太郎山つれづれ日記

2016-11-27 5℃(5時30分AM)雨降りの為気温が高し

朝からすっきりしないお天気で、ジメジメとした小雨模様が続く・・・。

来年の畑の作業予定・他を大まかに決めるにふさわしい時期となったようである・・・。

山はもう完全に冬に覆われて、積雪があり、来年の春の山菜が待ち遠しい・・・。

自分に心地よい時間を幾つ持てるかが、今後の自分の課題だ・・・。音楽・山・小説・畑・etcなど、あまりコストをかけずに楽しむことが出来ればOKだ・・・。

(自分に対していかに納得のいく時間を持てるかが課題)

2016-11-20 9℃(5時45分AM)昨日まで菅平でマイナス7℃なんて言っていたのに今

家の下水道工事が始まるので、東側の物置とか片付け作業をした・・・。

今まで、家内の仕事上の関係で清掃事業の方がお客さんだったので、汲み取り方式で過ごしてきたが、ここへきて台所のリフォームなどがあったので、ついでに、いよいよ、下水道工事が始まる・・・。

今日も午前中、テレビを見ていたら、浦安市地震の時に、湧水による水没現象が発生し、かなり下水道も復旧するまでに時間がかかった番組を特集していたようだ・・・。いざ、地震などがあると、下水道などは壊滅的なダメージを受け、使用不能となるようだ・・・。ようは、その時にどう対処していくかだ・・・。いつなんどき発生すかもしれない危機に備えているかどうかの問題でもある・・・。

所詮、人間の考えた人工的なものは、一旦、震災などに会うと、もろくも崩れ去る事を覚悟しておかなくてはならないのを痛感する・・・。人工的なもので、永久不滅で完璧なものなどないのだから・・・。

何でも、最後は、危機に対応出来る人間力の有無となってくるのだ・・・。

2016-11-08 急激に冬型に移行短かった秋

文化の日を過ぎてから、急激に冬型に移行してきているようだ・・・。

今朝は3℃の気温で、軽井沢や菅平は、もう凍結する温度になって来ている・・・。

何故か今年の秋は短かったような気がする・・・。そのかわり、冬が早くやって来たようだ・・・。

今日、畑の葉物野菜に不織布をトンネル掛けする・・・。

ビニールで昨日覆っておいたパクチーは、ビニールの通気が悪そうだったので、風が通るようにトンネルの両端を解放しておいた。

2016-10-25 4℃この秋、今まで一番低い気温

かなり気温が低くなってきた・・・。朝、起きるのはつらくないが、自転車のハンドルを素手で握る手が冷たいのはかなわない・・・。

城址公園のぶら下がりの鉄のパイプも素手で持つとかなり冷たく、これも手袋が必要だ・・・。

城山の畑の切り株に、ぎっしりとヒラタケが生えていて、大きめの株だけ採り、家に持ち帰る・・・。

ぼつぼつ、いつもの場所には、クリタケも出始めて来ていることだろう・・・。

畑に、タマネギ・ニンニクを定植してしまわないと、気持ちは落ち着かない・・・。

2016-10-13 12℃昨日に引き続き冷え込む菅平零度

いよいよ、秋本番がやって来た・・・。菅平では、今朝は、零度℃だったようだ・・・。

朝が冷え込み、霜が降りるような気配が漂ってきた・・・。もう、薄着でいると風邪を引きこんでしまう・・・。

また、「ズボン下」と「首筋回り」を冷やさない工夫が必要になって来た・・・。

昨日、夕方近く、傍陽の山に入り、マツタケの大物7本、少し小振りのが4本採れた・・・。これは、先日の体育の日が入った三連休に誰も入っていなかったということになる・・・。

三連休の後なので、なくてもともとという考えだったが、期待を裏切らなかった・・・。きっと、地元の人も、今年は稲刈りが長雨で、遅れ放題遅れて、キノコ採りどころではなかったのだろう・・・。おそらく、三連休は、田んぼの方に行かなくてはならなかったのだろうと思う・・・。

太郎山に連なる大峯山系は、連休は、キノコ採りの人がごった返していた・・・。

(saka町から登って来た人が多かったように思う)

西沢裕子著「波斯(ペルシャ)の末裔(すえ)」講談社を読み終わる・・・。劇画を見ているような錯覚に陥る小説だ・・・。映画化すると面白い娯楽作品になるだろうと思う・・・。真田昌幸・信之・幸村親子が悪党と云う内容も面白い・・・。

波斯の末裔(ペルシャのすえ)

波斯の末裔(ペルシャのすえ)