『やまぼうし』 山室生産組合だより

2013-06-04

山室新聞「やまぼうし」第84号

09:01

ミ田水利組合


 鯖石川の水量がようやく安定した5月6日、上ミ田水利組合の揚水ポンプの稼動準備作業が行われました。水温はまだ冷たく、胴長を履き腰まで水に浸かっての泥上げ作業はいつもながら大変でしたが、大きなトラブルもなく無事にポンプ稼動開始となりました。

 今年は代掻き・田植えなど水が必要なときには揚水機をフル稼働していただき、水に不自由することはほとんどありませんでした。上ミ田の水利の末端に水田を保有するものとしては、関係者の皆様に感謝・感謝!です。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130506111503j:image


山室生産組合田植え開始


 昨年と同じく、5月の第3土曜日に満を持して山室生産組合の田植え作業が開始されました。

 当初低温続きでプール育苗の生育が心配されましたが、田植え時期までには立派に成長し、田植え作業も天候に恵まれ順調に進められました。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130518114238j:image


福昌寺の近況


 福昌寺では、秋の晋山式に向け本堂の改修工事が行われています。5月12日に伺ったときには内陣の床の張替えが既に終わり、外陣の張替え作業が行われていました。普段見ることのできない床下の根太(ねだ)や大引きは非常に太く頑丈なものでした。この後もさらに工事は続き、7月中旬頃には引渡しの予定です。

 また、今年の境内や参道の雪囲い撤去作業は、万年青年の皆さんが頑張ってくれました。「玄人はだし」の植木の剪定作業も行われ、山門への参道は綺麗に手入れをされていました。今後の作業方法・運営方法などはともかく、地区内の皆さんが菩提寺を心のよりどころとして大切に思い作業していただけるということは、とても有意義なことと思います。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130604125409j:image

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130526064740j:image

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130518120425j:image

2013-04-01

山室新聞「やまぼうし」第83号

16:11

ミ田雪解け


3月23日現在、上ミ田の積雪は1 m 弱というところでしょうか。気の早い「ふきのとう」が顔を出し、雪面には風紋(凹凸)ができ、黄砂で色が変わっています。以前は遥か数千劼眸猜の大陸から偏西風に乗って飛来する黄砂に自然の雄大さやロマンを感じたものでしたが、今年は有害物質が含まれていないか心配するこの頃です。国境が海を隔てた日本の場合、越境被害に関する意識が希薄になりがちですが、大気汚染などは国境に関係なく被害の及ぶ地域全体で対策を行わないと、特にこれからの世の中を担って行く子供たちへの影響は、はかり知れません。かつて日本も高度経済成長期に深刻な大気汚染が発生し、国を挙げての努力と技術革新大気汚染問題を克服してきた経緯があります。この世界最高水準の技術を活かし、日本が関係国のリーダーとなり子供達の未来に安全安心な環境を残してあげたいものです。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130320070828j:image:w640

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130320064741j:image:w640


春まつり


山室神社境内の雪は、宮守さんが毎日コツコツと雪割りをしてくれています。春祭りには皆さんに雪のない境内に集まっていただけそうです。

今年も、厄払いの他、家内安全・交通安全などの祈願についても行っていただけます。ご希望の方は区長さん宛にお申し込みください。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130323122327j:image:w640


『国際ご当地グルメグランプリ2013』


10月5日(土)6日(日)柏崎市を会場に「国際ご当地グルメグランプリ2013」が開催されます。(来訪者を5万人規模で想定しているとのことです。)これと同時に開催されるイベントに「おいな汁」を出店したいとのことです。2日間で約2,000食を準備する予定で、これに使用する野菜(土垂れ芋・にんじん・ごぼう・ネギ・こんにゃく)も南鯖石地区の地場産で準備する予定です。9月中に必要なため、例年よりも早い作付け・収穫が必要となりますが、南鯖石地区の『おいな汁の土垂れ芋』の特産化に向けた絶好の機会と思います。野菜作りのスペシャリストの皆さんにはご協力の依頼があると思いますので、宜しくお願いいたします。

2013-02-02

山室新聞「やまぼうし」第82号

14:23

平成25年元朝体操


大晦日から元旦にかけての降雪にもかかわらず18名が集り元朝体操が行われました。「一年の計は元旦にあり」といわれますが、今年も早寝早起き規則正しい生活を心がけ、健康で過ごしたいものです。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130202142448j:image:w360


共同年賀


特産センターでの共同年賀は、席に余裕が見られるようになってきました。平成元年には91戸を数えた区の戸数も現在は68戸に減少しています。

地域の社会活動をも担う重要な役割を果たしてきた農業集落です。集落機能を将来的にも継続できるよう皆で検討する必要があるのではないでしょうか。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130202142450j:image:w360

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130202142449j:image:w360


今年の降雪状況は・・・


昨年は大寒以後の強い寒波の襲来で、近年にない大雪となり1月末には柏崎全市が激甚災害地区になったことはまだ記憶に新しい事と思います。今年もまだまだ油断はできませんね。

ところで毎年この時期になると除雪作業中の事故が多く発生します。寒い中での高所作業となります。焦らず、体調管理や作業の安全には十分注意の上、作業に当たるようお願いします。万が一のことを考え「家族やお隣さんに一声かけてからの作業」を心がけましょう。

積雪も多くなっています。雪崩・雪庇などには十分に注意すると共に、危険と思われる場所には絶対に近づかないようお願いします。また危険箇所を発見された場合は、区の方に連絡を下さるよう

お願いします。

集落内の道路は除雪をされていますが道幅が狭く見通しも悪くなっています。歩行者も車も通行には十分注意するようお願いします。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20130202142451j:image:w360


福昌寺晋山式


福昌寺の晋山式が今年の秋、10月27日の挙行を予定しています。庫裏の改装工事も行われ副住職も春先までには福昌寺に入るとのことです。晋山式とこれに伴う事業に対しての準備も晋山実行委員会で進められています。皆様にはご支援ご協力を宜しくお願いいたします。

2012-12-09

山室新聞「やまぼうし」第81号

12:32

直売所「やまぼうし」


お母さん達今年も頑張りました。開店当初は売上げが伸び悩んでいたようですが、後半には盛り返し例年並みの売上げに落ち着きそうです。11月28日(水)で「やまぼうし」は、今年の営業を終了するとのことです。皆様ご愛顧いただきまして有り難うございました。

今年も出前市が行われ、10月28日のコミュニティーセンター祭りへの出店及び11月11日の月湯女まつりへの出店と大活躍でした。残念ながら今年は、こんにゃく玉は出品できませんでしたが、茎付生姜、味の浸みた自家製こんにゃくの田楽など非常に好評でした。


f:id:yamamuro_yamaboushi:20121209123134j:image

f:id:yamamuro_yamaboushi:20121209123135j:image

11月4日の収穫祭・・・晴天に恵まれ盛況でした。


エコファーム認定


エコファームとは、たい肥などによる土作りを行いながら、化学合成農薬や化学肥料の使用量を減らし、環境に優しい農業に取り組む計画を、法律にもとづいて知事が認定した農業者のことです。「柳の町」「戸口」「押し廻し」約2.5haのコシヒカリの圃場が対象になり認定されました。農業者がエコファーマーに認定されると、「エコファーマー」が生産した農産物であることを文字で表示できます。つまり安全・安心の米であることを直接消費者にアピールできるわけです。何れにしても元々美味しい山室産のコシヒカリ米に何らかの付加価値をつけて消費者の皆様にアピールできるということはとても有り難いことです。

また、現在上ミ田の一部の圃場では、自然流水を利用して雪降り前まで湛水管理を行い、生き物にやさしい環境作りも行っています。

2012-10-02

山室新聞「やまぼうし」第80号

17:48

山室生産組合


9月22日、コンバイン3台がフル稼働で、上ミ田稲刈りが行われていました。山室地区以外の委託田は全て終了し、当日から地内のコシヒカリの刈り取りに入ったようです。稲刈り開始から好天に恵まれ、順調に作業が進んで来ましたが、23日からの雨天で最後の刈り上げができない状況で気をもみましたが、27日には今年の稲刈りが無事完了しました。


f:id:yamamuro_yamaboushi:20121002173947j:image

f:id:yamamuro_yamaboushi:20121002173945j:image

f:id:yamamuro_yamaboushi:20121002173943j:image


【9月22日晴天の元3台のコンバインで、上ミ田稲刈りが行われていました】


斉藤さん百寿


斉藤チヨさんが、100歳を迎えられました。柏崎市では、8月15日現在で26人の方が100歳になったそうです。(明治45年4月1日〜大正2年3月31日生まれ)ところで、斉藤さんは、私たちが、福昌寺の季節保育所にお世話になった頃、ここの先生をしてくれていました。あの頃から既におばさんをしていましたから、おばさん歴はたいしたものです。若いときから苦労をした分、茶寿(108歳)・皇寿(111歳)を目指し、長生きをしていただきたいものです。


今月の元気印


関口多喜男さん。大正13年1月生まれの88歳造園業の現役です。先日伺ったところ、おもむろにポケットから補聴器を取り出し、色々とお話を聞かせていただきました。もちろん「くわえタバコ」で・・・。(タバコは、1日1箱以内にしたいと思っているようですが、なかなか本数が減らせないようです。)健康管理については、酒はそこそこ、早寝早起き程

度で、それ以外は特別に気を使っている所は無いようです。自分の仕事を持っていることで、お客さんからあてにされることが、充実した日々に繋がり、これが健康の元になっているようです。今年の猛暑で体調を崩したとの噂を聞いて心配しましたが、相変わらず声も大きく、現在は「元気印のじーちゃん」に復帰していました。

f:id:yamamuro_yamaboushi:20121002174737j:image

f:id:yamamuro_yamaboushi:20121002173949j:image


河東線道路整備


田島地内で中断していた河東線(市道柏崎18−137号線)の道路整備工事が、上ミ田の圃場整備を前に再開されます。当初の計画では、野崎から山室に向う直線道路が計画されていましたが、今回は、野崎から国道252号線に直角に交わる、圃場に最も影響の少ない路線に変更されます。順調に行けば、平成26年の工事着工になる見込みです。関係者の皆さんのご協力をお願いいたします。