Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-11-19

「「救われる」とはどういうことですか?阿弥陀様から信心をいただくことですか?南無阿弥陀仏と称えていても何もわからない者は、今回の回答にあるように生死流転をするのですか?」(セリさんのコメントより)

セリ 2017/11/16 19:27

「救われる」とはどういうことですか?

阿弥陀様から信心をいただくことですか?

南無阿弥陀仏と称えていても何もわからない者は、今回の回答にあるように生死流転をするのですか?

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20171113/1510556193#c1510828055

エントリーが遅くなりすみませんでした。

「救われる」とは、RCさんがコメントに書かれてますが、「成仏」です。そして、生きている間は浄土に往生することに定まった身になることをいいます。

信心とは、阿弥陀仏の本願を聞いて疑い無いことですから、信心というなにか「モノ」を頂くことではありません。

そこで南無阿弥陀仏とは、阿弥陀仏の本願が成就したものなので、南無阿弥陀仏を聞いて疑い無いことをまた、信心といいます。

その意味で、南無阿弥陀仏を称え聞いても疑いがある人は生死流転します。

ただ、お尋ねの趣旨からすると「南無阿弥陀仏と称えていても何もわからない者」と言われていますが、阿弥陀仏に救われた人と言っても何か智慧が勝れるような人になるものではありません。南無阿弥陀仏が、私を助ける本願そのままであると聞き入れるだけであるので、病気がなおったことに例えられます。といいますのは、私たちは病気にかかって、その病気が医者や薬の力で治ったとしても、ただ「病気がなおった」だけであって外は何もかわりません。病気が治った刹那に病気についての専門的知見が身に付くということもありませんし、なぜ治ったのかという医学的な背景が突然理解出来るということもありません。

ここでいう病気が治ったというのは、生死流転するという病が治り、往生浄土が定まり仏になることをいいます。この南無阿弥陀仏で、生死を続ける病が治ったということは疑い無く聞き入れても、それ以外は何も分かりません。

ただこの南無阿弥陀仏が私を救う法だとただ今聞いていることを信心といいます。

セリセリ 2017/11/20 19:08 回答ありがとうございます。
南無阿弥陀仏と称えても、阿弥陀様もわからないし、ましてや成仏するなど到底思えません。
これが疑いがあるということでしょうか?
阿弥陀様が私の成仏を誓われているのだから、私の方がどう思おうが関係ないのですか?
仮土にも行けないのですか?
絶対絶対ににもうこのような世界に生まれたくないのです。

セリセリ 2017/11/20 19:08 回答ありがとうございます。
南無阿弥陀仏と称えても、阿弥陀様もわからないし、ましてや成仏するなど到底思えません。
これが疑いがあるということでしょうか?
阿弥陀様が私の成仏を誓われているのだから、私の方がどう思おうが関係ないのですか?
仮土にも行けないのですか?
絶対絶対ににもうこのような世界に生まれたくないのです。

セリセリ 2017/11/20 19:10 申し訳ありません。
2回コメントが投稿されてしまいました。

R1000R1000 2017/11/21 11:15 山も山さん、皆さんが書かれている通りなので完全に蛇足なのですが。

セリさんのコメントに共感したので少しだけ失礼します。
セリさんはもう、絶対に絶対にこのような世界(迷いの世界)に生まれることはありません。

「三悪道から離れて人間に生まれたことはとても有難いこと」
「阿弥陀さまが人間に生まれさせて下さった。頂いた命なのだから」と教えられます。
今はその通りだと思います。
それでも、もうこの世界にはいたくないという気持ちは日々強くなってしまっているのが俺の偽らざる現実です。
それに伴い、申し訳なく思い、自己嫌悪します。

ただ、もう生死を繰り返すことはないんだろうなと安心しています。
周りを妬むことも自己を憐れむ気持ちもほとんどなくなりました。
南無阿弥陀仏がこの世界にも届いていたからです。

執持抄にあるように、弥勒菩薩様でさえ仏さまの世界は分からないのに、俺みたいな凡夫に自分が死んでいくという大問題をどうこうすることなんて、どうしたって無理でした。
死んだ後どのような世界に行くのか、サッパリ分かりません。
ただ、阿弥陀さまにお任せ状態になってしまったので心配はしていません。
俺の場合、人生を苦しみ抜いた挙句、孤独と恐怖に慄きながら後生に突っ込んで当たり前だったのですから。
仮に行く先が地獄でも後悔はありません。
「こんなに苦しんでるのに助けてくれない」とあれだけ阿弥陀さまを恨み呪っていた自分でさえ、誓願通りの身にして頂けたのですから。
俺やセリさんがなにかする事で救われる者なら、それこそ阿弥陀さまの誓願からは外れているんです。
本来、仏さまとは縁のない我々の為に阿弥陀さまは気の遠くなる期間ご修行され、セリさんを成仏させる南無阿弥陀仏が完成し、俺もセリさんもそのお働きの中にいます。

だから、冒頭のように書きました。
万劫にも遭えない教えに既にあわれ、阿弥陀さまの救いを求められているセリさんは、阿弥陀さまに導かれてるなぁと思います。
今の俺は生きる事に疲れきってしまっていますが、法に触れる事、お同行の存在を確認することで不思議と幸せな気持ちになります。

何を言ってんだお前は、と思われるでしょうが、有難うございます。
仕事中にパッパと思うままに書いたので、よく分からない文章になってしまい失礼しました。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

まんじゅまんじゅ 2017/11/21 14:01 後生の心配は全て阿弥陀さまにおまかせして、南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏と念仏を称えながら、思うようにならない毎日を生きています。

私も、南無阿弥陀仏と称えても阿弥陀さまのことはさっぱりわかりません。
阿弥陀さまが、「我が国に生まれると思いなさい」と呼んでくださるので我が国に生まれると聞いているだけです。
成仏すると聞かせて頂いても、成仏がわかりません。
「成仏させて頂ける。そうですか、ありがとうございます。」と思って、その大変な意味も分からないまま、南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏と念仏を称えいます。

何もわかりませんが、何もわからないままおまかせしています。

後生の心配は全て南無阿弥陀仏におまかせしたので、行先は全く心配していません。
阿弥陀さまが連れて行って下さるところに連れて行かれるだけです。

成仏できると聞くと少しうれしくなりますが、地獄に堕ちたとしても後悔することはありません。
もともと地獄行きの私が地獄に堕ちただけですから。

でも、その地獄にも南無阿弥陀仏が届いていて、地獄に堕ちて苦しんでいる私にはわからないでしょうが、地獄の底でも南無阿弥陀仏は私と一緒です。

以前は何とか化土の片隅にでも生まれさせて頂きたいと思ったこともありました。

セリさんは浄土に生まれます。
弥陀の本願は、セリさんを浄土に生まれさせるという誓いだからです。

振り返れば私の人生は恵まれていて感謝することが多く有りましたが、苦しくて、
絶対絶対に、もうこのような世界に生まれたくないと思っています。
この一生を生き切れば、あとは阿弥陀さまにおまかせできる。
それがとてもありがたいです。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

yamamoyayamamoya 2017/11/21 19:05 セリさん
コメント有り難うございました。
本当に成仏できるのだろうかと思うのも疑いの一つです。しかし、その心を自らの力で無くすことで疑いがはれるということではありません。
往生浄土は、私の思いぶりで行けたり、行けなくなったりするものではありません。私がどう思うという私の頭の中とは別のところで、阿弥陀仏は本願を建てておられます。必ず往生浄土させる本願ですから、それをその通りと聞き入れたのが「聞いた」という信心です。
必ずただ今救われます。

セリセリ 2017/11/21 20:17 お返事ありがとうございます。
絶対にまたこの世界に生まれることはないのですね。阿弥陀様の浄土へ行けるのですね。
本当に本当にうれしいです。

私個人の思いとしては、
本当は死んでしまって無になりたいけれど、死んでもどうやら無になりそうにないらしい。
また生死流転を繰り返すのなら今生は阿弥陀様から聞いて聞いて聞きぬきたい。
こんなことは今回で絶対に終わりにしたい、という思いが強いです。

でも今だけこんなに安心できるのかも…また不安に苛まれるかも…と考えます。
私には私の歩みがあるのでしょうね。
阿弥陀様はいつでも一緒だから見ていてくれますよね。
また質問させてください。
皆様が答えてくださるのが、お浄土から阿弥陀様が答えてくれているようでとてもうれしいです。
お時間を割いていただきありがとうございます。

みよひろみよひろ 2017/11/21 22:25 自信がないところには『ね』を最後につけて
相手に確認されてますね

救われたいから無理やり納得しょうとされてませんか?
心配です。

R1000R1000 2017/11/21 22:27 >>セリさん

少し気になったのでちょろっとだけ。

十劫も昔に阿弥陀さまは南無阿弥陀仏を成就され、セリさんを仏にする働きが働いているのに、なぜ今この世界にセリさんが迷っているのか疑問ですよね。
それは「還来生死輪転家 決以疑情為所止」と正信偈にあるように、疑情ひとつが原因でした。

疑情を疑蓋とも言われますが、既に阿弥陀さまのお働きはセリさんに届いていて、今もお念仏となって口からあふれ出ようとされているのに、疑いがフタとなっている状態なんだと思います。

例えば謎の組織の人がファミレスのボタンみたいなものを俺の前に持ってきて、「これを押せば安楽死できます。thinking timeは1分。チャンスは一度きりです」と言われたら、俺は多分、3〜7秒で押すと思います。
そんな俺が言うのも変ですが、セリさんも俺も明日はおろか今日の命の保証もないのがこの世界なんですよね。

なにが言いたいのかというと、今阿弥陀さまに全てお任せして、お念仏喜ぶ身になっちゃってほしいなってことです。
セリさんを追い詰めたり焦らせてしまうかもという懸念があったので、書かない方がいいかなとも思ったのですが。

ただ、間違いなく阿弥陀さまはセリさんといつでも一緒です。
俺は時々日本語が不自由なので、色々と済みませんでした(汗

南無阿弥陀仏

セリセリ 2017/11/22 20:38 お返事ありがとうございます。
無理やり納得しようとしているのかもしれません。
自分でもそう思います。
浄土に行ける!よかった!とは思いますが…
これ以上なんと言ったらいいかわかりません。

R1000R1000 2017/11/22 22:42 >>セリさん

今晩は。
セリさんは阿弥陀さまとご縁の深い、尊い方だなって俺は思ってます。
世の中には死ぬほど苦しんでる人が沢山いて「本当に、聞いてほしい」と強く思っても、なかなか仏さまの話を聞かれる方は現れないように感じています。
俺もここには書けないような罵詈雑言を阿弥陀さまに吐き続けた●●野郎でした(まぁ今も●●野郎ですが)。

迷ったり辛かったりした時、嬉しい時悲しい時、いつでもいいですがお念仏してほしいなって思います。
誤解を恐れずに言えば阿弥陀さまの救いって、阿弥陀さまのお働きのままにお念仏するだけですから。

あと、全国各地で浄土真宗のご法話は開催されているので、ご法話会場に足を運ばれて心ゆくまでお聴聞されるのもいいかもしれません。
ご存じかもしれませんが、「あさ川進の、宗教と私」というブログの最新記事に法話情報を検索できるサイトが紹介されてましたし、勉強会のお知らせなどもあります。

ちなみに、その勉強会で話される布教使さんのお寺で明日ご法話があるので、俺は行くつもりです。
うちの会社は勤労感謝の日に勤労させるドブラックであり、俺の上司は実の父親をグーで殴れるDQNなのですが、今年度の有休を全て使い切ってやりました。

ご自身を追い詰めなくても、苦しまなくても大丈夫ですよ。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

軽々軽々 2017/11/23 03:22 自分の中の「助かりたい心」と真摯に向き合いましょう。
助かりたい、のか
助かりたくない、のか
はたまた、どうでもよい、のか

お念仏を称えたらわかるんです。
切ない何かがあるうちは、まだ、です。
称えながら軽やかで、
どうでもよい、と言えるほど頼もしい。
そんなお念仏称える日が、必ず来ますよ!

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

みそみそみそみそ 2017/11/23 18:35 「ただ今救う法を聞いてただいま救われて下さい」

聞けば聞くほどわけがわからなくなります。

絶対に助けるというのが阿弥陀様の誓いなのになぜ私は助かっていないのでしょうか?

セリセリ 2017/11/23 21:21 私も聞けば聞くほどよくわからなくなっていきます。
みなさんが言われる信心とか安心と自分の感じることは遠く隔たりがあるように感じます。
阿弥陀様や自分に本気で向き合いたくなくて、世間の楽しみでごまかしたい、とも思います。
子育てや趣味で生き生きしている人を見ると、まぶしくてうらやましくて正直言いますとそんな事が楽しめる自分になりたかったです。
でもそうなれない現実を突きつけられて、もうお念仏するしかないと…
よき人の仰せに従い、ただ念仏する、それだけになりたいです。

YGMYGM 2017/11/24 09:28 妙好人のしょうまさんの言葉に、
「よろこびはあてにならん、消えてなくなるぞ」
という言葉があるときいたことがあります。

阿弥陀さんが助けると言ってくれているから大丈夫と、
「大丈夫」をつかんではいませんでしょうか。
「私が、大丈夫と思いたい」「私は、大丈夫と思っている筈だ」などと。

「私が・・・、私は、・・・」の方は不要です。
 必要なのは、この「私が・・・」の方ではなく、
『阿弥陀さんが助ける』のみです。
 それを私がつかみなおして「大丈夫」と思おうとしているとすれば、
 そのまま聞いた(聞即信)のではありません。

「阿弥陀さんが助ける」→「大丈夫」
 この「大丈夫」が欲しいですし、つかみたくなりますので、
「阿弥陀さんが助ける」が0でも、「大丈夫」が100となっていませんか。

「阿弥陀さんが助ける」が100。これをそのまま受け入れるだけでよいのです。

ゼムクリップゼムクリップ 2017/11/24 12:37 素っ頓狂なことを言うと名前を変えなきゃいけないかもしれない
御開山も変えておられる
名前の威力はすさまじいものがある

yamamoyayamamoya 2017/11/24 20:41 みそみそさん セリさん
再びコメント欄ですみません。

「南無阿弥陀仏」も「ただ今助ける」も、言葉で表しているものは文字通りです。しかし、私たちは、「文字通りです」と聞くと「文字であらわされたもの」をついつい想像してしまいます。
最近読んだ本にあった例えですが、「琵琶湖」とはなんですか?と聞かれて「それは日本一の湖」とか「滋賀県にある」といろいろということができますが、そういうWikipediaに載っていることを「知った」ということで「琵琶湖」が分かったわけではありません。一度目の当たりにすれば「これが琵琶湖か」と分かりますが、Wikipediaで全てがわかったわけではないこともわかります。しかし、目の当たりにした人が、その後「琵琶湖はどんなものですか?」と聞かれれば「日本一の湖」などの説明をすると思います。とはいえ、その説明文句をどれだけ解析しても、やはり目の当たりにするしかありません。
南無阿弥陀仏は、南無阿弥陀仏として阿弥陀仏の仰せとして聞いてみて下さい。「こんな意味だろうか」という考えをさしはさむ必要はありません。

みよひろみよひろ 2017/11/24 22:17 みそみそさん
〉「ただ今救う法を聞いてただいま救われて下さい」
〉聞けば聞くほどわけがわからなくなります。
当たり前です。聞いてないから(助からない自分を気づかずよそ見をしているから)聞こえないのです(たすける仏様にあえないのです)。

〉絶対に助けるというのが阿弥陀様の誓いなのになぜ私は助かっていないのでしょうか?
それは阿弥陀さまを否定しているからです。
それさえも気づかない愚かものだからです(みんな、そこにでます。私も親鸞さま、蓮如さまも…みんなそこにでます。
たすからないと私をみる阿弥陀さまを否定して
いつか助かるはず、頑張れば助かるはず、念仏すれば、そのうち信心いただいて…、死んだら仏様がたすけてくれるはず、今生はだめでもまた生まれ変わって…
全て自力のこころ(助からないやつがたすかると思う心)で
阿弥陀さまより自分が正しいという邪見で、
たすからないのいつかはたすかると思う驕慢な悪衆生だとしらされてない。
助かってないのは
助かるはずと思うこころがあるからです。

これをみてもわからないなら
もっと阿弥陀さまの光があたるあなたの心をみてください。
なぜ煩悩はなくならないのか?
なぜ煩悩の罪が恐ろしいと感じないのか?
そんな心は死んだらどこにいくのか?罪はどうなるのか?
そして阿弥陀さまはなぜ仏様になられたのか?
どんなやつをみすてることができず仏様になられたのか?

みよひろみよひろ 2017/11/25 06:01 セリさま
〉浄土にいける。よかった。うれしい。
その心が邪魔です
それはあなたの心が助かりたいと思って作った幻です
それが証拠に生まれてきてよかったという喜びはないのでは?

セリさんは
自分はだめだから安心できないと思っていませんか?

だめだからというのは、だめではない自分を夢みている。

かわれると思っていませんか?
かわれるなら善人です
仏様は必要ありません。

〉この世のことに没頭して仏様のことを忘れたい
それが本当のあなたではありませんか?
楽をもとめ苦しみからにげたい
それだけでは?

幸せな人をみて「よかったね。うれしい。」と思えず
妬み、愚痴る。
それがあなたのメッキをはがされた姿であり
私の姿です。それはかわりません。
それは誰がみせてるのでしょうか?
なんのために?あなたをいじめるため?

そんな汚い心から仏様を信じる尊い心、素直な心がおきるでしゅうか?
行もだめ。最後の希望の仏様を信じる心もない。
汚い心で自分中心。
悪いことをしても正当化してにげる。
死んだらその心はどこにうまれる?
お浄土?
都合がよすぎじゃないですか?

で、阿弥陀さまは
どんなやつを助けるために仏様になられた?
良き人はどういわれてます?

 R1000 R1000 2017/11/25 16:08 「ただ今救う法を聞いて、ただいま救われて下さい」。

俺もそれが分からずにイライラしてました。
「それが分からないから聞いてるんじゃねーか」みたいな(山も山さん、済みません・汗)。

振り返ると聞いて納得したい、なんとか救われたい、どうすれば、と自分の心、気持ちにしか目が向いてませんでした。
ご存知のように、口伝鈔に阿弥陀さまの大慈悲はどのようなものが相手か書かれています。
「如来の大悲、短命の根機を本としたまえり」。
「されば真宗の肝要、一念往生をもって淵源とす」。

俺は信心を頂こう、頂こうとしてドツボにはまってしまった気がします。
本当は、阿弥陀さまのお働きがもう働いてると聞いたら、こちらの計らいに用事はありませんでした。
こちらが計らわなきゃ救われないとなったら、今が臨終だったらどうしましょう。
「納得したら」「分かったら」「信心頂いたら」「お念仏称えたら」「喜んだら」。
「たら」がいらないというのが平生業成です。
だから今が臨終の人でも、みそみそさんもセリさんも今助かるんです。
ご自身の心やお気持ちを問題とせず、阿弥陀さまの御心を聞かれてほしいな、と思います。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

セリセリ 2017/11/26 09:50 阿弥陀様は私を助けるために声の仏様とまでなって南無阿弥陀仏と、私の口から出てくださり助ける助けると告げ知らせてくれていると聞いています。
でも聞こえません。
阿弥陀様の心が聞こえません。
私がどう思うかしかわかりません。
ずっとこの問いを自分の中でを繰り返してきて、やっぱりわかりません。
こんな自分が浄土に行けるなんて都合がいいと思い、自分の罪は自分で引き受けなければならないと、以前考えた事もありました。
でも怖くて不安だからじっとしていられなくて…でもわかりません。

 R1000 R1000 2017/11/26 13:24 >>セリさん

今日は。
俺も、なにも分かりませんよ。
自分の安心が正しいのかも。
ただ、山も山さんほどの方から「 R1000さんは異安心です」と言われたとしても「そうですか。それは阿弥陀さまに聞いてみます」という感じです。
18願のお誓い通りに計らいに用事がなくなってしまっただけでなく、縁に触れ折にふれ、この口からお念仏が出て下さる。
お念仏が出なくても不安になる必要はなくて、蓮如上人が言われるように俺の往生の証拠が俺の世界にも届いてるから、「あ、じゃあ俺も成仏させて頂けるんだな」と思うだけです。
それは文字にすれは南無阿弥陀仏、紙に描けばご絵像、木に刻めばお木像といった形で証拠は届いています。
セリさんを必ず成仏させる。そうでなければ仏とならないと誓われた菩薩さまが、まだご修行中なのか、それとも既に阿弥陀と名乗る仏さまとなられたのか。
それが大事です。

俺に教行信証はちょっと難しいですが、蓮如上人のご愛読書であった安心決定鈔は俺でも読みやすく、とても有難いです。
よろしければ一読されてみて下さいな。

何も分からない俺は、昨日「仏説阿弥陀経」と「仏説無量寿経」の上巻を拝読して、今下巻を拝読してます。
最近、なんとなく俺の寿命はそろそろな気がして、浄土真宗の王道のような話をされる方以外、お味わいやら生き方やらが中心のお話をされる方からはあまり聞く気がしなくなりました。
残念ながら現代に釈尊のような生きた仏さまはおられないので、お経を通して仏さまから聞かせて頂いています。
今は喫茶店で安心決定鈔は持ってきてないので、帰ったら拝読しようと思いますw

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

みよひろみよひろ 2017/11/26 22:40 セリさん
〉でも聞こえません
南無阿弥陀佛は絶対に永遠にたすからない奴(悪人)に対して
仏様の「お前はたすからない。だから俺をたのめ。俺が救う」と
いう叫び声です。
たすからないやつがどうやったら助かるか思案している人や
救われると思っているひとには
聞こえませんしわかりません。

せりさんのいう問いはなぜ聞こえないのだろう、どうしたら聞こえるのかという問いではないですか?
なぜ聞こえない?→聞こえたらすくわれるのに
なぜわからない→わかったらすくわれるのに
それは同じところを永遠にまわる自力のループです
たすからないのに助かったというゴールをめざす
助かるゴールはありません。ないのにさがす。
だから繰り返すのです

あなたは地獄行きなのに
心をみたらわかるでしょ?
地獄に行きたくない助かりたいという自力(たすからないのは自分をたすける力がない。しかし自分にはあると思うので自力といいます。ちからがないのではからいともいいます)が
あなたを助ける力(他力)をもった仏様を拒んでいるのです。
悪人を救う仏様ですよ。悪人はだれ?
それさえも気づかず本人は仏様にあう道を進んでいると勘違いして
仏様がいないほうを進んでいます(逃げている)

阿弥陀さまは光の仏様でせりさんの心に智慧光をあてて
たすからないを教えて、助ける!南無阿弥陀佛と叫んでおられるのです。

あなたは自分のてがらで
自分の、ひどいずる賢い冷たい心に気づいたと思っていませんか?
わからないわからないといいながら
なぜそこはわかったのでしょうか?
多くの人は気づいてないのに。

RCRC 2017/11/27 17:32 セリさま。
みそみそさま。

「南無阿弥陀仏」と、称えてみてください。

なぜ、あなたの口から 「南無阿弥陀仏」という言葉が、出るのでしょう?

「 南無阿弥陀仏 」という言葉が、 あって、そして、「 南無阿弥陀仏 」という言葉に出遇えたからですね。

「 南無阿弥陀仏 」という言葉は どうして、今 、この世界にあるのでしょう?

「 南無阿弥陀仏」という言葉が 作られて、伝わってきたからですよね。

なぜ 「 南無阿弥陀仏」が作られたのでしょうか。

悲しいことに、私には 阿弥陀さまを知る知恵も、感じる心も 無いから。
阿弥陀さまは、私の耳に 届くように 「南無阿弥陀仏」の六字になってくださったのです。

「南無阿弥陀仏」の価値を知らなければ、「南無阿弥陀仏」は、ただの六字です。

でも、今、私たちは、教えに出遇って、南無阿弥陀仏の価値を 教えていただけました。

「あなたを 仏に できなければ、私は 仏になりません。」と誓った法蔵菩薩が 既に 阿弥陀仏になって おられます。だから あなたを仏にする仏様が、今 、正に 、おはたらきです。

『あなたを必ず仏にする仏が 、今 おはたらきですから、あなたは 必ず仏になるのです。』

あなたの心が嬉しくなったり、あなたが、お念仏したから、仏になれるのではありません。

あなたを必ず仏にする仏さまが、はたらいていることが、なぜわかるのか?
それは、今 、ここに 、南無阿弥陀仏 が聞こえているからです。
あなたを仏にできなければ、仏にならないって誓って、ご修行に入られた法蔵菩薩のご修行が完成して、阿弥陀仏となられた 阿弥陀仏が、
私に そのことが わかるように「南無阿弥陀仏」となって、くださった。

この教えをお聞きした 人は
南無阿弥陀仏は ただの六字ではなくて、
阿弥陀仏の大慈悲から作られたもので、「お前を 必ず仏にするから、安心していいんだよ。心配いらないよ。」という意味、価値があることを知ったわけです。

南無阿弥陀仏の意味、価値を知ったこと、わかったことが、信心です。

私は、ただの平凡な人間でも、南無阿弥陀仏を与えていただいています。

阿弥陀さまから、「必ず仏にする」っていう願いをかけられ、そのおはたらきの中に あなたも、私も いるのです。


私の心は、
「なるほど。
法蔵菩薩さまが、菩薩さまのままだったら、今 南無阿弥陀仏と聞こええることは、ないわけだし。
南無阿弥陀仏が聞こえるってことは、必ず私を仏にする阿弥陀仏が、今 おはたらきくださっているのですね。
あー、よかった。有り難いな。
南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。」
です。

教えを 教えの通りに 聞くだけです。

よかったら、
12月3日 埼玉、熊谷に、「南無阿弥陀仏は、私の往生の証拠」というお話しを 聞きに来られませんか?
お待ちしています。

◎埼玉恵日会

日時: 12月 3日(日曜日)
14:00〜17:00
場所: JR熊谷駅 直結 ティアラ21 4階
ハートピア 会議室 2
(熊谷市男女共同参画推進センター)

講師: 阿部 信幾 先生
(本願寺派補教 )

南無阿弥陀仏

セリセリ 2017/11/28 22:49 色々コメントしてくださって、情報量が多くて混乱しているので改めて見返して考える時間が欲しいです。
言葉はわかっても、それが何を表現されているのか全然わかりません。
今日一日、なんてお返事したらいいのか考えていました。

RC様、ご法話のお誘いありがとうございます。
でも当方遠方の為難しいかと思います。せっかく教えてくださったのに申し訳ありません。
近くに別院があるのでそこに行かせてもらっています。

みよひろ様、どうして自分の醜い心がわかったのか、とありましたが、
それは私にとって受け入れがたい現実があったからだと思います。
自分が死ぬほど嫌いだと気付きました。

R1000様、安心決定鈔読んでみます。
私はいつも西方指南抄の「ただくちにて南無阿弥陀仏と称えば声につきて決定往生のおもいをなすべし」の部分ばかり読んでいます。

YGMYGM 2017/11/30 16:21 セリさん
「ただくちにて南無阿弥陀仏と称えば声につきて決定往生のおもいをなすべし」
これを何度も読むことは大切ですが、それよりもこの通りにするのが大事です。
これを読んでどう思ったかではなく、
この通りに南無阿弥陀仏と称えて、往生できるという思いをなすべし。です。

みよひろみよひろ 2017/12/01 19:25 せりさま
質問がわかりにくくてすみません
なぜ自分の醜い心にきずいたかではなく
だれが気づかせたか?という質問でした

わたしも人としてあってはならない心に
唖然としました
自分の心はこわれていると思いました。
同じです。

みよひろみよひろ 2017/12/01 19:42 せりさま
自分の心が死ぬほど嫌い?
その心を嫌いになれず
かわれないならそのまますくいたい方にあわれましたか?

辛いかもしれないですが
もう一度心をみられたらいかがですか?

欲、いかり、ねたみなどの煩悩は
あなたの脳の意識の外から起こっいるのは気づかれましたか?
腹をたてるなと脳が命令をしても
次々におこり
まけて怒りを爆発するか
嵐がさるまで我慢するだけでは?
脳の意識は
奥底から起こる煩悩を言葉にして理解して
それを抑えるか、逆に正当化する理屈を考えているだけでは?

R1000R1000 2017/12/01 20:45 あの〜。

俺も含めて、もうちょっとセリさんのお気持ちを尊重してあげませんか?

>>情報量が多くて混乱しているので改めて見返して考える時間が欲しいです。

と言われていますし。

俺は阿弥陀さまにお遇いする前、苦しんでた時に別ハンドルでこちらに質問させて頂きましたが、不愉快な思いをしました。
俺は山も山さんに質問して答えて頂いて、「有難うございました。」と返信したら「本当に分かったの?」的な事を偉そうな言葉遣いで全く関係ない人から言われました。
シカトしてたら、しつこく2回くらい。
「お前、誰だよ」と思いましたね。

親しい間柄でもない、初対面の人に押しつけがましく言いますかね普通。
ネット上の気楽さからか、相手の思いや苦しみを考えずに書き込まれる方が多いように感じました。
何年も前の話ですけれど。

ここは山も山さんのサイトですし俺がどうこう言える立場じゃないので、嫌なら見なければいいだけなのですが。

失礼しました。

セリセリ 2017/12/02 01:00 わざわざコメントありがとうございます。

みよひろ様、
だれがその心に気づかせたか、という質問でしたが
自分でも見当違いの答えだと思いましたが、そう答えたくて、書きました。
自分に都合が悪い現実がなければ、聴聞のきっかけすらなかったからです。
だれが、はわかりません。
仏様が気づかせてくれる、とお聞きしたことはありますが…自分ではわかりません。
コメントくださった最後の7行分の文章、本当にその通りだと思います。
自分の心に振り回されてばかりで疲れてしまいました。
そんな時にお念仏しようってふと思い出します。
でも何もわからないので最初に「南無阿弥陀仏と称えても何もわからない」と質問させてもらいました。

R1000様、
私は座談会のような場でも
念仏しても全然わかりませんとしか言えなくて
皆さんが異次元のことを話しているようにしか聞こえなくて苦手です。
何を言われても全然わからないからです。
以前、ある先生に同じような質問をしたら、
まだまだだね。と回答されたのですが、
初めて決死の覚悟で聞いたのでそれから質問できなくなってしまって。
だからこうして文章で質問させてもらって、見返したりできてとても有難く思っています。
お念仏のことだけお話できる場はあまりないと思います。
くださったコメントを受けて、苦しいと感じることもあります。
でも自分と同じように苦しんだ人もいるんだ、と共感したりもします。
なんと言ったらいいかわからないですが
このような場所があってよかったです。

コメントしてもらったら早く答えないと、と思っていて…
先のコメントでも書きましたが、
すすめていただいたものを読んだりコメントを見返したりしてみます。
ありがとうございました。

ハハハハ 2017/12/02 13:28 親鸞会出身者は強い癖があるからなあ

阿弥陀様から頂いた信心を自分の手柄にはせんわ

みよひろみよひろ 2017/12/03 19:48 せりさま
あなたの自分でも嫌いになる心
もしあなたの力でわかったのなら
あなたの力で嫌いな心を綺麗にできるのでは?
いかりや欲やねたみをおこさなくできるのでは?
少しでもかえられる?
それはできず
次々とおこる嫌な心をみて悲しみ苦しむだけ
やっぱり傍観者では?
みせている人が見えるようにして
あなたがそれをみてるだけでは?

仏教では虫一匹殺しても地獄いきをいいます
人を殺したら地獄はわかっても
なぜ?

煩悩は頭の意識ではなく
無意識のなかにいる業と我が
善悪を考えずにおこしてます。
だから脳はコントロールできない。
この業と我はすべての命のなかにあり
楽を求め苦から逃げようと働きます。
脳がないアメーバが近くに自分より小さなものを認識すれば
近づき食べる
自分より大きいものを認識すれば食べられないようにげる
これは業と我の働きでこの二つは命がしんでも死なずに
永遠に輪廻します
だから虫でもアメーバでもウィルスでも殺したら
人殺しと同じ罪です

人間は生まれるとき脳は未熟に生まれるため
自分を認識できません。
だから業と我から煩悩がおこり
ストレートにそれがでます
いかり、たべ、寝る
お母さんの疲れを心配する赤ちゃんはいません
赤ちゃんのこころ、それが本性で
悪業煩悩は頭の意識では
嘆いても悲しんでもかわらない
どうしょうもないのです
そんなこころに
阿弥陀さまを素直に信じて、わかったといってと
お願いしてもむだです
業と我は自分の仕事をしてるだけ
だから脳の意識は無力です
心はかわりません。だからたすかりません。

みよひろみよひろ 2017/12/03 20:05 セリさま

勘違いしてませんか?
わかるはずって

法然さま、親鸞さま、蓮如さまもわからなかった

なのにあなたがわかる?
自分の力でわかったのはお釈迦さまだけだと私は思います。

仏様がわかるには仏様の智慧が必要です
智慧がないからわからない→だから信心がない→だからたすからない
行もだめ。煩悩だらけ。
信心もない。
たすからない。

どんなやつをすくう仏様?
信心があるひとをすくうというこびりついた知識をすてて
考えて

たすからない(煩悩だらけ悪人。信じる智慧がない愚者)もの
すくう

言葉にすれば
南無阿弥陀仏(お前はたすからない。だから私は仏になった。私にたすけさしてくれ。おれが必ず救う)

あなたはわからない、ふらふらになったら
南無阿弥陀仏をとなえるといわれました。
私はだめ
だから私のなかにはたすかるものがなにもない
たすからないものだらけ
だから私のそとの
仏様の南無阿弥陀仏に心が向いたのでは?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証