Hatena::ブログ(Diary)

ふぇみにすとの論考 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-06-22

[][][] WAN総会レポ感想

6月20日の日曜日の女性学会の後に開かれた、NPO法人WANの総会(理事会、と間違えて記載していたのを訂正しました 6/23 6:40AM)。会員の遠山日出也さんが「WAN総会に出席して」というエントリをアップされた。

遠山さんのレポートを読む限り、ユニオンとの労働争議への理事会の対応について、批判的なご意見を言われたのは、どうやら遠山さんのみだったようだ。まさに孤軍奮闘された遠山さんのご尽力には心から感謝したい。しかしながら、これだけぐだぐだった争議への理事会の対応について、遠山さんしか批判的意見が出なかったらしいという状況はどうしたことだろう。

遠山さんがすでに丁寧に反証しておられるが、理事会は、和解内容のうち、自らが謝罪をした内容だけは都合よく、公開を避けているようだ(表記が間違えていたので、訂正しました。6/23 6:40AM)。これでは、自らに都合悪いことだけは隠し、都合よいことだけは出そうとしているようにしかどうみても見えない。また、恫喝訴訟をちらつかせる内容証明を送りつけたことなどに関しても、遠山さん以外からは問題視されなかったのだろうか。くらくらするばかりだが、最低限、理事会にはもうユニオンに対してこれ以上何もせず、これで決着としてほしい。

このように、一部、自らに都合のよい情報だけは小出しにしながら、全貌を一切、総会の場で会員にさえもあかそうとしないというのは、あまりにNPOの会員、および市民への情報公開の原則に反してはいないか。そして、ネット上で活動をしている団体だというのに、ネット上のユーザーへの説明もいまだに皆無という点は、あまりに公共性が欠落しているように思う。そして、WAN理事会への要望署名を二度にわたって理事長、副理事長宛に送ったのだが、それへの何のお返事もいまだにいただけていない。「内部」(それも、会員の中でもコアな会員のみ?)のみに説明責任を果たせば十分で(これが本当にできているのかも知る由はないが)、「外」に対しては何ら説明の必要もないともし考えているとしたら、大きな勘違いだと思う。ある団体や企業における雇用をめぐる問題は、とくに争議にまで発展したような場合、当然ながらその団体や企業を運営する人たちのみならず、多くの人たちに興味をもたれて当然の事項だろう。外部の人は知った事ではない、というような論理展開では、労働裁判への支援など、内部の人しかすべきではない、というような論理につながりかねない。フェミニズムはそんなことは主張してこなかったし、むしろ正反対のはずだ。ちなみに、私はWANのウェブ会員だが、今に至るまでWAN理事会発信の何の説明も受け取った事はない。

レポを読む限り、今後のサイトにおいて、掲示板を設置する計画もあるようだ。それ自体は別にいいが(誰が管理するのかなど疑問はあるし、それが過重な無償労働を生まないことを願うばかりだが)、最低限、投稿の掲載可否基準くらいはきちんと作ってから始めてもらいたいものだ。私が6・6集会の案内をイベント案内に投稿した際、理由も提示されず掲載されず、理由を問い合わせても無視されるといった事態が、掲示板でもまた起きることはやめてほしいものだと思う。ユーザーからの質問、要望や意見への対応というのも、重要な(とくにネットを活動の場とする団体の場合)活動の一部ではないかと思うのだが。

遠山日出也遠山日出也 2010/06/22 10:48 遠山日出也です。ご紹介ありがとうございます。

細かなことですが、「女性学会の後に開かれた、NPO法人WANの理事会」は、たぶん「総会」の書き間違えでいらっしゃいますね(総会の後に第1回理事会はやったと思いますが)。

これも細かなことで恐縮ですが、「理事会は、和解内容のうち、自らが謝罪をした内容だけは都合よく、公開しているようだ」の個所も、事実と逆になってしまっているように思います。理事会は、今回の和解で合意した内容のうち、ユニオンWANのお二人に「円満退職」に応じてもらったことと、理事会が○○万円の「多額」(という言葉を使っていました)の解決金を払ったことだけを報告して、謝罪した点については、謝罪内容はおろか、謝罪したこと自体も報告なさいませんでした。

山口さんがおっしゃるように、もし理事会が、謝罪の内容や今回の問題を起こした原因などについてネットですすんで公表したならば、他の非営利団体にも良い影響がある思いますし、そうした団体で働いている人々の励みにもなると思うのです。こうしたことこそが、まさに団体や立場を超えた連帯であり、そういう報告こそが、最も価値の高い記事だと思うのですが。本当に残念です。

掲示板かどうかはわかりませんが、なんらかの「双方向性」と言っていました。承認なり削除なりは必要でしょうが、たとえ意見の違いがあっても、6・6集会のようなものを理由もなく排除するようでは、理事会に批判的なものは掲載しないように思われても仕方がないと思います。

yamtomyamtom 2010/06/22 16:45 遠山さん、ありがとうございます。ご指摘の点、2点とも表記間違いでしたので、訂正しました。ご指摘いただき助かりました。(どろどろに眠いときにエントリアップしちゃいかんな、と反省。)

理事会のこの情報の非公開ぶりは、私も大変残念に思います。公開したほうが(もちろん公開の仕方にもより、今まで理事会がだした文書のようなものだとかえってマイナスですが)、WANの評価だってあがるだろうと私も思っていますし、自らの団体への異論反論も「ないこと」にしないほうがいいのに。ネット上で議論をすることこそ、サイトへのアクセスアップにつながるだろうという考え方もあるでしょうし。

遠山さんが総会に出席されて、ご意見を言ってくださったこと、本当に感謝しています。ありがとうございました。

HAKASEHAKASE 2010/06/23 08:02 お久しぶりです。自分、IT関連の仕事とも関連してるので、この件についてはちょくちょく追っていたんですが、どうしても「WAN理事側だけが一方的に悪い」ようには思えないので、ひとつコメントさせてください。
確かに理事側にはいろいろ問題もあったんだろうと思うんですが、たとえば解決金の金額の大小の件などは、最初にユニオン側がWeb上で持ち出した話題だった(しかも和解直後にすごく小額だったという趣旨の内容を記載した)わけですし、この点に限れば、私にはユニオン側が「理事側が金額の大小について触れなければならない状況をつくった」ようにしか見えませんでした。
#今は注釈がついていますが、当初はなかったわけですし、理事会側が腹を立てるもの当然のように私には思えました。
WAN側が反省すべきところは反省しなければならないというのはよくわかりますが、ユニオン側に対しても、もし問題がある部分があるなら、支持者の側からもその部分については指摘をしていく必要があるんじゃないでしょうか?
# 必要な部分についてはすでに指摘もしているというのでしたらすいません。

yamtomyamtom 2010/06/23 08:11 HAKASEさん、お久しぶりです。
誤解があるように思うのですが、私は別に、WAN理事会が解決金の金額を総会で述べたことに対して、それを批判しているのではありません。そうではなく、解決金の大小および「円満解決」という部分を述べつつ、謝罪内容に関してだけは口を閉ざすという面について疑問を提示しています。自分たちに都合が悪いと判断した部分に関してだけは口を閉ざしているように見えるからです。

解決金の額については、6/6の集会で、当該の方々よりその大小の基準のご説明がありました。通常の同様な争議の場合に比べて、明らかに解決金の額は「少ない」ものだったということが、そのご説明からよくわかりました。それをもって「少ないというのは名誉毀損」とまで言いきる理事会のスタンスこそ、私には何を基準にしているのやらさっぱりわからないままです。
上記のような理由で、私はユニオン側にここで書いた点について、何ら反省すべきことがあるとは思っていません。もちろんほかの面についてあることはありえるかもしれませんが、理事会側が情報公開せず、一般ユーザーに対して説明もしていない状況においては、ユニオンが何を反省すべき点だというのか、判断すらままらない状況でもあります。そして、そういった状況をつくっているのは理事会のほうだと思います。

HAKASEHAKASE 2010/06/24 08:55 返信どうもです。
その「解決金の大小」を述べざるをえない状況になったのはユニオン側の発言に原因があるのではないでしょうか?理事会側は(そのよしあしは別にして)基本的には情報をほとんど公開しない方向のように私には見えました。その中で、解決金の大小については述べざるをえない状況になったから述べたように私には見えました。
もちろん、「名誉毀損」うんぬんはやりすぎだと私も思いますし理事会側に問題が多くあった点には私も同意しますし、大半の部分についてはユニオン側の方が筋が通ってるとも思います(そうでない部分も少しだけありますけど)。
ですが、たとえば、和解直後のユニオン側の書き込みと同様のことを理事会側がしたとしたら、つまり、もし仮に理事会側が、和解直後に「多額の解決金をはらって和解いたしました」とWebページに載せたとしたら、それに対して異議を述べないのでしょうか?
私はそのようなことはないと思うし、理事会がそのようなことをしたら批判をしたくなると思うのですが…。

遠山日出也遠山日出也 2010/06/24 12:13 上の書き込み、うっかり機種依存文字を使ってしまい、文字化けしてしまいました。お手数で大変恐縮ですが、消していただくようお願い申し上げます。

横からすみません。総会に出席した遠山です。

HAKASEさんは、「理事会側は(そのよしあしは別にして)基本的には情報をほとんど公開しない方向だったが、組合が『少額』と言ったから、やむをえず、理事会も金額を示さざるを得なくなったにすぎない」ということをおっしゃりたいのだと思います。

私としては、情報非公開という方針自体に問題があると思いますが、「そのよしあしは別にして」という前提で話を進めてみましても……

(1)当日理事会が述べた、解決金の金額を公表した理由は「会計報告と関係があるから」ということでした(もっとも、今回の解決金は2010年度の話になりますから、当日の会計報告とはストレートには関係しないのですが)。それに対して、私は、「謝罪の内容も、理事会の行動と関係がある」と反論したのです。すなわち、謝罪の内容も、当日の「2009年度事業報告」の中で今回の問題について報告した以上、理事会の行動の反省点ないし教訓として、みんなに(特に会員には)伝えるべきことのように思うので、謝罪内容だけを隠すのはおかしいと思ったのです。

(2)あるいは理事会としては、組合に対する反論という意味も込めていたのかもしれません。しかし、たとえそうだとしても、少なくとも結果的には、あっせんの合意内容の3点のうち、(a)ユニオンWANの2人が円満退職に応じる、(b)理事会は2人に解決金を払う、(c)理事会は2人に3項目の謝罪をする、のうち、(a)と(b)だけ公表して、理事会に都合が悪い(と本人たちは思っているのでしょう)(c)の内容だけを公表しないのですから、「自分たちに都合が悪いと判断した部分に関してだけは口を閉ざしている」ように見られても仕方がないと思います。

(3)(2)とも関連しますが、もう1点付け加えますと、理事会は、(a)の2人の「円満退職」については、和解の翌日には、WAN-NEWSである程度広く公表したのですが、もし理事会が本当に「あっせんの合意内容は公表しない」というポリシーを断固貫くのなら、(a)についても、特に公表しなければならない必然性はなく、「あっせんが成立し、解決いたしました」とだけ報告すべきだったように思います。つまり、断固「和解内容は公表しない」のならば、お2人が辞めたことについても、自然に伝わるのを待つなり、総会に来た人にだけ公表すればよく(私は入会が昨年度末なのでよわからないのですが、理事会はそれまで労働者やボランティアの人事について、「○月にカサイさんを雇用しました」などと、その都度すべてWAN-NEWSで公表していたのでしょうか?)、その点から見ても、(c)の謝罪内容についてだけ、かたくなに口をつぐんでいるという印象を持つのです。

yamtomyamtom 2010/06/24 17:12 遠山さんが詳細に書いてくださっていることに私もまったく同感です。そもそも、WAN理事会が今回の争議について、法人の会員にも、ウェブ会員にも、そして理事会への要望署名をした人たちに対しても、もっとしっかり説明をするべきだったと考えています。また、繰り返しになりますが、私は解決金の金額を理事会が総会で言った事自体を批判しているわけではありません。遠山さんが丁寧にご説明していただいたように、理事会が「円満退職」と「解決金の額」だけには言及しつつ、「謝罪内容」には口をとざす、という、部分的に自らに都合が悪くなさそうな事項のみ選択して公開していることを批判しています。

謝罪内容に関しても、NPOの運営に深く関わることですし、法人会員にも、あるいはNPO法人というものの性格的にも、市民に何らかの説明があってしかるべき事項だと私は考えます。労働委員会に「解決金の額」のみ特別な許可を得て公表したと理事会は主張しているようですが(その主張自体にも疑問は残りますが)、なぜ「謝罪内容」について「特別な許可」をとろうとしなかったのか?すくなくともユニオン側は公開しているわけですから、ユニオン側の元被雇用者を守るとかいう類いの理由は通用しないでしょう。結局、自らに都合の悪いことは公表しない、というスタンスなのではととられても仕方がないだろうと思います。

HAKASEHHAKASEH 2010/06/25 07:18 遠山さん、yamtomさん、返信ありがとうございます。
遠山さんがあげられている(c)を示さないことに問題があるというのは私もわかりますし同意です(aとbcは少し質が違うだろうとは思いますが)。ですが、金額の過多については最初に言い出したのはユニオン側だと私は認識しています(違っていたらすいません)。
今回コメントを書いた経緯を説明させてください。自分は労働問題関連ではユニオン側にある程度共感はしていたものの、和解報告の「ごく小額の解決金」という趣旨の記述を読んで、これはさすがにやりすぎだと感じました。逆に理事会側がユニオンの報告より前に(a)〜(c)を満たす形で「謝罪をしたうえで多額の解決金で円満退職していただきました」という報告をしたら、みなさんは問題なかったと感じるのでしょうか?
私は「多額の」という説明は問題だと思いますし、原則として金額を公表できないということを知っていてこう書いたのだとしたら、悪質だと思ったと思います。おそらくユニオン側は具体的な金額の開示を検討しただろうとも思います。
これと逆のことをユニオン側がしているように見えたので、さすがにどうか思ったのです。ですが、自分は基本的には部外者なのだし、支持者のyamtomさんたちは以前から賛同している対象に対しても問題があればその部分は批判をするというスタンスだったので、私がコメントしなくてもと思っていました。
でも、そこから派生したことで理事会側のみに対して批判を強める形になっていたので、金額の過多がでてきたおおもとの部分についてはきちんと考えたうえで考えて欲しいと思って書き込みをしました。
繰り返しになりますが、労働争議に関連して理事会側が問題だろうと考えている点については同意しています。

yamtomyamtom 2010/06/25 07:31 HAKASEさん、コメントありがとうございます。
おそらく、6/6集会のレポをまだアップしていないことから、いろいろ理解が錯綜している部分があるのかなと思っています。ひとつ言えることは、私は解決金の額が「ごく少額」であるというユニオンの説明に納得しており、私自身もあれは「ごく小額」だったと思っています。そもそも、あっせんの結果の同意内容について非公開ということになっていたのかも疑問でもあります(WAN理事会が部分的に公開していることをみても)し、「原則として金額を公表できない」という取り決めがあったのかも疑問があります。
金額についての公開について自体について、私は理事会を批判していませんし、ユニオン側の「ごく少額」という記載についても批判すべきものだとは思っていません。HAKASEさんの議論は、「金額は原則公開すべきではない」という取り決めがあったという前提のもとになされているように思いますが、私はそういう前提にたっていません。

yamtomyamtom 2010/06/25 07:34 上記の私のコメントを、「無条件にユニオンのすることは何でも支持している」というようにとられてしまうと、非常に困ります。あくまでも、ユニオンの主張を聞き、理事会が今まで出したり隠したりしてきた情報がどんなものだったかを、私なりに吟味して考えた上での主張です。ユニオンのやり方はすべて大成功だったとは思いませんが、解決金の額を「少額」と記載したのは、実際の額をきき、その理由づけを聞いた私には非常に納得できるものでした。

HAKASEHAKASE 2010/06/27 07:01 返信ありがとうございます。確かに、「原則として金額を公表できない」という前提で話している部分はあります。
それから、金額の大小などのユニオン側のやりかたに納得するなら、当然、雇用側が同じようなこと逆方向でしたときにも納得をしなければならないと思っていて、でもそれは問題なのではという意識があります。
ただ、もし「一般的に小額だ」というのでしたら、ユニオン側がWeb上でした補足(私たちにとっては小額という意味だし当然そう解釈してもらえると思うけれども念のために補足した、という趣旨だと私には読めました)のしかたはどうなの?という疑問はあります。
いずれにせよ、私は部外者なのでWeb上での情報からでしか見れていない面はあると思いますので、yamtomさんからの報告を待ちたいと思います(お忙しいとは思いますし気長に待ちますので遅くなる点については気になさらないでください)。

axeaxe 2010/07/16 01:59 私もweb上にしか情報源の無い部外者ですが、個人的な興味から一連の流れを追っていました。
HAKASE様のご指摘は大変的を得たものであると思います。加えて、大変失礼な物言いになるかとは思うのですが、このコメント欄の流れを見る限り、yamtom様が質問の骨子を迂回して回答をされているという印象(あくまで印象ですが)を受けてしまいます。
私も大変注目しておりますし、他にも注目されている方は沢山おられるだろうと思います。じっくり報告を待たせていただきます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yamtom/20100622/1277213925