Hatena::ブログ(Diary)

Yam.の日記

2008-09-08

映画『落下の王国』を見た。

土曜日に視聴。事故で下半身が動かなくなったスタントマンが、自殺用のモルヒネを入手するために木から落ちて腕を折ったメキシコ系? の少女に嘘物語を語る映画。その嘘物語が映像として、表示される。映像はすばらしい、ストーリーがあまりにも類型的っていうか、ありがち。映像はすごいが、それは世界遺産に無理やり追加された何かって感じがしてしまう。意図的に安っぽくしたのかもしれないが。

難しいことを考えたりせずに、単純に、映像を見て世界遺産すげーっていう映画なのかもしれない。

6.5

http://www.rakka-movie.com/

2008-06-01

『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』

ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』をカミサンと見てきた。うーん、2時間越えとは思えないほどあっという間に見終えた。おもしろかったが、考え始めるときりがないなあ。キリスト教的世界観ってのはつらいところだ。小説を読んだのは小学校か中学校くらいの時分なので、ほとんど忘れていた。しかし、戦争っていうか戦なんで人っていうか人型が死ぬ死ぬ。主人公たちもなんの躊躇もなく射殺したり、斬り殺したりする。まあ、そういった時代だってこともあるのかもしれないが。