Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-05 雑行が問題になるところまで行っていません。それでも救われますか?

雑行が問題になるところまで行っていません。それでも救われますか?(頂いた質問)

雑行が問題にならないと救われないと聞いてきたためか、今の自分の心を見てみると、まだそんなところまで行っていないように思います。このまま救われるとも聞きますが、本当でしょうか?(頂いた質問)

自分の心境の変化をもって、「そこ」まで行ったかどうかを考えるのは、あまり意味がありません。

結論から言いますと、そのまま救うという本願ですからそのまま救われます。

十方微塵世界の 念仏の衆生をみそなはし

 摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる(浄土和讃82・浄土真宗聖典(註釈版)P571)

<<

上記のご和讃では、親鸞聖人は「摂取」について、このようにいわれています。

摂はものの逃ぐるを追はへ取るなり。摂はをさめとる、取は迎へとる

http://wikidharma.org/4ad70f0aea88b

どこかの通過点までこないと、おさめ取って下さらない仏さまではありません。逃げる者は追いかけて捕まえてくださるのが阿弥陀仏です。

ですから、「○○なところまで行っていないから」ということはあり得ません。

そこまで来なければ助けられない阿弥陀仏ならば、「十方微塵世界の念仏の衆生」を救うことはできません。阿弥陀仏とは「こうなったら救う」仏ではなく、逃げている者は追いかけてでも救って下さいます。

仮にどこにいようとも、必ずただ今救ってくださいます。