氷河がこっちにフィヨルド

2008-04-13

[]「荒野の一ドル銀貨」「生きる」

・「荒野の1ドル銀貨」

どっからどう見てもアメリカじゃねえだろうそこはと力の限りツッコミを入れたくなるマカロニ・ウエスタンの秀作。ごつごつした荒野とか全然無くてなんか空気が湿気っぽく、どっちかといえば「草原の1ドル銀貨」でした。それはともかくジュリアーノ・ジェンマがかっこいい。マカロニなので適当なつくりかと思いきや、意外にしっかりと工夫が凝らしてある脚本で楽しめます。個人的にジェンマ主演ものの中では「怒りの荒野」と双璧の面白さ。ただし、一部カメラさんが明らかに手前の俳優さんより背景の子ブタに気をとられているシーンがあるのはご愛嬌。

荒野の1ドル銀貨 スペシャル・エディション [DVD]

荒野の1ドル銀貨 スペシャル・エディション [DVD]

「生きる」

伊藤雄之助宮口精二というマイヒーロー二人を堪能するために借りてきました。

雄之助いいねー雄之助。「プーサン」のヘタレ軟弱男も可愛さ満点でしたが、やはりこういう胡散臭ーい役をやらせると絶品ですな。この役柄、以前見たときは自らメフィストフェレスを以って任じる所が印象に残っていた所為かもっと悪辣な感じだと思ってたんですが、改めてみてみると意外といい人。志村喬演じる主人公に(一応善意から)人生の楽しみを教えてあげようとするんですな。実はこの映画前半の見所、伊藤雄之助の”歓楽街を遊び呆けて悪の道に引き込む「陽の負パワー」”対”志村喬のひたすら陰陰滅滅とした「陰の負パワー」”という、どっちに転んでもネガティブ極まりない凄い対決だったりします。結果は雄之助の度重なる堕落への誘惑攻撃にもめげず、チークタイムに落涙しながらゴンドラの唄を唄って周りをドン引きさせた志村喬の勝利。ちなみにこの時の雄之助の口半開きで「えー ('A`)」全開な表情がたまりません。

一方宮口精二総出演時間ものの1分、しかも台詞無しという扱いですが、強烈な存在感で引き込まれます。無言のあの眼差しがかっこいいんだー、これが。

ちなみに初見時は存在に気づいていなかった中村伸郎が最高でした。骨の髄まで嫌なおっさんであります(笑)。

生きる [DVD]

生きる [DVD]