Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-09-06

「南無阿弥陀仏と口に称えられているでしょう?それが証拠です。これって、南無阿弥陀仏を他の神仏に置き換えたらどの宗派、宗教でも成立しませんか?(JAWS18さんのコメント)

前回のエントリーについてコメントを頂きました。

通りすがり 2018/09/05 23:48

たまたま通りすがったものです。

源七さんの聞かれている法話は、本願寺派の布教使さんでは?

一般化するつもりはありませんし、

真摯にみ教えに向き合っておられる方もいらっしゃいますが、

布教使の養成や研修の段階で

親鸞聖人仏教の教えからすると、おかしな方向にむかった話を

推奨している風潮があります。

誤った信心理解ですよね。

あのような法話は絵空事というか、まったく心に響かないどころか、真宗に絶望感すら感じさせる気がします。

機の深信を話さないで、法の深信はわかりませんよね。

…と日頃から感じているもので、失礼しました。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180905/1536086974#c1536158899

JAWS18 2018/09/06 12:24

私もお寺で同じような話をされているのをよく聞きます。

南無阿弥陀仏と耳に聞こえているでしょう?

南無阿弥陀仏と口に称えられているでしょう?

それが証拠です。

これって、南無阿弥陀仏を他の神仏に置き換えたら

どの宗派、宗教でも成立しませんか?

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180905/1536086974#c1536204267

現在の法座での意見と思い紹介させていただきました。

それ以外にも、現場では以前ほど法座が少なくなったので、踏み込んだ話になかなか入りにくいとか、死んだ人はみな仏様になっていると思い込んでいる人にはなかなか言いづらいという意見も聞きました。

コメントで頂いたJAWS18さんの書かれたような話は、私も聞いた事があります。決して、間違ったことはいってはいないのですが、そのいわんとする意図が相手に伝わっているのかという点では来られた方によって変わると思います。


私の場合は、元親鸞会講師であったこともあり、話をすることがある方も親鸞会会員および元親鸞会会員の方が多いです。それらの方に共通するのは、「努力をしなければ救われない」「私の何かが不足しているから救われない」という考えでした。そのため、私は「本願はすでに成就しています」「ただ今救われます」と話をしたり、ブログにも書いてきました。


親鸞会を離れて10年になりますが、その間に親鸞会と全く縁のなかった方に話をすることもありましたが、それらの人はまた親鸞会会員(元会員)とはまた違った考えをもたれていました。「みんな助かっているのではないですか?」という人や「救いとは何ですか?」という人もおられました。そういう人に「後生の一大事」という話をするのは、なかなか大変なのではないかと思います。ただ、私の場合はそれまで「後生の一大事」の話を十年近くほぼそればかり話をしてきたので、心理的な抵抗はありませんでした。もちろん親鸞会では「後生の一大事」の話はしても、その解決については話がないので、それは看過できない問題です。


コメントでJAWSS18さんがいわれるような、「これって南無阿弥陀仏を他の神仏に置き換えたらどの宗派、宗教でも成立しませんか?」はごもっともな指摘だと思います。

それに対して「そうではないですよ。南無阿弥陀仏で救われますよ。」といって相手に伝えるには、結局「南無阿弥陀仏に救われる」ということを、話をしている本人にウソがないことではないかと思います。


特に今日は、報道や広告、はたまた電話や郵便物による詐欺事件(オレオレ詐欺など)によって、多くの人は「ウソ」に敏感になっています。そうだからこそ、裏表なく山口県周防大島で2歳の子供を助けた災害ボランティアの尾畑さんが大きく報道されています。


私自身を振り返って見ても思うことですが、20年前を振り返ると様々な広告に対して、「どんな意図でこの広告を出したのだろうか?」と素直に見れない自分かいます。そう感じると、たまにテレビを見るとCMの「この商品を買いなさい」の圧力を感じて疲れていまいます。私は山口県に住んでいますが、招かれて都会に行くと電車の中の広告や駅のデジタルサイネージを見ると同様に感じます。その疲れの原因は、「本当にこれはいいですよ」という情報が広告から伝わらないからです。本気でない広告は、ただのノイズにしか感じられません。


そのため、ここ数年は例えばテレビ番組「アメトーク」の中で「家電芸人」が紹介した商品が売れるという現象があります。私もたまに見ますが、少なくとも「家電芸人の回」で勧める芸人さんの家電に関しては、「ウソはないな」と感じます。


同様に、法座で話をする内容に「ウソはないな」と思われたならば、聞く人は不満は持たないと思います。

反対に「これはウソだな」と思われたなら、聞きに来た人の反発を受けると思います。


結論としては、話をする方が「南無阿弥陀仏の救い」を疑い無く聞いているかどうかではないでしょうか。私のようなものがいうのは、おこがましいですが、聞く人が聞けば「疑い無いこと」として南無阿弥陀仏のいわれを話しているかどうかは、参詣者は信不信を問わずに分かるものです。

RCRC 2018/09/06 23:05 源七さんや、通りすがりさんや、JAWS18さんのご質問や、コメントを読ませていただきましたが。

●「本願が成就し、南無阿弥陀仏となって、いたり届いているとか、他力のお救いはもうすでに仕上がっているから、私の側の仕事はないといったお話ばかりです。」

と、ご不満がありそうですが、私は これ以上に有り難く、嬉しいお話しはないと 思いました。

浄土真宗のご法義は、法蔵菩薩さまが、私を仏にしたいとご本願を建ててくださって、命がけのご修行をしてくださって、そのご本願が成就して、法蔵菩薩は、すでに 阿弥陀仏になられました。そして「 阿弥陀仏」に、「まかせよ」の 「南無」の二字をつけて 、「まかせよ、救う」と、「南無阿弥陀仏」に なって、今 ここに届いていてくださっている。南無阿弥陀仏が聞こえる世界は、南無阿弥陀仏のおはたきが はたらいている世界。
もう幸せが届いていることに、手を合わせて、「おかげさま」と、生きて行ける というのが 浄土真宗のご法義です。

私を仏にできなければ、仏にならないと誓って ご修行をされた菩薩菩薩が もう 阿弥陀と名乗っておられるから、 南無阿弥陀仏は、私の往生の証拠。
「私が仏になる証拠が届いている」っていうお話し以上に 有り難いお話しがあると思われますか?
こんなに 有り難いお話しに、なんの不満があるのでしょうか。

機の深信は、法の深信と別のお話しではありません。
法蔵菩薩の五劫思唯 兆載永劫のご修行で出来上がった南無阿弥陀仏の尊さは、私の罪業の深さです。
法蔵菩薩さまが ご苦労の末に、私のために仕上げてくださった南無阿弥陀仏です。
重病の私がいたから、名医が生まれ、妙薬が作られたのです。
重病の患者がいないのに、名医や妙薬の話しは始まらない。
名医と 妙薬のお話しは、重病人のお話しなのです。

●「南無阿弥陀仏と耳に聞こえているでしょう?
南無阿弥陀仏と口に称えられているでしょう?
それが証拠です。
これって、南無阿弥陀仏を他の神仏に置き換えたら
どの宗派、宗教でも成立しませんか?」

なぜ、証拠だとおっしゃっているのか、仏願の生起本末のお話しを、よくよく 聞いていただきたいです。
聞いているつもりで、聞いていないのが、仏さまのお話しです。

カニカニ 2018/09/07 01:30 「後生の一大事があるぞ、後生と踏み出したらどうか」という話は聞き始めて日の浅い方には響くでしょうが、因果や後生を知ったうえで、自力を捨てて他力に帰したい、阿弥陀如来の御心を聞き開きたいと思ってご聴聞に励んでいる人にとってはそれだけではどうにもならない話なんですよ。
すでに救いの法である南無阿弥陀仏が至り届いていることを聞かなければね。

また少し気になったのですが、信一念を突破するという考え方は自力の執心ではないですかね。
突破するのでも突破させていただくのでもありません。
本当に、私の側の仕事はないのです。だから他力なのですよ。

源七源七 2018/09/07 07:48 RCさんへ

コメントありがとうございます。
RCさんは、山も山さんが言われるところのお救いを疑いなく聞かれている方だと思います。
そういう方は、お寺の法座をとてもありがたく聞かせていただけることでしょう。
証拠になって届いているというお話は、たしかにこれ以上、有難いことはありません。
ただ、RCさんはそれを疑いなく聞き受けて喜ばれているからいいですが、信もなく単に有難いと思うだけではだめですよね。そういう有難いお話は、信を頂いてからにして、まずはもっと厳しいお話を聞かなければならないのではないでしょうか。

RCRC 2018/09/07 09:23 「厳しいお話しを聞かなければ、救わない阿弥陀さま」なのでしょうか?
無常迅速の機を救う弥陀の本願なのに、厳しいお話しを聞いてからでなければ 救われないなら、臨終の者には、間に合わないご本願になりますが・・・?
「南無阿弥陀仏が往生の証拠」と 受け止めさせていただくことが 「浄土真宗の信心」では ないのでしょうか。
南無阿弥陀仏 は、法蔵菩薩さまの大変なご苦労の末に仕上げてくださった宝物です。
その宝物が、今 ここに おはたらきくださっていることを お聞きするだけでは、足りないことがありますか?
南無阿弥陀仏を聞かせていただきながら、まだ 何か足りないと思う心を、自力というのではないでしょうか?

RCRC 2018/09/07 13:19 度々、失礼します。

●なぜ、「厳しいお話しを聞かないといけないと思う人がいるのか」、私なりに考えたことがあります。

それは、その人が、「厳しいお話しを聞いたから 救われたと、思っていらっしゃるから」だと、思います。
でも、本当は、厳しいお話しを聞いたから救われたのではなく、無条件の救いだから 救われたのです。

無条件に救われる前に、厳しいお話しを聞くご縁が あった方は、「厳しいお話しを聞いて」→「無条件の救いに遇う 」という道程を経てこそ、救われると 思っていらっしゃるように思います。

ところで、親鸞聖人は、三願転入のご文を書かれています。
親鸞聖人は、19願→20願→18願と 転入されたわけですが、だからと言って、私たちも 三願転入しなければ 救われないというのは、間違いですよね。

「こういうことがあって、私は 弥陀のご本願に
救われた。」という体験は、皆さん、夫々 いろいろおありかと思います。
でも、浄土真宗は 「こうすれば救われる」「こうしないと救われない」ということが無い教えです。
私の手出だしするところは、一ミリも無いから、絶対他力のご本願というのだとお聞きしています。
「私の往生浄土は、全部 阿弥陀さまのお仕事でした。」が、法の深信、「私の手出だしするところは、一ミリもありませんでした。私は助けていただくばかりです。」が、機の深信。

南無阿弥陀仏のお話しの「 表」は、法の深信、「裏」は、機の深信 。(と、RCは受け止めています。)
南無阿弥陀仏のおいわれを お聞きして、他力を喜んだ時には、自力は知らぬ間に 離れていると思います。

私は、浄土真宗のご法話では、阿弥陀さまのご苦労をお聞きすればいいと思います。
だって、私の仕事は、無いのですから。
私の罪深いお話しを聞いて、自分で自分は罪深い者と思っても、それはただの罪悪感でしかないと思います。
いくら聞いても、自分が流転輪転してきたと、実感できるはずも ないし、後生の一大事 と聞いても、苦になりません。(私は。)
自分の濁った視線で、自分を観ても、わかることは ないと 思います。

知恵と慈悲で 出来上がった 南無阿弥陀仏をお聞きするご縁に遇えてこそ、法の有難さ、尊さ、我が身の浅ましさ、情けなさも知らされて、よくぞ お念仏称える身にしていただけたなーと、ご恩を 少しずつわからせて いただけるのだと思います。
仏願の生起本末のお話し、法蔵菩薩さまが 、ご修行を完成されて 阿弥陀仏となられたから、今 南無阿弥陀仏が聞こえているって、お話しは、何度お聞きしても、本当に うれしい。

もう、私を仏にする仏がいて 今 そのおはたきの中にいるって聞けば、「あー、よかった!」だけです。

阿弥陀さまも、仏願の生起本末のお話しも、完璧!

南無阿弥陀仏

ぷろぐれすぷろぐれす 2018/09/07 18:39 RC様

RC様のコメント、大変有り難く読ませて頂きました。
しかし、残念ながら私も

●「南無阿弥陀仏と耳に聞こえているでしょう?
南無阿弥陀仏と口に称えられているでしょう?
それが証拠です。
なぜ、証拠だとおっしゃっているのか、

それがわかりません。
仏願の生起本末のお話は、何度も聞かせて頂いているのですが、どこがちゃんと聞けていないのでしょうか?具体的にご指摘頂ければ幸いです。

源七源七 2018/09/07 19:45 カニさんへ

コメントをくださり、ありがとうございます。

仰られるとおり、後生の一大事があるという話は、聞く気のない人、自分の問題となっていない人、マンネリになっている人には、刺激となるものの、それだけではどうにもならないということだと思います。
それを聞いた上で、ではどうすれはよいかとなると、すでに救いの法である南無阿弥陀仏が至り届いていることを聞かなければ、とお勧めくださいました。
そうすると、もとの質問に戻ってしまいますが、すでに喜んでいる人向けのお話を聞くしかないということでしょうか。
お救いの中ですよ、という有難いお話を聞いても、信を得られない場合、そこで聞き続けることは、とてもつらいことのように思います。
たとえば、すでに救いの法である南無阿弥陀仏が至り届いているというお話に、すでに喜んでいる人向けと、そうでない人向けのお話があったりするのでしょうか。

源七源七 2018/09/07 20:20 RCさんへ

私へのコメントではないかもしれませんが、重ねての投稿ありがとうございます。

率直な感想ですが、RCさんのお勧めはとても厳しい。お寺の法座とは違って、圧が半端ないです。いわゆる自力叩きが激しすぎて、逃げ場がありません。
こういう話を聞きなさいということでしょうか。

RCRC 2018/09/07 21:23 プログレスさま。

●「なぜ、南無阿弥陀仏が、聞こえているのこと、称えられていることが、私の往生の証拠なのか」というかことにつきまして。

今 ここに 届いている「南無阿弥陀仏」、私の耳に 聞こえている「南無阿弥陀仏」、私が称えさせていただく「南無阿弥陀仏」は、「果」です。
今 何かの因と縁が揃って 整って、「果」となって 現れたものですよね。
私が、今 見るもの、聞くもの、触れるもの、全ては、因と縁が整って 果となって、今、私に届いているわけですよね。

例えば、(100% フィクションですが)、ここに、私に「東京大学の合格通知」が届いたとすれば、それも、「果」です。
その因は、私が起こした「東京大学には入りたいという 願い」
その縁は、私が 頑張って 受験勉強して、身につけた学力です。
「東京大学の合格通知」は、ただの紙です。
でも、「東京大学の合格通知」が届いているということは、私に 東京大学の合格が決定している明らかな証拠です。

「南無阿弥陀仏」は、「果」です。
その因は、苦しみの輪廻から逃れられないRCを救いたいという「法蔵菩薩の願い 」です。
その縁は、法蔵菩薩の五劫思惟と 兆載永劫のご修行です。
そして 、そのご修行が完成して、法蔵菩薩は本願を成就されました。
法蔵菩薩の願いは、「RCを救いたい、RCを仏にしたい」という願い。
また、法蔵菩薩は、その願いが 成就できなければ、仏と名乗らないとおっしゃって、ご修行に入られました。

だから、もし、法蔵菩薩のご修行が完成されておらず、本願が成就されていなかったら、法蔵菩薩は「阿弥陀仏」と名乗っていらっしゃらないのです。
でも、今 「阿弥陀仏」と 名乗っておられます。
さらに「阿弥陀仏」というお名前に、「南無」の二字をつけて、「南無阿弥陀仏」になってくださいました。
「南無」は、「まかせよ」ということです。
「阿弥陀仏」は、「RCを仏にする仏になれないうちは、私は仏と名乗らない」と誓われた法蔵菩薩が 仏になられたお名前ですから、だから、「阿弥陀仏」は、「RCを仏にするよ」です。
だなら 「南無阿弥陀仏」は、「まかせよ、安心せよ。必ずRCを 仏にするよ。」という 阿弥陀さまの喚び声であり、仏さまそのものです。
法蔵菩薩は、阿弥陀仏となって、そして、「南無阿弥陀仏」の六字になってくださって、私のところに届いておられるのです。
南無阿弥陀仏は、声となり、文字になった「仏さま」です。

「東京大学の合格通知」の価値を知らない人にとっては、ただの紙切れでも、その紙切れは、
私の東京大学の合格の証拠。
それと同じように、「南無阿弥陀仏」の価値を知らない人にとっては、ただの六つの文字でも、それは 私の往生の証拠です。
そして、南無阿弥陀仏は、私を救うお姿になってくださった 阿弥陀さまそのものです。

南無阿弥陀仏の価値をお聞きするのが、浄土真宗の聴聞です。
お聞きすれば、南無阿弥陀仏が この世界で一番 尊い宝物だって、わかります。
その宝物は、法蔵菩薩の願いとご修行で出来上がったものなのに、法蔵菩薩のためのものではなく、私を仏にしてくださるのです。
私が 救われたいと 思うよりも、ずーっと前から、私を救いたいと、願って、ご修行してくださって、そして 尊い方々が、大切に 大切に伝えてくださったから、今、私に 南無阿弥陀仏が 聞こえ、そして、私の口から 南無阿弥陀仏とお念仏となって出てくださる。

我 、称え、我 聞くなれど、南無阿弥陀
連れてかえるの親の呼び声

心に沁みますねー。

RCsdT7R5RCsdT7R5 2018/09/07 21:28 源七さま。

今日は、力尽きたので、後日 コメントさせていただきたいと思っています。
おつかれさまです。

カニカニ 2018/09/07 22:09 真宗学の心得もない者がコメントしてしまい、申し訳ない気持ちになってきましたが…
衆生を救うことが出来なければ成仏しないと誓われた阿弥陀如来がすでに成仏なさっていて、本願成就の南無阿弥陀仏がすでに届いていることに安心してしまえば、それで自力の求道心は用無しになってしまいますよね?
ですから、すでに喜んでいる人向けのお話と、そうでない(求道中)の人向けのお話は同じです(区別はありません)。
因みに、南無阿弥陀仏が届いているというのは、私が称名念仏していることや、お坊さんやお同行の称名が私の耳に聞こえていることを言っています。
同じ先生から聞いていると「もうそれは聞いた。でも有り難くないな」等と感じてしまうこともあるかもしれません。私はありました。個人的感想としては、御法話に限らず、書物から、お聖教から、お同行とのやり取りから、ブログからなど色々な方面からお聴聞されることで気付きがあるかもしれないと思います。
厳しいお話を聞いて自分を追い詰めることを試されてもよいかもしれません。
でも、浄土往生の為に自分にできることは何もない、もう無理かな、と思われたら、南無阿弥陀仏があります。
南無阿弥陀仏の意味は、「そのまま浄土へ連れていく」です。
そして、その南無阿弥陀仏はすでに私の耳に聞こえている。
だから安心してしまって下さい。
何やら取り止めのない文になってしまいましたがご参考になるでしょうか…

東堂の前東堂の前 2018/09/07 23:44 第17願:たとひわれ仏を得たらんに、十方世界の無量の諸仏、ことごとく咨嗟して、わが名を称せずは、正覚を取らじ
現代語:わたしが仏になるとき、すべての世界の数限りない仏がたが、みなわたしの名をほめたたえないようなら、わたしは決してさとりを開きません
第17願成就文:十方恒沙の諸仏如来、みな共に無量寿仏の威神功徳の不可思議なることを讃歎したまう

本願成就文に「その名号を聞いて」とある「その名号」は、第17願の名号です。
すべての世界の数限りない仏がたがほめたたえる名号とはどのような名号なのか、南無阿弥陀仏のいわれを聞かせて頂くことが肝要でした。
書かれた南無阿弥陀仏が見える。南無阿弥陀仏が聞こえる。南無阿弥陀仏を称えることができる。
南無阿弥陀仏を目にするたびに、聞くたびに、称えるたびに、本願が成就している、まかせろ助ける、まかせろ助けると聞こえます。
南無阿弥陀仏が往生の証拠と聞こえます。

ハイハイハイハイ 2018/09/09 02:21 厳しい話し、やさしい話しとは何のことだろうか。
法話といっても、話すことと言えば二つのことしかない。すなわち機と法とについてである。
簡単に言えば「自力では助かりませんよ、捨てなさい」が機の話であり、
「念仏称える者を阿弥陀仏は必ず救いますよ」が法の話である。
これは信心の裏表なので、どちらも話さねばならないし、聞かねばならない。
さてでは、機と法とどちらの話が厳しくてどちらの話がやさしいのか。

ちょっと考えればわかることなので結論を言うと、
「はい」と聞く者にはやさしい話で、聞けぬ者には厳しい話となる、ということでしょう。
「はい」と聞けない者が、やさしい話と思って聞くのは、聞き手の問題であって話し手の責任ではない。

とは言え、一見法話のようでありながら、そのじつ真実の機も法も説かない「なんちゃって法話」をいくら聞いても、砂をかむようなもの。不味いだけでやさしくも厳しくもない。「はい」と聞かないうちは分からないのが、たちが悪いところではありますが。

ぷろぐれすぷろぐれす 2018/09/09 07:32 RC様

この度は、長文にてご回答下さり誠にありがとうございますm(__)m

ご回答を読ませて頂き、私としては、「本願が成就してすでに阿弥陀仏になられている」ことの理解が深まったように感じます。

南無阿弥陀仏が証拠ということは、正直まだ心にすっと入ってきませんが、繰り返し読ませて頂きます。

ありがとうございました。

源七源七 2018/09/09 23:19 カニさんへ
カニさんの謙虚で柔らかい雰囲気で、呼吸をあわせるかのようなお諭しには、抗弁しにくいです。
RCさんの熱のあるストレートなお勧めと、結局は同じところに焦点が絞り込まれていますね。
皆さまのコメントにより、私の誤りが浮き彫りになりました。
ありがとうございました。
また聞かせてください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証