に買う品じゃない」「それと杉本巡査の腕時計も、同じモデルの紳士用だった」「2人は恋人同士だったのだよ…」と...杉本と山際はペアの腕時計をしてて恋人と分かったって....すごい...(^^)「だから彼は、彼女の顔を蹴って砕く事ができなかったんだ。そうしないとマフィアの仕業に見せかけられないと分かっていても…」と解決しても辛い事件です...。それを見て敦は...「なんとなく分かりました。探偵社の皆が、乱歩さんを信頼してる理由が」と...。


ということで...異能の力を使わず推理だけで事件を解決...しかし最後のオチがなかなかに衝撃でした。異能無しの実力だけで、異能力集団に溶け込んでるようなキャラ、なかなか良いですね。特に江戸川乱歩の場合、戦闘要員ではないけど、能力無しで探偵社に大きく貢献してるの素晴らしい…しかし最も早く真相が暴かれたのでは...(^^)とにかく...異能者だけの探偵社で唯一の一般人って乱歩のキャラが立っていている、なかなか良いキャラです。これからも活躍を期待したいですね。


[アニメ 文豪ストレイドッグス]公式ページ。


2016-05-07 今週のあれこれ...の土曜日

[]今日のあれこれ...謎の国。そして、身近な国


今日のあれこれ...今週は黄金週間、ただ私は仕事ということで、そんなの関係ないという感じです...(^^)で、世間様は休みということで、それほど大きなニュースは無かったようですが...。そんな中、やはり謎の国です...。北朝鮮で36年ぶりとなる朝鮮労働党大会が6日開会し、キム・ジョンウン金正恩第1書記は、核実験と事実上の長距離弾道ミサイルの発射について「前例のない成果だ」と強調しました。ただ、対外関係など今後に臨む姿勢については詳しく伝えられておらず、どのような考えを示したのか注目されます。北朝鮮で36年ぶりとなる朝鮮労働党大会が6日、首都ピョンヤンで始まり、党や軍の幹部など3667人の代表が出席しました。キム・ジョンウン第1書記は拍手に迎えられて登場したあと「開会の辞」を読み上げ、「社会主義建設を切り開くための路線と課題を提示し、新たな道をもたらす歴史的な契機になるだろう」と述べて、党大会開催の意義を強調しました。そのうえで、「ことし水素爆弾の実験と人工衛星の打ち上げを行い、前例のない成果を残した」と述べて、核実験と事実上の長距離弾道ミサイルの発射をみずからの成果として誇示しました...と。しかし、党大会というのは、日本で言えば国会かな...。つまり国会が36年も開いてないってのは、ある意味異常というか...。しかし、ある意味指導者というかトップにいる人にとっては楽園なのかな...(^^)全てが意のまま、ハーレムもありというか、かつての喜び組とか...(^^)しかし、やはり異常な国だからこそ、注目を浴びる.ということなのでしょうか...。


北朝鮮 党大会 キム第1書記「前例ない成果」強調

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160506/k10010511391000.html


そんな謎の国とは違って身近な国...とはいえやはり今後が気になります...。アメリカ大統領選挙に向けた共和党候補者選びで、トランプ氏の最大のライバルだったクルーズ上院議員が撤退を表明しました。これを受けて共和党の全国委員会の委員長は、トランプ氏が共和党大統領候補指名される見通しになったとして、11月の本選挙に向けて党の結束を訴えました。アメリカ大統領選挙に向けた共和党候補者選びは、3日、中西部インディアナ州予備選挙が行われ、不動産王のトランプ氏が勝利しました。これを受けて、トランプ氏の最大のライバルだったクルーズ上院議員演説で「勝利の可能性があるかぎり戦い続けると言ってきたが、残念ながらその道は閉ざされてしまった」と述べ、選挙戦からの撤退を表明しました。ということで...本当こいつが大統領になったらどうなるのでしょうか..なんか日本にとって厄介になるのか...それとも...なんせ日本に核を持ってもいいと言って言ってる御仁ですから...まあ、なればなったでなんか上手くやれそう...なのかな...。


◎米大統領選 共和党候補 トランプ氏が指名獲得の見通し

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160504/k10010508631000.html


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-05-06 今日のあれこれ...金曜日

[] 第5話「転生すればワンチャンあると思った?」


[公式あらすじ]・[LAでやたらルシアンにちょっかいを出す初心者・セッテとそれがおもしろくないアコ。そんなアコを気遣って、セッテが来ない別のゲームをするネトゲ部の面々。その翌日、ひょんなことからセッテの正体が判明。さらに、からかい半分で英騎にちょっかいをかけたことから、ショックを受けた亜子は登校もせず、ゲーム内でもチャットをオフに。事態を打開するため英騎が取った行動は...。]


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第5話は...。ということで...新しい嫁の出現で...(^^)学校も辞めると引き籠った亜子。英騎はネトゲ流な説得を試みる、それにしても亜子ちゃんは部屋では裸族なんですかね...(^^)しかもボトラーだと思った...しかし、この言葉わからず調べると...愕然...ネトゲの奥は深い...(^^)そして娘の部屋の鍵を預けて行く亜子の母もスゴイ親だな...で、ネトゲ初心者のセッテが、英騎にべったり...アコちゃんは当然面白くないですね。嫉妬をあらわにしない分、陰に籠ってそう...(^^)「はい、皆が良ければですけど…。なんかスカッとするのがいいです」アコはLA以外のゲームをしようと言い出す。だがやったことのなく自信がない...ゲームは「First Person shooter略称FPS」ゲームというアコに、部長は敵は全員リア充だと思え...それでやる気になるって…。いきなり味方も巻き込む部長のバズーカ。アコちゃんは意外にスナイパーとしての才能を発揮。ゲームにはまりすぎて、リアルでもリア充を打ちたそうなアコです。しかしこの子...何のゲームでもはまる子だな...で...例のセッテはクラスメイトの奈々子だった...やはりそういう設定ですか...「玉置さんが西村くんと夫婦とか言ってたの、ゲームの中の話だったんだね」アコが結婚してるのはゲームの中だけだよねとからかう。「西村くん、本当は玉置さんとこういう関係じゃないんでしょ?」奈々子は英騎にまったくその気は無かったのですが…その言葉で...「ル…ルシアンのバカー!!」ショックで亜子は学校を休んでしまう。しかし厄介な子ですね...電話しても出ないので、ネトゲ内でアコちゃんに会いに行く英騎。「聞いてくれ!秋山さんは、俺のことなんか、全然全くこれっぽっちも」「いんです、もう…。なにもかも諦めました。ルシアンと夫婦じゃない人生なんて、捨てます」「私、転生します!レベルをマックスまで上げて、来世にワンチャンかけるんです」だが、アコちゃんは、転生して来世にワンチャンかけると言い出す。「決まってるじゃないですか!LAの中で転生して、新しいキャラクターになって…明るくて人気者の私に生まれ変わるんです」そのために学校も辞めます…って...LAさえあれば生きていけます...って...(^^)。


で、「私に襲いかかってきた時とは違って、今回は引き篭もっちゃっただけでしょ...あの子なりに改善してると思うのよ」...亜子は引き籠っただけだから、英騎なりの方法で引き戻すことになる。帰り道...茜が「アコの事だけどさ…あの子、自分がドン臭いのをよく分かってるのよ。だから、LAの中で最初は付き合ってくれた人も、段々いなくなっちゃうんだって...でもね、アンタは違った。ゲームの中の自分に、「次は頑張れよ」って…必ず次をくれたんだって」どんくさいアコが、ゲーム内で次があるといつも応援してくれた英騎が嬉しかった。....現実も応援してくれてるように思えた...茜も「私もね…そうなんだ。私も、アンタとならずっと付き合っていける気がする...」英騎とならずっとつきあっていけそうだと思った。もちろんゲームのことだと言う茜...なんかデレてるぞ...(^^)そして「アンタとは腐れ縁だってこと!!その腐れ縁には、あのひきこもり女も、課金バカも入ってるんだから!アコ、ちゃんと呼び戻してきてよ」。...で亜子の家に家に行くと亜子の母が向かえる。英騎のことも「あぁ!あなたが旦那さんの西村くん」ゲームのだんなと話してるんかい...亜子の母「その未来の旦那様が、ウチの厄介娘にどんな用事?」は、そして英騎の人柄を見て、娘の将来も任せると一任。鍵まで渡してくれます...信頼しすぎ...(^^)...で...亜子の部屋に遊びに来たと、問答無用でドアを開ける英騎...するとアコちゃんは下着姿だった...「自分の部屋だと、気が大きくなるタイプなんです!!ちょっと待ってください、準備するんで!!...」部屋では気が大きくなって、服を着ないのか...(^^)「お願いします…」次に入ると裸になってる亜子....「心の準備をしたんじゃないですか!!」したって、そうじゃない...(^^)部屋には籠れるように冷蔵庫もある。トイレはペットボトルで…って...これがボトラーというものか...そして英騎が飲んでいるお茶は...(^^)ただ...「もちろん、ボトラーっていうのは冗談で。ちゃんとお手洗いには行きますけど」「心臓に悪い冗談はやめてくれ」...本当に心臓に悪い冗談...(^^)...そして一緒に学校に行こうと、英騎が言ってきたのか…思いつめような亜子...英騎もつないでネトゲ部とチャット。なんと英騎まで「猫姫さん、話があるんですけどいいですか?…俺、学校辞めます。アコが学校やめるなら、俺もやめます。正直、オタクオタクって言われるの辛かったし..」学校をやめてゲームに生きるといいだす。亜子はそれはダメだと止める。先生は英騎の事を信じて「だから、後は西村くんが玉置さんをここに連れ戻してくれるのを待ちましょう」


英騎は亜子に「なぁアコ、お前さぁ、マジで学校行きたくないんだろ?友達は上手く作れないし、クラスにいても気まずいし…自分の状況が色々マズいのは分かってるけど、どうしたら良いかも分からない。そこに秋山さんのことがあって、わーってなって爆発した。俺はそんな気がしてた....」「あの…どうしてルシアンには分かってしまうのでしょうか…」「旦那だからじゃないか」....そして「学校辞めて毎日、二人でこうしてるか」と...「俺もさ、ゲームさえあればそれでいいやって思ってた。俺の本体はこの中にあるってさ…でも、皆の…いや、お前のおかげでリアルの人生も案外面白いもんだなって、やっと思えたんだ...」リアルで学校にいるのが苦しくて...それで休みたかったのだと指摘...でも...亜子たちとリアルでも腐れ縁で。「好きなだけやって、やりたいだけ遊んで。そんで、ちょっと頑張る気になったら…」「その時はまた学校に来い。一緒にサボるのはダメだって言うなら、俺は学校で亜子を待ってるからさ...」「頑張って、頑張って、疲れた時は、ルシアンも一緒に休んでくれるんですよね?」「俺の嫁のためだから…」「なら頑張れる気がします」...そして学校に出たが、突然クラスメイトに囲まれ困る亜子。奈々子ちゃんが、アコちゃんが同じクラスの男子と付き合っていて、お見舞いに行ったとフォロー。「うちのだんなが最高で♪」...よかったね...(^^)でも...「扉が閉まってる間に、服を着てると思いました!?…残念!全裸でした!!」「着ろぉ、今すぐに!!今すぐにぃぃ」...(^^)


ということで...なんか亜子のリアルがまた少し改善ですね。リアルの辛さがやわらげば、ネトゲ依存も治っていくのでしょうか...(^^)しかし、ネトゲの嫁とネトフレのリア友とのよくわからん修羅場でしょうか...(^^)しかし亜子ちゃんのメンタル…というか社会性。これで高校卒業したら、大学卒業したら、社会に出たらと思うと不安です。それをとことん面倒見てるんだから、ある意味偉い...そして...アコの母はとても美人。しかも...母もなんかアコもOKっぽいし、ともあれ...本当に英騎の嫁を目指してがんばれと言いたい...(^^)


[アニメ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?]公式ページ。


2016-05-05 今日のあれこれ...の木曜日

[] 第5話「ロビンソン


[公式あらすじ]・[ロンドンで写真店を営んでいた伊沢和夫は、ある日突然スパイ容疑で拘束されてしまう。執拗な尋問に耐える伊沢の前に現れたのは、英国諜報機関のスパイ・マスターであるハワード・マークス中佐だった...。]


ジョーカー・ゲーム」の第5話は...スパイ容疑で逮捕、そして過酷な尋問...しかしそこから神永は脱出に失敗しもうダメだと思った、しかし...D機関は抜け目なく助けを用意していた。餞別で送られたロビンソンフライデーが意味していたもの...。本当の情報は隠して騙し通す、まさにさすがスパイって話ですね...「1939年ロンドン」「君をスパイ容疑で逮捕する」...「イングランドヨークで生まれたロビンソン・クルーソーは父の忠告を振り切って冒険航海に出る」「大嵐に遭って難船したもののたった一人無人島に漂着する。その島で手元に残った僅かな道具を使って家を作り穀物栽培して逞しく生き抜いていく」「」写真家としてロンドンに潜入していた神永は、スパイ容疑で捕まってしまう。「無人島に到着して25年目。人食い人種に殺されそうになっていた一人の野蛮人の青年をロビンソンは救う...」「その日が金曜日だったことからその青年をフライデーと名付ける」「餞別だ。持っていけ」と...写真家としてロンドンに潜入していた神永は、スパイ容疑で捕まってしまう。過酷で執拗な尋問が続くなか、頑なに尋問に耐える神永の前に現れたのは英国諜報機関のスパイ・マスター、ハワード・マークス中佐。...「これが何かわかるかね?君のような優秀な部下を持っている結城が羨ましいよ」と...結城中佐のことを知ってるのか。そして...「だがタイムリミットだ。我々もそう悠長にしていられないのでね。うちで開発した最新の自白剤でね」と...自白剤を打たれ、「この声の主を知ってるかな?」「外村均…最近ロンドンに来たばかりの外交官…」「あの店をやっていた前田ってオヤジが日本に帰って代わりに甥っ子だっていう若い男が来たんだけど実は日本のスパイなんだ」「それ本気で言ってるの?」「いいかい?日本には通称D機関って呼ばれてる極秘組織があってね…」...外交官によってスパイだと情報が漏らされたことを知らされる。彼は結城中佐に売られた...神永は寝返る取引に応じ、言われるままに偽情報を帝国に送る...。


しかし...わずかな隙をみて脱出しようとする神永。「念のためトイレの位置を訪ねて確認してみたが間違いないようだ」...だが、壁にあった案内図は偽物...「あれは…トラップ!?相手英国諜報機関スパイマスター…この程度の罠は当然予想すべきだった…これまでか…」で、追い詰められてしまう。しかし...ここであのロビンソンが...「ロビンソン・クルーソー無人島でたった一人生活をしながらも英国人という役割を演じ続ける」「それは正に敵国に潜入したスパイがその地で得た友人、さらには家族にさえ何一つ本当の事を明かさず何食わぬ顔で生活していく日常のアレゴリー」「無人島に漂着して25年目。人食い人種に殺されそうになっていた一人の青年を救う…」「おそらく彼は普段は国王陛下の忠実な兵士として働き英国諜報機関に日本のスパイが捕えられた場合にのみ機能する」「眠れるスパイ。スリーパー」...緊急の際にだけ動くスリーパー、そして「そしてその暗号であるフライデー天文学でヴィーナスと呼ばれる所の金星。その惑星記号は…」「フライデー」によって助けられる神永。「結城中佐はあらかじめフライデーの存在を俺に教えなかった。存在を知らなければ自白のしようがない」「貴様達に要求されているのは単に意識を多層化することだけだ。相手に与えてよい情報は表層に。与えるべきでない情報は深層に。簡単なことだ」「偽情報を打電するようマークス中佐から指示されたあの時俺は用意された通信文を一字一句ミスなく打った」「論この情報は意識の最下層。殺されるまで引き出される事のない一番奥にしまい込まれる」そして脱出して...中佐の言葉を思い出す「のスパイを手に入れて、あるいは敵の暗号を解読した側は次は必ず手に入れたスパイを使って偽情報を流したいという欲求に囚われる」「そしてその時こそが貴様達が脱出するチャンスなのだ」と...。


この事件のあらまし...「3か月前日本陸軍の機密事項が英国に漏れてることが発覚した...ロンドン駐在の外交官暗号も使わず電信を使用していたのだ...陸軍は即座に軍の機密に関して暗号を用いるよう抗議したが事件の性質上因果関係を断定できないこともあり外務省陸軍からの申し入れを無視し続けた...しかし外交官が正体を漏らすことで俺が英国に捕まればそれは明らかに外務省の責任。これを動かぬ証拠として外務省陸軍の申し入れを聞かせる...」「これが結城中佐の書いたシナリオだった。今度はどこに行くことになるのか...」と...。


ということで...防諜対策を疎かにする外務省への警告をするため、わざと捕まる作戦。効果のわりには危険すぎる任務でした...それにしても...今までのスパイ物みたいな華麗なアクションじゃなくて、裏の裏をかく心理戦をやってるところが面白い。今回も、必要になるかならないか分からない、フライデーの存在を、本に託して伝言する結城中佐...見せてくれますね...。外交官経由で情報が漏れてることを外務省に認めさせるために D機関員を囮にする作戦で、捕まる当人にも目的は知らされていなかった 伊沢は自白剤を打たれた状態で外交官情報漏洩テープを聞かされてそれに気付いたから 「結城中佐に売られた」と無意識で呟いたけどそれさえもマークス中佐の油断を誘うためのシナリオで ...すべては結城中佐の手の平の上という...面白いです...引き込まれますね...(^^)


[アニメ ジョーカー・ゲーム]公式ページ。


2016-05-04 今日のあれこれ...の水曜日

[] 第5話「月光 ダンシング」


[公式あらすじ]・[伝説の「風の歌い手」の力でヴァールたちを自在に操る空中騎士団の勢いは圧倒的で、瞬く間に二つの星を陥落してしまった。フレイアは敵のスパイではないかと疑われてしまうが、いつにも増して気丈に明るく振舞っている。だが、無理をしているのは誰の目にも明らかで…。]


マクロスΔ 」の第5話は...で...いいですね、過去のマクロスが絡んでくるのは...「愛・おぼえていますか」のマックスとミリア...結婚式のシーンまで見れるというのは...ということでミラージュはマックスとミリアの孫だったんですね...。で、マックスは今幾つなんでしょ...だいたい70歳くらい...(^^)「西暦2012年。人類は宇宙移民を開始。生存可能な惑星を発見し入植を始めた...だがそれらの惑星の中には先住民が存在するものも少なくなかった...それはかつて高度な文明で銀河に君臨したプロトカルチャー、彼らの生み出した子供達が数十万年の時を経て相見えるということでもあった...」「全てのプロトカルチャーの子らよ。我がウィンダミア王国は新統合政府に対し宣戦を布告する!...40年前新統合政府は我らウィンダミア人に手を差し伸べるフリをして近づいた...だがその仮面の下に悪魔のような素顔を隠していたのだ...彼らは巧みに不平等条約を締結、利益の独占を図った...長い苦難の末我らは7年前この横暴に対し立ち上がり...ついに母なる空を奪い返すことに成功した...だがこのブリージンガル球状星団に彼らがいる限り真の平和は訪れない...立ち上がれ!そして自由の翼で飛び立つのだ...」ということで...新統合政府宣戦布告した風の王国。ヴァールを操る風の歌い手に、すでに二つの星が無血開城された。しかし...故郷が敵となったのに、気丈に振る舞うフレイヤです。で、風の王国...その風の歌い手は、負担も大きいようです。そして騎士団でも戦争については考えに温度差があり一枚岩ではないようですね。そして、軍、ワルキューレの中にウィンダミア人がいることもバレてる。裏切り者とフレイヤは思われるのでしょうか。事態は戦争となり、民間組織のケイオスは、契約を更新するか聞いて来る。「ケイオスは民間企業です。契約に納得いかなければ除隊もできますが」「無論更新します!」「同じく」「聞くまでもないわ」「きゃわわ〜なジークフリードちゃん達を置いていけないもんね...」「流石マキナ姐さん!」「一生ついていきます!」ほとんどのメンバーは残るようですが…。ただ「俺も。まだ誰ともデートしてないしね〜」って完全に引いています...(^^)で...フレイヤは続けれるのか...。


で...フレイヤがスパイではないかとマスコミでは取りざたされる。店にまで押しかけてきて、ハヤテフレイヤを連れてに逃げ出す...。ハヤテフレイヤが無理してる...それは、ルンの色を見てもバレバレのよう。そしてフレイアは...「ワルキューレに残りたい…何で仲良くできんのかね…」なんで戦争なんかするのかな...と。そこにミラージュが現れる、「私の祖父は地球人。祖母はゼントラーディです...二人は地球人類史上初めての異星人同士のカップルで。しかも当時二つの種族は戦争状態にあったそうです...」「それでも二人は結ばれ...地球人とゼントラーディ共存できるようになった」祖父たちが敵同士なので結婚して和平の架け橋となったと話す。...マックスとミリアが祖父ということですか...「愛・おぼえていますか」ですね...懐かしい...(^^)しかしハヤテは「で?だからどうした?とても立派な私のおじいさまとおばあさまと同じようにあなたも二つの種族の懸け橋になりなさい、ってか」それをフレイヤもしろってこと...プレッシャーをかけるなと、意見するハヤテです。フレイヤを元気つけるために、空に連れて行くハヤテ。歌いだすフレイヤちゃんに、ハヤテバルキリーをダンスさせる...フレイヤの歌があれば、美雲の歌もパワーアップする...フレイヤの歌も風の歌い手のような効果があるのかな...それにしてもオドルフレイアちゃんかわいい...(^^)お前歌った方がいい、フレイヤに言うハヤテ...その言葉に、フレイヤワルキューレを続けるのを決める。「そうやね… 歌声で銀河に元気を」メッサーに勝手に飛んだことを叱られるハヤテ。戦争になるというのに….そしてその言葉に..ハヤテは...「戦争を終わらせて 自由な空をこの手につかんでやる!」ハヤテΔ小隊に残ることを決意します...(^^)


ということで...フレイヤの歌で飛ぶハヤテのシーンがいつ見ても楽しくていいですね...空中でダンスするバルキリーがいいですね...フレイヤも残留を決めて、空中騎士団との戦いになっていく。風の歌い手にワルキューレの歌は勝てるのか? これからも注目です!


[アニメ マクロスΔ]公式ページ。


2016-05-03 今日のあれこれ...の火曜日

[]第5話「つーりんぐ!!」


[公式あらすじ]・[ついにやってきた北の大地・北海道。テントで目覚めた朝、聖の「ワルの皆さんはどれほどのスピードを出したことが?」の一言から、スピード自慢がスタート!触発された凜は一人になって自らの最高速へチャレンジする。唸るカタナのエンジン。だが、その前にキタキツネの親子が飛び出して……。そんなこんなで旅は日本の最北端・宗谷岬へ。そこに海を見てたそがれる女性がひとり。その女性がなんと突然バイクで海にダイブして...。]


ばくおん!!」の第5話は...ということで...やっぱりこのアニメなんかおかしいです、特に最後は予想の斜め上を行っていますね...。で、北海道で迎える朝、羽音は朝早く起き出して、ラベンダー畑で叫びます...「3.2.1・ラベンダーぁぁぁぁ〜」凛が寒いギャグを感じて目を覚ます...そうでなくても北海道の朝は肌寒いのかな...。で、野宿なのに、ごはんはコンビニのおにぎり...しかも北海道で展開してるコンビニのだから当地ものらしいと言えばそうだけど。そのコンビニの手の上でいるのを西遊記で例える...どういう例えなのかな。そして話は「スピードといえばワルのみなさんはどれ程のスピードを出したことが」あるのか...。凛はスピードを出したことはない...安全運転です...そのせいか不機嫌に...しかし、安全運転だから、って何個お守り持ってるんですか。それにしても早川さんを黙らせた来夢先輩の速度が気になるのですが...。羽音が神様にもらった聖杯...「何で羽音がスズキ乗りの聖杯なんて持ってるの?」「青森で助けた人に貰ったんだ〜」それをもらう凛。しかもオリジナル...(^^)北海道らしく長くつづく直線。凛は、みんなから離れて、最高速にチャレンジします。「ちょっとだけ…ちょっとだけよ…いっけ〜!最高速チャレンジ!」「あなたの力を見せてみなさい!もっと!もっと!もっと吠えて!」「私は風!私は自由!私は…私は…アイアムゴーッド!!」...(^^)しかし...だが、その前にまたも親子づれのキタキツネが飛び出して来る。避けたら転倒する...父とダブってテンパってしまう凛。聖杯が凛を強打してブレーキをかけさせる。キタキツネの親子が無事で本当によかったと涙する凛。「逃げてよもう…人懐っこいのもいい加減にしてよ…エキノコックスがうつるでしょ」「よかったね…よかったね…あの子達が助かってよかったね…」と...本当に優しい子です。凛が最高速チャレンジしたのはバレていました...(^^)。そして合流して、日本の最北端・宗谷岬を目指す。てな訳で...ゆっくりしていたら、日が暮れてしまう...。で...「間に合ったどころじゃない!最高の一瞬だ!」「もうここから先にオードバイで行ける道はないんだね…」「ああ。ここが終点。あとは全部帰り道だ」と...。そして写真を撮ろうとすると一人の女性がいる…。凛は孤独な女性に感情移入...しかし...その女性が突然バイクに乗って海にダイブ...それを止めないで写真を撮ってる場合じゃない...(^^)「その先は高さ100mの断崖絶壁〜!」羽音は「じゃなかったね…」恩紗は「一体何がしたかったんだ…こいつは?」...そしてその女性は...「あれ…もしかして猿山先生」...先生だったのか...(^^)


で...猿山先生は13度目の失恋で、宗谷岬身投げ来たという話...そして...バイク部に顧問がいないので、傷心の遠山先生を慰めてなってもらおう。で、遠山先生のフォローを始めるメンバー。しかし、先生は飲んで...酔っ払う「男なんて勝手なもんよ!知ってる?バイクの排気量ってアレの大きさの象徴だって?」「だから自分のバイクには満足してても女がそれより大きなバイクに乗ることを許さないの...」「あなた達も400ccなんて大きなバイクに乗ってたら彼氏なんてできないわよ」女子高生相手に何言ってんですが...先生...(^^)「『ねぇねぇ。アレの大きさって何?」と聞く羽音...恩紗は「バ…バカ!心の大きさに決まってるだろ!」羽音は「そっか。包容力がある方がいいもんね〜」って...(^^)さらに酔っ払って「あんた達も女子高生なら危険なバイク乗り回すんじゃなくてもっと今しかできないことあるでしょ?援交とか」...オイオイ...(^^)「先生そこは嘘でもいいから勉強とか言ってくださいよ」そうですよね...。で...先生は羽音が可愛いと抱きつきだす。何か怪しい雰囲気に...。羽音はビールの匂いだけで眠ってしまう。なんという無防備な姿をしてしまう。カワイイのがいけないのって...羽音の下乳...(^^)羽音にセクハラ三昧しだす先生。そうか...13人もフラれたのは、酔うと女の子が好きになる酒癖のせいだったのでしょうか...(^^)さらに...羽音だけでなく、恩紗にも魔手を伸ばす先生、一瞬にしてシャツを脱がす...さらに聖の足を高速でペロペロ...先生、マジで変態です...(^^)校長にたづ子さんから、部員の安全に注意するよう言われた「バイク部を認めるからには先輩がちゃ〜んと面倒見てくださいね」と校長から...「事故とか起こしちゃ駄目ですよ。ていうかバイク部員に何かあって校長である私の責任になったら...」「まずお前を殺す。死ななくても殺す。どうやっても殺す」来夢先輩。ということで...厳命されて帰ってきたら、このありさま...(^^)これはダメだとキレた来夢先輩は、猿山先生を拘束。しっかり映像も撮って、これで顧問にするわけですね...(^^)


で...北海道ともお別れの夜。羽音がもう少し走って来るというのを止める恩紗ちゃん。北海道はバイク乗りにとって天国、帰ると辛くなる。だから持って帰るのはお土産だけで、北海道への思いは置いておけ。恩紗の恥ずかしい言葉にも素直に感じる羽音。思いを空へと解き放ちます...(^^)いつも以上に恥ずかしかったとツッコむ凛。北海道はそう言うことを言っても似合うところだって恩紗。こうして北海道にお別れを告げるバイク部でした。猿山先生も置いて行かれたのかな...。「さぁ〜。北海道ツーリングの汚れを落とそう〜」と...ツーリングで汚れたバイクを洗車。みんな水着になっての洗車です...なんだこれは...(^^)みんな水着にそれぞれ個性が出ます。しかし...ワルに憧れる聖ちゃんは大胆な水着です。ドガディのサイドカーは早川さんがいつも洗ってるので大丈夫。恩紗は道具をたくさん用意して、念入りにバイクを掃除。バイク乗りの鑑ですね...。バイクを磨くこと、すなわち自らの魂を磨くこと。早川さんにセリフを奪われ、やる気をなくす恩紗です。羽音は洗うのに疲れ、体に洗剤をつけて洗車しだす...なんのプレイだ...(^^)聖がアメリカンスタイルだと喜んで撮影wアメリカンバイクの雑誌とかでこんなのありそう「スポンジより柔らかい体を使ってそのバイクを慈しむ動き!丹念に洗い上げるその姿」...完全にアウト...「これはまさしく愛!ですわね」って...。自分の体でバイクを洗う羽音が一番バイク愛がある。聖の言葉に、自分の方がバイク愛があると対抗する凛...。凛も自分の体でバイクを洗いだします...恩紗が無理するなと言うのに...悲しいかな…凛の胸で洗うにはサイズが小さかったか「凛ちゃんの愛が大きすぎたんだね」羽音ナイスフォローです。みんなが休憩する中、一人で全部のバイクを綺麗にする来夢先輩。バイクが好きなんですね。しかし、雨が降り出し、せっかくの洗車が無駄に...(^^)


で...北海道ツーリングあり、猿山先生のセクハラ騒ぎ、水着で洗車...内容盛りだくさんすぎで、大満足な回...しかし...終盤の衝撃展開に余韻全部持って行きました。バイクで泡プレイという発想斬新すぎる...(^^)で...ホントよくバイクメーカーが協力してくれたと思えるアニメです。それにしても...このアニメ攻めすぎでしょ...しかし、バイクの洗車は色々アウトだ…完全にそういうお店じゃないですか...(^^)


[アニメ ばくおん!!]公式ページ。


2016-05-02 今日のあれこれ...の月曜日

[] 第4話「ボディーガード 」


[公式あらすじ]・[サベージとの実戦を終え、ハヤトは日常を取り戻していた。そんな中、世界的な歌姫・霧島サクラボディガードという任務が舞い込んでくる。先日のサベージ襲来によって中断されたライブをやりなおすためだ。天真爛漫なサクラに手玉に取られるハヤト。本当にこれが本当に世界的な歌姫なのかと疑問に思っていたハヤトだったが、工事中のライブ会場でハンドレッドを用いたパフォーマンスをサクラに見せつけられ、圧倒されてしまう...。]


ハンドレッド」の第4話は...順調にハーレムを構築していきますね。そして今回はお風呂回が多かったと...。3人目のヒロインはアイドル霧島サクラ。最初から積極的すぎますね。対抗してエミールも負けずにサービス、サービス...(^^)アバンから、霧島サクラのシャワーシーンです。そしてマネージャーが、サクラちゃんが願った相手ボディガードを依頼。その相手とは...まあわかりますね...。レイティアたちを相手に訓練するハヤト。成長して全身武装も使えるようになってます。ハヤトの成長に嫉妬しちゃうレイティア...(^^)。子供扱いするなーって...とっても可愛いです。さて...そんなハヤトに、アイドル霧島サクラボディガードの仕事が来る。しかし、不安が...ツヴァイ諸島に落ちたサベージはまだ4体残っていると...。妹、カレンに、彼女のファンであるサクラちゃんに会うと話すハヤト。早速...サインを...貰えるといいですね。カレンちゃんは水と女性に気をつけるようにいう。妹の占いはなかなか当たるので心配ですね...当たっているけど...(^^)エミールがハヤトのベッドに潜り込んでいてドッキリ起床...だんだん遠慮がなくなくってきていますが。しかしせっかくのお休みにデートに行けなくなって残念です。ということでサクラのツバイ諸島でのボディガードを行うハヤト。さすが世界の歌姫ですごい人気と。で...ホテル...サクラはハヤトに自分のことは名前で呼ぶように要請。ボディガードも初めてのハヤトは緊張気味で、ちゃんと任務ができるのでしょうか。ハヤトがツバイ諸島を助けた相手と知って、ボディガードを依頼したサクラサクラは時の人であるハヤトが気に入ってるようです、そして、唐突にというか、「ねぇハヤト、私と結婚しない?」ハヤトにいきなり結婚を申し込む、「ねぇ、私と結婚を前提に付き合わない?...もしかして恋人がいるとか?」...ハーレム要員なら既に2人程...(^^)「世界の歌姫と天才スレイヤーの奇跡のカップル。素敵じゃない?マスコミも大騒ぎすると思うわ...まずは記者会見よね。やっぱり出会いの地、ツヴァイ諸島で開くのが良いと思うの。 当然、指には給料3ヶ月分のリング...2人の新居は海辺の白い家!子どもは3人、犬は2頭飼って…海と戯れてると空には虹がかかるの...」だめだこりゃ...。それは話題作りのためですか。ヤトも相手にペースにしないために、壁ドンして、それならキスしようと迫る...お、単に奥手の主人公ではない...(^^)さすがにサクラもこれにはお芝居してられなくなり動揺してとしてしまう。お風呂での鼻歌も、さすが歌姫です。新しいフレーズが出来たのでレコーダーを取ってとハヤトに要請...しかしクマさんパンツ...(^^)ハヤトにパンツを見られ、慌てたサクラは派手にこけてしまう...というか、これはハヤトにバッチリ見られたようですね。


で、サクラの仕事ぶりを見るハヤト...改めて世界的な歌姫なのだと感心。そんなハヤトを、ある場所に連れていくサクラです。サクラもヴァリアブルスーツを着込みます。しかし大胆な衣装です。大胆な衣装に、ハヤトも胸に視線が行ってしまう...そりゃ仕方ないですね。そしてサクラの真の姿...。彼女はハンドレッドを用いたパフォーマンスを披露。妖精のように会場を飛んで見せるサクラ。まさに「フェアリーフェアリーテイル」ですね...(^^)で...サクラハンドレッドはフィールド型。場を操って、飛んで見せたりできるのか。まさに歌手の彼女にはピッタリな能力ですね...そして、1日の仕事を終え、「今日は終わりました。明日の任務は午後からで良いと。ホテルにこもって作らないといけない曲があるらしくて…サクラは行きたい所があるって駄々をこねてましたけど」それを聞いて...クレアは「あなたクライアントを呼び捨てにしてますの!?…クライアントが言うなら仕方ありませんわね。明日の朝、私の別荘へいらっしゃい。知らせたい事があります」...と...。ハヤトは一番風呂に入ろうとする。だが、先にエミールが入っていた...一緒に入ろうって、とっても大胆です...。ハヤトとの思い出の傷を見せるエミール。「ハヤト、見て。私の傷…。薄くなってきてるんだよ。ずっと消えなかったんだけど、ハヤトに再会して安心したせいかな」...綺麗な肌に傷が...。バランスを崩したエミールに湯船に押し倒されるじハヤト。妹の占い、水と女に気をつけろとはこのことでしょうか...(^^)...そして祈るサクラ...「どうか歌を…皆に届けられますように。そして、いつかあの人にも…」....さらに不穏な動き...サベージを倒した謎のものたち。「今回は警備が厳しいみたいだなでもリトルガーデンのスレイヤーなんて相手じゃないっしょ?今日の所は我慢しようよ...ライブが終わってから…島の者が楽しみにしてるなら待ってやろうぜ」...いったい彼らは...(^^)


ということで...EDが、生徒会三人の「TABOOLESS 」に変更...クレアさんが完全に女王さまですね...サクラもいきなりチョロインですね。正ヒロインのエミールが強力なので勝てそうにないですけども、果たしてどうなるのか...(^^)次回はクレア会長がまた何かされちゃいそうですが...。


[アニメ ハンドレッド]公式ページ。


2016-05-01 今日のあれこれ...の日曜日

[]今日のあれこれ...所用で東京行き...そして人間ドック


今日のあれこれ...遅ればせながら先週ちょっと家族の所用て親戚の家に...そのついでではないですが、毎年のことで人間ドックを受けてきました...。まあ家族は買い物で、私は人間ドック...で、人間ドックの結果は...実はこの正月からお酒の方を控えていまして...会合とか懇親会とかは飲みますが...家ではほぼ飲んでいないです、主にノンアルコール飲料で済ませていました。キッカケはやはり体重増と...そして血圧の上昇がやはり年齢とともに心配になってきました...ということで、一念発起で...(^^)で...結果は...やはり体重が減になってきました...(^^)。1月には65圓△辰紳僚鼎ら61,9圓法血圧が前回は162/91から、今回は128/77になりました...。γ-GTPが前回が58から40になりました。そして内臓脂肪面積は前回が193.1㎠から今回は158.6㎠になりました。やはり夜遅くのお酒とつまみが影響しているということがわかりました...(^^)


f:id:yamaman:20160501115829j:image

f:id:yamaman:20160501115913j:image


で、その翌日に...最近テレビで話題になっている所へ...2016年4月19日から、東京都港区元赤坂迎賓館赤坂離宮で、内部を見学できる一般公開がおこなわれているとのこと。国外からの来賓の方々をお迎えするのに支障のない範囲で、可能な限り通年で迎賓館の公開が行われている。それを見に行きました。いや、割と朝早く行ったので比較的、前の方で入れました...。いや、さすが国賓をお迎えする施設です、豪華絢爛の中に日本美の様式を持つ、特に花鳥の間の七宝焼きはさすがに素晴らしい、朝日の間の天井画は素晴らしい...とか言いようがないですね。


f:id:yamaman:20160501204742j:image

f:id:yamaman:20160425104533j:image

f:id:yamaman:20160425104428j:image

f:id:yamaman:20160425103419j:image

f:id:yamaman:20160425103115j:image


ということで。なんかまとまりのない休日でしたね...。


現代日本写真全集〈第12巻〉宮殿と迎賓館―日本の心 (1980年)

現代日本写真全集〈第12巻〉宮殿と迎賓館―日本の心 (1980年)

[] 第4話「運命論者の悲み」


[公式あらすじ]・[太宰に助けられ、辛くも芥川の手から逃れられた敦だが、70億もの賞金首となった己のせいで仲間が巻き添えになったことを知り、自責の念にかられるのだった。国木田もまた「最悪の事態」を恐れ、いつになく動揺をあらわにする。お世話になった人たちに、これ以上迷惑を掛けられない――。探偵社から出て行くことを決意した敦は、偽の依頼人だったポートマフィアの樋口に電話を掛ける...。]


文豪ストレイドッグス」の第4話は...芥川の襲撃から助けられた敦たち。谷崎潤一郎与謝野晶子さんの熱い治療を受けて無事...というか...与謝野先生...手術に白衣を脱ぐスタイルですか...どんな治療なんですかね...「あっ」って...(^^)敦は70億もの賞金首としてポートマフィアに狙われていた。「お前は裏社会の闇市で、70億の検証首になっているらしい」「動揺するな。動揺は達人をも殺す」が...「あのぉ…逆さまですよ、手帳」この最悪の事態を国木田独歩さんも怖れています。そのポートマフィア...ある倉庫に「実は最近、我々ポートマフィアの荷を横流しする不埒な連中がいて、ここがその拠点だという噂を聞いてね」と...そしてそこにいた全員を皆殺しに...そして爆発...それはポートマフィアの武闘派…黒蜥蜴って奴らの仕業。特殊部隊並の戦闘力を持っていて恐ろしく残酷な連中...敦は「ポートマフィアの黒蜥蜴《黒トカゲ》…もしそんな奴らが探偵事務所を襲ってきたら…」ということで...ポートマフィア樋口一葉に探偵社をやめると電話をかけ、巻き添えにしないように去ろとする。だが、樋口一葉芥川の邪魔をした探偵社を、武闘派『黒蜥蜴』に襲わせる。「目標は武装探偵社の事務所。前回の失敗は探偵社の妖怪が原因。同じ轍は踏みません...芥川先輩が探偵社ごときに退くなど…あってはならない」酷い私怨です。


で...太宰さんは今日も心中しようとメイドさんに申し込んでる「ついに私は生きる意味を見つけたのです。私はあなたと心中する為に、今日まで生きてきたのです」しかし「お1人でどうぞ!」「ところで太宰さん、ちゃんと生命保険とか入ってるんですか?だってだいぶ溜まってますよ?うちのツケ...もしまだなら紹介しますけど」って生命保険を勧められてる。同じころ、武装探偵社を襲う『黒蜥蜴』部隊「失礼。探偵社なのにアポイントメントを忘れていたな。それからノックも…まぁ大目に見てくれ。用事はすぐに済む...」と...襲撃に気づき、急いで探偵社に戻った敦がそこに見たのは…。不気味に登場した『黒蜥蜴』をフルボッコにする探偵社のメンバー「これだから襲撃は嫌なんだ。業務予定がまた大きく狂ってしまう...オフィスのリフォームと壊れた備品の再購入に、一体いくらかかると思ってる...」そして与謝野晶子は「今回、近所からくるクレームにお詫びの品を用意して挨拶に行くのは国木田君の番だからね...」と、敦は...特殊部隊並みの戦闘力を持つ、ポートマフィアの武闘派って...あれ...(^^)そして「国木田さん、こいつらどうします?」「窓から捨てとけ」と...(^^)えっ...窓から捨ててるけどここ4階じゃなかったかな…(^^)敦は思う...「ポートマフィアより、この探偵社の方がぶっちぎりで物騒じゃん」まさにそうですね...(^^)そして敦に国木田独歩は...「さっさち片付けを手伝え、小僧!全くこの忙しいのにフラフラと出て行きおって…。貴様にできる事を考えろと言っただろうが。まぁお前にできるのは片付けくらいだろうが」と...この言葉に嬉しくて涙する敦であった...(^^)


ということで...と思わせといての、マフィアをゴミのように扱う武装探偵社...まあ国木田が襲撃を怖れていたのは、探偵社が散らかり、まわりに謝るのが面倒なためって...(^^)まあ、それだけここの探偵社が一番物騒なのでは...まあそんな物騒な探偵社ですが...これならトラに変身する敦がいても...そして襲われても誰も死ななそうで安心です...(^^)


[アニメ 文豪ストレイドッグス]公式ページ。


2016-04-30 今週のあれこれ...の土曜日

[]今週のあれこれ...権力を握ると...やっばりですか。


今日で4月も終わり、明日からは5月です。でも、昨日、そして今日の朝はまるで冬に戻ったような寒さでした...とはいえ、季節はもう初夏になるのですね。季節は早いものです。...そんな今週のあれこれ...やはり権力は人を変えるのでしょうか...。力というのは怖いものです...。高額出張費および公用車問題に揺れる、東京都舛添要一知事が28日の会見での釈明時に、自身を「政治家ってのはトップリーダーです」と発言したことが極めて不評を買っている。平時なら聞き流されたかもしれないが、特権意識が招いた問題とも批判される中での発言に、ネット上などで「自分でよく言えるよな」「見下した発言」「思い上がり」と批判の声が噴出した...と。まあ、特権階級になるとこうなるのでしょうかね。


◎舛添氏、自分を「トップリーダー」発言に批判噴出…火に油「勘違い」「自分で言うな」

http://news.livedoor.com/article/detail/11472016/


まあ、高額外遊とか、別荘地への公用車...まあ特権階級がやりそうな事...でもこの人ってそれを否定してきた人なんでしょう。やっぱり権力は人を変えるという見本でしょうか...何期も知事をやっているとそれこそ地元では天皇とか...そうなってしまうというか。やはり権力は人を変えるのでしょうかね。


今週のあれこれは...こんなところかな...。


2016-04-29 今日のあれこれ...の金曜日 

[] 第4話「あの子の秘密がバレないと思った」


[公式あらすじ]・[どうにかネトゲ部の存続も決まり、『亜子にリアルとネトゲの区別を付けさせる』という当初の目的は進展しないものの(むしろみんなで悪化ぎみ?)、部員たちはゲームでも部活でも楽しい毎日を送っていた。そんなある日、ゲーム内でデートしていたルシアンとアコは、基本的な操作もおぼつかない一人の初心者プレイヤーと出会うのだった...。]


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第4話は...。ネトゲでも三角関係は起こるのでしょうか...(^^)ルシアンを慕う初心者キャラのセッテちゃんが登場。亜子はルシアンを取られそうで、心穏やかじゃありませんね...しかし、ゲーム内の旅館で話してるカップルって、何してるんでしょうね...で...財布を忘れて、リアルでも所持品蘭を差がそうとする亜子。というか前より症状が悪化してるのでしょうか...。そして、二人が仲良くしてるのを見るクラスメイトの奈々子です。亜子の症状が悪化するんじゃこの部活の意味がないような気がします。そういう苦言をていする斎藤先生ですが、猫姫のことを出されると黙るしかない。今日は新規装備が実装されるので、ガチャ大会。嫌な恒例行事ですね。亜子はレアが何も出ずにくじ運の悪さを呪います。そんな亜子に、アイスをおごってあげる英騎。それがますます亜子の嫁意識を強化してるんじゃないです...よね。部室のPCの性能に惚れて持って帰りたい茜です。亜子は英騎の教室によく行くので、恋人ができたのかと噂になる。それが苦痛だという事ですが...。会長はリアルに避けられるで相談しても無駄だ。胸を張って言うことじゃない...奈々子が、茜をつけて部室に現れる。ネトゲされてるのを見られて、学園生活終わったと絶望する茜。茜はネトゲ趣味とか隠してるからね...(^^)


で...英騎と亜子が先に部室に来たので、二人だけで初心者の観光地巡り...亜子新婚旅行、英騎はデートのつもりだった。この認識の違いです...(^^)亜子が初心者で、ゲームの終わらせ方もわからず困っていた。モンスターから助けて親切にしてくれた英騎が、イケメンに見えてしまった亜子。一目ぼれって...(^^)翌日から、英騎をずっとついてくるようになった亜子。もう完全にストーカーじゃないですか...(^^)入ったことがないので、ゲームの旅館に入ってみる。ベッドの上で向き合って話してるカップルを発見。亜子は何をしてるか察し、リアルな描写を…それってとっても生々しいから...(^^)墓地エリアで、なんと、あの猫姫と出会う。ひさしぶりに昔のギルドメンバーの集まりだった。猫姫さん親衛隊がいる...本当に姫になったというのか...森でスライムに襲われてる初心者に出会う。それをカッコ良く助ける英騎...こういうのに放っておけない性格なんですかね...(^^)慣れてないので、チャットの入力もたどたどしいのが可愛いですね...。ルシアンという名を知ってるような初心者のセッテです。亜子は疑うが、英騎には覚えがないようですね。ゲーム内であった人は仲間だ。英騎は、何も知らないセッテにいろいろゲームのことを教えます。そんな事をしちゃえば亜子は嫉妬しちゃうですよね。奈々子がネトゲ部のことは黙っていてくれることになり、安心した茜。学園生活はもう少し続くのという事で...ずっと続くわけですね...、全員そろって今日はログインすると、そこに、セッテが現れる...英騎に抱きついて懐くセッテ。これは…亜子ちゃんにとって英騎を奪われる危機でしょうか...。


というとで...ネトゲ内で、恋のライバルキャラが登場....という事で...亜子危機感を抱くのでしょうね。セッテの登場が、嵐を呼ぶのでしょうか...。という事で...次回も楽しみでしょうか...(^^)


[アニメ ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?]公式ページ。