やまなし緑サポーター会のブログ

2016-06-29

平成28年やまなし緑サポーター会定期総会議事録

10:18

日 時:平成28年5月13日/(金)15時〜17時

場 所:山梨県武田の杜サービスセンター研修室

出席状況:出席者26名 委任状25名 不通4名 会員数55名

1 開会 小林副会長

2 会長あいさつ

f:id:yamanashimidorisupport:20160513150515j:image

緑サポーター会は、発足から8年を迎えて、

これまで樹木の分類や特徴、病害虫の診断方法、原因や対策等研修会をとうして多くを学んで来ました。

今後は、これらの知識技能を活かし、地域に貢献して頂く事が緑サポーター会の認知度を更に高める事に成ると思っています。


3 来賓あいさつ日本樹木医会山梨県支部小野樹木医

f:id:yamanashimidorisupport:20160513150729j:image:right

平成28年度全国樹木医会が4月3日開催された。

本県では、26名が登録されている。県内の巨樹名木等の文化財保護活動をはじめ、多くの樹木の保護活動を行っている。

私も今回で支部長を退任しましたが、今後も緑サポーター会の活動を支援して往きたい思っています。


4議長選出

会則第11条により会長を議長とする。

5書記の任命副会長・会計

6議事

第1号議案 平成27年度事業報告 可決

第2号議案 平成27年度収支決算について 可決

第3号議案 会員名簿・連絡網の更新について

会員総数55名 新規加入者6名 退会者7名 可決

第4号議案 平成28年事業計画(案)について

学習計画 5月〜 2月

・樹木の分類、樹木の病害虫防除の基礎知識を継続的に学習

・樹木の診断技術、防除方法の実技

・巨樹、名木の県外視察研修及び意見交換会、交流会

樹木医会巨樹名木診断活動の補助

・「緑の相談所」事業のへの参加、植物の生育状況、病害虫被害の調査活動

ボランティア活動

地域サポート活動・緑化イベントの運営補助 可決

第5号議案 平成28年度収支予算(案)について 可決

第6号議案 その他

〇ご意見 1 、緑サポーター会は、ボランティア活動だけでは無く、本来の主旨であるもっと誇りの持てる活動、具体的には樹木医の活動をサポートするような実践的な活動を取り入れて欲しい。

(回答) 県の樹木医会と協議して実施出きるよう調整する。

2、竜王駅に我々の提案でサルスベリを植栽したが、ケムシが大量に発生したが人の集まる場所で消毒も出来ない。

何らかの対応が出来ないか。

又、緑サポーター会としての、各種事業への提案できる様な活動が求められている。

(回答) 樹齢も若いので、ケムシの処理は人海戦術で取りの除く方法の他に、何か良い方法が有るかどうか?

又、各自が地域活動に積極的に携わり、スキルを活かした活動をお願いがします。

〇活動報告 里山の保全活動を30年程前から、こつこつと続けてきた。その活動が若い人達にの賛同を得て、数年前に「里山を守る会」を立ち上げた。

具体的には、地域の桜のテングス病、枯渇老木の処理、下草刈り、植樹等の活動を続けている。

この活動が市からも高い評価を得て、支援も受けられるまでに発展した。

(評価) 素晴らしい取り組みでです。皆さんも自分の地域の緑を守る活動、巨樹サポート活動等、緑化推進の取り組をお願いします。

〇「森の樹育て」植樹会の実施

6月12日(日)午前10時〜12時まで

場所:御勅使南(みだいみなみ)公園

内容:ポット苗の植樹(抵抗性マツ、ドングリの苗)

閉会 ご来賓の先生には、長時間ご臨席を賜り誠に有り難う御座いました。今後ともに

ご指導の程を宜しくお願いします。又、会員の皆様ご苦労様でした。引き続き

講演会を開催致しますので、宜しくお願いします。

以上

講演会

[森林の働きと自然]について、要旨

山梨県森林総合研究所 研究員 田中 格 先生

f:id:yamanashimidorisupport:20160513133558j:image

森林とは? 森林の態系 主役は森林(地上部、地下部)

樹木を中心とした相互関係を持つ植物、動物が集合して出来ている。

山梨県が森林県と言われる理由

〇森林面積が県全体の80%を占める。

〇亜熱帯の森林を除く全ての森林がある。だから森林県

森林の働き・木材生産・林産物生産・県土保全・洪水防止・水源涵養・温暖化防止・

大気浄化・生物多様性の創出・保全・休養・景観保全(美しい景観形成

)騒音防止・その他

森林の公益的機能のメカニズム

〇県土保全機能・洪水防止機能

・土砂流失防止機能

水と私たちの生活・暮らしと「水」

生活用水(約1億5千立米)

*工業用水(約1億3千立米)

農業用水(約6億8千立米)

〇水源涵養機能・森林は大量の水を蓄える。

・森林は、降った水を土壌に浸透させ、蓄え、地下水に移

させる。

〇温暖化防止機能*森林が地球温暖化を防ぐしくみ

・光合成で空気中の二酸化炭素を吸い込む

・二酸化炭素を炭素として蓄える

・同時に酸素を作り大気に放出する

以 上





2016-05-12

平成28年度総会及び講演会開催のお知らせ

09:09

開催日時: 平成28年5月13日 午後1時30分〜午後5時

講演会:午後1時30分〜3時

総 会:午後3時15分〜5時

場 所: 山梨県武田の杜サービスセンター研修室

f:id:yamanashimidorisupport:20160516062313j:image

やまなし緑サポーター会の活性化のためには、会員の皆様が当会の運営に関心を持って戴く事が大切だと思います。皆様のご支援ご協力をお願いします。

尚、当日の参加も可能です。会員の皆樣には、ご参加を宜しくお願い致します。

2016-05-06

2015-11-09 平成27年度やまなし緑サポーター会定期総会 会長あいさつ

2014-08-19

【平成26年度やまなし緑サポーター会総会及び講演会】

17:20

日 時 平成26年年 5月11日(日) 13:00〜 16:00

場 所 山梨県立文学館 研修室

出席状況 出席者 25名 委託状 19名 不通 9名

来 賓 山梨県森林環境部 みどり自然課課 善積課長補佐

山梨県緑化推進機構 秋山理事

山梨県武田杜サポートセンター 小野所長

日本樹木医会 山梨県支部 小野支部長

山梨県造園建設業協同組合 会長代理 (順不同)

(会長あいさつ)

昨年は、地域活動にシフトを移してボランティア活動等への参加を計画したが、

台風等荒天のために中止となつた案件も有りました。

今年度は、さらに系統的な学習と実践活動をとうして、地域の緑化の普及及び

啓発に取り組んで行きたいと思っている。

関係機関のご指導ご支援を宜しくお願いします。

(来賓あいさつ) 善積課長補佐

県の緑化推進計画に基づく、緑の普及、啓発事業として、県内各施設を核に

推進する「緑の相談所」を開設して、その運営を県造園建設業協同組合に委託

した。

やまなし緑サポーター会の皆さんのスキルを生かした活動が求められいる。

県下の植物の生育状況、病害虫の発生状況等、緑に関する情報の把握が被害を

最小限に留めることにつながる。

皆さんの今後の活動に期待するところが大である。緑の普及、啓発事業にご

協力をお願いしたい。

【総会議事】

第1号議案 「平成25年度事業報告について」 可決

第2号議案 「平成25年度収支決算及び監査報告について」 可決

第3号議案 「会員名簿・連絡網の更新について」

4名入会 11名退会 総会員数 53名 可決

第4号議案 「平成26年度事業計画(案)について

(学習計画 8月 〜 2月)

・樹木の分類・樹木の病害虫防除の基礎的な知識を継続的に学習

・樹木名木の県外視察及び交流・意見交換・情報の共有

・樹木の診断技術・防除方法の実践

樹木医会の巨樹名木診断活動の補助

・「緑の相談所」事業への参加・植物の生育状況、病害虫の調査

ボランテア活動の内容

地域サポート活動・緑化イベントの運営補助 可決

第5号議案 「平成26年度収支予算(案)について 可決

第6号議案 「その他」 1 総会及び学習等計画しても参加者のが少ない。

参加者のを増やす取り組み、学習内容の充実や内容見直し等

2 会費の未納者が25バーセント余りある。

未納者の対応、振り込み料金を会費負担にす。

参加を増やす取り組みともかさなる。

予定時間を大巾に越える熱心なご意見ご要望が有りました。貴重なご意見ご

要望を今後の運営に生かすべく、執行部一同努力して参ります。

閉 会 ご来賓の皆様には、長時間ご臨席を賜り、ご指導を戴き有り難う御座いました。

会員の皆様ご苦労さまでした。今後の事業にご協力をお願いします。

以上

引続き講演会の内容は掲載します。