Hatena::ブログ(Diary)

やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ このページをアンテナに追加 RSSフィード

GT-Rの買取ならここですわ。どこよりも高く買取ってもらえるはず。お勧め!GT-R 買取
電王戦出場記念! 書籍化されたで! 監修したで!(`ω´) 絶版なってしもた Kindle版で復活!! 記事書いたで!
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!

YaneuLabs / やねうら王公式 / やねうらおにメール / twitter / プロフィール

 | 

2004-08-22 子供から、想像力を奪わないで!

絵に打ち込む少年

[][] IMAGINATION/WHALE  IMAGINATION/WHALEを含むブックマーク  IMAGINATION/WHALEのブックマークコメント

みんなの心に浮かんだことをそのまま描けばいいんだからね

http://pya.cc/pyaimg/img/2003121112.wmv


このCM公共広告機構のもので、CMというよりむしろ短いドラマとでもいうべき仕上がりだ。私が説明するより見てもらったほうが早いと思うが、一応説明をば。


担任教師に「みんなの心に浮かんだことをそのまま描けばいいんだからね」と言われて黙々と画用紙を塗りつぶしだす少年。担任教師は、何か得体の知れない生物を見るかのような目で少年を見る。少年の真意に大人たちは誰ひとり気づかない。かたや少年は「大人たちの態度など眼中にない」と言った様子だ。大人たちは少年キチガイだと見下し、少年母親は自分の子供キチガイになってしまったことにため息を漏らす。ところがある日、担任教師がジグソーパズルを見ていてふとあることに閃くのである―――少年はあるメッセージを発しているのだと。(以下は、上記のムービーをご覧いただきたい。)


なんだか、この少年、私の子供時代にソックリだ。まわりからの疎外のされ方とか、大人の私に対する接し方とか。それゆえ、この短いCMに特別なメッセージ性を感じた。ひょっとすると私以外の人が見ても何のことはない、ただのCMなのかも知れない。そのへんがとても気になる。*1


そんなわけで、今日のコメント欄に上記のCMを見た感想など書いていただけたら幸いである。


8月21日 19:14追記。

なんと、はてな側のコメント機能の制限に抵触したのか、私の今日の日記コメントをつけても表示されなくなった。(コメント多すぎ!) そんなわけで、続きのコメントは明日の日記のほうにつけていただきたい。

*1:参考までに。このCMは、第56回広告電通賞/公共広告賞で最優秀賞(テレビ広告),2002年度ニューヨークフェスティバルで金賞(テレビCM部門:公共・チャリティ)を受賞しているようだ。

longlong 2004/08/20 04:59 巨大な鯨を一部分づつ描いているのだと言えば済むものを、周囲の大人を振り回して心配させるのは正常でしょうか。
わざとやっているならこの子は人格的に腐ってないかな。心の病なら仕方ないけど。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 05:43 この子はそんなこと何も考えてないんでしょうけどね。>大人を振り回して心配させる
たぶん、集中力が普通の人とは違うんでしょうね。私もそうでしたんで、よくわかります。もうのめり込むと周りが見えないというか。この子の場合、ちょっと度が過ぎてる気はしますけど、ずば抜けた何かの才能を持っている子にはよくあることだと思います。

longlong 2004/08/20 06:03 あの位の年齢の子供が緊迫した様子の両親や教師や医師に尋ねられても何も答えないというのは、心理的に問題を抱えているか大人を試しているかのどちらかとしか取れないのですが。どちらにせよ想像力は関係なくコミュニケーションの問題であるものを、「想像力を奪わないで」と括っているトンチンカンなCMではありませんか?これを観て共感というのは、孤独感を煽る暗い画面と寂しげな音楽にノせられているだけではないかな。

ロベールロベール 2004/08/20 06:14 子供の思考能力を大人のそれと同等に考えるのは...。実際、昔のことを思い起こせば、今ならやらないだろうことを平気でやってましたもんね。私も近いことやってた気がします。
私は才能を周りの人に認められてて、(それなりにいじめはあったものの)全体的にあまり疎外はされてなかったので、思えばそれは幸せなことなんだなぁ、と最近のここの日記を見てて思ったり。

mihael2mihael2 2004/08/20 06:15 longさんの仰る事が妥当かどうか判断できませんが、みはえるもCMに共感出来る一人です^^;。なんというか、まず結論が欲しいんですよ。過程で評価されたくない。いや違うか、そもそも理解される事を欲して無かったし……。

b5thb5th 2004/08/20 06:17 初めまして。僕もこのCMを見て何か特別な物を感じた人間です。昔よくこういうような「自分が考えていることが周囲に理解されない」ということがあったので。
学校などの集団生活をする場になると特にそうなのでしょうが、個性よりも協調が尊重されてしまうんですよね。自由研究などの本来は個性が尊重される場でも、あまりに突出してると叩かれてしまいますし(やねさんのDIHプロテクト発表事件のように)。このCMはあくまでもCMなので(だから緊迫した医師などに話し掛けられても答えないのでしょう、答えたらCMになりませんし)実際にこういう事があったかは疑問ですが、突出しているからといってそれを叩いて周りと同じにしてしまうのはどうなんでしょうかね。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 06:17 longさんの視点では子供を理解しようという視点が完全に欠落してますね。大人の理解力のなさ、イマジネーションのなさを子供に(子供のコミュニケーション能力のなさに)転嫁しているに過ぎないです。

longlong 2004/08/20 06:30 どう見ても必死な様子で大人が問いかけてるのに何も答えないような子供は、果たしてまともでしょうか。安っぽい共感というか自己憐憫で、目が曇っていませんか。(笑)

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 06:33 ちょっとテーマからそれますが、社会のなかで生きていくには、様々な能力が必要です。ここで挙げられている「コミュニケーション能力」をはじめとして、折衝能力、理解力、論理的思考能力、計算能力、発想力etc..いろいろ必要です。

「必ずしもどれもが人並みであればいい」ということはないですし、「どれもが人並み以上でなければならない」というのもまた違います。いくつかのずば抜けた能力(ある人は計算能力であったり、ある人は会話能力であったり)を持っていて、いくつかの人並みに満たない能力を持っている人、たとえば、山下清画伯のような人も世のなかにはたくさんいるわけで、そういう人たちに「あなたは全体的に人なみ程度の能力でありなさい」と要求するような教育は間違っていると思います。

もちろん、何もかも人並み程度に出来て、その上、何か秀でた能力があるというのが理想的なのかも知れないですけれど、それはそう簡単な話でもないのですから。まして成長過程の子供にバランス良く、というのは無理というもので..。

だからこのCMに出てきた少年に「あなたはもっとコミュニケーション能力をつけましょう」とコミュニケーションの問題に帰結させるべきではないと思うのですよね。

k_ahiruk_ahiru 2004/08/20 06:46 別にこの子どもがまともかまともでないか、ということは、別の問題のような気がしますね。

ロベールロベール 2004/08/20 06:48 障害者を例に取っちゃうと話が別になるんではないでしょうかね? 伝説本の人とかの方が例としては適当かと。

あと、CM は特徴的な部分を強調・誇張するのが普通なんで、そこら辺はバイアスをかけて判断するのが適当かと。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 06:49 うん、そうね。

laniglanig 2004/08/20 06:51 たしかにこの少年は問題あるのかもしれません。しかし、周囲にも問題があるだろうということですね。日本は和を重んじるので出る杭は叩く、という考えが濃厚です。欧米にもA tall tree catches much wind. 高木は強い風を受ける という諺があるようですが。それでも個性の尊重に関しては日本に若干問題あると思うのですよ。
とくに小学校などは子供を大人の論理で管理するような場所ではあってならないですから。創造力の芽を摘む大人が多いのは困ったことです。家庭や小学校は子供の限りない可能性を伸ばす場でなくてはならないはずです。

もちろん躾も大事です。しかし、子らにとって頭ごなしに叱る親・先生に言われても説得力ないですね。こうした大人は、ご都合主義にしか思えないのです。極端な例出すなら、酒入った親に説教されるようなものです。

calotosencalotosen 2004/08/20 06:53 はじめまして。私も,long さんと同意見です。あの子どもは,おかしい(笑)。CM から受ける印象も,「子どもを必死になって助けようとする大人」という感じでした。教師が,黒く塗りつぶしてる理由を尋ねていたり,医師に診せていたりしてましたから。
実際に現場へ直面したとき,私も CM での大人たちのように対処すると思います。
子どもの想像力を尊重することの大切さについては共感しますが,正直,あの CM から受ける印象は「あの対応でダメなら,どーしろっちゅうねん」です。CM の感想は人それぞれで,私は,特殊な部類に入るのでしょうが,第一印象に「子供から、想像力を奪わないで!」と思わせない時点で,CM として失敗だと思います。

ななし→しんのすけななし→しんのすけ 2004/08/20 06:56 これは僕が今まで二十数年生きてきた中で見たもっとも美しい映像だ。
見た後泣きたくなったし、鳥肌がたった。
最後の鯨の絵には言葉を失う。

ここには近代人がもつ勤勉という概念を根底から突き崩すものがある。適当に一時間かそこらで、普通な絵をかく、普通な子。過酷な環境の中、膨大な時間をかけて天才的な仕事をなしとげた、「異常」な子。芸術の世界で、真に勤勉なのはどちらであるかということは明白だ。

僕もこの作品に共鳴した人間で、正直感動を言葉にせずに黙ってとっておきたいとまで思ったが、やはり言葉を出さずにはいられない。こういう映像がCMで流れたとしても、別に世の中は変わらないだろうが、この映像は世俗の善悪を超えて生きつづけるだろう。この独創的な作品を作りあげたスタッフに心から拍手をおくりたい。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 06:58 > 「あの対応でダメなら,どーしろっちゅうねん」

あの担任教師が教室のあの生徒の座っていた席についてジグソーパズルを眺めるシーンがありますよね。

「子供の立場になって、子供と同じ視点で物事を捉えることが出来たとき初めて、子供の気持ちを理解することが出来る」ということを示唆してると思うのですけどね。つまりはそのことに尽きると思うのですけれど。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 07:06 これまたベタ褒めじゃのぉ..(´Д`) > ななし→しんのすけ

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 07:12 とまあ、longさん派と、ななし→しんのすけ派とうまくふた手に分かれて、面白いことになってきたのだけれど、あたしゃ今日はryokoさんの会社に打ち合わせに行かんとイカンのでそろそろ準備があってしばらく留守にさせてもらうゾイ。(`ω´)

しかし、肯定色が強くなるかと思っていたら、いきなりlongさんのような意見が出てきて、「コリャ楽しくなってきた!」と正直思ったゾ。longさんも、それを狙ってわざと反対陣営についてるのかも知れないけどまあそれはそれ。全員が肯定派であるよかずっと有意義な議論が出来て、オモローだ。

ところで、あたしゃ8月24日までちょっと仕事のほうが忙しいので次の日記は8月24日まで更新はしませんのジャ。(`ω´) だから心行くまで語りつくしてチョーダイ。

mihael2mihael2 2004/08/20 07:13 頑張って面白い事を書こうとするテスト2。「あの対応でダメなら,どーしろっちゅうねん」ですが、どうしてあのCMの大人達は、これがジグソーパズルだと言う事にすぐ気づかず、少年は病院入りしてしまったのでしょうか(CMだからと言われればそれまでですが)。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 07:18
解答:

この子は頭がおかしいという先入観があったから。コミュニケーションすらままならない子だから、どうせたいした絵ではなくただクレヨンででたらめに画用紙に塗りたくっているだけの糞坊主、キショイんじゃこの野郎!という思い込みと見下しがそこにあったから。

しんのすけしんのすけ 2004/08/20 07:25 ただひとつ残念なのは、最後のテロップが陳腐な上に誤解を招きかねないということ。「想像力ってなんだろう?」としただけでも、印象はだいぶ違うはずです。

longlong 2004/08/20 07:29 おまえらの感想はどうよ?と問われたので思ったことをそのまま書いたら「間違っている」と強硬に叩かれますた。
おい、俺の想像力を奪わないでください。 (´・ω・`)
(メタ構造)

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 07:32 叩かれることによって、自分と同じ境遇のこのCMの少年に感情移入できるという、一粒で二度おいしいように出来ているのジャ!(`ω´) (メタメタ構造)

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 07:35 最後のテロップは製作側でなくてAC側が入れてるんでしょうかネ。>しんのすけ

calotosencalotosen 2004/08/20 07:43 >「子供の立場になって、子供と同じ視点で物事を捉えることが出来たとき初めて、子供の気持ちを理解することが出来る」ということを示唆してると思うのですけどね。つまりはそのことに尽きると思うのですけれど。

確かに,それはありかも……。パズルのシーンをそう解釈すると,テーマがくっきりしますね。
私は,パズル->鯨までの流れを「先生は,魔法使いかよ!」と感じました。CM 全体の印象が「大人は頑張っている」だったので,ジグソーパズルと絵を結びつける工程に関しても,
「子どもの立場に立つ」->「子どものときは,想像力豊かだった」->「あの子は,どんなコトを考えただろう」->「そうか,あの絵はパズルだ!」
という説よりも,
「大人の立場に立つ」->「あの子どもは変だ」->「変だから突飛なことを考えるだろう」->「そうか,あの絵はパズルだ!」
の方がしっくりきます。伝えているテーマから考えて,それが間違いなのは明らかなのですが,少なくとも long さんと私には間違った意図が伝わっているわけで。最後にテーマを言わないと何言ってるか分からない CM はどうかなぁって思います。

calotosencalotosen 2004/08/20 07:52 バイアスして CM を見る件についてですが,必要ないと思います。「CM は印象が全て」が,私の見解だからです。具体的には,清涼飲料水や化粧品の CM を思い浮かべてもらえばと思います。件の CM はそれとは毛色の違ったものなので,知的思考が必要なのかもしれません。しかし,「番組の間に流れる」という前提からすると「バイアスをするのが適当」という主張は不適当なのではないかと思います。

kosuikosui 2004/08/20 07:54 幼稚園や小学校の頃、作業の進め方が少し人と違っていたらしくよく注意された思い出が。
自分では何が違うのか、何を注意されてるのか分からず困惑して、
それから先生の目に触れないところでこっそりと作業した記憶が・・。
作業途中に先生から声をかけられたりするのが、その時はすごく怖かったような。
小学校高学年になると、人と作業内容を合わせる、
というか作業行動そのものをコピーする術を覚えました。
先生もたいへんでしょうね、ほんとに色んな生徒を相手にするわけですし。

longlong 2004/08/20 07:59 結局、自分と相容れない者を許容するのは誰にとっても難しいんですよ。
誰だって迫害者の立場になりえるのです。(メタメタメタ)

ところで、自分は物語の組み立ての不自然さを指してこの描き方は駄目だと言っているんであって、変な奴にも居場所を作ってくれというテーマ自体にはそれなりに同意ですよ。ただ、感動したと言う言葉を拝見していると、どうもテーマへの共感が先走ってしまって、物語の整合性を冷静に観れていないんじゃないかなと感じました。
calotosenさんが書いているのもそういうことですよね。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 08:02
> 確かに,それはありかも……。パズルのシーンをそう解釈すると,テーマがくっきりしますね。

そんなにわかりにくかったですかな..。わざわざあの子の居ない授業中のシーンを入れて、そこで先生が通りがかるときに指先であの子の席を撫でて、「ここがあの子の席ですよ」というのを印象づけたあと、あの子に席に座ってあの子の引き出しからジグソーパズルを発見し、それで急いで病院に電話して、電話で知らせを受けた看護婦が..という話の流れなんだと思いますけれど。(看護婦のすぐ左に電話が見えますしね)

そこまで読めれば、テーマは自ずと伝わってくると思うんですけれど。逆にその程度が読めない人には別に無理にテロップとか入れて伝えなくてもいいというか。いや、まあ、そのことがCMとしてそれで成功なのか失敗なのかはわかりませんけれど、そこまでテロップとか付加して説明的にしてしまったらせっかくの映像表現が何もかもぶち壊しなんじゃないかと思いますね。

ロベールロベール 2004/08/20 08:11 CM などはその印象付けのために特徴的な部分を強調や誇張をするものなんで、深く考えるとなるとバイアスが必要になります。食品の CM でも、実際に食べたらとんでもないけど見た目をよくするために色んなことしてるので(何か塗ったり、ドライアイスで湯気出したり)、本当にあんな見た目になってるものを食べたら大変なことになるだろうなぁ、とか。
でも、その印象が伝わらなかったのであれば、この CM は失敗してると言えると思います。共感できる人は似たような経験をした人だけ、というのであれば、本来の訴求対象に対して何ら意味がないわけですし。印象付けのためには芸術性も必要なんですけど、ちょっと芸術性を優先させすぎたのかもしれませんね。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 08:17
> 物語の整合性を冷静に観れていないんじゃないか

「この少年のコミュニケーション能力が欠如している」というのは事実ですけれど、それを直すのが先決だと考えるから物語の整合性がとれていないように感じるだけじゃないかなぁ。

別にこの少年にとってコミュニケーション能力なんかどうでもいいわけで、こんなのをなおすのは急務課題でも何でもないですし。むしろこの少年と同じ立場に立ってみるべき担任教師が上からしかこの少年のことを見ることが出来なかったゆえに、この少年の意図を理解できなかったわけで、担任教師(および親/医師)はそのことを恥じるべきだと思うんだなぁ。

だから、全体として整合性はとれてると思うし、テーマ性も明確に伝わってくると思うんだけどなぁ..。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 08:22
> ちょっと芸術性を優先させすぎたのかもしれませんね。

は同意。映像表現を優先してあるね。わからない奴はわからなくてもいいや、みたいな。いやー、でも私に言わせれば、これだけわかりやすければわかるでしょ、とか思うんだけど。でも一回見ただけではちょっと気づきにくいかなぁ。気づきにくいわなぁ..。

longlong 2004/08/20 08:28 わかりやすいプロパガンダだからさくっと感動する人が多いのだと思いますよ。
要はこういうのを低俗に感じる人間も世の中にはいるということです。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 08:32 うん、それはわかる。わかるけど、longさんの「物語の整合性」のくだりは、やっぱりおかしいと思う。

jamjam 2004/08/20 08:38 このCMの映像表現がどうかということは抜きにして考えると、CMの例がちょっと極端なだけで、本質的に近いことはあちこちであると思うんですが。異分子を排除しようとする大人と、その大人に教育された子供の対応は、受けても見てても面白いものではないですね。組織としての自浄作用があるのも確かなんでしょうが、多くの人は自分の知らない世界に入り込むことに非常に消極的であるようなきがします。全ての大人に期待はできませんが、せめて親くらいはもうちょっと気長に見ているべきだと感じることが多いです。その結果として人の提案に対してネガティブな批判がちらほら、あとは沈黙というようなつまらない組織がいっぱいの日本があると思うのですが。人の意見を理解しようとしないことが恥であるという風土がないのは結構問題だとおもいます。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 08:43 いいこと言うネ!

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 08:50 「1足す1がわからない生徒が居たとして、その子と同じ席に腰掛けてその子と同じ視点で見たとき初めてその子の苦悩がわかる」(詳細うろ覚え)と言ったのが歌人で教育者の斉藤茂吉。このCMのジグソーパズルのくだりは、たぶん、このへんからモチーフを得てるんだと思う。たぶん。たぶん。

longlong 2004/08/20 08:54 >整合性
あの子供には鯨の絵を組み立てるビジョンがあったのでしょう。ならば「でっかい鯨」と一言するのは難しくないでしょう。それなのに大人が右往左往して困っているのを尻目に黙っている。だったらこの構図では大人を試しているかあるいは何か心の病気なのでは、ということです。
それを「大人が無理解だった、子供の素晴らしい想像力を奪っちゃいかん」という結論に持っていくのは不自然ではないでしょうか。

teitokuteitoku 2004/08/20 09:06 おはつにカキコさせていただきます。
このCMの目的は「誰が悪いか?」ではなく「こういうことを考えてみたことありますか?」という話題の喚起なのではないでしょうか。
そうすると、わざとつたない表現をしてツッコミ所をつくり、そこのところで議論をして欲しい制作側の意図があることになります。ですから、やね様はそこまでわかっていてわざと議論を誘導していることになりますが、これはいわぬが花。
むしろ「誰が、なぜこのCMを必要とし、議論を活発化させたいのか?」という方にツッコミいれたいですねw

jamjam 2004/08/20 09:09 >困っているのを尻目に黙っている…別に試したりとかじゃなくて、なにをしてるか知られるとやめさせられると考えているとも見れると思うのですが…
実際、そういうことって多いと思うのですが。そんなことする暇あったら宿題をやれとか授業中に他のことをするなとか。
別にそんなに引っかかることでもないと思いますし、このCMの問題の本質から外れているんじゃないでしょうか?

kanokekanoke 2004/08/20 09:10 このCMはテーマを伝えたいのだから「このCMの少年は異常だ」「大人の対応あれ以上どうしろっちゅーねん」なんていう特定例批判は意味をなさないと思います。
TVなりCMなりは印象を強くするために極端な例をあげますから。
ようはテーマが伝わり「一件わけワカメでも、子供の目線に立つと何かわかるかもしれない」というメッセージが伝わればOK.
そのための「少年の席に座る先生」を浮き立たせた結果なのではないでしょうか。
そして世の中には「心の病気」をもっている少年もいるのを忘れずに。

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 09:23
> だったらこの構図では大人を試しているかあるいは何か心の病気なのでは、ということです。

いやー。小学生のころですからねぇ。中にはもう相手のことなんかゼンゼン考えてない子がいっぱい居ますヨ。たぶんlongさんはそのへんの感覚が違うというか、きっとlongさん自身、子供のころ家庭のしつけが厳しかったのか、何にせよしっかりされてたと思うのですよ。だからたぶんこういう子が居るというのがわからないというか。「こういう子を許せない」という部分がlongさんのなかにあると思うんですよ。これが自分の子だったら「お前は俺をおちょくっとんのか!」とほっぺたビジバシしてる!みたいなね。

でも、そういう心の発育って、すごく個人差がありますからネ。セックスのことを早い段階で意識する子としない子といるのと同じで。早いからどうだとか、遅いからどうだとか、そういうことを言っても始まらないのと同じだと思うのですヨ。

まあ、このCMに出てくる子どもはそのへんもう完全にイカれてるというか何というか、ちょっとトビすぎてるんですけど、それでもいくらでもいますよ、こういう子。そこに腹を立てても仕方ない。なのに、この部分、longさんの場合、生理的に許容できていない。だからこの部分がすごく低俗だと感じる原因になってるんじゃないかなぁと。

kosuikosui 2004/08/20 09:26 大人が右往左往して困っているのを尻目に黙っている。
というより、そんなことが目に入ってない、意識の外にあるといった感じに見受けられました。
鯨の絵を組み立てるビジョンがあるから、自分のしていることを表現する力があるとは一概に言えないかと。
その力があったとしても、それが求められてるということを理解するのは
またさらに別の知的能力かと思われます。
CMの子供は問われても返事することをしなかった、それはしなかったのではなく、できなかったのかも・・。
作品を完成させることでしか答えを示せなかった子供、というように思えました。
言葉や態度で示すというのが極端に苦手な子供、それは誤解されやすく。

グラフィッカAグラフィッカA 2004/08/20 09:29 このCMが示唆する問題は、ずばりLong氏のような意見が出てくることに集約されているのではないでしょうか?これぐらいの歳の少年ならば、オトナが期待するコミュニケーション能力とイノセント性を持ち、はつらつにオトナに対して受け答えをする「べきである」むしろ「しなければ異常。それが出来なければ何をしていようがダメ」。と決められている事。Long氏の意見、というか世間全体に欠けていることとも言えるかもしれませんが、何故少年が黙っているのかを理解しようとすること、それがスッパリ欠けてませんか?確かに、その手のコミュニケーション能力というのはとても重要なことではありますが、それが無いからといって才能ごと全否定されるべきではない、というのがこのCMのメッセージだと自分は思います。子供を信じて待つ、という事の大切さを説いてるのではないでしょうか?

yaneuraoyaneurao 2004/08/20 09:30
> むしろ「誰が、なぜこのCMを必要とし、議論を活発化させたいのか?」という方にツッコミいれたいですねw

うむ。これくらい議論してやれば、製作者サイドとしても本望じゃろうて?(`ω´)

と、せっかく楽しくなってきたところなのだが、マジで出かけないともうやばい。24日まで缶詰状態なのであんまし顔出せんけれど、どんどん書き込みしてチョーダイ。>all

FUMIFUMI 2004/08/20 09:33 論点ずれてるかもしれませんが。。。
完全な…完璧な人間なんていないですからね。
変なことばっかやってたやつが、なんかいきなり賞取ったりして「なにげすごいヤツだったんだ」ってこともありましたし。
まぁ、社会に中々認められない個性なんてのもありますからね。
人に迷惑かけるような個性ならば軽く排除すればいいだけの話ですし。
子供のことが分からなくなったら子供の立場にたつ。それでも分からなかったら、とりあえず長い目で見て理解できるような大人の努力も必要なのかなと思いました。

グラフィッカAグラフィッカA 2004/08/20 09:35 ちなみに絵描きの視点から言うと、実際居たとしたらこの少年、恐ろしいまでの物体把握能力をもってると言えます。これだけで凄い才能です。こういう人が絵画やスポーツで才能を発揮するのでしょう

longlong 2004/08/20 09:50 以上のログから、大多数が賛同するようなわかりやすいプロパガンダに異を唱えると世間一般の善良な人々から残忍な爪弾き食らうということがわかりますね。
繰り返しますが、理想を言うのは簡単ですが、実際には誰だって他者の視点を尊重できるほど出来た人間じゃないでしょう。
自分の立ち位置に気づかずにイイこと言っているつもりの人たちが面白かったです。
それじゃ!

蟻田蟻田 2004/08/20 09:55 たぶん、枠に収めることをしないで!という意味だと思うのです。普通の子供は画用紙一枚ですが、彼は大きなものを表現するのに容赦はしなかったのですから。。。

xinxin 2004/08/20 09:58 作り上あの子供に「でっかい鯨」とは言わせられないよな。CMの意味が無くなるから。広告だから多少オーバーな表現方法は仕方が無いと俺は割り切って見てるから筋がどうこう思わなかった。
ただこれが現実だったら、オシでもない限り何か話しておくれよと思うよ。
#てっきり黒で塗り潰した後、釘で引掻いて絵を描くんじゃ?と思った浅はかな俺orz

jamjam 2004/08/20 10:02 これって「残忍な爪弾き」だったんですかね?こういった議論って自分と違う考えの方の意見も知ることが出来て、面白いと思っていたんですが。longさんの意見があったからこそ深まった部分もかなりあると思いますし。

グラフィッカAグラフィッカA 2004/08/20 10:09 「残忍な爪弾き」って表現は、「反論を食らった」という事実を元にして反論を受けにくくした上での、悪口の類じゃないですかね。あまり趣味の良い物言いではありませんね

メルトメルト 2004/08/20 10:10 私の小学生時代を振り返ってみると、周りにあわせることを強制されていて、しかしそれに気が付いてなかった気がします。だからでしょうか、これを見るとすごく少年がうらやましく感じます。
ただ、こういう少年がいたら大人たちは困るんでしょうね。真っ黒に塗りつぶしているときは誰もが「気が狂った」としか思わないでしょうね。しかし、病院に連れて行ったりしながらも画用紙とクレヨンを奪わなかった大人たちのやり方は正解だったように思います。大人たちはああするべきだと思います。結局なんだかんだありながらも少年は絵を完成することが出来たのですからこれから少年はすばらしい人生を歩むことになりそうです。……うらやましいなぁ……

kosuikosui 2004/08/20 10:28 彼は作品を完成させる力があったから良かったと思います。
しかも非凡を感じさせるものですし。
彼のような子供で彼ほどに力ある者ではなく、手がけた作品を完成させることができなかったとしたら、
教師や周りの者は理解をすることもなく・・、そう考えると暗い気持ちになります。
世間一般の善良な人々・・、
どちらかというと、ここに来るような人はその枠組みから良くも悪くもずれてるような気がするのですが。失礼(笑)
さらに言えば、longさんの方に「世間一般の善良な人々」を感じたのですが。
阻害されたとお感じなら残念なところではあります。

w_ow_o 2004/08/20 10:29 本来このメッセージを伝える先っていうのは、頭の堅い連中でないといけないわけなんだけど、このCMではそういう人達には伝わらないんじゃないかなぁ…
で、なんか、そういう本来の目的よりも芸術性を優先させちゃう作者のオナニーが感じられちゃってる部分がなんか陳腐だなぁ…って思ったりして、まあ、そういうのはあんまり議論と関係無いんですが。

GuTGuT 2004/08/20 11:09 偉い人がTVでしゃべってる。
「近頃の若い者には個性が無さ過ぎる」
僕らはそれを見て、一同大笑い。
個性があればあるで押さえつけるくせに。
 って歌詞を思い出しますた。

teitokuteitoku 2004/08/20 11:12 w_oさんの「本来視聴させたい頭の堅い連中には伝わらないCM」という指摘、大笑いしました。まさしくそのとおり。しかし、本当の「視聴させたい層」というのは、頭の堅いと頭の柔らかいの中間にいる国民大多数なのではないかと思います。

ところで、longさんのいう「残忍な爪弾き」って言葉は深く考えてみるべき言葉ではないでしょうか? なぜならこのCMの意図はlongさんの指摘するとおりなんですから。
このCMのプランナーはおそらく、コンテンツ立国を目指す政府の方針を宣伝するよう依頼されたのでしょう。
しかし、現状ではコンテンツ立国を生み出すべき想像力豊かな人々は、やね様の例をひくまでもなく社会から蔑視や差別を受けています。
だからプランナーは「コンテンツを生み出す想像力豊かな子供たちを社会から抹殺しないように」と国民に啓蒙するストーリーが必要だと考えたのでしょう。
もちろん、国民大多数がそのように啓蒙されてしまえば、longさんのように主張する人々(w_oさんいうところの「頭の固い連中」……)が、啓蒙された大多数の国民から「残忍な爪弾き」にあうことは一目瞭然。つまりlongさんはこれから多数出てくるであろう迫害される人々の声を代弁しただけなのです。むしろ彼は政府の方針転換の犠牲者なのです。彼を責めるのはかわいそうですよ。

通りすがり通りすがり 2004/08/20 11:25 いい話を擁護してる香具師が品のない煽りを入れてるシュールな現実

FUMIFUMI 2004/08/20 11:30 longさんを被害者みたいに言うのはどうかと…。
まぁ一般の考え方がそう(なのであろう)なわけで、、、
同じような(考えをもった)人間ばかりをつくる教育をすると、才能があっても変わった子供たちが犠牲になるんですよね。今の社会体制では順応できなくても、これからはをそういった子供たちを受け入れられる社会体制にしていくべきですよね。ただ、「個性を持て」って教育するのもある意味偏った教育であるとも思いますが。強制はイヤだしな。難しい問題だ。

GuTさん>ロクデナシ兇任垢輸

hagahaga 2004/08/20 11:48 真っ黒な部分の画用紙をどうやって並べたのかが気になった。(どうでもいい)

hagahaga 2004/08/20 11:49 あと、CMにバイアスをかけて見るのは間違ってると思う。僕はスケールをかけて見ますよ?(どうでもいい)

うみゅうみゅ 2004/08/20 12:02 すいません、私の率直な感想なんですが「良い親御さんや先生方じゃないですか」ですわ。実に恵まれていて、うらやましい。

うみゅうみゅ 2004/08/20 12:07  この子供は恵まれた環境にいて良いよなぁ・・・。
周りは、理解しようとして、病室に入れられても、先生は子供のことを気にかけ続けて。普通、処理しきれなくて、気持ちがとぎれかねないです。
ちなみに、私はずっとパソコンを部屋にこもってやっていたら、親にバットでパソコンを壊された経験あり。(^^;;

安達幸満安達幸満 2004/08/20 12:54 僕は基本的にはこのCMに賛同の立場なんですが、longさんの言われることも分かる気がします。
この少年(コミュニケーション能力が欠如)も周囲の大人たち(子供を理解する能力が欠如)も、
ある特定の能力が劣っているという点では同じなのに、少年の欠点ばかりが擁護されるのは
ちょっと不公平ではないでしょうか。

PSVPSV 2004/08/20 12:55 私もこの映像と近い事があったなぁ。(^^;
小学校低学年の頃、空を紫に塗った絵を描いたら、先生にクラス中の
晒し者にされて、何でこんな事をしたのか?と言われた記憶がありますよ。
当時の私は、何でそんなに大騒ぎするのか分からなかったし、
何で自分がそんな事をしたのかも分かりませんでした。
で、数年後、そんな事をした理由が分かりました。
私は、”色弱だった”のですよ。
青を紫の区別がつかなくて、青のつもりで紫の絵の具を使って
たんですね。(^^;;;;;;;;;;
で、青で塗ってるのに、何で怒られるの?みたい感じでいたので、
普通の人には理解出来ない”おかしい人”になってたわけですな。

私の例で言うと、普通の人に色弱の人の視覚を理解しろというのは
無理だと思います。
それと同じように、普通の人がこの映像の子供のようなの事を
理解するのは、難しいかもしれません。

しかし、普通とは違う人の存在を認めて、許容する事は出来ると
思うんですよね。

今の社会は、大人も子供の関係なしに、自分とは違う種類の人を
排除するような力が働いてるように感じます。
自分とは違うものを持った人を認めるゆとりのある心を持った人が
増えると、生きやすくなる人が増えると思うんですけどね。

このCMを「子供から想像力を奪わないでください」というコピーを
「普通でない子供を理解してあげてください」という意味で捉えると、
無理のある解釈になると思います。
「普通でない子供を排除しないでください」という意味で理解すると
良いような気がします。
自分とは違う他人を本当に理解するのは、とても難しい事ですので、
まずは、その前段階の「排除しない」ということが大切かと。
また、「排除しない」というのは、心がけさえすれば、誰でも
出来ることですから。

上記の皆さんの議論は、子供を理解するという一つ上のランクの
難しい問題の部分に論点が集中してるので、
話が難しくなっちゃってるんだと思います。

議論が伯仲するような難しいことは、実践するのも難しいですので、
まずは、簡単なところから変えていくと、少しは生きやすい世の中に
なっていくように思います。

ちょっと人と違うと生き難い世の中なので泣けますね。(つД`)>日本社会
病気持ちとかだと、ホントに・・・。

そういう意味では、自分と違う人を排除するという今の日本の本質を
付いた良いCMだと思います。
こういうCMが作られるという事は、日本の土壌にそういう風土が
あることを分かってはいるんでしょうね・・・。

PSVPSV 2004/08/20 13:00 投稿して見直したら、すごい長文でした。(^^;
さらに、typoも沢山・・・。(-_-;
ごめんなさい。m(_ _)m

heli_hppheli_hpp 2004/08/20 13:08 凄い盛り上がってますね。
長文最後まで読んでませんが、我慢できないので書き込みました。

おそらく、
この子は、みんなを驚かせようと無我夢中で書いたと思われます。
途中で答え言うとつまらないやん。

と、お子様の頃、読書感想画か何かで大きな物(たぶん鯨)の
目の部分だけを画用紙で描いたの思い出したので言ってみた。


でも、グラフィッカAさんの言う通り物体把握能力が飛びぬけすぎてたりと
過大な演出、味付けが出てるのは確かですね。
共感したけど、そういう違和感が残りました。

heil_hppheil_hpp 2004/08/20 13:09 あと、飛び抜けた技能とキチガイについてですが、
プロ野球選手の1軍の多くの人は
何か、がずば抜けて居て、他が駄目で、
2軍の多くの人は、何でもこなせるけど、ずば抜けてる部分が無いって
島本 和彦の吼えろペンで言ってたり、
マガジンで連載されてた野球漫画(名前忘れました)で、一流の選手の、
松井は、草野球で、田んぼの遥か先にある家を「(打球で)超えてやる。」と大人も呆れるような事を言ってたり、
イチローは、「誰よりも練習積み重ねると一番に慣れる」と一心不乱にがんばってたりと、
飛び抜けている人の多くに、少しキチガイ入ってた少年時代送った人のが多いので、
このCMの通り飛び抜けた才能は、潰さずに育ててやるべきです。
漫画の受け売りですいません。

最近は、
ホームスクール(義務教育行かずに自分自信でテーマを決めてその勉強をやる)
行かせる親も居たりと世間もこの方向に進んできているようです。
結果も出てたり。
http://www.futurekids.co.jp/news/040717ken.html


大きな能力があったら
社会人になってコミュニケーションの大切さに気付いても、
何とかなると思いますよ。
同じように必死に勉強すればいいわけだし。

womiwomi 2004/08/20 13:23 「子供から想像力を奪わないでください」とのことですがこのCMの大人達は「奪って」はいませんよね。子供は鯨を書き上げたわけですから。少年は少年で周りの環境が変わろうともお構いなしに書き続けました。例え大人が気付かなくても書き通したのではないでしょうか。

polpol 2004/08/20 13:25 子供の考えを理解してあげることも必要だが他人の心を本当に正しく理解することはほぼ不可能だと思う。相手の行動等から相手の心の近似値(?)のようなものを仮定し、相手の行いをどれだけ矛盾なく説明できるか考え、矛盾しているところがあれば違う相手の心を仮定するを繰り返して少しずつ近づくことしかできないのだと思う。相手と同じ立場にいるところを想像して相手の気持ちを推定することはできても、自分の想定した相手の立場と本当の相手の立場が同じかどうか証明することはほぼ不可能で、偶然同じ立場に立てたとしても相手と同じ気持ちになるかどうかわからないし、相手と同じ考えを持てたかどうかきっちりと確かめる手段もないと思う。だから簡単に理解困難な人をキチガイとみなすことも天才だとみなすこともできないと思う。もしあの子供が鯨じゃなくてあの子にしかわからいような謎な絵を描いてたり、あの絵の一万倍の大きさの絵を作ろうと考えていたら普通の人にはほぼ理解不能。理解できなさそうな人がいれば、その人が周りに害を与えない限りはあまり干渉しないほうがいいと思う。だけど全くコミュニケーションがないのも問題かもしれないが。

yellyell 2004/08/20 13:29 面白い議論なので記念カキコです。
フィクションである限り、映像の中に誤解を孕むのは仕方のないことだと思いますが、言わんとしていることは「子供から想像力を奪わないでください」という一文だけで、映像はその引き立て役に過ぎないと思います。
最後の一文にインパクトを持たせられれば(とってもむつかしい)それで良くて、映像の矛盾とかはどーでもいい。広告側にとってはですが。
とりあえず子供が何を描いたのかわからなくて、悩んでいたんですが、ここでクジラって書いている人がいて、なるほどと思う反面、本当にそうかなと思いました。
あの子供は全く違うものを描いたとも考えられないかな、と。
あれをクジラと判断するのはいわゆる「大人の視点」で、もしも全く違うものを描いていたとしたら、あの絵を見て「ああ、クジラを描いていたのか」と勝手に納得しているようでは全然理解できていないことになってしまいます。
で、このCMを評価できるのは、その答えを言っていないところです。
そういうことまで考えて作ったのか、わかりませんが、深読みするとなかなか見事だと思います。
でも、黒一色で描くっていうのはかなり無理矢理な設定かなあ。ストーリーを作るうえでそうせざるを得なかったというのが見え見えでちょっと残念。

PSVPSV 2004/08/20 13:34 >womiさん
>とのことですがこのCMの大人達は「奪って」はいませんよね。

想像力は奪ってないかもしれないですけど、学校というコミュニティーからは
排除されてしまいましたよね・・・。

あの後、あの子供はどうなったんでしょうね。気になる・・・。
排除された経験がトラウマになって真っ当な人生を歩めなくなってる
かもしれないなぁ・・・。

>polさん
>その人が周りに害を与えない限りはあまり干渉しないほうがいいと思う。

この考え方は、排除が始まる最初の一歩ですよね・・・。

FUMIFUMI 2004/08/20 14:39 干渉しないことが排除の始まり…
まぁ子供に対しすべてを干渉しないと排除の始まりと取れるかも知れませんが、その理解できない1つのこと以外でうまくやれば排除にはつながらないのでは?

あと何度か出てきていますが、大人側の理解が必要ですよね。子供がなにかやっているそのときは分からないかもしれないけどさ、ある日突然大人側がそのことについてわかることもあるだろうし。長い目で見ることが大切がと思います。見捨てずに。

kazukikazuki 2004/08/20 14:39 異常といわれる行動や言動は決して特別なものではなく、
原理的に自然なものであり、平均人がそれを特別なものとしたにすぎない。
「あの子供はおかしい」という前提はあまりにも主観的すぎて、
その状態で議論をすすめると浮いた意見が多くなるという危険を伴う。

yuuruyuuru 2004/08/20 15:02 干渉しないといってもその本人に不干渉なのか本人がやっていることに対して不干渉なのかで大きく違うと思いますョ
polさんの言う干渉がどちらをさしているのかは分かりませんケド…

人と違う子に対する扱いを考えるより先に、晒し者にしたり強引に止めさせたりといったことをする人(親や先生等)はまず人としてイタイ人ですよね。
しかし、こういった人から逃れる術を子供は持っていないし…
異端児だろうがなんだろうが事に対して寛容になれるような思想や文化にならないと解決しないことなんですかね

PSVPSV 2004/08/20 15:49 否定的不干渉と肯定的不干渉は違うように思います。
「何かやってるけど、結果を楽しみに待とう。」
という時の目と
「何か変な事をやってるけど、ヤバイ行動では?
 でも、まだ問題になってないので、取りあえず何も言わずに
 様子を見ておこう。」と勘ぐってる時の目は違うですよ。
目は口ほどの物を言うので、否定的な感情を抱いた時は、注意しないとね・・・。
特に、子供は、そういうのに敏感だし・・・。

guldeenguldeen 2004/08/20 16:12 PSVさんじゃないけど、たとえば社会的に使われるデザインとか通念を考える時に、あらゆる“社会的弱者”(全盲・色盲・色弱・難聴・車椅子)をすべて織り込んだ上で考えるのは難しい事だと気付かされました。
あと、僕にもそういう部分があったんで分かるんですが「作品をちゃんと完成させるまで、途中で他人に対して完成イメージに関して語るのは“恥”」みたいな思い込みを持ってるケースって、たまにありますからね。この少年が黙り込んでいるのも、そういった「彼なりの美意識」があったのかもしれないし。

eseese 2004/08/20 16:14 脱線的な意見ですが,この映像を見て思ったのは
「努力は実る」;鯨の絵が完成して(゜д゜)ウマー
「この生徒は非常に従順な子供」;心に浮かんだものを描けという課題に真摯に取り組むのは(゜д゜)スゴー
の2点しかありませんでした.
;; 他人の心を幾ばくかなりとも理解できる,などという幻想に囚われすぎな人のなんと多いことか.(*´Д`)y―┛~~

kazkaz 2004/08/20 16:35 先生が「何をかいているのかな?」と聞けば子供は鯨と答えると思います。
いきなり知らない、しかも子供から見れば怖い医者の人が「何描いたの?」と聞いても答えにくいと思います。
あと、作文というのがなんだかわからなくてお母さんが言った「あとでね。」などを紙に書いた子供に似ていると思います。
この子供はこの画用紙1枚に描くというのを知らなかった。ただそれだけの子供にも見えました。

PSVPSV 2004/08/20 16:37 >eseさん
他人の心を理解する事が出来る事はあると思います。
ただし、その為には、物凄い労力が必要かと・・・。
だからと言って、理解する努力を放棄して良い訳ではないですよね。
人の心を理解出来るか出来ないかより、理解する努力をするかしないかと
いう方が重要だと思います。
私が上で書いたコメントのせいで、人の心を理解しなくても良いと
いう結論になったら怖いので、頻繁な書き込みで申し訳ないですが、
ちょっと追加で書かせていただきました。

FUMIFUMI 2004/08/20 16:37 理解できる。と言い切れはしないですよ。幻想かもしれないけど、心を理解しようとする努力は必要かと。まぁ心を理解しようとすることは、子供に対してだけじゃなく必要なことだと俺は思いますがね。

FUMIFUMI 2004/08/20 16:39 あっ、PSVさんとかぶった。。。

あbcあbc 2004/08/20 17:34 理解する努力とか、理解しようとかどこまでつきつめていってもポーズでしかないので、逆に開き直ってくれる方が信用できるなあ。

あbcあbc 2004/08/20 17:46 他人を完全に理解するなんて不可能であってましてや、方向性の全く違った他人など理解の対象ではないです。だから学校という場で普遍性の型に押しつけて形成し他人が理解しようという対象にできることろまで持ってきます。それは世間は多くの人間を理解の場へ導こうという意志を持ってるからだと。その場からこぼれた人間は虐げられ人間扱いされません。人間に普通というフォーマットをして誰にでも読み込めるようにします。誰しも他人なんて全く普通でもないし中身をほじくり返して見れば、自分には異常にしか見えないようなものです。矛盾してますね。
女子高生「えっ、ぜんぜん普通ですよ」

eseese 2004/08/20 17:52 ちょこっと補足.幻想云々の話は私が生きてきた上で辿り着いた結論の1つですんで. >PSVさん
ついでに言うと,他人の心を理解しようとする努力を否定するつもりはありません.
ただ,その行為は単に自分の想像/願望に過ぎないということをボヤキたかった訳です.
;; そういう意味で想像力は大切なのです :-)

eseese 2004/08/20 17:55 なんか本題からズラしてしまったようで申し訳ない.>all

kazukikazuki 2004/08/20 17:56 あbcさんがいいこと言った。やっと前提がまともな意見がでてきた。

普通の人が「私の考えでは・・・」などと注釈を付けて語り出すような凡庸なものは「考え」でもなんでもない。単なるその場限りの思いつきか常識かのどっちかでしょ。ロジックがないんだ。「なぜひとを殺してはいけないの?」「他人に迷惑をかけることは良くないから」「なぜ迷惑をかけたらいけないの?」「・・・殺される人の痛みがわからないのか?」──もうたくさんだ。バカは自分の「考え」を持つな。いや、持っている気になるな。

kazukikazuki 2004/08/20 17:58 凡庸なやつらにあるのは「好き・嫌い」の判断と、自分に都合のいいように適当にその場限りの「考え」を捏造する小技だけだ。
凡庸なやつらにあるのは論理的で明確で冷静な論理の言葉ではなく、大衆をちょっとばかり感動させる泥の付いた名言だけだ。

teitokuteitoku 2004/08/20 18:18 kazukiさんの意見は極論のように思えます。
そもそも、世界はその「大衆をちょっとばかり感動させる泥の付いた名言」で動いているんですから、いくら吠えても無駄では?
それに、あなたの言葉は感情的すぎるように思えます。どうせなら「大衆を大いに感動させる泥のつかないロジックに裏付けられた名言」を吠えてほしいな〜。

FUMIFUMI 2004/08/20 18:29 なんか論点ずれてきてるけど。
確かにオレが言ってることは、きれい事で理想かもしれないけど。
きれい事で理想大好きだし。

すべての人のことをすべて理解するってのは不可能だ。けど、身近な人のことを少しでも多く理解できればいいとオレは思う。

世の中には相容れない人間がたくさんいることは分かってるよ。

PSVPSV 2004/08/20 18:37 >eseさん
他人の心を理解する事が出来るという事が、
自分の想像/願望に近いという事は分かります。
人の心を理解するのは、それくらい難しい事ですね。
そこで、上の方で書きましたけど、その一つ前の段階の
”理解出来ない人を排除しない”だとどうかな?と言ってみたわけですが・・・。
これって、他人を理解するのと同じぐらい難しい話かな?
これすら困難だという事になると、お手上げなんですが・・・。
これも難しいと言われる世の中だと、私なんかは首をくくらないと
いけなくなるのですよね・・・。(^^;;;;;;;;
世の中捨てたもんじゃないYo!という意見を聞きたいなぁと思ったり・・・。
ちょっと違う人を叩きのめしてトドメを刺すのは簡単なんですけどね。
それをやったら、人としてオシマイなような気がするもので・・・。

nomanoma 2004/08/20 18:46 へー、賞を獲ったCMなんですか。ぼくは初めて見ました。

グラフィッカAグラフィッカA 2004/08/20 18:50 某エヴァンゲリオンの受け売りになって来てる気がするのは気のせいでしょうか…?とつっこんでみたり。これの主題は「子供から、想像力を奪わないで」微妙にズレてってません?どちらかと言うと偏見の無い多角的な評価、というほうの話だと思うんですけど。

nomanoma 2004/08/20 18:55 そもそも『子供の想像力を奪うべきだ』という立場がありえない以上、議論にならない(対立構造が生まれない)のではないでしょうか。
このCMを足掛かりに「創造性」といった大問題まで考えるなら、議論のポイントをはっきりさせないといけないように思います。

IPPIPP 2004/08/20 19:01  大人達の反応、私にはなんら問題があるようには思えない。
子供が何をしているか心配しつつ、最後まで見守っているようにみえるからだ。
 心配しつつも見守ってあげる、これはとても素晴らしい事だし、この大人たちは賞賛されるべきだと思う。
 はて、私はこの映像から受けるべきメッセージを間違えているのだろうか?

e3475e3475 2004/08/20 20:36 また懐かしいものが...と思いつつ見たときの感想は「嫉妬」。
脳内に展開した地図通り一度も無駄紙を出さずに鯨を書ききる空間把握能力を、
こんなに早期に発見できて羨ましいなぁ...と。

本題で「想像力を奪わないで」ってテロップは「こんな可能性があるから垢汚れた大人の
見解で子供の行動に制限をかけないで」と云う、ただそれだけの単純なテーマを映像化した
だけにしか受け取ってなかったけど、皆すごい想像力が逞しいのでちょっと感動。

んで、「才能」と云う言葉で括るのは憚れるけど、「本当にこれが天性の才能ならば
大人が邪魔したところで後に開花するんじゃないの?」とか、「これで潰れる才能な
ら潰しちゃっても良いんじゃね?」とか思った自分は、想像力以前に純粋さを無くして
ひねくれすぎたんじゃないかと、ちょとションボリ。

# お初なのに長文ごめんなさーい (壁|彡 サッ

e3475e3475 2004/08/20 20:37 ひねくれついでにもう一言。
何だかんだ言って「子供の行動力は逞しい」のに、それを知ってか知らずしてか
こんな映像を作成した製作者たち....もし後者なら脳が腐っているとしか思えん。
# なんか、今の議論内容を全部ぶっちしてごめんなさい

nomanoma 2004/08/20 21:19 いえ、そういう風に批判的に見ることも重要だと思いますよ。
ここの流れを見ていると、メッセージを伝えるという本来の意味ではこのCMは失敗しているようですし。

単純にフィクションとして見れば、これはこれでブラックで(クジラだけに)なかなか興味深いんですけど。

mihael2mihael2 2004/08/20 21:44 誰も書かないから俺が書く(想像力云々の話じゃないけど)。。すんげー古い「Xファイル」に似たような話がありましたよねTVの砂嵐から延々と2進数を書き取る子供がいて、2階から見下ろすと人の顔になってたという。

N_AN_A 2004/08/20 21:48 一番気になったのは作品よりも、はじめからyaneuraoさんがlongさんを叩いたことです。
yaneuraoさんがよい議論なり展開を望むなら、もうすこし柔軟な議論の司会をするべきだと思います。たとえよい議論の展開になったとしても、longさんのような反対の立場の意見を言ってくださる方がいなくなってしまいます。すくなくとも書き込みがすこしたまるまでは、じっと我慢して聞いた方がいいと思います。

longさんは少数派だと自覚しながらも正直にご自身の感想を述べたと思います。作品の中の少年を柔軟に受け入れるなら、longさんの発言も作品の中の少年のように受け入れて理解すべきだと思います。そうじゃなければyaneuraoさんが都合のいいようにyaneuraoさんが自身の幼少時代を肯定する道具として使っているように感じてしまいます。

私の作品にたいする感想は同じような経験があるのであまりなんとも思いませんでした。おもいあたる人は多いと思います。それは私は星空を描こうとして、はじめに紙を真っ黒に染めたんです。そのうえから黄色い星(これってよく考えると社会的なニセモノのイメージですね)を加えようとしたら、下地の暗い色のせいで星がかけませんでした。
クレヨンや絵の具って、重ね塗りすると光の反射する量が減りますよね。だから下地が黒いと、上に薄く明るい色をぬっても黒いままなんです。

先生が柔軟な人なのか、星空って分かってくれましたけどね^^;



この作品と近い状況だと思う現実の事柄があります。パド厨問題ってご存じでしょうか?
http://homepage3.nifty.com/kazano/200406b.html#14

保守派の人と議論になったことがあるんですが、掲示板を変な使い方したり私的なサービスを勝手に使ったりします。


みなさんはパド厨問題についてどう思いますか?

#もしかしてこのlongさんてyaneuraoさんが自演してるのかなとも思ったんですけど、残念な展開になってしまいました。

tallyhotallyho 2004/08/20 21:56 この長さはすでにコメントじゃない…。さすがにBBSでやった方がいいんじゃないかと思うんだけど、今更遅いか。

JnJJnJ 2004/08/20 22:17 トラックバックミスorz、申し訳ないです<夕焼け

hiroykhiroyk 2004/08/20 22:49 長文過ぎて全部読みきっていないのでダブっていたら申し訳ないです。
TVで見た時も考えさせられるCMだなと思いましたが、考えずに忘れていました(笑)
子供って凄い発想をしますよね。CMだからオーバーに表現していますが、
鯨→デカイ→そのまま書きたい
と思っても先生に時間がないから画用紙に収まるように書こうよって言われそうですよね。
そう言われても毎日コツコツ書いて完成させてびっくりさせるというような内容とかだったら言いたい事は多くの人に伝わりやすかったのではないかと感じます。そう、バカな私にもです。
先生が想像力を奪う役割をする事で分かりやすいかなと。で、最後に授業中に書いた鯨を子供の鯨としてでっかい鯨のそばにおくんです。で、先生はしてやられたみたいな。
どっちかというとそういう子供でしたね。自分の娘はそこまで根気強くありませんけど(笑)
ただ、時々凄く感心させられるような作品(落書きとかですけど)を仕上げるんですよね。そんなことやってないでお風呂入りなさいとかカミさんに言われながら。
自分の子供のころを思い出して、どう大人に決め付けられるのがイヤだったか考えながら接したりしています。

EbiEbi 2004/08/20 23:42 子供は素直に「心に浮かんだ物をそのまま…」という指示に従っている。それを信じ切れなかった私は器が小さいと思う。

chichi 2004/08/21 00:23 なんか長文がいっぱいだなぁ..(´Д`)
私めも同じようなことがありましたけど、それは親が主要な原因でしたね。
時間があれば選択性無言症および選択性緘黙(かんもく)およびトリィヘイデンおよび浜崎あゆみの「カナリア」という曲を調べてみてください。

e3475e3475 2004/08/21 01:37 「長文いっぱい」・・・幼少期にこういった経験が多い人間がプログラマに多かったりして(えー)
それはそうと、hiroykが書いた「鯨→デカイ→そのまま書きたい」に目から鱗がポロポロと...
やっぱり発想力が貧困だなぁ、おいら

hanehane 2004/08/21 01:54 あの子供が書き続けている絵が、普通の人に「想像」できる範囲の年相応の絵(周りの子が書いているようなの)だった場合の周囲の大人たちの反応を考えてみるとおもしろいっすね。
理解できない事に対する恐怖感みたいなものが自分には確かに存在するようです。

yellyell 2004/08/21 02:36 >N_Aさん
恐縮ながらちょっと反論。やねうらおさんがlongさんを叩いたといいますが、見た限りlongさんに対してそんな無茶な事を書いているようには思えません。
お二方の議論の対象は子供の精神性に終始していましたが、肉親にこの子供のような人間がいた自分から見ても、longさんの見解は的外れで、やねうらおさんの見解には納得できる部分がありました。
もちろん、longさんも故意に穿った見方をしているわけではなく、本質を理解できていないからこその誤解であることは疑いありません。
しかし、「この子供は頭がおかしい」という前提で議論をすることは正しいとは思えない。そう結論付けた上で理由を述べるのは、考えることをやめた証拠です。理解をしようという姿勢が根本的に欠けているといわざるを得ません。
「これはこういうことなんじゃないか?」に対して「それはこの子供が狂っているから」では議論の発展の余地が無い。
しかしながら、この子供のような人間を本質的に理解できない人というのは確かにいて、そういう人は結局、ずっと理解できない場合が多いです。
そしてそれは仕方のないことだと思います。理解できないことを責めることは出来ません。そういうものだと理解してあげることが必要だと思います。

誠夏誠夏 2004/08/21 02:39 はじめまして。このCMのオチにびっくりしたので書き込ませて頂きます。まさかああくるとは。
でも2回・3回と見るうちに違うことが気になりだしはじめました。それは「クジラの仕掛け」に気付いた大人ってすごくない?ということです。自分だったら、子供が「これはクジラだよ」って並べだすまで気付けないと思う。
勝ち負けを言うなら(こういう事に勝ち負けなんてないけど)、ぎりぎりで大人の勝ちのような気がする(完成直前ということで・・・・)もちろん子供も負けてない。あの寒ーい空気の中で一心不乱に絵を描きあげたのだから。

ラストのコピーを考えると、明らかに曲解なのだけれどこういう考え方もできると思う。
あの子供はただ純粋に画用紙を黒で塗りつぶしていただけなのだ。それを大人が並べ替え、クジラと判断した・・・・。
こういうイタズラをする時の子供の集中力ってすごいですから。自分の場合は、一人で黙々とラジカセのテープを引っ張りだしたり、箱ティッシュのティッシュを引っ張りだしたりしてたそうですが・・・・。
子供にそんな才能なんてねぇんだよ、と否定している訳ではありません。
子供のイタズラを壮大な芸術と感じ取れるような心の余裕があれば、人生もっと楽しくなるのではないか、と。

個人的には先生がジグソーパズルに気付くシーンの直前あたりで物語を変化させたいです。
結局理解されない子供。彼が真の意味を語る事も無く、絵は病院の倉庫の中へ。
・・・・20年後。「クジラ」に気付いた学生が、もはや行方の知れない彼を探す旅に出る。とか。

teruruteruru 2004/08/21 02:51 yellさんの文章は相手を理解してあげることが必要だといいながらアホ呼ばわりしていて醜いような。
擁護の人に多いんだけど、相手を叩きたくて必死な癖に紳士的に話をしている振りをしたいセコさみたいなものを感じるな〜。w
実際にはわかったうえで議論ごっこしてたlongさんと、わかってなくて熱くなってる善良でアレな人って話じゃない?

yellyell 2004/08/21 03:10 >teruruさん
えーと、アホ呼ばわりしていると感じるのはどの部分でしょう。
一応書いておきますけど、longさんを非難するつもりもやねうらおさんを擁護するつもりもないです。ログを読んで感じたことを書いただけであってね。
立場的には、やねうらおさんの見解寄りの人間ではあるけれども。

kotokoto 2004/08/21 03:23 これってあれですね。言いたいことは、「大人たちは子供の心を自分たちの経験もしくは一般論からの延長(つまり線形近似)で推し量ろうとしています。しかし実際の子供の心は非線形なのでうまくいかないこともあるよ。」てことですよね。つまり線形近似の適応範囲をもっと考えて使っていこうよ。もしくは、せめて非線形であることを念頭に置きましょうてことですね。
でもね、本当に創造性をのばすのならば、この子の発しているエネルギーを見て「なんか分からんが、すごいことをやろうとしている」ってふう見るのが正解じゃないかな。創造に対するエネルギーを止めない事が大切なんじゃないかな。

まとまりの無い文ですまんです。

teruruteruru 2004/08/21 03:36 ログほんとに読みました〜?longさんはテーマは理解して一応は賛同した上で『物語としては粗が多いね』と書いている。
だのにyellさんはlongさんに能力が足りなくてテーマを理解できてないと書いてるんだよね。
『もちろん、longさんも故意に穿った見方をしているわけではなく、本質を理解できていないからこその誤解であることは疑いありません。』
それこそyellさんに能力が足りなくて、何について感想を言っているのかのレイヤが決定的に違うことが理解できないならしゃあないけど、ログ熟読した上でわざと曲解してこう断定してるならタチが悪いのとちがうかな〜?w

Hep-pocoHep-poco 2004/08/21 05:39  初めまして、へっぽこです。長文失礼します。
 率直に言うと、知識とか学問とか権威とか(つまり医者とか)に対
して、子供は、ある意味挑戦的なんだなと。
 彼(子供)の創造力を誰一人として解明出来ないんですよ、知識な
んかや、その筋の権威と言われているだろう先生たちには。
 そんなちっぽけな枠に収まらないのが、子供の創造力であって、
それを大切にしよう、と言っているのがこのCMなんじゃないかな、と。
 それをちょっと誇大表現したのでああいった映像になったんだと
思います。
 ちなみに、途中女の子が朗読しているのは、「りんごの花」という
絵本の話のようです。ちょっと、読んでみたくなった。
 (鉛色の空にぴんぴんと突き立った〜、っていう内容がちょっと
象徴的な引用ではないのかな、と勘繰った為)
 後、全体的に白と黒を使い分けているようにも見えたんだけれども、
特に深い意味付けは、なされていないのかな?ちょっとわからなかった。
それでは失礼します。

通りすがり通りすがり 2004/08/21 10:57 これは子供の話ではあるけれど、大人の社会の話でもある。
大人社会では異端でありつづけることがどれほどつらいことか..。

yellyell 2004/08/21 11:11 >teruruさん
テーマの話とはまた別の話をしているんですがねえ。テーマを理解できていないとは一言も書いてないですし。
つまりは「物語の整合性」の部分というのは子供の精神性の(longさんが言うには)おかしなところということですよね。
longさんは終始子供のコミュニケーション能力の欠如を「まともじゃない」と言っていて、それは自分の見解からすれば「まともである」んですよ。
そういう子供が特別頭がおかしいからというわけじゃなくて、うまく表現できなかったり、もしくは表現する手段が異質なものだったりする子供はいるのです。
またそういう子供は、大人から見れば「まともじゃない」ようなことをしているんだけど、そのことを正そうと諌めても、それが何故いけないことなのかが理解できなかったりするんですね。
そこのところを「コミュニケーション能力不足→頭がおかしい or 大人を試している」と解釈されるのはちょっとあんまりだと思ったので、そこに反論していたわけです。
ご理解いただけたかなあ。

monomono 2004/08/21 11:44 一般的な「大人」の思考の内には無意識的に対象を常識や権力なんかに組み敷かせようとする
意識があるというか、最初からラベルを貼って処理しようと刷り込まれているけれども
もっと純粋な創造意識を認める視点を持ちなさいよ、という主張ではないですかね。
つまり大人社会、そのコミュニケーションのあり方そのものに疑問を掲げているわけで
子供のコミュニケーション能力云々という視点がそもそも間違ってる、と言いたいのだと思いますが。。

teruruteruru 2004/08/21 12:28 yellさんが善人ぶった心が狭い人なのは理解できました〜。www

yellyell 2004/08/21 13:11 ああ、なんだ、やっぱりただの釣りだったか。まあいいや。
↓以下何事もなかったかのようにCMの感想をどうぞ。

og3og3 2004/08/21 15:14 CMの子は保護すべき希有な才能の持ち主だと思います。
が、圧力をかけられて潰れる程度の才能なら、早いうちに芽を摘んでやるほうがその子にとって幸せなのでは。
誰もが物語の主役になれるわけじゃないでしょ。

と、今年もまた「本当の主役はあなたです」と大書きするであろう某テレビを意識しつつ。

caqcaq 2004/08/21 15:35 とまあこれとまったく同じ構造の話を少女漫画で読んだ事があるのですが、これが元ネタなのか漫画が元なのか偶々似たのかわかりませんが。(ちなみに漫画で描いたのは相手の似顔絵で、一見花束にしか見えないけども拡大すると・・・というお話)
僕は漫画で似た話を読んでいただけに素直におもしろいと思ったのですが、白熱して討論されててコメントに乗り遅れてちょっとがっかりです(笑)
これ、客観的に見て「みんなの心に浮かんだことをそのまま描けばいいんだからね」と言われて素直に描いたら周りの大人が変な目で見る。という、とんでもない話ですよね。構造が特殊に見えますが、教育現場では一般的に行われていることです。好きなものを描いてごらんといわれて白紙を提出してお小言を食らっていた友人がいます。彼は白紙が好きだったようです。先生に伝えても口答えするなとか言われてましたね。コミュニケーションの不全がテーマでは無いと感じますが。この場合コミュニケーションが取れていないのは大人です。大人の好むもの・大人が想像しているものを描かないと異常であるとみなされるのは、はたして正常でしょうか?
このCMで描かれる少年は(僕の友人にはいませんが)はたして異常でしょうか?大人たちの反応が明らかに異常です。心に闇夜が浮かんだ無口な少年は、みんなああやって両親に報告されるのでしょうか。先生にキチガイを見る目で見られ、腫れ物に触るような対応をされなければならないと?

周りが必死なのは、少年にしたら不思議なわけです。なんで僕は心に思ったことを素直に描いているのに、みんなこんな目で僕をみるんだろう。別に良いや、さっさと描こう。
CMを見て少年が描くのに使う時間と、大人たちが考える時間にずれがあると感じました。もしアレがトータルで図画工作の時間内だったらどうでしょうか?少年時代の僕が、花を描こうとして赤く塗ったら「おまえ心に病を抱えているのか?何を描こうとしているんだ?さあ話せ、この黄色はなんだ?」といちいち聞かれたらうっとうしくてたぶん無視します。

僕の少年時代は、こんな対応をされた後すぐに学習してカシコク生きてきました。想像力が殺されたことは想像に難くありません。
大人の枠でまず捉えようとする。『子供のことを考える』という発想がそもそも間違いではないかと。彼が何を考えているかは分からないが、その考えは尊重すべきである。そう僕は思います。
なんか理解できないものを描いた、しかもこいつ話さないぞ。キチガイだ。その発想は正常でしょうか?周りの人と違うことは、キチガイですか?まともかまともじゃないかは、貴方が決めることなのですか?その判断は、まともですか?

『こうした場合、こうするのが普通だ』と刷り込みつつ型にはめて矯正して社会に適合するように出荷するのが教育であるのであれば、別に間違った対応ではないですが。その前提があるのならばこの少年は不良品です。

yopoyopo 2004/08/21 16:11 うへえ。書きすぎw
こんなにコメント付けても読む気がしない…
お疲れ様でした。

PSVPSV 2004/08/21 16:12 「不良品」か・・・。

理想論かもしれないけど、「不良品」の人間なんて居ないハズだと思いたい。

せめて「規格外」ぐらいの言い方にしておくと良さげですよ。
「不良品」という言葉を使っちゃうと救いようが無くなると思う。
「規格外」なら、まだ救える・・・。

このCMの子供は、「規格外」ではあると思います。
しかし、「不良品」ではないと思います。
どんな解釈、どんな前提であっても、
   「不良品」ではナイ
言いたい。

とは言っても、実際の社会では、「不良品」扱いされてる人は居ますよね。
「不良品」を救う方法ってのは無いものだろうか・・・?

こんなことを書くと、「不良品」はどんな事をしても救いようがないから、
見捨てても良いとかいう意見が出てきちゃったりするのかなぁ?

通りすがり通りすがり 2004/08/21 17:50 親の視点から
子供が2人いますが、やっぱりあんな絵を書かれると「病気」かなあ、と思うでしょうね。
でもうちの子供なら「これ何の絵?」と聞けば「くじら」と答えるとおもいますね。普通そうじゃないでしょうか。
そこで「画用紙の無駄」と制限すると「創造性を阻害」するけど、「がんばれ」といって追加の画用紙をわたしてやればいいわけで。
答えず、真っ黒い絵を書き続けられるとなるとやっぱり親としては気になりますよね。「ちょっとおかしくなったのではないか」と。「普通であってほしい」とは思いませんけれども、「子供」は「私」ではないので100%理解するのは無理で、今回のケースはなおさらムリです。
結局は「親も創造性を豊かにし、子供の創造力を理解せよ」と言ったところなのでしょうか?

void_brainvoid_brain 2004/08/21 18:02 初めまして。CMもコメントも面白いですね。
私は茄子かバナナか?と思いました。ダメ過ぎか…。
で、これは要するにヒトとしての器を大きくせよ。ということですかね?

不良品ですか? 結構じゃないですか。というか、存在して当然。
色々なヒトがいるから世の中は面白いのだ。
私の持論を持ってすれば全て説明できるのだが…。

 | 

1900 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 |


Microsoft MVP
Microsoft MVP Visual C# 2006.07-2011.06