メディア見廻り組 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-07 バーに行っても何も生まれなかった このエントリーを含むブックマーク

バーに行って新しい出会いを経験した人のブログを何度か読んだ。

だが、何度もバーに行ったけど何も生まれなかった奴もいるのだ。

私の住んでいるのは地方都市でたまたま周りにバーのない住宅地に住んでいる。

まず、バーに行くためにはバスに乗らないといけない。

バスも10時前には終バスになってしまうので、あんまり飲めない。

それか代行だ。

代行を呼ぶために週末などは1時間待ちなどざらで、面倒くさいし高い。

というわけで、気軽にバーに行ける環境にない。

みんながみんな簡単にバーに行けると思うなよという感じである。


何度かバーに行ったこともあるけれど、通うほどの店は見つからなかった。

毎回3、4千円も掛けて酒を飲んでバーテンダーと話をして、

他の客と話したこともあったけれど、

その後の発展につながることはなかった。

基本的に人見知りである。

会社の同僚とも何度も顔を合わせて、何度も飲み会で話して

やっと打ち解けて話せるようになるくらいである。

そんな人間が、バーで誰かと一度会ったくらいで仲良くなれるわけがない。

何度も通えば、常連さんと次第に打ち解けていくのだろうけど、

そこまで通うためにどれほどの時間とお金を投資しなくてはいけないのかと考えると

すぐに通うのをやめてしまう。

結局、たまに思い立ってバーに行くことは行くものの何も得られないまま帰ってくる始末だ。

酒の味や能書きとかにこだわりがあればまた話は別だろうが、

酒の味の微妙な違いなんかにそこまでお金を使う必要がないと考えている人間なので

バーに行くことがお金の無駄に思えて仕方がないのだ。


人見知りな人間の私がたまたま入ったバーで、たまたま話が合う人が現れ、

たまたまその人と打ち解けて、たまたま連絡先を交換して友達になる。

非常に確率が低いと思うのだが。

逆に言うと、バーで友達ができるような人は、どこに行ったって友達ができるんじゃないだろうか。

それか女の子だったら他の客がグイグイ話しかけてくることもあるから友達ができるかもしれないが。


まず、コミュ障はバーに行っても新しい出会いなんかない。

かなり酔っぱらって話しかけて一瞬盛り上がることもあるかもしれないが、

次に会ったときは醒めている。

それに気の合うバーテンダーを見つけるのも難しいし、気の合う客を見つけるのも難しい。

出会いを期待してバーに行くくらいなら趣味の集まりとかオフ会に行くほうがずっといいと思う。

ぞのほうが気の合う仲間に出会える可能性が高いだろう。

ただ単に、私が面倒くさいコミュ障だからそういう結論になるのかもしれないのだが…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamauchikazuya/20131107