Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-03-04

みそみそみそみそ 2018/03/05 21:31 記事読ませて頂きました
歎異抄(親鸞会の独自解釈)の聖典化もそうですが、
私はそう遠くない将来、葬式ビジネスへ格参入があるのでは無いのかなと予感しています。

今私のところで、祖父の葬式を親鸞会の講師に挙げてもらうという話になっていて、今のところはほぼボランティアと言った形ですが、こういった例が増えていくと葬儀の場を利用しての勧誘や、また葬儀そのもので正式にお金を取ると言ったことになってくるかもしれません。

今までは葬式仏教、墓番仏教に対して批判的、対立的な立場を(建前上)とっては来ましたが、いずれ会長がなくなり、教えを説ける人間が居なくなり、会員を引き留めておけるものがなくなってきてなりふり構って居られなくなったら、もう教義も何もかなぐり捨てて、葬式仏教墓番仏教に始まり、開運やら占いやら何にでも手を出すんじゃないかなぁと思います。

ぼちぼちぼちぼち 2018/03/14 02:42 墓地を作る話は水面下で以前からあります。
ある講師からは、会長の墓を中心にして財施額に応じてその近くから分譲されるというような案まで聞いたことがあります。大きな建造物のいらない割に、高額な財施を集められるビッグビジネスになるでしょうから、親鸞会がやらないはずはないでしょう。会員はどこまでも喰い物にされるだけの哀れな存在に過ぎません。会長の命のある間にとっとと離れるべきです。

yamamoyayamamoya 2018/03/14 16:34 墓地の話は、いかにもやりそうな案ですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180304/1520109203