Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-11-27 「布団は何枚もある」という布団一枚があるだけです(nowhereさんの

「布団は何枚もある」という布団一枚があるだけです(nowhereさんのコメント)

nowhereさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。

(中略)

この距離感の原因は本願に明らかです。すなわち「唯除五逆 誹謗正法」です。ただいま救う弥陀の心を遠ざけているのは、過去世からの私の作ってきた罪悪です。それが、今の私の心には「名号の功徳を信じない心」「他のものをあて力にする心」「月を遮る蓋」となって顕れているのでしょう。(nowhereさんのコメント)

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20091125/1259106607#c1259196562

「五逆の罪、誹謗正法の罪」を造ったから、自力があるのでありません。

誹謗正法については、以下のお言葉にあるとおりです。

問うていはく、なんらかの相か、これ誹謗正法なるやと。

答へていはく、もし無仏・無仏法・無菩薩・無菩薩報といはん。かくのごときらの見をもって、もしは心にみづから解り、もしは他に従ひてその心を受けて決定するを、みな誹謗正法と名づくと。(教行信証信巻・往生論註引文

仏も仏法もないといい、その考えを自分で考えたり、人から聞いてそう思うのを誹謗正法というと言われています。

しかし、無仏、無仏法という心や造った罪は、自力そのものではありません。コメントにある表現を使えば、「月を遮る蓋」ではなく、「蓋の下の水」にあたります。

誹謗正法の者だから他のものをあて力にするともいえますが、誹謗正法の罪を造ってきたから自力の心があるというのであれば、罪を消さねば自力の心が無くなることはないということになります。

五逆謗法の罪については、尊号真像銘文にいわれていますが

「唯除五逆誹謗正法」といふは、「唯除」といふはただ除くといふことばなり。五逆のつみびとをきらひ誹謗のおもきとがをしらせんとなり。このふたつの罪のおもきことをしめして、十方一切の衆生みなもれず往生すべしとしらせんとなり(尊号真像銘文

五逆罪、謗法罪の罪の重さを知らせて、もらさず救うという本願のこころであって、「お前たちは五逆誹謗正法の罪を造ったから現在助からないのだ」と私を、はねつけられているのではありません。

罪を造っているものなら、なおさら救ってみせるという大慈悲の現れが「唯除五逆誹謗正法」の御文です。

この蓋は一枚ではなく、幾重にも重なってできている。T会長の例えでは「下の心を覆うたくさんの布団」のことでしょう。この蓋を取らずして、布団を剥がさずして、名号を受け取ることはできるのでしょうか。「ただいまの救い」に遇えるのでしょうか。答えは否でしょう。(nowhereさんのコメント)

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20091125/1259106607#c1259196562

いろいろ出てくる心はあっても、救いを隔てているのは、阿弥陀仏の本願を疑う心1つであり、自力の心だけです。

いくつも見えても、実体は1つです。

蓋というのも1つのたとえですから、救われていない状態を「蓋ある水」といわれたのであって、蓋を取るとは、「救われなさい」ということです。

コメントの表現を使えば、名号を受け取る=蓋を取るですから、別のことではありません。蓋を取って名号を受け取るのでもなければ、名号を受け取って功徳がわかってから、蓋が取れるのでもありません。

(中略)

そして時満ちて、自力がそのあて力にしていたものを、すべて自ら手放したとき(宿善開発)、弥陀は名号を回向し、行者は全領するのではないでしょうか。(nowhereさんのコメント)

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20091125/1259106607#c1259196562

いくつも段階はありません。

あて力になったものを手放して、初めて回向される阿弥陀仏ではありません。仏智不思議の名号は、現在ただ今回向されているのです。有る段階になってから初めて回向されるのではありません。

手放さないと、布団を一枚一枚とっていかないと救われないのであれば、ただ今救われることはありません。

ただ今回向されている名号を聞いて救われたのが、自力がなくなったということです。言葉が違うだけで同じ事です。

布団は残っていません。

といいますか、最初からないのです。布団があると思っている計らいを捨てて、現在救うぞと働いておられる阿弥陀仏に救われてください。

nowherenowhere 2009/11/28 16:06 ご返答いただき有難うございました。

>「五逆の罪、誹謗正法の罪」を造ったから、自力があるのでありません。

私はこうは申しておりません。私には自力しかないのであり、自力そのものが私である、そして、自力は五逆・謗法を免れないものと、思っております。
逆謗はもとよりお目当ての機ですから、阿弥陀仏の救いの妨げにはならない。ですから、「ただいまとの距離」は「五逆の罪、誹謗正法の罪」に起因するものではないと思っています。

>布団があると思っている計らいを捨てて、現在救うぞと働いておられる阿弥陀仏に救われてください。

「こんな私でも、阿弥陀仏はただいま救って下さるのだから、何も考えるまい」といくら思ってみたところで、私が感じている「ただいまとの距離」は何も変わりません。

前回のコメントに書きましたように、「自力はそのままに、自力にものを握らせない、といいますか、自力を自力のあるがままの姿に裸にしていくこと」が「ただいまの救い」に遇うために、どうしても避けられないことのように感じているのです。

今回お答えいただいた「「布団は何枚もある」という布団一枚があるだけです」とのお導きと、「下の心を覆うたくさんの布団」という例えの狭間で、答えを求めていきます。

YGMYGM 2009/11/28 23:47 山も山さんが、『現在救うぞと働いておられる阿弥陀仏に救われてください。』
といつも書かれていることは、まさに一向専念無量寿仏のこころと思います。
『「こんな私でも、阿弥陀仏はただいま救って下さるのだから、何も考えるまい」といくら思ってみる』ことも捨てて、
阿弥陀仏の思案にまかせるより他にないと思います。
私の答えを求めても求まりません。阿弥陀仏が先手です。思案の頂上です。

最後の学徒(仮)最後の学徒(仮) 2009/11/29 10:24 ただいまとの距離、ということは弥陀は問題にしておられず、今、ただいま救う、です。
だからといっていいか分かりませんが、ただいま救われます。
それを聞くか、聞かないか、だと思います。

marymary 2009/11/29 21:57 お世話になります。
流れを損ないますが質問お願いします。
阿弥陀仏は後生を助けて下さると理解しています。
そうなると実際後生どうなるかは、実際死んでみないとわからないので、臨終にならないと本当に助かるかどうかはわからないと思うのですが、なぜ「今助かる」と断言できるのですか?未来の事なのに、どうして今安心できるのですか?
よろしくお願いします。

YGMYGM 2009/11/30 08:55 maryさん

「今助かる」と断言されているのは、阿弥陀仏です。
「未来の事なのに」断言できるのは阿弥陀仏だからだと思います。
「どうして今安心できる」かは、そう断言される阿弥陀仏の本願に疑いがないからです。
疑いが取り去られてしまえば、安心したというか、不思議と安心できます。

最後の学徒(仮)最後の学徒(仮) 2009/12/01 23:32 maryさん、こんばんは。
横からすいません。


後生を、弥陀の御心におまかせ致します。
まかせたことを、救われるというのだと思います。
救われるといっても、弥陀のみ心を聞く以外ありません。

私には、救われた、というより、後生は弥陀に御心にゆだねている、とか、そういういい方がピッタリしています。これは、私の感覚ですので。

弥陀は私、ひとりを間違わさぬとの仰せでありました。

後生は、弥陀におまかせですので、私の案じることではありません。

それこそ、弥陀が行けと言われるのなら、どこまでも順じさせて頂きます。

有り難い事に、浄土に連れていく仰せです。
浄土とはいかなるところかも、地獄がいかなるところかも、一向に存じませんが、それは、弥陀におまかせしています。

「今、助かる」と言っても更に他の事に非ず、といいますか、弥陀の仰せのまま、聞かせて頂くのまま、です。
助かる、信心、聞く、と言っても、仏願の生起本末に疑心あることなし、ということです。

阿弥陀さまは何と仰せなんですかね?
maryさんの後生をどうなさると仰っておられますか?
それを弥陀から聞かせて頂いて下さい。

私の後生は弥陀まかせです、弥陀が後生はまかせろと仰っておられますので。
これ以上の安心はないし、まして、自分の手を出すべき何もございませんので、後生の事は差しつかえありませんです。

助かる、救われる、とは
弥陀の御心を聞く、ということだと思います。

仏願の生起本末を聞いて疑心あることなし、ということだと思います。

弥陀の御心を疑いなく聞かせて頂いたら、後生は安心になるのか、死ぬまで不安の一杯なのか、弥陀の御心を聞いてみることだと思います。

みかみみかみ 2009/12/01 23:50 YGM様
>「今助かる」と断言されているのは、阿弥陀仏です。

最後の学徒(仮) 様
>助かる、救われる、とは
>弥陀の御心を聞く、ということだと思います。
>仏願の生起本末を聞いて疑心あることなし、ということだと思います。

私、なかなか寂しい心は晴れません。身近な皆さまが、これだけ励ましてくださっているのに、心もやもやと。私は何が望みなのか。
情けないことです。
阿弥陀さまに、うちまかせればいいのに。

罪を造っているものなら、なおさら救ってみせるという大慈悲。
仏智不思議の名号を現在ただ今回向されている。
現在救うぞと働いておられる阿弥陀さま。

早く救われたいものです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証