Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-06

「そうであったのか」「はっ、そういうことであったのか。常にずっと届いていたのですね」といったようにこの先、本願力に気づかされることがあるのでしょうか。心配しなくても、そういう日、そういう時は、やってくるのでしょうか。(頂いた質問)

ただいま救われたたい者 2016/09/04 12:59

長年、いつも南無阿弥陀仏と称えたり、阿弥陀仏を念じているのですのですが、「ただいま救われる」ということには至っておりません。

「そうであったのか」「はっ、そういうことであったのか。常にずっと届いていたのですね」といったようにこの先、本願力に気づかされることがあるのでしょうか。

心配しなくても、そういう日、そういう時は、やってくるのでしょうか。

安心したいものです。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20160828/1472379264#c1472961569

阿弥陀仏の本願は私の能力によって救われるとか救われないが決まるようなではありません。とはいっても、私が安心してください、心配ありませんと言ったからといってそれで早く救われるものでもありません。

お尋ねのコメントからすると、「そうであったのか」と気がつくのであろうと思っておられるのだ感じますが、そのような先入観を持たれない方が良いです。そのような予想をつけると、どうしても救いが今ではない先の話しになってしまいます。

阿弥陀仏にただいま救われると言うのは、どこかにたどり着いたことではありません。今は救われていないけれど、どこかに救われる時があるとしますと、まだ救われていない人にとって「ただ今」はいつでも未来の話になります。

「ただいま救われる」は文字通り「ただいま」であり、未来の事ではありません。それには、ただ今救う働きが、ただ今働いていなければ成り立ちません。その「ただ今救いの働きが働いている」ことを抜きにして、「いつかは救いの働きが私に働くだろうか」と考えるのは間違いです。

蓮如上人が「弥陀をたのめ」と言われるのは、「ただ今助ける」の南無阿弥陀仏のお働きにまかせよということですから、ただ今の救いの働きがある前提で言われていることです。

「救う働き」がある時やって来るではありません、そういうものを待っても何もやっては来ません。なぜなら、ただ今南無阿弥陀仏と働いて下さっているからです。視点を未来に向けているところには、ただ今救うの喚び声はなかなか耳に入りません。なぜなら人間は、想定をしていないものは見えなかったり、聞こえないことが多いからです。授業中にちゃんと起きていれば、自分の名前を呼ばれてもすぐに「呼ばれた」ことは分かります。しかし、全く知り合いもいない初めての土地で、自分の名前を呼ばれても、「同じ名前の他人が呼ばれている」と思ってしまいます。

未来の救いを想定していると「ただ今救う」はなかなか耳に入りません。未来の私が救われると思っている人には「汝を救う」も耳には入りにくいものです。

ただ今救うの南無阿弥陀仏をただ今聞いてただ今救われて下さい。

ただいま救われたい者ただいま救われたい者 2016/09/08 21:58 私は長年の安心問答読者ですから、視点を未来には置いていないつもりなんですがね^^;

これでみそれなりには、いつも「今」を意識してるんですがね^^;

一向にただいま救われません^^;

なにがいけないのでしょうか。
なにが思い違いなんでしょうか。

でんでん 2016/09/09 08:43 上記は私も疑問に思うところであります。
私は、今を意識するというよりは、
称名のうちに、私を救う力が働いていると意識してますが、
これも未来に救いを求めてるのでしょうか?

でんでん 2016/09/09 08:43 上記は私も疑問に思うところであります。
私は、今を意識するというよりは、
称名のうちに、私を救う力が働いていると意識してますが、
これも未来に救いを求めてるのでしょうか?

たすからんともがらへたすからんともがらへ 2016/09/10 00:43 「疑情が晴れる」ということはひとえに阿弥陀仏の側の為されることがらですので、
「本願力に気づかされる」と表すような「私の側で起こること」はその結果に過ぎないのですよ。

「一向にただいま救われません」という思いを超えて、
「一向にただいま救わん」の御心をひたすら信じ、
ここまで聞かせて頂いた我が身を信じて、

我が命の限りを超えても、という覚悟をもって、
「つもり」やら「思い違い」をぬぐいぬぐいて辛抱強く、

祖師の御言葉にしたがいましょう。寸分の間違いもないですから。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

たすからんともがらへたすからんともがらへ 2016/09/10 01:20 このブログにたどり着き
やまもやさんに尋ね聞く
あなたこそは本願の正客です
名号の生きて働く姿です

念仏されませ
阿弥陀さまに抱かれませ
仏祖のご加護あれませ

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

広海広海 2016/09/10 22:18 自分の中で何か変わったことが起きたとか,救われたらきっとこうなるんだろうという思い込みがあると,それにとらわれてしまい,それが救われたかどうかの基準になってしまうんでしょうね。救われたかどうかの基準は私の方にはありません。「ただ今お前を救う」の南無阿弥陀仏をそのままま聞いていることが救いです。その後の気付きは救いの基準ではなくその人その人の味わいです。

ふくちゃんふくちゃん 2016/09/11 22:34 広海さんの言われる
「そのまま聞いている」ということが
よくわかりません。

私と
山も山さん、
広海さんらとの違いが何かあるのでしょうが
言葉で説明することの限界を感じます。

いつまでたっても
「そのまま聞いている」とはならないような気しますし、そのうち聞けるのかなぁーとも思いますし...

広海広海 2016/09/12 17:18 「汝を救う」の呼び声を聞いたことが「救われた」こと。でも呼び声は過去だけのものではありませんよね。今現在聞くことのできるものですから,「そのまま聞いている」と言いました。

無名無名 2017/03/11 10:22 何か呼び声が聞こえたから救われるのでもなく
自分が大安心大満足になったから救われるのでもなく
ただあなたが「そのまま救う」の言葉に疑い晴れるか否かでしかないと私は思います
晴れるまでは疑いしかありませんし
疑わなくなったのであればそれ以外何も無いですよ
弥陀の本願に疑いが晴れた身となった
ただそれだけです
どうならったらこうなったらもない
大海を溺れて泳いでいると思わずに、いつか大悲の願船がやってくる事と思わずに、もう無理だ。と泳ぐのをやめてみたら
なんて事はない、その下には始めから弥陀の掌が支えて下さっています
それを疑って、何とか助かろうと浅瀬を溺れていた愚かな私自身であったと気付かされただけです

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証