ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

「山の歌」の日記

2017-08-20

小矢部の山に

| 19:41

毎日天気が悪く蒸し暑い日が続くと

どうも出かける気にならない

丁度甲子園の野球をやってるのでテレビ観戦

それでも暇な時はネット麻雀をやって

毎日ダラダラと暮らしてた。

今日は自転車屋さん主催のサイクリング

こんなことでも無ければなかなか出れない

走れるかなと一抹の不安を持ったまま参加

高岡の町中を抜け小矢部川の橋の手前で集合

f:id:yamanouta:20170820094721j:image

その次は宮島峡、ここまではまだ大丈夫

f:id:yamanouta:20170820103040j:image

子撫川ダムを通りまだ上に、この先は行ったことがない道

f:id:yamanouta:20170820104650j:image

ダラダラとした登りが果てしなく続く

ようやく下りになった場所は石川県津幡町の山中

河合谷の休憩所

f:id:yamanouta:20170820112352j:image

ここは前に羽咋からの帰りに通った場所

f:id:yamanouta:20170820112404j:image

ここからまた小矢部に戻るには何度かのアップダウンを繰り返す

ここらあたりから結構足に来た

最後の峠で休憩

すぐ先に小矢部のメルヘン建築の小学校だったが今は廃校のグランドで運動会?をしてた

f:id:yamanouta:20170820115107j:image

そこから小矢部市内を通り抜け休憩後元気な人達は稲葉山にクライム

足に違和感を感じてたので当然パス

途中で出発点の自転車屋さんに戻る人たちとも別れ家に帰った。

家に着く最後の1kmくらいは両足が吊り出してた。

家に帰ってとにかくシャワーを浴びて休憩

台所を見たら茹でた枝豆が・・

日中は呑まないことにしてるが昼にはおにぎり一個しか食べてないので

ビールを出してきた。

f:id:yamanouta:20170820144744j:image

今日のルート

f:id:yamanouta:20170820193758j:image

暑さのせいか最近のふしだらのせいか距離の割には今日は結構疲れた。

2017-08-16

孫守

| 20:29

今日は一日夏休みの孫のお付き合い

天気が悪いが一日家にいるわけにも行かないので太閤山ランドに出かける

お目当てはこども未来館

ここなら孫の相手をしなくても勝手に遊んでくれる

朝の9時に入って11時半までたっぷり遊んだ

雨が降ってるので歩くのは嫌で丁度間に合ったトレインに乗ったが

行き先はプール園だった。

殆どの人が雨の中プールに向かうが

自分らは反対側のこどもみらい館に

行き先をちゃんと確認しなかったが幸いすぐ近くだった。

年下の弟が中々気に入った場所を離れないのに付き合う姉

f:id:yamanouta:20170816102546j:image

姉が壁登りをやったら弟も登りだす

f:id:yamanouta:20170816103848j:image

f:id:yamanouta:20170816110016j:image

4歳の孫が知らないうちに一人でブロックを上手に作るようになった

f:id:yamanouta:20170816175619j:image

次々と作り出す

f:id:yamanouta:20170816201841j:image

随分孫の相手が楽になってきた。

2017-08-15

白山に行ってきた

| 20:39

白山に行きたいと思っていたが

天気が良くない日が続き遅れ遅れになってた。

たまたま友人から誘われたので

後押しされて天気が悪いと思っても行ってきた。

8月に入って通れるようになった平瀬道から

f:id:yamanouta:20170815070458j:image

f:id:yamanouta:20170815085659j:image

アザミが鮮やか

f:id:yamanouta:20170815085733j:image

朝露に濡れた葉

f:id:yamanouta:20170815092957j:image

イブキトラノオ

f:id:yamanouta:20170815100211j:image

ニッコウキスゲ

f:id:yamanouta:20170815101234j:image

ハクサンフウロ

f:id:yamanouta:20170815101408j:image

この花は?(サラシナショウマ

f:id:yamanouta:20170815102700j:image

タカネマツムシソウ

f:id:yamanouta:20170815104229j:image

雨がひどくなってきた

f:id:yamanouta:20170815105149j:image

ミヤマリンドウ

f:id:yamanouta:20170815111534j:image

クロユリ

f:id:yamanouta:20170815112004j:image

室堂ビジターセンターに着いたら雨がひどくてもう頂上に行くきは無くなった

白山初めての友人の荷物を一部預かり、室堂待機を決め込む

f:id:yamanouta:20170815113246j:image

頂上からずぶ濡れになって帰って来た友人たちと簡単に休憩し下山にかかる

メガネに雨が付いてチシマギキョウ、イワキキョウか判別ができない

f:id:yamanouta:20170815131931j:image

雨の中を下る

f:id:yamanouta:20170815132655j:image

f:id:yamanouta:20170815133129j:image

一部の葉が色づいたナナカマドがあちこちに

f:id:yamanouta:20170815134609j:image

変わった形をしたダケカンバ

f:id:yamanouta:20170815143918j:image

下山したら駐車場は雨が上がってた

山道を下り国道に出たら雨の降った形跡がない

どうも山だけが雨だったようだ。

半分以上雨の中を歩く山だった為

初めての白山の友人たちはちょっと気の毒だった。

もっと眺めの良い山なんだけどな・・

nyamanyama 2017/08/16 22:55 ガイド、ありがとうございました。
また天気のいいときにでも、お願いします!

yamanoutayamanouta 2017/08/17 14:53 nyama さん!
次回は天気のいい時に観光新道からでも登りますか!

2017-08-11

新御宿かわせみ第三弾

| 21:43

「花世の立春」読了

f:id:yamanouta:20170811091728j:image

これで手元にある御宿かわせみシリーズは全部読み切った。

かなり長い間このシリーズにハマってたので

この後の展開もなんとなく想像できる

気になるのは神林東吾がどうなったかだが

江戸幕府の崩壊とともに榎本武揚に請われて函館に向かった

その途中房総沖で難破したのは分かるが

その顛末は書かれてない

この小説では江戸幕府の崩壊についても書かれてない

江戸の町は明治になって体制が変わっても町民の気分は変わっていない

そこに作者の江戸を愛する気持ちが現れているように感じる。

ここまで読むとなんとなく先が読めてくる気がした

多分難破船の生き残りがかわせみを訪れ

東吾の最後を涙を込めて伝えるのではと想像する。

2017-08-08

野に咲く花のように

| 19:15

野に咲く花のように」作詞:杉山政美 作曲:小林亜星  

野に咲く花のように 風に吹かれて

野に咲く花のように 人をさわやかにして

そんな風に僕達も 生きてゆけたらすばらしい

時には暗い人生も トンネルぬければ夏の海

そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

野に咲く花のように 雨にうたれて

野に咲く花のように 人をなごやかにして

そんな風に僕達も 生きてゆけたらすばらしい

時にはつらい人生も 雨のちくもりでまた晴れる

そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

大好きな曲です。

でもこの歌詞にもまだ何か違うものを感じます。

>時には暗い人生も トンネルぬければ夏の海

>時にはつらい人生も 雨のちくもりでまた晴れる

野に咲く花はもっと凄いです。 

トンネル抜けなくても、雨のち曇でまた晴れなくても

それでも何の文句も言わず生きていくのです。

そんな風に自分も生きて行けたら素晴らしい。

と思うのです。

黒部のシュン黒部のシュン 2017/08/10 12:24
さわやかで深きすばらしい歌ですね!

、、、裸になりましょう(笑)

yamanoutayamanouta 2017/08/10 21:30 シュンちゃん!
何か最近急に頭に浮かんできました。