Hatena::ブログ(Diary)

サーバー管理者日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012.6.8 (Fri)

TechNet/hh495583 の翻訳 (一部のみ、意訳ちょいあり)

原文: Language Support for System Center 2012 - Service Manager

このドキュメントの英語があまりに酷いので。

Setting your Windows locale on a computer that hosts a Service Manager console to one of the supported languages results in Service Manager being displayed in that language. In addition to the languages that Service Manager supports, you must also consider the ability to search and sort data in the Service Manager databases. The ability to search and sort data in a specific language is defined by the collation settings in Microsoft SQL Server. For more information about SQL Server collations, see the section "Microsoft SQL Server 2008 with SP1" in Supported Configurations for System Center 2012 - Service Manager in this guide.

Service Manager がサポートする言語のうちひとつを Service Manager コンソールをホストするコンピューターの Windows ロケールに設定すると、Service Manager ではその言語が表示されます。Service Manager の言語設定ではこれ以外に、Service Manager データベース内のデータの検索と並べ替えの機能も考慮しなくてはなりません。特定の言語におけるデータの検索と並べ替えの機能は、Microsoft SQL Server の照合順序の設定によって定義されます。SQL Server 照合順序の詳細については、このガイド (TechNet のこと?) の「Supported Configurations for System Center 2012 - Service Manager」にある「Microsoft SQL Server 2008 with SP1」セクション (たぶん「Software Requirements for System Center 2012 - Service Manager」の「Microsoft SQL Server 2008」セクションの間違い?) を参照してください。

The information in the following table represents the approved collations and the locale identifiers that were tested for Service Manager. In the list of collations in this table, “CI” indicates case-insensitive, and “AS” indicates accent-sensitive.

次の表は、Service Manager のためにテストされ許可された照合順序とロケール識別子 (LCID) についての情報を示します。このテーブル内の「照合順序」列では、「CI」は「大文字小文字の区別なし」を示し、「AS」は「アクセント記号の区別あり」を示します。

----

つまり、Service Manager コンソールのインストールされた Windows 端末のロケール設定にあわせて、SQL Server のデフォルトの照合順序を変更してね、ということです。

リンク元