Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-10-19

「突き詰めれば、私の願いは現世利益で、現世利益を求めて仏教を聞いていることがわかります。楽になりたい、楽しい世界で生きたいと思っている私は、どう生きたら良いのだろうと迷っています。」(高田馬場さんのコメントより)

高田馬場 2018/10/19 02:54

私は毎日仕事やお金、人間関係に悩み、この世界から抜け出して楽になりたい、楽しい世界で生きたいと願っています。

だから、仏教を聞き求めていけば絶対の幸福になれると聞き、絶対の幸福の世界に憧れ、絶対の幸福になりたいと思うようになりました。

突き詰めれば、私の願いは現世利益で、現世利益を求めて仏教を聞いていることがわかります。。

楽になりたい、楽しい世界で生きたいと思っている私は、どう生きたら良いのだろうと迷っています。

ご意見を聞かせて頂けると有り難いです。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20181016/1539629012#c1539885291%3E%3Cspan class=%22deco%22 style=%22font-weight:bold;%22]

高田馬場さんよりコメントを頂きました。有り難うございました。

すでに、園児さん、大船さんよりコメントを頂きました。有り難うございました。

まず、仏法を聞き始める動機として、「こういうものでなければならない」ということはありません。一人一人何かしら思うことがあって聞いて見ようと思って聞き始めます。その意味で高田馬場さんが、いろいろな苦しみに悩むことがきっかけとなって仏法を聞こうと思われたのは、何も批判されるようなことではありません。

しかし、高田馬場さんがいわれるところの「絶対の幸福」とはどういうものを想定しておられるのかはよく分かりません。言葉としての「絶対の幸福」はあるものの、それがどんなものかというのは一人一人異なる部分があります。なぜなら、「絶対幸福とはこういうものである」と書かれた経典もお聖教ないからです。

浄土真宗では、生死を離れるとか、有無を離れるという言い方をします。

(5)

解脱の光輪きはもなし

 光触かぶるものはみな

 有無をはなるとのべたまふ

 平等覚に帰命せよ(浄土和讃)

現代語訳

束縛から解き放ってくださる如来の光明は、いつの時代にもどんなところにも働いて下さっている。

この光明に触れるものは、有ればあるで苦しみ、無ければ無いで悲しむことから解放されると、『讃阿弥陀仏偈』には述べられている。私たちに平等にさとらせてくださる阿弥陀仏に帰命したてまつれ。

有無を離れるというのは、生きるとか死ぬということに苦しみ悩むことから離れるとこでもありますし、金持ちとか貧乏とか、背が高い低い、能力が高い低い、逃げるとか追いかけるとかそういったことから離れるということです。

そういうことを絶対の幸福と言われているのでしょうか?

高田馬場高田馬場 2018/10/20 13:17 山も山 様

お答え頂きありがとうございます。
毎日の生活は、勝った負けた、儲かった損した、美しい醜い、早い遅い、長い短い、多い少ないなどの分別で生きています。分別の世界で満たされようとして満たされることが無く延々と繰り返している姿が迷いではないか思いました。
絶対の幸福については、よく考えたことは有りませんでしたが、大きな喜び、今まで経験したことの無い経験だろうと想像して、絶対の幸福という心境にたどり着けば、人生が明るく楽しいものに変化すると思っていました。
 
この光明に触れる縁があれば、有ればあるで苦しみ、無ければ無いで悲しむことから今生から解放されるのでしょうか。それとも、この世は煩悩を抱えて束縛から解放されることは無いのでしょうか。分別の束縛から解放されることがなくても、今生は浄土に向かう過去の生とは違う生として頂けるのではないかと思います。

カニカニ 2018/10/20 21:42 「絶対の幸福」という語句は散々聞かされましたが、きちんと意味を考えたことは親鸞会時代にはなかったように思います。
手元の辞書によると、絶対とは、
他に並ぶもののないこと。他との比較・対立を絶していること。一切他から制限・拘束されないこと。
とあり、「絶対の地位を保つ」「絶対の真理」との例文が載っています。

他との比較を絶し、他からの制約を受けない幸福となると、悟りの境地しかないのではないでしょうか。
「絶対の幸福」を一般名詞として受け取るなら、「絶対の幸福=悟り」と一応は言えると思います。
絶対の幸福を獲得したければ、聖道の修行を励むのが近道でしょう。

自力を捨てて南無阿弥陀仏におまかせしたからといってこの世の束縛から解放されることは一切ありません。
後生の心配を私がしても仕方ない、如来にまかせるしか往生の道はないというところに心が据わるだけです。
後生の心配が軽減された分、今生のことに精一杯当たらせていただける益はあるかも知れませんね。

もう一方のキーワードである「人生の目的」なる語句については、そもそも意味をなしていないと思います。
仏法の立場から言えば、「生きる目的」は有ると言っても無いと言っても、どちらも間違いではありません。

絶対の幸福も人生の目的もお経にない言葉ですし、そこに拘らない方が阿弥陀如来の仰せが耳に入りやすくなるような気はします。

横からのコメントご容赦ください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証