Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-12-03

「自分の心に振り回されてばかりで疲れてしまいました。そんな時にお念仏しようってふと思い出します。でも何もわからないので最初に「南無阿弥陀仏と称えても何もわからない」と質問させてもらいました。」(セリさんのコメントより)

セリさんのコメントについて、多くの方からコメントを頂きました。有り難うございました。

ここ最近風邪を引いておりエントリーを書いておりませんでした。ようやく治ってきましたので、今回エントリーに書きます。

セリ 2017/12/02 01:00

(略)

自分の心に振り回されてばかりで疲れてしまいました。

そんな時にお念仏しようってふと思い出します。

でも何もわからないので最初に「南無阿弥陀仏と称えても何もわからない」と質問させてもらいました。

(略)

皆さんが異次元のことを話しているようにしか聞こえなくて苦手です。

何を言われても全然わからないからです。

以前、ある先生に同じような質問をしたら、

まだまだだね。と回答されたのですが、

初めて決死の覚悟で聞いたのでそれから質問できなくなってしまって。

だからこうして文章で質問させてもらって、見返したりできてとても有難く思っています。

お念仏のことだけお話できる場はあまりないと思います。

くださったコメントを受けて、苦しいと感じることもあります。

でも自分と同じように苦しんだ人もいるんだ、と共感したりもします。

なんと言ったらいいかわからないですが

このような場所があってよかったです。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20171119/1511037595#c1512144048

セリさんは、これまでのコメントの文面からすると大変生真面目な面のある方なのかなと思います。

このブログは、管理人がある意味適当なので何を書いて頂いても問題はありませんので、書きたいことを書いて頂ければいいと思います。

ここからは、私が座談会などで感じることを一つ書きます。

それは、信心の沙汰や座談会をしていますと、中には面接試験や口頭試験を受けているような気持ちになっておられる方がいますが、そういうものではないということです。なぜなら、信心というのは定義から言えば「仏願の生起本末をききて疑心あることなし」「弥陀をたのむ」ことであって、それ以上の「表現」や「感じたこと」については「人それぞれ」なので「正解」というものはありません。


とかく「私はこう感じるのですが……どうでしょうか?(正解ですか)」みたいな話はよく聞きます。

しかし、そこで「正解!」と私が言ったところで、それで相済みの信心なら知識帰命の異安心になってしまいます。その意味で、信心というのは、阿弥陀仏の本願に疑いなければ、なんだっていいのです。本願まことと聞き入れるところには、「こうでなければならない」というものはありません。いうなれば「信心警察」の出番はないのです。


もちろんこう言うと、「そんなことでは駄目ですよ」という方もあり、その意見もよくわかります。もちろん異安心を赦すような言い方は慎まねばなりません。しかし、長い真宗の歴史を振り返ると、異安心騒動などを乗り越えるごとに「信心の定義を厳格にせねば」とするあまり、なにか信心とか救いが市井の人々にとって何か遠いものになり、それこそセリさんのいわれる「異次元のこと」のようになってしまっては、かえって人々を阿弥陀仏の救いから遠ざけることになっているのではないかと思います。こういう私も、日常は個人商店で生鮮食品を販売し、あれやこれやと日を過ごしております。ご縁があればあちらこちらに出掛けて話をしておりますが、そこで感じることは、信心とか救いというのは私の日常を離れたものではないということです。


阿弥陀仏の本願力は、早朝市場に出掛けるときや、日中仕事をしているとき、夕方日が暮れたと思う時、そんな時にも常に私に働いて下さっているものです。一日過ごしていて「ふっ」と何かを考えたり、別のことを考える時はないでしょうか?その時に、南無阿弥陀仏は私に働いて下さっているのです。いわゆる「こんなところにいるはずもないのに」という所におられます。一例を挙げると、私は、早朝車を走らせている時、夜明けに西に沈む月を見る時は南無阿弥陀仏の光と思って有り難く思っています。


でも、考えて見ればそのとき「何かを感じているか」といえば、何も感じてはいません。いわゆる「異次元のなにか」を感じてはいません。いってみれば、南無阿弥陀仏がましますという以外にはなにもありません。それをあれこれ「評価」したり「期待」しないのが、「疑心あることなし」ということです。


本願力にすでにセリさんもあっておられます。しかし、それを評価しないことです。評価とは、すなわちあれやこれやという疑いになってしまい、本願力が働かなくなってしまいます。

(13)

本願力にあひぬれば

 むなしくすぐるひとぞなき

 功徳の宝海みちみちて

 煩悩の濁水へだてなし

浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版高僧和讃P580)

https://goo.gl/Z849TJ

本願力にあう人は必ず救われます。

YGMYGM 2017/12/05 13:59 まだ未信のときに聞いていた言葉で、
かなり気にはなっていたけれども、心に入ってこなかった言葉を思い出しました。

「あみだ様の救いは”一方的な”救い」という言葉です。

親鸞会では聞くことのない、違和感というか新鮮な言葉でした。
言葉の意味は当然よく分かるのですが、はたしてどうすればよいのかと悩みました。
ありがたく思うことができなかったのです。
しかし次第にあみだ様が身近に感じられ、今ではお念仏するたびに一方的な救いをありがたく思って過ごさせて頂いております。
山も山さんにはお世話をかけました。有難うございました。

 R1000 R1000 2017/12/05 15:12 >>YG Mさん

今日は。

山も山さんの別ブログに投稿文を載せて頂いた時、親鸞会講師部っぽい人が書いたような変な長文コメントがあったのですが、当時の俺はお聖教をほとんど読んだ事がなかったので「何言ってんだこいつ」と思いながらも反論出来なかったと思います。
当時はあさ川さんに載せて頂いた方のコメント欄に集中してて気づくのが遅れてしまったのですが、YG Mさん始め、数人の方々がかわりに冷静に反論して下さっているのを見て、有難いと同時にとても嬉しかったのを今でもよく覚えています。
YG Mさん、当時書き込んで下さった方々、本当に有難うございました。

YGMYGM 2017/12/06 10:01 R1000さん

さまざまなお手回しがあってお慈悲に触れさせて頂いております。
R1000さんのコメントもその一つです。有難うございます。
私の場合、物事を上から見る悪いところがあるので、
幸いにも親鸞会にどっぷりとは浸かってはいませんでした。
ですので会に対して恨みというほどのものはなく、
逆に本願寺の伝統ある教えに帰らせて頂く架け橋となってしまったので、
私にとってはいいきっかけだったのかなと思っています。

親鸞会への反論についてですが、
どんなくだらない意見にも、有効に反論するのは難しいことだと思います。
飛雲さんが鮮やかに論破してみえますが、あれほど切れ味よく反論できる人はないでしょう。
もっと難しいのは、議論に敗北?した人に、正しい教えを聞く気になってもらうことです。
親鸞会の講師部の人くらいならあり得るでしょうが、上層幹部や会長は残念ですがもう無理なのでしょう。

R1000R1000 2017/12/06 21:03 >>YGMさん

今晩は。

さっきポスト開けたら、顕正新聞が入ってました。
「顕」の字はもうちょっと複雑な漢字で、タイトルは「日蓮大聖人は人も、国も、お救い下さる」でしたけどw
一面にスーツを着た大勢の人達の写真が載っていること、「人生の目的は一生成仏!」「仏法に背いた罰」「正本堂崩壊」「絶対信の指導」「広宣流布」等のワードになんとなく既視感が...。

俺は日蓮さんとも縁があるのか、この新聞系の方たちと何度かお話したことがあるんですよね。
コンビニ前でタバコ吸ってたら女子部の女の子達に囲まれて折伏(?)されたり、公園のベンチでボーっと座ってたらお婆ちゃんに折伏(?)されたり。

現会員さんとの対話について、仰る通りだと思います。
過去にあった退会者との法論などを読むと(隅々まで詳しく読んだわけではないですが)、上記の彼女達と話しているような「噛み合わなさ」を感じます。
本来、祖師方をリスペクトしている者同士でしか法論は成り立たないと思うのですが、MCが効いてしまっている会員さんは看板は浄土真宗であっても実態は高森教の人なので、法論にならないのだと思います。

真宗教義の知識も理解も浅い俺がそういう状態の会員さんと法論みたいな事をしてもグダグダになって終わるでしょうし、相手を余計に阿弥陀さまの救いから遠ざけてしまうような気がして、出来ればやりたくないです。

飛雲さんのブログは最初のエントリーから今日に至るまで一貫してお聖教を基として書かれていますし、反発するようなコメントであっても純粋に教義に向き合う相手なら誠実に対応されてます(コメント欄は全て読んだわけではありませんが)。
見方は人それぞれでしょうが、そういう意味で俺は実にフェアなブログだと思っています。
教義面だけでなく、会長や上層幹部がよくやるような勝他目的の論法も熟知されている飛雲さんのような方にお任せするのが一番間違いないのかな、と思います。


話は変わりますが、最近すごい事に気付いてしまいまして。

「弥陀成仏のこのかたは いまに十劫とときたれど 塵点久遠劫よりも ひさしき仏とみえたまふ」(浄土和讃)

とありますが、無始以来ずっと呼び続けて下さった阿弥陀さまにようやく今生で出遇えて、今、現に俺の口からお念仏となって働き出でて下さっているわけですよね。
そう遠くない未来に必ず臨終を迎えるわけですが、この一息一息と阿弥陀さまの無量寿のお浄土が触れ合っているわけですよね。
すごくないですか?

..本来、セリさんのコメントに対するエントリーなのに、讃嘆する機会があまりないので興奮して書きすぎました。
済みません(汗

林遊@なんまんだぶ林遊@なんまんだぶ 2017/12/07 03:11 和やかに集う脱・親鸞会の方には邪魔だろうけど、

 弥陀成仏のこのかたは、のご和讃はいいですね。

御開山はかって学んだ天台法華教学を無視されるのですが、理論としては天台教学を受容されていたのかもです。後に天台教学を展開された日蓮法華教学とは異質なことに留意されたし。

ともあれ、本願を信受する者は、如来のいのちを生きているのですから、自死しようが生きようが、それは本願の世界の出来事であるというのが、御開山の世界観かもでした。
価値という思考を無化するのが、なんまんだぶのご法義でしょうね、知らんけど。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%A6%82%E6%9D%A5

R1000R1000 2017/12/07 09:31 >>林遊@なんまんだぶさん

お早うございます。
パワハラDQN上司がゴルフコンペでいないので、ここぞとばかりに(仕事も一応、やることはやってますw)。

リンク先、読ませて頂きました。
ブログもちょいちょい拝見しています。
先日、お寺の帰りにRCさんと一緒だったのですが「林遊さんってメッチャ仏教、真宗にお詳しいし親鸞会の事もよくご存知で、何者なのでしょう」とか話してましたw
林遊さんの深い知識や理解についていけず、読んでいてよく分からない箇所も正直結構あるのですが、いつもお世話になっています。
有難うございます。

「価値という思考を無化するのが、なんまんだぶのご法義」。
ストンと胸に落ちました。

最近、お気に入りのご和讃が

「解脱の光輪きはもなし  光触かぶるものはみな
有無をはなるとのべたまふ  平等覚に帰命せよ」

なのですが、「有無をはなる」ってとんでもなくすごいなと思います。
生まれてから死ぬまで、内外問わず様々なものに縛られ続ける現実が、俺にはとっても疲れます。
生きるのが辛くて死にたくても生への執着や肉体的な苦痛を恐れて簡単には死ねない。
死んでいく時にはトイレットペーパーとかわらないただの紙でしかないのに、生きる為には死ぬまでお金とは縁が切れないので、それを得る為に心をすり減らし人生のほとんどの時間を労働に費やす(トイレットペーパーさん、毎日お世話になってます)。
自分でも馬鹿だなぁと思いながら、夢幻のような虚しいものを欲のままに求め、些細な事で怒りの炎に焼かれ、阿弥陀さまに救われた方をみては嬉しいと思う一方で「俺だけの阿弥陀さまが...」と面白くない気持ちが頭をもたげ、我ながら浅ましい煩悩に縛られて苦しみます。

死は終わりでなく仏としての境涯の始まりだと阿弥陀さまは告げて下さいましたが、凡愚の俺は死ぬまで色々なものに縛られ、迷い、苦しみ続けるのでしょうね。

ご和讃の本当の意味はよく分からないので俺の勝手な味わいでしかないですが、こんな俺が一切の執着、迷いから離れた仏にして頂けるなんて、不思議としかいいようがありません。

今日もこの火宅無常の世界で、苦しみながらお念仏と共に過ごしますw

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

YGMYGM 2017/12/11 10:21 R1000さん
浅い法悦の日々を暮している私ですが、↑の中で、
「俺だけの阿弥陀さま」というこの表現は、私は実はあまり感じたことがないのですが、
どういった喜びでしょうか?
私の場合は、大きな阿弥陀さまのお慈悲を蒙る十方衆生があってそのうちのちっぽけな一人が、
わたくしであるような感じなのですが、R1000さんのこの辺の喜び具合を教えてもらえるとうれしいです。

R1000R1000 2017/12/11 20:46 >>YGMさん

今晩は。

そんないいものではなく、人よりもちょっと阿弥陀さまに対する執着(?)が強いだけなのかなと思います。。。
俺には他になにもないので。

20歳ごろに精神科でもらった薬を中心に200錠くらい飲んで死のうとしたのですが、死に切れませんでした。
段々と呼吸が出来なくなってとても苦しく、尾籠な話で恐縮ですが、漏らしてしまったところまではなんとなく覚えているのですがやがて気を失いました。
家族が長期旅行中にやったので、意識が戻ったのが数時間後なのか十数時間後なのか数日後なのか覚えていないのですが、後遺症はなかったもののしばらくは目が霞んだり片耳がよく聞こえなかったような記憶があります。

ODでの既遂率は高くないですが、友達の最期はODだったし、もしかしたらあの時に死んでいたかもしれません。
仮にそうだったとしても、当時の俺に「あと18年生きていれば阿弥陀さまに出遇えたのに」とは言えません。
限界まで苦しみに耐えた結果の行動だったので、「本当によく独りで頑張ったよな。お疲れさま。」と言ってあげたいです。

約2年前になんの間違いか阿弥陀さまに出遇えたのですが、そこまでの人生は基本的にその延長線上
でした。
だから俺には積み上げた大切なものもないし、やりたい事もやり残した事も、特に思いつきません。

相変わらず今日も仕事から帰ってお仏壇を開け、お水を取り替えて合掌称名礼拝をした後、阿弥陀さまの前で胎児のようにコロンと丸くなりしばらくグッタリしてました。
最近、阿弥陀さまのイメージが体長5kmくらいの白猫になり、俺は実家にいる愛猫、黒猫のニャンタくんとなって(うちに来た時はmellowというこじゃれた名前だったのですが、知らない間に母親が改名してましたw)、お日様のにおいのするもふもふフワフワした阿弥陀さまのお腹でアンモナイトのように丸くなって、心ゆくまでいつまでも安心しています。
そんないかにも智慧のない凡愚の貧困なイメージの中で、心の中でずっとお念仏しています。
「このまま心臓が止まって阿弥陀さまのお浄土に往きたい」と思いながらもやがて「やれやれ」と現実に戻るのですが。
...書いていて、40男の唯一といっていい癒しがこれとか、自分でもどうかと思いましたが。

法然聖人のような聖者であれば念仏三昧の日暮しを送りたかったところですが、残念ながら俺は煩悩に振り回されて一日のほとんどの時間を溶かすいち凡愚に過ぎないようなので、浅い法悦の日々です。

仏説無量寿経 巻上 正宗分にある「たとひ身をもろもろの苦毒のうちにおくとも、わが行、精進にして、忍びてつひに悔いじ」を拝読すると「自分自身さえ見捨てた俺の為に、なんでそこまで...」とウルっときたり、「この時の阿弥陀さまの尊い発願が、塵点久遠劫の時を超えて、今俺の口からお念仏となって働いて下さってる。繋がっている。すげぇ」と感動する事もあります。
ですが死んだ魚のような目で無感動に同じ箇所を読み流している時もありますし、とてつもない御恩を受けながら、法に触れたりなんらかのキッカケがないと「辛い死にたい」の自分に戻ってしまいます。
そして、それが俺なのかな、と思います。

嬉しくなくてもお念仏が出なくても、苦しみながら死のうが喜びがなかろうが、こちらの心持ちには用事のないお救いが、ただただ有難いです。
変なレスで済みません(汗

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

YGMYGM 2017/12/13 15:49 R1000さん
とても正直なレス頂きまして有難うございました。
若いころから壮絶な人生を送ってみえるので、私のようなのほほんとした人生から得られる程度の法の味わいとは、相当に違うのかなと感じました。
私は、人間関係や家庭、経済的にも恵まれた環境で生活し、あみだ様にもたれながら生きていますので、他の人ならもっと充実した人生・人格にできる筈でしょうが、遅々として成長しない自分であります。

R1000R1000 2017/12/13 21:22 >>YGMさん

今晩は。

仏説の通り、過去の行為の善し悪しが現在の結果を生み出しているのでしょうね。
苦悩が少ないに越したことはないと思うので、これからも幸せな御恩報謝の日々を送って下されば、と思います。

俺に関しては、苦しいのは相変わらずですがそんなに悲壮感はないんですよね。
周りへの影響や迷惑はとりあえず置いておくとして、自分の最期が自殺であったとしても。
「死ぬか生きるか」というよりも「死ぬか、もうしばらく生きて死ぬか」が現実だと思うので、俺にとってはどちらでもいいというか、大した違いがあるように思えないので。
どんな死に方をしても誰にも迷惑をかけずに死ぬのは不可能だし、安楽死が認められていないこの国では即死か突然死以外の最期ならば、それなりに苦しむでしょうし。
嫌々ですが、死と向き合わざるを得ず死の恐怖が身体に染み込んでしまったのか、せめて最期くらいは出来るだけ苦痛の少ない方法で死にたい。
自分を殺して周りの価値観に合わせて、頑張って無理して生きてきたのだから、最後くらいは俺の意思を認めてくれないかなぁと思ったりもします。
まぁ心も含めて全ては移ろいゆくものですし、自分の思いに執着しても苦しいだけなので、なるようになるのだと思います。

最近は、「お浄土に往く」というよりも「阿弥陀さまの元へ帰る」という表現の方がしっくりきます。
阿弥陀さまがおられるのは、俺が存在していたからなんだよなぁと。

【「凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味」といふは、凡夫も聖人も五逆も謗法も、斉しく本願の大智海に回入すれば、もろもろの水の海に入りて一味なるがごとしといへるこころなり】(正信偈大意)

とありますが、死ぬまで南無阿弥陀仏の凄さの、本当のところは全く分からない俺みたいなのも含めて平等に救いきって下さる阿弥陀さまって、とんでもない方だなと思います。

俺にとってもいいご縁でした。
有難うございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20171203/1512244075