Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-10-25

「阿弥陀仏の救いに私が入っていないような気がします」(頂いた質問)

何年も真宗のお話しを聞かせて頂いております。しかし、なかなか「阿弥陀仏に救われた」という心境にはいたっておりません。あれやこれやと考えていると、自分は阿弥陀仏の本願には入っていないのではないか。反対に、救われたと言っている人は、自分とは何かが違うのではないかと考えてしまいます。(頂いた質問)

何年も聞き続けても、何も変わらないと感じるとそのように思われる気持ちもよく分かります。

しかし、阿弥陀仏の救いに質問された貴方は必ず入っています。

それについて、理由を以下に書いていきます。

阿弥陀仏の本願は、そもそも私を救う為に建てられたものです。

そのことを曇鸞大師は浄土論註にこのように書かれています。

仏本(ぶつもと)この荘厳清浄功徳を起したまへる所以は、三界を見そなはすに、これ虚偽の相、これ輪転の相、これ無窮の相にして、蚇蠖[屈まり伸ぶる虫なり]の循環するがごとく、蚕繭[蚕衣なり]の自縛するがごとし。あはれなるかな衆生、この三界に締[結びて解けず]られて、顛倒・不浄なり。衆生を不虚偽の処、不輪転の処、不無窮の処に置きて、畢竟安楽の大清浄処を得しめんと欲しめす。(浄土真宗聖典―註釈版 (七祖篇)P57)

https://goo.gl/i8hrmc

阿弥陀仏が、本願を起こし私を救おうとされたその理由は、私の姿をごらんになると、「ホント」ということが全くなく、しかもそれを際限なく続けて果てしがないことは、尺取り虫が同じところをグルグル回るようであり、蚕が自分の口から糸を吐いて繭をつくりそこから出られなくなるようなものでした。それをあわれに思われて、嘘偽りのない、二度と迷わない世界に生まれさようと思われてのことでした。

そうして建てられた本願でありますから、私が入らない道理はありません。

例えとして、阿弥陀仏を医者、私を病人として、その病気を治す薬を南無阿弥陀仏とするものがあります。これは昔から例えとして使われていますが、現代的に言いますと、私の病気というのは「ウイルス」による病気であり、南無阿弥陀仏は「ワクチン」ということになります。

ワクチンは、それが発見される以前の薬と違うところは、「(ウイルスよる)病気にしか効かないが、それには確実に効く」という点です。例えば、昔から日本にあり有名な薬として「ラッパのマークの正露丸」があります。

f:id:yamamoya:20171024153321p:image

その効能は多岐にわたります。

効 能

軟便、下痢、食あたり、水あたり、はき下し、くだり腹、消化不良による下痢、むし歯痛

https://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/

お腹の不具合から、虫歯の痛みにまで効くというかなりの守備範囲を持っています。

それに対して、ウイルス性の病気に対するワクチンはどうでしょうか?

例えば、天然痘ワクチンは、天然痘にしか効きません。それも、発症する前に打たなければなりません。

阿弥陀仏の本願による救いは、このワクチンのように、いよいよ後生と踏み出す前に受け入れればそれによって生死を繰り返す結果を引き起こすことはありません。しかし、そのワクチンは「無窮に輪転する」ことからの救い以外に、特段病気にならなくなるとか、人間関係を修復してくれるものではありません。

ただ、今回大事なことは、ワクチンウイルスからつくられると言う点です。そのため、ワクチンは該当するウイルスにしか効き目がありません。天然痘ワクチンを打っても、むし歯痛には全く効きません。そのため、ウイルスには確実に効きます。

阿弥陀仏の本願は、私が感染するウイルスに対して生まれたワクチンですから、私に効かない筈はありません。もし、効かない人がいたらその人は、最初から「これ虚偽の相、これ輪転の相、これ無窮の相」ではなかった人だということになります。もし、そんな人がいたら、特段後生の心配は必要ありません。もう迷わない人だということになります。

しかし、そうでないならば、その後生の心配も有る意味無用です。その私の「これ虚偽の相、これ輪転の相、これ無窮の相」に対して、つくられたワクチンがあるからです。そのワクチンは、私を迷わせるウイルスからつくられたものですから、確実に効きます。

そのワクチンこそ、南無阿弥陀仏であり、その南無阿弥陀仏を成就した本願のあらわれです。

現在後生が不安な人、自分は一体なんなのかと思いつつ生きている人に、阿弥陀仏の本願は建てられています。ただ今救う本願にただ今救われて下さい。

一朋友一朋友 2017/10/26 02:05 私たちの時間には過去と現在と未来があります。
過去はすでに過ぎてしまい、愚にもつかないガラクタしか残さない。
現在はすばしっこくて掴もうとしても掴めない。
未来は何が起こるやら全く見当もつかず不安でしかない。
今手の中にあることが、未来に向かっては全く当てにできないのが万人の姿です。
そんな万人に向かって阿弥陀仏は「十方衆生」と呼びかけて下さっているのですから、
唯一の便りとすべきは阿弥陀仏の本願なのは、よくお判りのはずです。
自分だけが入っていないはずのないことも、よくよくお判りのはずです。

だけれども、自分には信じられないのです。
何を信じなくとも、これだけは信ずべきなのに。
自分の全勢力を傾けて信じようとしているのに。
釈迦は膨大な経を説き、諸仏は誠証したまい、七高僧は揃ってお勧めになり、
山も山氏や法友は間違いないからと導かれる、のに・・・

だれにどれだけ説かれても信じない心がある、ということ。
そんな者がなぜか諦めないで、何とかかんとか法を聞いてきている。
全ては願力によると知れば、自分が漏れていないことも知られます。

ただ疑う心のあることを縁(よすが)として、闇の中を進むしかないのですよ。
朋友の行けよ来たれの声を頼りに。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

為さぬ功徳の主となる為さぬ功徳の主となる 2017/10/27 03:36 何十年も聴いておる方がいくらでもいるから焦らずともいいと思います。

ねんねんねんねん 2017/10/28 19:43 曇鸞大師のお話「尺取り虫が同じところをグルグル回るようであり、蚕が自分の口から糸を吐いて繭をつくりそこから出られなくなるようなもの」迷いの中にあって自己に執着している、そんな自分を貫かずにおられぬ御本願でありました。

南無阿弥陀仏は「ワクチン」「(ウイルスよる)病気にしか効かないが、それには確実に効く」という点。そのままです。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 2017/10/30 13:55 五劫思惟というのは法蔵菩薩が一切の衆生を救済したいと衆生を理解するために五劫という果てしない間寄り添って苦楽を共にし救済の法を考え出そうとなさったそうです。
その結果念仏しかないと四十八願を建立されたのでだれ一人漏れてるわけないですね。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

ねんねんねんねん 2017/10/30 20:59 衆生を理解するために五劫という果てしない間寄り添って。
>「衆生を理解するために」法蔵菩薩さまがどれだけ諸仏のもとを聞きたずねられたか、「五劫」凡夫に理解できない長い間、寄り添ってくださったことか、大きな「病気にしか効かない」長患いを聞かせていただけば、「いまの幸せ」はただ相済まぬ、ありがとうございます。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

ねんねんねんねん 2017/10/30 20:59 衆生を理解するために五劫という果てしない間寄り添って。
>「衆生を理解するために」法蔵菩薩さまがどれだけ諸仏のもとを聞きたずねられたか、「五劫」凡夫に理解できない長い間、寄り添ってくださったことか、大きな「病気にしか効かない」長患いを聞かせていただけば、「いまの幸せ」はただ相済まぬ、ありがとうございます。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

元講師部元講師部 2017/11/01 15:37 講師部やめるときは、自分の人生はこれで終わりか、と思いつめたのですが、その後の人生は普通でした。順調でした。
仕事も、家庭も普通に過ごすことができ、いまでは聴聞もできるようになりました。普通に生きる、生活できることの有り難さがよくわかりました。
会員も講師部も実に多くのものを犠牲にして生きているとおもいます。

毎週遠方から富山に通い、収入のほとんどを親鸞会のために費やし、数十年という人生の大半を高森一族にささげるというのは並大抵の労苦ではないとおもいます。

これも、自分の後生のため、仏法のためとやせ我慢をしつづけていますが、高森会長の作り上げたからくりが見えたとき、講師部は続ける気力を失うでしょうし、会員も会を去ってゆくのでしょう。辞めた元講師部の人とたくさんあってきました。退部の理由の根っこは一緒だとおもいます。

それでは、親鸞会が浄土真宗の流れを変えるとか、唯一絶対の全人類を幸福にする道、だとかいう大層な理念は、ウソだったのでしょうか。
今議論されている教義面の問題は別といたしまして、高森会長の想いという点については、私はそうは思いません。高森会長は、そのような思いで一生懸命布教に励んできたのだとおもいます。しかし、世界も浄土真宗界もそんな単純なものではなかったのです。学生運動をそのままコピーしたような親鸞会学生部とその延長戦にすぎない講師部の活動では、世界はもとより真宗の流れをかえることなど全く及びませんでした。親鸞界は、高森会長一代で泡沫のようにその命を終えようとしているのです。

もう会長も長くはないのでしょう。すでに講師部は、分裂の様相を呈していると聞きます。

「幸せのタネ」というネタで生きてゆこうとするものや、アドラー心理学とやらの看板を生業にしているものもいます。すなわち、浄土真宗の看板を下ろして何らかの教義を伝道するもの、自分は救われたと宣言し自分の信者を囲おうとする人、2代目に死ぬまで就いてゆこうとするもの、あきらめて世間の仕事につく人、様々でしょう。

この様相は、思惟するに、とうの昔に、すべて阿弥陀仏がお見抜きになられていたものでありましょう。しかしながら、この流れは、阿弥陀仏のお働きによるものであり、高森会長のマインドコントロールでがんじがらめにされた親鸞会の会員、講師部員にとって自分の人生と求道を取り戻す本当によい機会なのだとおもいます。

高森会長が、あの駄作映画「なぜ生きる」をなぜ自分の人生の終末に作ったかわかる気がします。
「自分一人で死ぬのがさびしい。お前らも死んでくれ。自分が死んでも自分の子孫にどうか尽くしてくれ。それが遺言だ。」とでもいっているようにおもいます。あんな駄作を何度みても阿弥陀仏の本願はわからないでしょうに。感動したといっている人は、あれを見て一体何がわかったのでしょうか。

先日、嶋田さんに、お会いしてきました。仏法の話をいろいろ伺うことができました。私からは、「本当に嶋田さんのお力が必要になるのは、親鸞会が分解に向かうこれからですよ!」と申し上げて来ました。  合掌

   2017/11/02 22:11 会長亡きあとの世界を思うと、胸が熱くなるのを感じます。
確かに嶋田さんも受け皿になるのでしょうが、山も山さん、飛雲さんも大きな一角を占めるのも間違いないでしょう。山も山&飛雲コンビにはこれまでの実績にも鑑みて、期待するところは大きいものがあります。
ただ、元会員であってなお本願寺にも何処にも縁のない私みたいな者からすれば、親鸞会を脱してから雄々しく立つ者の出現を楽しみにしたい気持ちのあるのも事実です。

自信教人信 難中転更難 大悲伝普化 真成報仏恩

大悲の生きて働くダイナミズムを、この目で見て、立ち会い、関わりたいものです。

みそみそみそみそ 2017/11/06 17:54 結局救われなかったものは何処へ行くのでしょうか?
救われないまま死んでしまったら、今まで聞いてきたことは無意味になってしまうのでしょうか?
だとしたら私が仏教に出会ったことに何の意味があるのでしょうか?

何をどう考えても私には助かる縁手掛かりがあるようには思えません。
阿弥陀仏の本願を聞いてもただの「お話し」としか受け取れません。信心と呼ばれるものが欠片ほども沸き起こって来ません。

スナオスナオ 2017/11/07 14:32 みそみそ様
私の中のどこを探しても、仏になれるようなものはありませんでした。
どういう聞き方をすればご本願を聞けるのだろうか呼び声が聞けるのかと悩みました。
ですが、お聖教のどこにも「私がどのようにしたら救われるか」「私がどのようにしたら本願を聞けるのか」の方法は書いてありませんでした。
聞き開けた人と、自分との間に大きな断絶があるように感じました。
聞き開けた人には何かコツでもあるのではないかとも思いました。
まだ何か自分が知らないことがあるのでは?とも思いました。
だからお聖教を読まずにいられない、聞き開けた人にすがらずにいられない、そのような心境でした。
阿弥陀如来はまだ何か秘策を持っているのかもしれない。これから何か知らされることがあるのかもしれない。何かに気づけば聞き開けるのかも、とも思いました。
しかし、実際は何もありませんでした。それ以上の気づきはありませんでした。
分かったことは、そんなことをひたすら続けているのが私の本当の姿だということでした。それが流転輪廻をしている私の姿でした。
そして、そんな私を「何とか出離させてやりたい」と、ずーっとお慈悲のまなざしで見つめておられるのが阿弥陀様でした。
いまのみそみそさんを、阿弥陀様はどのようにご覧になられているでしょうか?

yamamoyayamamoya 2017/11/07 21:09 みそみそさん
詳しくはまた明日書きますので、端的に今回は書きます。
救われなかったらどこへ行くのかについては、「生死輪転の家に還来する」と正信偈に言われています。
また、救われないまま死んでしまったら、今まで聞いたことは無意味になるのか?については、「聞いたことが(知識)」や「聞きに行く為に使った時間や体力」のことについていわれているのでしたら、もともと知識や、それらに費やした労力というのは、救われる足しになるわけでもありませんが、妨げにもなりません。
救われるかどうかは、南無阿弥陀仏一つです。

一朋友一朋友 2017/11/09 06:58 >みそみそさん
>何をどう考えても私には助かる縁手掛かりがあるようには思えません

阿弥陀仏の調熟の光明は、信心が欠片もない者の上に「あきらめない心」となって現れています。
我が力にて聞くのではなし、聞かぬ己れに嘆きながらもあきらめ切れないのは、阿弥陀仏のお力です。

おかる同行も
「こうにも聞こえにゃ、聞かぬがましか
聞かにゃ、苦労はせまいと言えど
聞かにゃ、堕ちるし、聞きゃ苦労
今の苦労が、先での楽と、気休め言へども、気がすまぬ
済まぬまんまと、済ましにかかりゃ
雑修自力とはねだされ、どうして、他力になるのじゃろ」

と、同じ道を歩んだのです。
自力で自力を剥がすことができない以上、南無阿弥陀仏に任せ切るまでです。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20171025/1508873398