Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-03-06

「凡夫は本願を一度でも信じなければ往生できない、という風に読めてしまうのですが、そうお考えなのですか?かりにそうだとしたら如来の本願はそんな限定的で狭いはたらきなのでしょうか?」(ototanさんのコメントより)

ototanさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。

コメントが長文の為、引用するのは一部分になります。

ototan 2017/03/05 10:24

 今回の山も山さんのお言葉は、何度読み返しても、凡夫は本願を一度でも信じなければ往生できない、という風に読めてしまうのですが、そうお考えなのですか?

 かりにそうだとしたら如来の本願はそんな限定的で狭いはたらきなのでしょうか?

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20170302/1488455135#c1488677090

本願を信じない人は、浄土に往生できないと私は書いています。

上記のコメントの文章にも書かれていますが、阿弥陀仏の御慈悲の対象に限定もありませんし、差別もありません。長い目で見れば、阿弥陀仏の本願で浄土往生しない人はありませんが、ただ浄土に往生するのは、本願を信じ念仏する人です。しかし、それも長い目で見れば今本願を信じない人も、本願力によって本願を信じるようにさせていただくときが来ます。念仏しない人も、何時かは念仏する時が来ます。その意味で狭いはたらきの本願ではありません。

御慈悲には分別はありませんが、ただ今本願を信じているかいないかについては私の側には時間差はあります。一個人でも、以前は本願を信じていなかった時はあります。

 極端な言い方をすれば、南無阿弥陀仏を知っていようと知っていまいと、信じるか信じないか、阿弥陀さんにはどっちでも良くて凡夫が他力によって救われることは揺るぎないのではないでしょうか。(ototanさんのコメント)

どっちでもいいとは思いません。念仏を勧め、信心を勧められた親鸞聖人の教えはそのためにあったと思います。


(1)
弥陀の名号となへつつ


 信心まことにうるひとは

 憶念の心つねにして

 仏恩報ずるおもひあり(浄土和讃 冠頭讃)


念仏するものでも、信心まことに獲る人は仏恩報ずるおもいありと親鸞聖人はいわれています。

第三者の往生はわかりませんが、念仏申している人の中でも、本願信ずる人と疑っている人では結果が違うと親鸞聖人はいわれています。

求道者K求道者K 2017/03/07 09:17 仏心というは大慈悲これなり。無縁の慈をもってもろもろの衆生を摂す。−仏説観無量寿経

摂はものの逃ぐるを追はへとるなり―浄土和讃左訓

選ばぬ阿弥陀と選ぶ我ら…南無阿弥陀仏

sumimasensumimasen 2017/03/07 14:23 時間というのは、人間が勝手に定義したもので、如来とは一瞬も無限も同じことなんじゃないでしょうか? 五劫思惟するくらいだから。過去と未来を一時(同時)に摂取されているので、このへりくつに準じて、凡夫がやがて本願信じ念仏申すようになる時間差や流転を一瞬あるいは一時あるいは空と読んだらどう思いますか? もうしつこく荒らすのやめますから私を切り刻むようにどなたでも自分の考えを教えてください。

林遊林遊 2017/03/07 17:41 sumimasen さん
僕の考えた仏教で、頭の中がぐちゃぐちゃになっています。
しっかりした仏教概論の本を熟読するとよいかも。
雑多な市販本の知識を積み重ねても害になるだですよ。
それと、なんでもかんでも空と言えばいいのではありません。空に嵌ったのを空病といいますが、抜けるの大変かも(笑

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

yamamoyayamamoya 2017/03/08 06:50 sumimasenさん
どのような本を読まれてきたかは分かりませんが、定評のある本を一冊読まれると随分変わると思います。空についてかかれていますが、空の世界―龍樹から親鸞へ (山口益 著)をお勧めしておきます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20170306/1488786703