Hatena::ブログ(Diary)

やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ このページをアンテナに追加 RSSフィード

GT-Rの買取ならここですわ。どこよりも高く買取ってもらえるはず。お勧め!GT-R 買取
電王戦出場記念! 書籍化されたで! 監修したで!(`ω´) 絶版なってしもた Kindle版で復活!! 記事書いたで!
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!

YaneuLabs / やねうら王公式 / やねうらおにメール / twitter / プロフィール

 | 

2007-06-22 ヘッドハンティングについてあなたが注意すべきたった一つのこと

[] ヘッドハンティングについてあなたが注意すべきたった一つのこと  ヘッドハンティングについてあなたが注意すべきたった一つのことを含むブックマーク  ヘッドハンティングについてあなたが注意すべきたった一つのことのブックマークコメント


ときどき、あなたをヘッドハンティングしたいと言う電話会社に掛かってこないだろうか?


あの電話は一体、何なのだろうか?



以下、種明かし。


企業によっては人事部自体をアウトソーシングすることがある。求人を出して人選するだけでもそれなりにノウハウというものがあって、(設立後の)日の浅い会社がやるには難しいからである。


このアウトソーシングをされる側に立って考えてみよう。お金をもらっている以上、誰か人を連れてこないといけない。(人を連れてきた)実績を出さないわけには契約を打ち切られてしまうからである。もちろん、テキトーに人を選ぶわけにもいかない。テキトーに選んでしまうと、連れてきた人がそのあと会社で成果を出せず、その結果、人事の責任にされかねない。しかし、まずは、連れてくるところからである。


そこで、どうやって連れてくるかと言うと何らかの名簿を頼りに連れてくるのだが、せめて同じ業界で実績を出している人のほうが良い。そこで例えばゲームプログラマが欲しいならば、(一例として)ゲーム会社インタビュー記事などを探して、その会社WEBサイトに書かれている会社電話番号にかけてその人を呼び出す。


かくしてあなたに「ヘッドハンティングしたいんですけど」という電話が掛かってくる。


ところが、電話の主は、このアウトソーシングされた会社の名前を語るだろう。場合によっては経営コンサルタントという肩書の個人だろう。いずれにせよ、ヘッドハンティングする(はずの)会社とは異なる会社名である。


あなたは、この時点で「なんか怪しいなぁ」と思うことだろう。別に怪しむ必要はない。彼は嘘は言っていない。むしろ、アウトソーシングされているだけのくせして、ヘッドハンティングする会社名をかたるやからのほうがよっぽどたちが悪いのであるから。


そして、あなたはせっかくなので話ぐらいは聞いてみようと出向き、場合によっては、その会社面接を受けることになる。たいていはそのヘッドハンティングする会社社長を交えての面接である。何故なら、人事をアウトソーシングされる側としては、自分で人選までしてしまうと採用した人が成果が出せなかったときに言い逃れが出来ないので、ヘッドハンティングする側の社長にも立ち会ってもらって、何かあったときに少しでも責任逃れをしたいからである。


このときその社長はあなたに好意的に接してくるだろう。何故なら、人事をアウトソーシングしてまで(つまり、多少お金をかけてでもてっとり早く)人を取りたいぐらいの会社は、本当に全くもって人が足りていないからである。


「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー ここで、あなたは、そういう事情を知らないものだから、「ヘッドハンティングしてくるぐらいこの会社は俺のことを望んでいる」と勘違いするだろう。あなたは、「この会社転職すれば素晴らしい待遇が待っている」と淡い期待を寄せる知れない。しかし、それは全く違うのである。社長は入社後、あなたが即座に成果を出せなければ容赦なく首を切る。


どんどん人を入れるために人事をアウトソーシングしているのであって、社長としては、自分で人を呼ぶ苦労をしてないので、役に立たなければ即座に切ってもそれほど痛くはないのである。つまり、あなたは使い捨てなのである。数ヶ月後に首を切られて「ヘッドハンティングされたはずなのに?」と疑問を持ちながらあなたはその会社を去ることになる。

これがあなたを待ちうけるヘッドハンティングの実態のすべてである。

yaneuraoyaneurao 2007/06/22 10:48 今日のような転職に対するネガティブな記事の真下にAdSense広告で「はてなへ転職」などと出てくるのだが、これはいかがなものか。

いもいも 2007/06/22 11:12 市場の中でヘッドハンティングを行う会社が増えすぎてしまったせいで、ヘッドハンティングの質が自体が下がってしまったのですね?5年程前までは、まだヘッドハンティングを行う会社自体の数が数えるほどしかなかった為、ヘッドハンティングで人選され転職した方々は、実力相応の椅子が用意されていたものなのですが。ここまで質が落ちてしまっているとは思ってもみませんでした。そういう意味では、ヘッドハンティングを業とする会社が競合する市場も飽和状態に達してしまっているのかもしれませんね?ヘッドハンティングを行う会社は、一般的にそれだけを業としても食べていけない為、他にも新卒採用のイベント会場を設置したり、面接会場を設けたりと、どちらかといえば企画営業よりの仕事が多い為、必然的にそういう会社で採用される方々は営業畑の方が多くなります。この為、プロがプロの目でヘッドハンティング(人選)を行うのではなく、行き当たりばったりでいいかげんなヘッドハンティングが行われしまう為に、うまくマッチングが図られず、双方(ヘッドハンティングで新しい会社に入社した人、採用する会社側)に不利益が発生してしまうような事態が起きてしまっているのですね?

不況時の10年の罠ではなく、布教時の人選の罠??
これもこれで恐いお…?

yoosakiyoosaki 2007/06/22 11:15 数年前、まさにそのヘッドハンティングに遭いましたよ。
ヘッドハンターも求人している企業も外資系でした。外資系に多い話だと思います。
それで、どうなったかというと、詳細なレジュメを作成して面接までの段取りを進めていたら、求人側がもう対象としていた求人を締め切ってしまったということでした。
こっちは所属していた会社を退職してやると意気揚々だっただけに肩透かしを食らった感じでした。
そのあと、Yahoo Japanとかを勧められましたが、まるで行く気が起こりませんでしたよ><

うまい物はうまいんやうまい物はうまいんや 2007/06/22 11:40 と言われてもうまい話は実はうまくないのですねぇ
ストレス時代ですしちょっと優しくすればわんさか釣れるんでしょうなぁ

umiumi 2007/06/22 12:07 最初に就職した某ソフト企業は、業績悪化時に大勢の所にヘッドハンティングが来ました(実際は、”ヘッド”では全然無いのですが)。
私は、社員名簿を流出させたのはそのソフト企業自身が社員を減らすためにやったのではないかと思っています。

未記入未記入 2007/06/22 12:43 この様に人材が不足しているのは、ソフトウェア会社の何も知らず重役達が多くて、人を見る目がないのと、無知上にデスマーチを繰り返し、まともにプロジェクト管理が出来ないせいではないかなーと思います。現に私はそのような会社しか出会ったことがありません(偶然かもしれませんが・・・)
ですから一番の問題解決は、現在の様な人身売買ではなく、重役達がまともに勉強し、まともなプロジェクト管理者を雇う事と、プログラマ=作業員という差別意識を撤廃することだと思います。
だって、自分が知らないものを管理したり販売することは不可能ですから・・・その単純なことがわからない経営者が多すぎます・・・

とかげとかげ 2007/06/22 14:27 これはもはやヘッドハンティングならぬシッポハンティングですね…。

yaneuraoyaneurao 2007/06/22 14:53 yes,yes,yes

AA略AA略 2007/06/22 16:38 キューに並んだと思ったらスタックだった……。何を言ってるか分からないと思うが、俺も何をされたのか分からなかった……。

yaneuraoyaneurao 2007/06/22 16:51 ↑うますぎる

passerbypasserby 2007/06/22 21:43 中途で入ってすぐに実績を出さなければ、首を切られるのは当たり前だと思いますが…。「すぐ」の定義にもよりますが、6ヶ月見て今後の成長が期待できなければ、切られても仕方ないでしょう。それより短かったらかわいそうだけど、雇われた人に実力があり、実績を残す意識があれば、簡単には切られないでしょう。

passerbypasserby 2007/06/22 21:50 簡単に言うと転職って云うのは「何の肩書きも人脈もなしの自分の実力をマーケットに晒すこと」で、それが腑に落ちていれば、何の問題もない。注意すべき事を一つあげろと云われたらこれを云って欲しかったな。

そもそもそもそも 2007/06/22 23:04 名簿が売買されてるってのが、その時点でうさんくさすぎますな。今時どこでもやってるでしょうが、私はやっぱり気に入らんです。

未記入未記入 2007/06/22 23:19 一番怖いのはヘッドハンティングされた先が、へっぽこプロジェクト管理者しか居ない所だろうな。ハンティングされた人が、どんな優秀な人だっとしても仕事失敗だからね(笑)
そう考えると、ハンティングって本当に博打ですね。
ところで、ハンティングする人の見る目は評価されないのでしょうか?

moimoi 2007/06/23 00:32 >何の肩書きも人脈もなしの自分の実力を〜

ってそんなもん取る時点でリスク管理がなってないってわかるじゃん。

肩書きは実績評価の尺度として十分に信頼度が高いし、人脈は一番強い実力のひとつでしょう。

大体、こういう「自分のチカラだけで生きていく」みたいな厨二病的考えしてる人ほど、自分勝手ですぐに潰れたりして迷惑この上ないんですよ。

まあ、いち採用担当の意見でした。

未記入未記入 2007/06/23 02:06 これじゃ、ヘッドハンティングというよりも、ネックハンティング(首切り)ですね(笑)
今の時代は、誰も信じてはいけませんね。
勉強になりました。

passerbypasserby 2007/06/23 18:17 「誰も信じてはいけない」というのも有力な一つの解決策だけど、誰も自分自身の利害のために行動しているのであって、会話をしながら言外に含まれる意味を考えていればそう大きな失敗はしない。若いうちは失敗した方がいいんだけどね。

yaneuraoyaneurao 2007/06/24 09:01 ここに書いていただいたShiroさんのコメントは削除させてもらいました。本エントリの趣旨から大きく外れていきそうだったからです。そのコメントを書きなおされたのが
http://practical-scheme.net/wiliki/wiliki.cgi?Shiro
の(2007/06/22 17:55:42 PDT ヘッドハンティング、エージェント、アウトソーシングに関する誤解)にあります。

それに対して私から一つ言えることは、会社とヘッドハンティングするエージェントとの契約条件は当然会社ごとに異なるということです。「年俸基準の成功報酬」と書かれていますが、小さな会社にとっては、毎月定額の支払いのほうがお金を捻出しやすいのでそのほうが好まれる場合もあります。あるいは、成果報酬を支払うのが、ハンティングしてきた人が1年間勤め上げたときだとかそういう条件にすることもあります。そのへんは会社規模によって最適な選択肢は変わってきます。

本エントリで書いた例は、エージェントへの支払いは定額なので雇い入れた人をどんどん首をきっても会社的には痛くないという状況を想定して書きました。

痛くないとは言っても、たいてい1,2ヶ月は研修期間に相当して、会社としてそれなりにロスが出るので2,3ヶ月で首を切るのは明らかに損失ではあります。このへんは本エントリでは話を多少簡略化して(誇張して?)書いてあります。

shiroshiro 2007/06/25 04:56 記事の趣旨、了解しました。

 | 

1900 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 |


Microsoft MVP
Microsoft MVP Visual C# 2006.07-2011.06