Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-28

「極めてごく一部の人にしか恩恵がない法のようです。残念です。信心決定・獲得とか妙好人とか、悟りを拓いた人など、出あったことがありません。よほど感性が鋭い人でないと気づきは起らないものと思っています。800年経ってもこのありさまです。」(タケシさんのコメントより)

タケシ 2017/09/26 00:51

結局さっぱわかりません。

極めてごく一部の人にしか恩恵がない法のようです。残念です。

信心決定・獲得とか妙好人とか、悟りを拓いた人など、出あったことがありません。よほど感性が鋭い人でないと気づきは起らないものと思っています。

800年経ってもこのありさまです。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20170918/1505688465#c1506354703

タケシさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。

少なくとも私が出会ったことのある範囲の話ですが、阿弥陀仏に救われた人と言うのは、特別に感性が鋭い人に限った話ではありません。いろんな方がおられますが、その「いろんな」というのは日常に出会う人の「いろんな」とそんなに変わらないというのが正直な印象です。人並みはずれた感性の鋭い人ばかりというイメージは、信心獲得したという人に出会われたことがないからではないかと思います。

阿弥陀仏の救いは、そのうような感性の鋭さといった個人の資質に影響されないところが有り難いところです。その点があるからこそ、私もそうですが、これまでに現れられた念仏者は人にも勧めてこられました。もし、個人の資質と救いが関係あるのならば、親鸞聖人は以下のようには言われません。

しかれば凡小修し易き真教、愚鈍往き易き捷径なり。大聖一代の教、この徳海にしくなし。(教行信証総序)

(現代語版)

このようなわけで、浄土の教えは凡夫にも修めやすいまことの教えなのであり、愚かなものにも生きやすい近道なのである。釈尊が説かれた全ての教えの中で、この浄土の教えに及ぶものはない。


阿弥陀仏の救いは、「極く一部の人にしか恩恵がない法」ではありません。逆に、「自分のような者は恩恵がない法だと思っている人」の為の法なのです。自分にとっては関係のない救いと思えば、疑いも出てくるでしょうが、唯一つ阿弥陀仏がタケシさんが救われることを信じていることを知っておいて下さい、これは期待しているではなく、「必ず浄土に往生する」と疑い無く信じておられるということです。これは、世の中によくいう「自分を信じろ」ということではありません。そんな風に自分を信じられるのならば、多くの人はあらゆる場面で悩んだり苦しんだりしません。阿弥陀仏は、「自分を信じるな、私(阿弥陀仏)が大丈夫だと信じる自分(ここではタケシさん)を信じろ」と言われています。


そのように阿弥陀仏が「間違いなく私の浄土往生を信じられている」ことを聞いて疑い無いのが信心です。それには、特別鋭い感性も必要ありませんし、年齢も性別も関係ありません。それまでの人生経験も関係ありません。全く純粋に信じられる阿弥陀仏に対しては、私の疑いなどは最早意味のないものになり捨てるしかありません。


例えて言えば、猫が好きな人限定ですが、道端であるいは友人の紹介で生まれたばかりの子猫にであったとして、その子猫が「この人は自分を護ってくれるに違いない」と疑い無くまっすぐな目で見られたら、心が少しは動かないでしょうか。全ての人とはいいませんが、ある割合で子猫が信じた通りに「子猫を護る人」になる人はあると思います。では、その人は特別勝れた人だったのでしょうか?感性が鋭いと回りからも言われているような人だったのでしょうか?


その人を「子猫を護る人」にしたのは、「子猫が私を信じる心」ということになります。私の感性の鋭さではありません。


私が信じる信心ならば、いろいろな資質も必要でしょうが、阿弥陀仏が信じられているという信心は私の資質は必要ありません。

ただ今救う法を聞いて、ただ今救われて下さい。

タケシタケシ 2017/09/29 23:03 己のつまらない人生の憂さ晴らしをしているならず者にまで、
ご回答くださってありがとうございます。
ただ、このバカ(自分です)は永久に、
「はい。わかりました」とは絶対に言わないと思います。
「わからない」ことは「わかりましたと」は言えません。
口で言うのは簡単なんですけどね・・。


○○の事を思うと心配で夜も眠れない・・・。
ということは、思わなければ問題ないということです。
問題など最初からどこにもないのです。

浄土行きは、死んでからでよいです。そうなる筈です。
・問題も
・問題視する自分も
・この世界も
丸ごと消えます。

○○○○ 2017/09/30 09:53 「思うまい」と決意して思わないでいられるなら、苦労はいらないのですけどね。
思わないでいたいのに思ってしまうから問題はあり続けることになるし、この世もあり続けることになる。

でもだからこそ、それを手がかりに阿弥陀仏は救いを立てられている。
思いの強い人ほど救いに近い人であり、
その思いの廃ったところに他力の念仏があるのです。

助かりたい思いは自分で起こせるものではなく、法蔵久遠の願力の賜物です。
必ず果たされる願いですから、諦めずに求めるしかないのです。いえ諦めて求めるしかないのです。

なぜ自分ではないのか、なぜ今ではないのか
そこから目を逸らしてはいけません。
逸らさない者にこそ、「私が今」助かるときがあるのです。

「若不生者のちかひゆゑ 信楽まことにときいたり」

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証