Hatena::ブログ(Diary)

Yam.の日記

2009-09-08

妹尾ゆふ子著『魔法の庭』1、2、3を読んだ

『翼の帰る処』でファンになった妹尾ゆふ子の『魔法の庭』1「風人の唄」、2「天界の楽」、3「地上の曲」を読んだ。すでに出版社は倒産しており、現在は古本か図書館で読むしかない。たとえば、amazonでは、2009年9月8日現在、1は1,814円、2が品切れ、3が4,468円から古書で買うことができる。私は、amazon古書が品切れ巻があることもあって区内在住者ではない人でも借りることができる図書館から借りた。

読んだ感想は、1巻目を読んでいる時は、正直なところ、そこまでして読む本じゃなかったかなあとか、思っていたのだけれど、巻を重ねるにあたって圧倒された。死と再生の物語、とかありきたりの表現が浮かぶが、なんといったらいいのだろう。うまく言葉にすることができない。異なった世界の歴史というか神話を読んでいるようだ。

登場人物がやや類型過ぎる気がしないでもないけれど、それさえもが、なんといったらいいのだろう、集合的無意識から来るっていうか、ある種のパターンゆえの神話性なのかもと思わせてくれる。ちょっと自分でも何を書いているのかよくわからないけれど。

最初は追うのがつらいだけだったぴったり文字の長さを揃えられた詩も、3巻最後ともなれば、ただただ心に染み入るばかりだ。

別の言葉で言えば、他国の軍勢が攻め入った時に、北方王国のイザモルド姫(氷姫)によって凍てつかされた大地。そこへ一度行って戻ってきた南の国を捨てたうたびとアストラと妖魔の王の遍歴の物語だ。物語の緻密さと硬いけれどその美しさに圧倒される。そして、最後のある種のカタルシスも尋常ではない。こういった本に巡りあうと、ああ、世界には私の知らない傑作小説なんて山ほどあるんだろうなあ、と何度も思わされる。唯一の不満っていうか、危惧は、恋愛描写が皆無な点だ。いや、別に必須だとは思わないけれど、『翼の帰る処』でファンになった身としては、一抹の不安を感じてしまうではないか。

1巻 6.0

2巻 7.0

3巻 7.5

シリーズ全体で7.0(サッカー式採点法。10点満点で、5.5〜6.0が平均)

2009-08-30

妹尾ゆふ子『翼の帰る処2』下にしびれる

シリーズを読み出したのは、この1週間くらいだが、シリーズ最新刊の『翼の帰る処2』下「鏡の中の空」を読み終えた。非常に気に入ってある意味とてもはまっている。どれだけはまっているかというと、『獣の奏者』III巻をまだ読んでいないのに、読み終えた後に、再度読み返したくらいだ。私はほとんど、本を読み返すことのない人間なのだけれど。

なんといったらいいのだろう。2,30年前の最良の少女マンガのファンタジーを読んでいる感じ。そう、鳥図明児の『虹神殿』や『水蓮運河』とか、紫堂恭子の『辺境警備』、もちろん、妹尾ゆふ子の姉であるめるへんめーかーの作品などを思い出しながら読んでいた。直接の影響というよりは、そういったテイストの作品に私は感じた。

主人公は36歳(1巻時)の文官であるヤエト。左遷されて10数年前に帝国に併呑された北嶺の文官として赴任し、すてきな隠居生活を送るつもりだったのに、14歳の皇女が太守として赴任してしまったことから、はからずも活躍せざるをえなくなってしまう。登場人物は、ある意味で、とても少女マンガのファンタジーっぽくあり、掛け合いはすてきだ。皇女の騎士団長であるルーギンの少女マンガ的類型や、皇女自身が少女マンガ的ヒロイン像といった感じもあり、ある意味で類型的なのかもしれない。

ただし、世界観は、甘くはない。っていうか激シビアだ。帝国自体が、砂漠の西方にあった旧帝国における皇帝の暴虐から逃れるために、皇弟が砂漠を越えて他の国々を征服してから建国された若い国だ。皇帝を恐れるあまり、皇弟は、オアシス国家の人々を虐殺しまくり、井戸には毒をくらわせた、という過去がある。ヤエト自身、戦闘経験自体はないものの兵站を担当することで、侵略戦争に荷担したことにある種の負い目を感じているようだ。

根幹をなす、神との契約ともいえる、恩寵の力というある種の超能力の設定がまた魅力的だ。

登場人物たちも、類型的でありながらとても魅力的だ。会話のかけあいがユーモアにあふれ、くすぐってくれる。

ヤエトはとても病弱でもあり、とても30歳までは生きられないだろうと自他共に考えていたようで、それが行動や思考を制限していたのだけれど、若き皇女に出会ったことで、ヤエトも影響を受けていく。皇女もまた、ヤエトの影響を受けていく。それらの関係性がとても美しく愛おしい。ただ、さすがに年の差が山ほどあるので、恋愛関係になるのかどうかは、よくわからない。子供とばかり思っていた皇女にある種の魅力を感じる描写もあるので、予断を許さないけれど。ヤエト自体は、ある理由によって(とても良く考えられた設定だと思う)、正義と公平を心がけている描写がまたすばらしい。なぜ、正義をなさざるをえないかが、これだけわかりやすかった主人公ってちょっといないかもしれない。

ファンタジー好きにはお薦めしたい作品だ。ぜひ、読んでいただきたい。唯一の不満点は、著者が遅筆なため、続刊を読めるのがどう考えても来年以降ということくらいだ。

7.5

翼の帰る処 下 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-2)

翼の帰る処 下 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-2)

翼の帰る処 上 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-1)

翼の帰る処 上 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-1)

2009-08-22

『円環少女』第10巻「運命の螺旋」をようやく読み終えた

この夏はさまざまな書籍を読んだけれど、もしかしたら本書がベストかもしれない。なんといったらいいのだろう、圧倒的な筆力、一般的なラノベとは異なり、SFであり、立派なファンタジーだ。もちろん、一般的なラノベでもSFだったり、ファンタジーだったりする書は数多い。だが、どちらかというとそういった書籍でもラノベに寄りかかったり、ラノベ寄りだったりするものがほとんどだ。本書は、小学生の少女を主人公としながら、ただのSFであり、ファンタジーだ。

圧倒的な戦闘描写、独自かどうかは微妙だが、少年ジャンプの斜め上を行く壮絶な絶対者同士の戦い、そして破れるにたる立派な理由。そして、ただの人間の仁。それでも一方の主人公たるただの人間の生き様っていうか戦いざま。本書は一体、どこへ着地しようとしているのだろう。一体、誰が生き残るのだろうか?

7.0

2009-06-26

『死神少女』吉野匠著、を読んだ。

結構、読んだラノベなんかが貯まってきているので、感想などをしばらく書いていきたい。

『レイン』シリーズで知られる吉野匠の書き下ろし『死神少女』を読んだ。1,155円もしたし後書きがないが、これはラノベだよなあ。どっちかというと表紙の女の子(これがまたきつそうなんだw)に惹かれたジャケ買いかもしれない。話は突っ込みどころ満載、って感じだと思ったんだけれど、確かに突っ込みどころ満載だけれど、隠れた設定がいろいろありそうだなあという気もちょっとした。まず、途中まで気づかないが、舞台となっている時代は現代じゃない。結構未来っぽい。

話は、いかにもな高校生妄想同級生ものって感じのラノベ風。ただし、ヒロインが本物の殺し屋っていうところだけが一風、というかかなり変わっている。バンバンって感じでもないけれど、きちんと人は死ぬ。ある意味、非常にリアルな部分もあるけれど、キモオタが好みそうな設定でもある(orz すいません)。なぜ、少女が主人公に惹かれていったかの描写がうまい(タイミングの良い優しい言葉と餌付けか?)。章題の『史上最強のツンデレ』にはつい爆笑させられたが、そんな感じ。

うまいし手慣れた感じだけれど、ライトノベルを読んだようなある種のむなしさも感じる。まあ、主人公がかなり無茶な人でもあるのだけれど、その必然性が少し弱い気もしたけれど、美少女のためには命くらいかけるか。男の子なんだし。

6.5

死神少女

死神少女

2009-04-25

『よくわかる現代魔法6』Firefox!を読んだ

5巻目から随分間隔が空いた続編6巻目を読んだ。いやあ、すばらしいね。ライトノベルにおけるある種の極北って気がする。恋愛とかほとんど関係ない。魔法の描写がすばらしいね。おそらく、誰もこれまでに描いたことのない人類の終末を描いていたな。人間が金ダライになっていくっていう。映像で視たら、さぞかしシュールだろうなあw 対決と悲しみの別離もいいね。っていうか、一見親しげで本質的には理解しえないものたちの関係性をうまく描写していたと思う。ファンタジーだけれど、なんていうのかなあSFテイストなんだよね。こういった作品があるから、飽きたとか、同じパターンでげんなりとか散々罵倒しながらも、ライトノベルはやめられないんだよなあ。

6.5

よくわかる現代魔法〈6〉Firefox! (集英社スーパーダッシュ文庫)

よくわかる現代魔法〈6〉Firefox! (集英社スーパーダッシュ文庫)