ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

「山の歌」の日記

2016-05-26

庄川水記念公園まで

| 15:05

今日は天気予報も悪いし家で本でも読もうかと思ってたが

朝起きると晴れてる。

一日の予報を見ても雨になりそうにない。

それではと自転車で出かけることに

今日は庄川に沿って走り水記念公園まで行き返りに砺波の花総合センターにより薔薇を見てくる予定。

高岡の町中を過ぎ庄川の自転車用道路の有るところから堤防に上がる

f:id:yamanouta:20160526144218j:image

道路脇に咲いてる花、アザミかと思ったらムラサキツメクサのようだ

f:id:yamanouta:20160526100241j:image

走ってると涼しいが、止まると暑くて汗が噴き出る

風もあまりないので快調に走って庄川町

f:id:yamanouta:20160526102821j:image

水記念公園着

f:id:yamanouta:20160526103334j:image

水車とカッパを見ながら足湯でまったり

f:id:yamanouta:20160526110146j:image

f:id:yamanouta:20160526110142j:image

時間は早いがここから砺波に戻り花総合センターに薔薇を見に行く

今朝の新聞に見頃と書いてあったので結構人が訪れていた。

f:id:yamanouta:20160526114517j:image

f:id:yamanouta:20160526114538j:image

f:id:yamanouta:20160526114558j:image

f:id:yamanouta:20160526114756j:image

f:id:yamanouta:20160526114716j:image

f:id:yamanouta:20160526114658j:image

f:id:yamanouta:20160526114627j:image

高岡に帰ったらまだ12時過ぎだったのでラクウで食事。

f:id:yamanouta:20160526145634j:image

食事の後元ちゃんの様子も心配だったので寄り道

想像より元気そうだったので少しだけ安心した。

今日のコース

https://www.strava.com/activities/588265235

サイコンによる走行データ

走行距離61.4km 走行時間2時間56分

平均速度20.9km MAX35.5km

2016-05-25

初めてのカヌー

| 17:14

去年からカヌーをしないかと誘われていたけど

自分には無理だろうといい加減な返事をしてた

でも最近椎名誠の本を読んでたら、何か楽しそう。

みゃらくもんさんからまた誘ってもらったので

簡単な場所ならとお願いした。

今日は天気が今一だが暑くもないし湖面は楽しかった。

場所は砺波の和田川ダム。

みゃらくもんさんの家からカヌーを2台積んでやって来た。

カヌーのための施設もあり湖面にも出やすいようになっている。

f:id:yamanouta:20160525095113j:image

恐る恐る漕ぎ出す

f:id:yamanouta:20160525101329j:image

先生が横を並走

f:id:yamanouta:20160525101344j:image

横から写真を撮ってもらう

f:id:yamanouta:20160525101322j:image

前からも

f:id:yamanouta:20160525101800j:image

休憩してる間にカヌーが流されてて先生が慌てて回収に

2台とも流されなくてよかった(苦笑)

f:id:yamanouta:20160525114841j:image

休憩後はカヌーを交換

少し慣れたら漕ぐのも少し楽になった(^▽^)/

f:id:yamanouta:20160525115702j:image

調子に乗って滝に近づく

f:id:yamanouta:20160525120958j:image

滝の前で一枚撮ってもらう

f:id:yamanouta:20160525121007j:image:w640

滝に向かってくる先生

f:id:yamanouta:20160525121029j:image

2時間ぐらいの練習だったが楽しかった。

終わった後は越中庄川荘の温泉でさっぱりと

次回は本当の川を下りましょうと言う話だったが

大丈夫だろうか?

みやらくもんみやらくもん 2016/05/25 19:43 千保川は浅くて溺れる心配はありません。流れも緩やかです。それをクリアしたら、映画「大脱走」よろしく、ジェイムスコ・バーンのように伏木港へ下ります。ワクワク、ドキドキ!?

yamanoutayamanouta 2016/05/25 19:59 みやらくもんさん!
いずれにしてもお手柔らかにお願いします。
ジェイムスコ・バーンかっこよかったですよね。

2016-05-24

うっかりしてた

| 19:01

昨日山から帰って夜に左上腕部が痒かった。

そんなに気にしてなかったが

今日になってだんだん酷くなってきた

これは前に家の庭でやられたチヤドクガの症状のよう

昨日は山にタニウツギが盛んに咲いてたが、山ダニが心配でなるべく近づかないようにしてた。

ところが前長尾山への取り付きが分からず無理やり藪を突破した

多分その時やられたようだ

もちろん長袖の服を着てたが服の上からでも襲われるようだ

まるで酷い蕁麻疹のように腫れている。

前回庭でやられたときは全身に見るのも気持ち悪いくらいの発疹が出たが

今回は左上腕部だけ

まあ部分的なので痒さは我慢は出来るがうっかりしてた

庭の椿には用心してチヤドクガの防虫剤を撒いてたのに

山に椿が有るのを忘れてた。

この時期毛虫を見ただけでチャドクガじゃないかと思うくらい

チャドクガには気を付けてるのに。

死んだ毛虫でも一匹に毒牙を10万本以上持っているそうだ。

大したことが無いと藪に入る時は椿が無いか注意してないと酷い目に遭う。

周 2016/05/24 21:44 私も以前やられたことがありましたが筏さんの後ろからついていったのですが大丈夫でした!

yamanoutayamanouta 2016/05/25 07:00 周さん!
多分着てるものが違ってたのでしょう。
暑くて重ね着してる一枚を脱いでしまったのも良くなかったと思います。
いずれにしても藪に入るのはダニもいますしこの時期避けた方が良さそうです。

2016-05-23

国少から歩いて前長尾山経由で大辻山

| 17:59

周さんがキッズ登山の下見に大辻山に行くと言うので同行させてもらった。

f:id:yamanouta:20160523091011j:image

車が登山口まで入るのに国少から歩くと言うので何故?と思ったら。

林道歩きじゃなく前長尾山経由で行くと言うのでちょっとおっ!

出発してすぐに来拝山の登山道に入ります。

f:id:yamanouta:20160523092051j:image

山つつじが綺麗です

f:id:yamanouta:20160523092353j:image

城前峠まで登山道を行くつもりが途中間違えて林道に下りてしまった。

城前峠から前長尾山に取り付く入り口が見つからず、地図通りに行けば何とかなると藪に突入しばらく歩くと登山道が現れた。

思ったより頂上が遠く大汗をかきながら前長尾山に初登頂。

f:id:yamanouta:20160523102359j:image

頂上から今から登る大辻の横に剱岳が見えた。

f:id:yamanouta:20160523102628j:image

一度林道に下りてそこまで来てる車を横目に長尾山に向かいます

ここはすぐに到着

f:id:yamanouta:20160523105245j:image

また少し下って今度は奥長尾山に、ここまで結構歩いてるので汗が止まらず休憩。

f:id:yamanouta:20160523110612j:image

そこから少し進み綺麗なブナ林でまた小休憩、水分補給をしないと辛くなってきました。

f:id:yamanouta:20160523113611j:image

最後は我慢の登りで大辻山山頂着2時間40分ほどかかった。

少し霞んではいるが絶景です。

f:id:yamanouta:20160523120416j:image

正面に大日岳その左に剱岳

f:id:yamanouta:20160523125206j:image

山頂で昼食をし周りの山を眺めます。毛勝方面

f:id:yamanouta:20160523125215j:image

薬師岳

f:id:yamanouta:20160523125222j:image

立山方面、弥陀ヶ原から落ちる称名滝が見えた

f:id:yamanouta:20160523125228j:image

帰りは登りの道で間違えた個所の確認に周さんはまた登山道に向かったが

もう登るのが嫌な自分は林道をてくてくと歩いた

タニウツギがそこら中に咲いてました。

写真はコイワカガミ

f:id:yamanouta:20160523125809j:image

鍬崎山がかっこよく見える場所でパチリ

f:id:yamanouta:20160523143013j:image

今日歩いたコース

f:id:yamanouta:20160523174831j:image

2016-05-22

畑の草刈り後読書

| 19:29

今日も天気はいいがどこにも出かけず

午前中に畑の草刈りをやった。

午後からは読書。

先日買ってきた沢木耕太郎の「凍」を読み切った。

読み始めたら止められなくなって最後まで。

f:id:yamanouta:20160522165312j:image

久しぶりに山の話を読んだ

かつて新田次郎の山の小説をかなり読んだが

最後に山の小説を読んだのは井上靖の「氷壁

それ以来だったがこの「凍」はノンフィクション

山野井泰史とその連れ合いの妙子さん(二人とも世界的に有名なクライマー)のヒマラヤの難峰ギャチュンカンに挑む話。

読み始めて最初に

山野井には、八千メートル峰の14座を完登するとか、七大陸の最高峰をすべて登頂するとかと言った「ピークハンティング」の趣味は無いという言葉が気に入った。

沢木はスタンプラリー的なという表現まで使っている。

自分も百名山やら百高山やらには興味が無いのでまずここで惹かれた。

しかし読んでいくうちにギャチュンカンの登頂の困難さそして過酷な下山に引き込まれた。

奇跡的に生還してからの凍傷の手術の様は読むのも嫌になるくらいの酷さ。

もうクライミングは無理と思ってるのに、また過酷な訓練をして山に帰る

そしてついにギャチュンカンのベースキャンプにまた戻り、自分らが最後に残してきたごみを探すと言うこの夫婦の山に対する思いの深さに感動させられた。

そしてそのギャチュンカンに再度訪れたとき同行したのがほとんど初心者のこの本の作者というのも驚き。

この小説を書くのにかけた努力の深さも凄い。