Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-29

「「南無阿弥陀仏」という言葉の経典上、聖教上の根拠を教えてもらえませんでしょうか。」(あどうちさんのコメント)

あどうち 2016/09/28 07:05

私は教学関係は相当無知でございまして

今更ながら質問をさせて頂きます。

「南無阿弥陀仏」という言葉の経典上、聖教上の根拠を教えてもらえませんでしょうか。

宜しくお願い致します

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20160917/1474054013#c1475013904

あどうちさん、コメントを頂き有り難うございました。エントリーが遅くなりすみませんでした。

南無阿弥陀仏という言葉が出てくる経典は、浄土三部経の中では観無量寿経です。

観無量寿経では2箇所ありますが、以下を紹介します。

かくのごとく心を至して、声をして絶えざらしめて、十念を具足して南無阿弥陀仏と称せしむ。仏名を称するがゆゑに、念々のなかにおいて八十億劫の生死の罪を除く。(浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版P115)

この観無量寿経では、五逆罪・十悪をつくってきた悪人が、まさに臨終に善知識にあい、その教えをうけて念仏した結果、極楽に往生したと説かれています。これを元に、善導大師や法然聖人親鸞聖人はこの南無阿弥陀仏が、私を浄土に往生する働きであると教えられました。

以下、それについていくつか書いていきます。

曇鸞大師は以下のように言われています

かの無礙光如来の名号は、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。(浄土論註)

この無碍光如来の名号とは、阿弥陀仏の名号のことですから、南無阿弥陀仏と同じ意味です。その南無阿弥陀仏は、人々の無明を破り、往生の願いを満たして下されると言われています。

次に善導大師は、六字釈に以下のように言われています。

いまこの『観経』のなかの十声の称仏は、すなはち十願十行ありて具足す。 いかんが具足する。 「南無」といふはすなはちこれ帰命なり、またこれ発願回向の義なり。 「阿弥陀仏」といふはすなはちこれその行なり。 この義をもつてのゆゑにかならず往生を得。(観無量寿経疏

これは、最初にあげた観無量寿経の南無阿弥陀仏の称名について、解説されたものです。

南無阿弥陀仏は、願と行が具足しており、だからこそ必ず往生できるのだと言われています。

次に、法然聖人

南無阿弥陀仏[往生の業には、念仏を先となす。](選択本願念仏集

私が浄土に往生する働きは、南無阿弥陀仏一つであると言われています。

それらの高僧方の教えを受けられて、親鸞聖人は、以下のように言われています。

しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。南無阿弥陀仏はすなはちこれ正念なりと、知るべしと。(教行信証行文類 浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版P146)

(現代語訳版より)

こういうわけで、ただ名号を称えるところに、衆生のすべての無明を破り、衆生のすべての願いを満たして下さるのである。称名はすなわちもっともすぐれた正しい行業である。正しい行業はすなわち念仏である。念仏はすなわち南無阿弥陀仏の名号である。南無阿弥陀仏の名号はすなわちしんじんである。よく知るがよい。

元は経典から、そこから七高僧方が、その解説をしていかれ、親鸞聖人がまた南無阿弥陀仏一つが救いの働きであり、信心であると教えて下さいました。

浄土真宗は、南無阿弥陀仏の宗教ですから、南無阿弥陀仏一つです。南無阿弥陀仏一つで救われ、南無阿弥陀仏一つで往生します。

あどうちあどうち 2016/09/30 07:02  詳しく教えて頂きありがとうございました。

みそみそみそみそ 2016/10/09 00:26 いつも勉強させていただいております。

結論から言うと現在経済的な事情により、とてもではありませんが仏法に向き合っている余裕が持てません。

経済的に落ち着くまでは法話も念仏も唱えられそうにありません。と言うか、南無阿弥陀仏の心すら忘れかけつつあります。

もう自分から仏法を追い求めることなんて出来なくてもうひたすら本当に阿弥陀如来に任せるしかない状況です。

本当に任せるだけでいいのでしょうか?そもそも任せると言うことがどういうことなのか全く理解できません。

生活のために仏法を置き去りにしてでもなりふりかまっていられない。でもその間に死んでしまったらゲームオーバー。

私はこれでいいのでしょうか?

求道者K求道者K 2016/11/23 21:24 興味深くよませていただきました。電子書籍のご著書も拝読している最中ですが質問させてください。(これまでと重複であればすいません)

>浄土真宗は、南無阿弥陀仏の宗教ですから、南無阿弥陀仏一つです。南無阿弥陀仏一つで救われ、南無阿弥陀仏一つで往生します。

とのことですが、数々の法話等をお聞きしましても、「必ず救われます」というお話しはお聞きしましても、残念ながら「私は救われました」というお話をほとんど聞いたことがありません。
山も山様ご本人様は救われているのでしょうか?救われていることと思いますので、是非、南無阿弥陀仏の救いとはどういうもので、どう救われたのか。往生とはどういうことなのか、そのあたりをお聞かせください。

もちろんお聖教上の言葉による表現もお聞きしたいところではありますが、この現実生活における内容としてそれがどのようなものなのか、なるべく言葉を尽くして表現してくださると有難いことです。よろしくお願いします。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証