やもーんのSomething Special

2016-10-24

気が付けば今年も残すところあと2か月。出張が少なかったのと、本読む気分の時が少なかったせいか、前回の更新から半年ほどたつが、全然本を読んでない。

ある種の衝撃。

これまで正直歴史にあまり興味を持ったことはない。真実はどこにあるのだろうか。

何はともあれ日本人として誇りを持って行こう。

オトナ相手の教え方

オトナ相手の教え方

すごい差別化戦略 競合他社を圧倒する「違い」のつくり方

すごい差別化戦略 競合他社を圧倒する「違い」のつくり方

過去成功例は時に参考になる。

一方でそれぞれ特殊だなぁとも思う。やっぱ頭使わなあかんなぁ。

いまどきエンジニアの育て方

いまどきエンジニアの育て方

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20161024

2016-3-31

1-3月に読んだ本。仕事が忙しい+出張が少なかったため読書量がすくなかった。

人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)



この手の本を最近よく見るので読んでみたが、あまり響かず。

個人的には実際に起こっている多次元現象をどの軸(次元)で切り分けて理解するかというのが重要だと考えいる。そのためにはどういった物事理解データ分析有効かということが知りたいが、多分そんな都合よく書かれた本ないんだろうなぁ。


いらないものを持つ必要はないと思うが、書かれている内容の半分くらいは納得、残りはそうでもない。人間やはり無駄から学ぶことも多いと思う。

「洞察力」があらゆる問題を解決する

「洞察力」があらゆる問題を解決する



直接本の内容とはリンクしないが、子供の遊ぶ姿を見ていると、説明書のあるおもちゃがあって、仮想空間ルールに従ったゲームがあってと、子供自身で遊びを創出する機会がほとんどないんだろうなと思う。そんな時代に育ったら、やり方・ルールが与えられなければ仕事も遊びもできない大人になってしまうんじゃないかと思う。一方でエンジニアに限らず仕事って既存のものを超えたところにブレークスルー存在すると思う。ますます日本の将来危ういと感じる。



「無理」の構造――この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造――この世の理不尽さを可視化する


「具体と抽象」を読んでから細谷功氏の本を読んでみようということで読んでみた。というか昔読んだ「地頭力を鍛える」も同じ著者だった。

時間の不可逆性として説明されている内容は非常に理解できるとともに、実社会において厄介な問題だと認識。これだけ情報が氾濫し、社会フラット化すると、最終的には物理における熱的死のような状態へと向かってしまうのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20160331

2015-12-31

暫く放置アウトプットをしていなかったので、まとめて読書録をつけていく。

出張帰りに駅で買って読んでみたが、それほど得るものはなかった。やはり出張ついでに短時間で買う本は当たりが少ない気がする。

相変わらず気象は好きなジャンルなわけですが、読んでいる間はなかなか面白いと思ったが、少し時間を空けると何が書かれていたかほとんど記憶に残っていない。しばらくしてもう一度軽く読んでみよう。(それほど興味のないジャンルなら即ブックオフ行きなんだけどね。)

言葉には、なぜ現実を変える力があるのか?

言葉には、なぜ現実を変える力があるのか?

断片的にはうなづくところもあったが、それだけって感じ。

有名な6 thinking hatに関する本で読んでみた。結論から言えば本一冊読むほどのものか疑問ではあるが、自分思考を一度俯瞰させて、ある切り口で思考するというのは確かに効果的であると思う。ある種思考フレームワークのようなもんなんだろう。

以下メモ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20151231

2015-11-28

出張帰りに読む本がなくなって、本屋に立ち寄って購入。新幹線飛行機の本というのは若干違和感

まあそこまで興味惹かれるという本ではなかったが、飛行区域に関する部分や、日本空路に関する内容は意外と知らない内容が多く面白かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20151128

2015-11-27

未来に先回りする思考法

未来に先回りする思考法

Amazonで見つけてポチッとな。テクノロジーに伴うボーダレス化の中で、企業国家関係について書かれていた内容は新鮮だった。日本も今後を生き抜くために戦略的国家を築いていくべきかとは思うが、平和ボケして現状維持に満足し、世の中をよくして行こうという必要性が感じられない状態では、どうにもならんということですな。

以下内容の書き出しや、まとめ。

最後の内容は逆の意味で、地震によって原子力発電所に対する不安が増し、多くの人のマインドが変わったことからもうなづける。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20151127

2015-11-19

以下内容の書き出しや、まとめ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20151119

2015-11-17

問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

この本の本質からは若干ずれるが、結局は複雑なものダメで、シンプルが一番。デザインも思考と同じで、枝葉を切り落として本質の部分に着目せよという感じがする。

以下内容の書き出しや、まとめ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamourn/20151117