Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-08-27

「自分の心を詮索せず本願に向きなさいと以前からよく聞いておりますが、「本願に向く」ということが漠然としすぎてわかりません。」(アドウチさんのコメント)

アドウチ 2014/08/26 09:58  

自分の心を詮索せず本願に向きなさいと以前からよく聞いておりますが、「本願に向く」ということが漠然としすぎてわかりません。本願に向くとはどういうことなのでしょうか?

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20140825/1408958644#c1409014715

本願に向くとは、御一代記聞書にある言い方でいうと「その篭を水につけよ」ということです。

(88)

一 人のこころえのとほり申されけるに、わがこころはただ籠に水を入れ候ふやうに、仏法の御座敷にてはありがたくもたふとくも存じ候ふが、やがてもとの心中になされ候ふと、申され候ふところに、前々住上人(蓮如)仰せられ 候ふ。その籠を水につけよ、わが身をば法にひてておくべきよし仰せられ候ふよしに候ふ。(御一代記聞書88_ 浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版

http://goo.gl/qx05Cf

アドウチさんのコメントでいう「自分の心を詮索」することは、上記の御一代記聞書では自分の心を篭に例えてその篭の中に水が入らないことを悩んでいるようなものとして言われています。それは、法話を聞いたり、念仏したり、お聖教を拝読するのは一生懸命自分の心という篭に水を注いでいるつもりでいるからです。ですから、本願という水が自分の心という篭にどれだけ入ったかを確認したくなります。もし、篭が水であふれた状態になれば本願を聞いたということにしているのだと思います。だから、自分の心という篭に水がない状態を御一代記聞書の人は悩んでいます。確かに私もそのように思っていた時があります。しかし、それは法をわがものとしようと試みているだけなのであり、法そのものに形がない以上は所有はできません。

法がどれだけ所有できたかと自分の心の詮索をしても、それによっていつの日か心が法で満たされることはありません。


では本願に向かうことを御一代記聞書ではどう言われているかというと「その篭を水につけよ、わが身をば法にひてておくべき」と言われています。

本願に向かうとは、どこか特定の方角を向くことではありません。それは、法は私を取り囲み常に私に向かって働いて下さることを知ることです。なぜなら、阿弥陀仏に向くと言っても、自分の心の中に、あるいは法話の場所に阿弥陀仏を探しても、どこか特定の場所におられる阿弥陀仏ではないからです。


阿弥陀仏は、南無阿弥陀仏となってこの私に向かって常に働いて下さっています。それは私の半径数メートルというようなものではありません。私がどこにいても、いつでも南無阿弥陀仏が働いてくださるのは、この私のいる世界で南無阿弥陀仏のない場所が存在しないからです。

どこかにおられるのではなく、この私のいる世界に遍くそのお働きがあり、しかも私一人にむかってよびかけられている南無阿弥陀仏と聞くということが、「本願に向かう」と言うことです。

2014-08-26

「阿弥陀仏の本願をただいまそのまま聞く、ということがどういうことなのか、皆目わからないのです」(安藤さんのコメントより)

安藤 2014/08/26 01:17

阿弥陀仏の本願をただいまそのまま聞く、ということがどういうことなのか、皆目わからないのです(T_T)

弥陀の本願を他の表現、言いまわしで説明することも難しいので、山も山さんは、いつもこのような言い方しかできないのですよね(T_T)

私も早く聞いて肩の荷を降ろしたいです。

私が思ってるのではなく、阿弥陀仏が先に思っておられることなのでしょうがf^_^;

私という奴は、全く思ってないのがほんとの姿なのでしょうが…

阿弥陀仏の本願をただ今聞くというのが分かりにくい表現だったので考えてみました。

言い換えれば、二河白道の譬でいう「汝一心正念にして直ちに来れ」(ただ今助ける)の阿弥陀仏の仰せを確認しないということです。

この確認しないというのはどういうことかというと「ただ今助ける」と聞いて「どうして?」「どうやって?」「助けるって具体的にどういうこと?」の思いがないということです。


言い替えると、阿弥陀仏が五劫思惟された結果の「ただ今助ける」は、確認しようとすれば少なくとも五劫かかるので、そんな時間がかかっていたら臨終に間に合わないので結論だけはまず聞き入れるということです。

一度でいいですから、阿弥陀仏の仰せを聞いたままにして、あれこれ疑問を挟まないで下さい。

2010-02-25 そのままになろうとするのは、そのままではありません(頂いた質問)

そのままになろうとするのは、そのままではありません(頂いた質問)

阿弥陀仏の救いは、そのままの救いと聞くと、そのまま何もしなくてよいように思ってしまいます。それでは違うようにも思うのですが、どういうことでしょうか?(頂いた質問)

阿弥陀仏の救いはそのままの救いですが、何にもしなくてよいんだと座り込むのは、横着になってしまいます。やりたい放題なんでもしておれば救われるということでは、そのままではなく、わがままになります。

「そのまま」というのは、「聞いたそのまま」ということです。

聞いたそのままと言うことは、私の側で判断をあれこれつけない救いだということです。

仏法の話をきいて「これで大丈夫」とか「これで安心」と思う判断をつけると、その判断を加えることによって、「そのまま」ではなくなってしまいます。

「○○」【だから大丈夫】「○○」【で安心】「○○」【だからダメだ】

上記の【だから大丈夫】、【で安心】というのが、付け加えた判断ということになります。その判断が、自分自身のたよりになるので、往生するかどうかを、自分の側で全部囲い込んでしまいます。

言葉は違っても、「○○」【だから大丈夫】も「○○」【だからダメだ】は、自分の判断が基準になるので、それではあてになりません。

助かる働きは、全部南無阿弥陀仏の中にあるので、私の判断が加わる必要もありません。

かるがゆゑに、阿弥陀仏の、むかし法蔵比丘たりしとき、「衆生仏に成らずはわれも正覚ならじ」と誓ひましますとき、その正覚すでに成じたまひしすがたこそ、いまの南無阿弥陀仏なりとこころうべし。これすなはちわれらが往生の定まりたる証拠なり。されば他力の信心獲得すといふも、ただこの六字のこころなりと落居すべきものなり。(御文章4帖目8通

阿弥陀仏が法蔵菩薩のときに、「貴方を仏にさせることができなければ、私も仏のさとりをとりません。と誓われた、その本願が成就した姿が、南無阿弥陀仏です。この南無阿弥陀仏が、私の往生が定まった証拠です。だから、信心獲得するといっても、ただこの南無阿弥陀仏のおはたらきであるということです。

南無阿弥陀仏に、「私が聞いた」「これで大丈夫」を加えて、往生が定まるのではありません。

往生定まった法である南無阿弥陀仏を、聞かせていただくということです。それが、「聞いたそのまま」ということです。

「聞いて間違いない」という私の判断が間違いないのではありません。聞こえて下さる南無阿弥陀仏が間違いないのです。

「そのままになろう」とするのではなく、「そのままの法」を聞くのです。

「そのままになろう」とすると、聞いたそのままにはなりません。そのままになろうと肩に力をいれるのは、ちょっと横に置いて、そのまま救うの南無阿弥陀仏を聞いて下さい。

2009-07-17 私から弥陀をたのむではありません2

私から弥陀をたのむではありません2

前回のエントリーの追記の形でエントリーをします。

「弥陀をたのめ」ということについて、別の形でエントリーをします。

阿弥陀仏の方から、「弥陀をたのめ」といわれるのだということを前回かきました。私がお願いしてから、阿弥陀仏が助けて下さるのではありません。

発願廻向というは、如来すでに発願して衆生の行を廻施したまうの心なり(教行信証行巻)

と親鸞聖人はいわれています。

発願廻向というのは、阿弥陀如来が先に私たちを助けようという願をおこされて、その上で衆生の為に行を与えて下されるということです。

御文章に「たすけたまえ」とありますので、やはり自分でまず「助けて下さい」とお願いしなければならないのではないか?と思われる方もあるので、それについて続いて解説します。

一念に弥陀如来今度の後生たすけたまえとたのみもうさん人は(御文章5帖目2通・八万の法蔵)

これは、「たすけて下さい」と阿弥陀如来にお願いしている人はという意味ではありません。

先に書きましたように、「助ける」というのは、阿弥陀仏が先に思われることです。「阿弥陀仏が助けさせて下さい」とお願いしておられるのを受けて、「どうぞ助けて下さい」という意味です。

たとえて言うと、セールスマンがあまりに「この商品を置いて下さいお願いします」と熱心にたのむのだから、根負けした店の主人が「じゃあ、その商品おいていって下さい」というようなものです。

出発点は、阿弥陀仏の本願ですから「先手のご本願」ともいわれます。