Hatena::ブログ(Diary)

yamekodevの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-10-01

Titanium mobileの基礎09〜地図を表示する

MapViewを使って地図を表示させる。
f:id:yamekodev:20121001000826p:image

ポイント

・Ti.Map.createViewを使う

手順

#16 地図を表示させてみよう (1) | 【サポート終了】Titanium Mobile入門 - プログラミングならドットインストール

ソース

app.js

var win = Ti.UI.createWindow({
	backgroundColor: 'blue'
});
var view = Ti.UI.createView();

var map = Ti.Map.createView({
	// map形式の指定
	mapType: Ti.Map.STANDARD_TYPE,
	
	// 初期表示場所設定(緯度/経度)
	// 恵比寿あたりの場合
	region: {latitude:35.645, // 緯度
			longitude:139.71, // 経度
			latitudeDelta:0.01,// 表示範囲
			longitudeDelta:0.01},// 表示範囲
			
	animate: true,
	regionFit: true, // 画面にFitさせるか
	width: 300,
	height: 400	
});

view.add(map);
win.add(view);
win.open();

位置情報の利用

初回アプリ起動時に、位置情報の利用についてアラートダイアログが出た。
f:id:yamekodev:20121001001105p:image

ドットインストール内では位置情報について触れられていなかったため公式ドキュメントを見たところ、

userLocation:true,

というオプションで位置情報について扱えるようになるようだ。
これについては別途調査する必要がありそう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamekodev/20121001/1349051686
Connection: close