Hatena::ブログ(Diary)

やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ このページをアンテナに追加 RSSフィード

GT-Rの買取ならここですわ。どこよりも高く買取ってもらえるはず。お勧め!GT-R 買取
電王戦出場記念! 書籍化されたで! 監修したで!(`ω´) 絶版なってしもた Kindle版で復活!! 記事書いたで!
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!

YaneuLabs / やねうら王公式 / やねうらおにメール / twitter / プロフィール

 | 

2013-07-09 Yahoo!知恵袋で間違った内容のQAが検索上位に出てくる問題

[] Yahoo!知恵袋で間違った内容のQAが検索上位に出てくる問題  Yahoo!知恵袋で間違った内容のQAが検索上位に出てくる問題を含むブックマーク  Yahoo!知恵袋で間違った内容のQAが検索上位に出てくる問題のブックマークコメント


何かの略語意味ググる日本語版のWikipediaやらYahoo知恵袋やらが上位に出てくることが多い。Wikipediaはまあ仕方ないとしてもYahoo!知恵袋、解決済みになると修正すら出来ずに誤った情報が掲示され続ける。Yahoo!知恵袋検索上位に来るサイトだけにその罪は非常に重い。


例えばこれなんか特にひどい。


f:id:yaneurao:20130709171342j:image:w600


f:id:yaneurao:20130709171343p:image:w600

引用元 : detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1469805539


回答者は「OTP」を「One Time Password」と解釈して、「あなたがついさっき使った使い捨てパスワードは何?」と訳文を提示している。誰もそんな質問するわけねーじゃん!OTPの意味以前の問題である。この人、回答書いてて、さすがにこれはおかしいとは思わなかったんだろうか…。


そして質問者もこれをベストアンサーとして選んでいる。ホント、もう無茶苦茶であるポルナレフでなくとも「頭がどうにかなりそうだった」の世界である


ちなみにアニメコミックのファン層が言うところのOTPとはOne true pairing(一番支持してるカップリング)の意味である。「Chieri X Nagisa are my OTP」(意訳 : 智恵理×凪沙のカップリングしか俺は認めん!)のように使う。



ともかく、Yahoo!知恵袋で間違った回答を提示しているクソページに対しては、ggrks(ググれカス)ではなく、「ググられんなカス」と申し上げたい。


Google検索も、そろそろ検索結果に対して「クソ記事だったぜ!」をレポートするためのボタンツールバーでも用意したほうがいいんじゃなかろうか。

p95095yyp95095yy 2013/08/04 08:17 OTPといえば、SD OTP(One Time Programmable)を思い出します。SDカード自体が安くなってぜんぜん流行りませんでしたが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130709

2013-07-08 はてブは糞実装すぎて害悪でしかない件

[] はてブは糞実装すぎて害悪しかない件  はてブは糞実装すぎて害悪でしかない件を含むブックマーク  はてブは糞実装すぎて害悪でしかない件のブックマークコメント


私の一つ前に書いた記事(→ http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130702 )なのだが、はてブカテゴリー自動判別で「テクノロジー」に分類しやがったせいで、はてブブックマーク数が全く伸びない。


これだけ本文中に音楽用語を散りばめてあるのになんで「テクノロジー」なんだよ…。ホントはてブは糞実装だな!はてブなんか、とっとと無くなればいいのに!


おまけにはてブコメントで「音楽」とか「music」とかタグ入れてくれている人がいるというのに、どこをどう見ればこの記事が「テクノロジー」に見えるんだよ…。


twitterのほうでは音楽で飯を食っているようなプロの方々からこの記事が参考になったとツイートを頂戴している。(念のために書いておくが、私が素晴らしい記事を書いたという意味ではなく、その記事の大半は翻訳文書であり、元記事が凄くいい内容だったということである。) なのに、この記事をはてブが「テクノロジー」に分類しやがったせいで、本来届くはずのユーザーの目に触れないのは非常にもったいない


f:id:yaneurao:20130708065259j:image:w600


しかも、その右側(上画像の赤枠)に「年収1億円稼げる(かも知れない)仕事術」とか書いてあるんだけど(うちのブログの3年ぐらい前のブログタイトルである)、いったいどんな糞実装をしたらこんなことになるんだ。おまけにおむすびFaviconも、その当時のものだ。


ついでに言わせてもらうと、はてブではURLに使えない文字をURL encodeしてなくてもはてブできるようだ。(ブラウザプラグインか何かは知らないが)


a) http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130702%23p1

b) http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130702#p1

c) http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130702


正しくはa)のURLなのだが、b)のURLに対してもはてブできる。このb)のタイプのURLはてブしていく人も1割ぐらいて、ブックマーク分散してしまって、ブックマーク数が伸びない。b)みたいなURLは、a)にリダイレクトすべきである。ところが、実際はc)にリダイレクトされている。


そもそも、なんでこんなURL encodeしないといけないような文字("#")をブログの記事のURLに使ってしまうのか、はてなダイアリー(旧)の実装は理解に苦しむ。結局のところ、はてなダイアリー(旧)の実装と、はてブの糞実装との合わせ技でこのブログはすこぶる迷惑を被っているわけだ。

※ 個人的にはa)もc)にリダイレクトされて欲しい。ブックマーク分散して困る。


この場をお借りして、ついでに申し上げるなら、私は先月まで「はてなブックマークプラス」という月額280円のサービス課金していた。ところが、このサービスを申し込んでいるにも関わらず本文記事中で紹介したアマゾンの商品は、自動的にはてブのほうでは、アフィリエイトIDに"hatena-bf-22"をつけて紹介しやがるのである。これでは何のために「はてなブックマークプラス」を使っているのかわけがからない。


一応、はてブページにて自分自分アマゾンのアフィリIDをつけて紹介しなおすことは出来る。しかし、本文中で紹介しているものをわざわざまたカテゴリーを選択し、商品名を入れ検索したのちに紹介しなくてはならない。本当に萎える。おまけに、新商品だと「そのような商品は存在しません」と表示されて紹介できない。どんだけ糞実装なんだよ…。本当に萎える。


おまけに、全てのアマゾンカテゴリーが選択できないようで、先日、紹介できない商品があったので腹が立って「はてなブックマークプラス」を速攻解約した。何故、asin(アマゾンでの商品番号)を直接入力できるようにしとかないのか。これ作ってる奴、頭おかしいんじゃないかマジで思う。さもなくば、よほどアフィリをブログ主にさせたくないのか。


はてなブックマークプラス」を解約してしまったので、その証拠のスクリーンショットを撮れない。

2013/7/18追記。以前撮ったスクリーンショットが出てきたので掲載しておく。

f:id:yaneurao:20130718144924j:image


ついでに言うと、はてブは、ブログ主はてブに書かれたコメントに返信すら出来ない。よくもまあ、こんな仕様にしたなぁと思う。思想家東浩紀なら、「はてブブログ主を一方的にこき下ろすための非人道的な暴力装置である」とかなんとか言うんじゃなかろうか。(知らんけど)


この場をお借りしてついでに言わせてもらうなら、はてなダイアリーは、モバイルからアクセスをすべてモバイル用のページを表示してしまうような糞仕様である。これにより、アドセンスなどの広告が表示されず、広告収入が半減する。アフィリエイトはてなダイアリーが向かないゆえんである


いまどき、モバイルであってもスマフォ全盛であり、WebKitを搭載しているような最新ブラウザからアクセスを何故にモバイル用のページにリダイレクトしてしまうのか、本当にこれがまともな技術をもっている会社のやることなのか、疑問を抱かざるをえない。


ともかく、はてブは糞実装すぎて涙が出てくる。はてブは本当、害悪しかない。


「それだけ嫌っているなら、はてブ使わなきゃ(無視しておけば)いいじゃん」と言われるかも知れないが、私が使うとか使わないとかそういう問題ではないんだよ、これは。


例えば、機械学習を駆使して、その人にオススメの記事を推薦してくれるGunosy(グノシー)という人気のWebサービスがある。世間の人は、機械学習というとすごく賢く、知性を実現できる何かだと思われるかも知れないが、機械学習は何千とか何万というパラメーターの自動調整をすることに関して人間より優位性があるだけで、1020であれば人間が手で調整したほうがはるかにいい結果になる。


おまけに、Gunosyのようなレコメンドサービスのために使われている機械学習は、記事の本文を理解しているわけではないから、結局、はてブtwitterのようなソーシャルブックマークブックマーク数を指標として(入力パラメーター)として利用する。そうなってくると、機械学習学習させたときに、はてブブックマーク数といい記事との相関関係存在することが学習されてしまう。結果としてGunosyのようなレコメンドエンジンによってレコメンドされる記事は、はてブ数の多い記事となってしまう。


はてブが滅びるなら、Gunosyもこれ以上はてブのような糞実装のサービス依存することはないだろうけど、はてブが存続する限りは、Gunosyは今後もはてブを利用しつづけ、そして、今後もはてブ数を元にレコメンドしていくだろう。


はてブのような糞実装のソーシャルブックマークサービスが存続し、使われ続ける限り、インターネット全体の利益を損ね続けるのである

h_sakuraih_sakurai 2013/07/08 07:38 ソーシャルブックマーク自体は問題ないのでしょうか?
今のブログとソーシャルブックマークやtwitter、FaceBook等があるインターネットのコミニュケーションの取り方が良くわからないのですけど、どのようにしたらいいんですかね?

yaneuraoyaneurao 2013/07/08 07:55 はてブによりつけられたコメントに対してはてブ上でコメントを返せない仕様である(ブログ主であるのにそのコメントに対して非表示にすることすらできない)はてブ特有の問題だと私は思います。

コメントが出来ないタイプのソーシャルブックマークおよび、コメントを返信できる(例:twitter)タイプのSNSではこの問題は発生しません。はてブの他にもはてブのような仕様のソーシャルブックマークがあるかも知れませんが、とりあえずこの仕様で日本で普及しているのははてブだけですのではてブは罪が重いかなと。

> 今のブログとソーシャルブックマークやtwitter、FaceBook等があるインターネットのコミニュケーションの取り方が良くわからないのですけど、どのようにしたらいいんですかね?

ここは、お悩み相談室ではないんですのよ!ヽ(`Д´)ノプンプン

まあ、h_sakuraiさんはブログ向きでしょうから、延々ブログで良記事を垂れ流してください。

yaneuraoyaneurao 2013/07/08 08:08 「はてブ以外のソーシャルブックマークなら(はてブのカテゴリー判別のような)問題はないかどうか」ということでしたら、例えばtwitterで情報が拡散するときは、自動的に、その情報に対して興味の持つ集団(クラスター)の方向へ拡散(リツイート)されていきますから、記事の属するカテゴリーみたいなものがなくともうまく機能するんですね。

結局、はてブの問題点は無理やり記事をカテゴリー分類し、その分類が非常に精度の悪い自動判定であり、かつそれをブログ主が再編集できず、かつ、その自動分類された記事の所属カテゴリーに応じてはてブのホットエントリーのページに表示されるということなんですよね。

このようにはてブは何重にも間違った設計/実装になっているわけです。

yaneuraoyaneurao 2013/07/08 09:55 はてブのコメントに返信。
> isaisstillalive カテゴリなんて手動で変えればいいのに

うわー、変更できるのか、これ…。しかもブログ主以外でも変更できる。なにこれ…。

そんなわけで本文および、私の上記コメントで変更できないかの如く書いた部分は誤りでした。謹んでお詫び申し上げます。(いまさらなので本文記事の修正はしません)

yaneuraoyaneurao 2013/07/08 10:05 はてブが分散して困るという本記事に対するはてブがすでに下の2つに分散している。もう勘弁して…。(´;ω;`)

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130708%23p1
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130708

yaneuraoyaneurao 2013/07/08 12:21 > murishinai "読者の99%は退屈"だって内容を翻訳した記事のブクマ数が伸びると判断した理由を知りたい。カテゴリが原因ではないのでは……。

このブログの他の音楽関係の記事とそのはてブ数をご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/searchdiary?of=7&word=%2A%5Bmusic%5D

専門性が高かろうとまともな音楽記事であればこのブログでは4,50ぐらい行くのが普通であって、あの内容ではてブ数17とか、あきらかに異常値でしょう。twitterのほうでもそこそこ参照されているのに…。本当にもったいない。

se-kise-ki 2013/07/09 00:14 某糞会社ゲームの時もそうでしたが1ユーザーが切れるカードは「退会」しかないのでは?
不満を言いながら使い続けても「奴隷」扱いしかされないと思います。

やねさんが本気になれば(やるかどうかは別として)「俺が考える『こう実装すべき』が全て叶った代替サービス」を作ることができるので、
今後もこの環境にストレスを感じ続けるようなら本気で何とかさせる価値はありませんかね?

Ta(ryTa(ry 2013/07/09 06:06 そもそもa)とb)が同じ扱いなのはおかしいような。
b)とc)は同じとして扱って良いのだろうけど。

deztecjpdeztecjp 2013/07/09 08:31 1.URIに#は使えますよ。ページ内アンカーはidかnameの値を#で指定するのが基本。はてダは「日付単位で記事をまとめて表示し、ページ内アンカーで各記事にURIを与える」という「日記」サービスとして始まったので、各記事のアドレスに#が入るのは必然だと思います。(aとbの並立は、はてブの問題)
 ページ内アンカーが#と不可分なことは、HTMLの仕様を見れば明らかなんですけど、日常的にはWikipediaあたりを見ても「ああ、ふつうにつかわれているんだな」とご納得いただけるかと。
2.a)がc)にリダイレクトされたらおかしいです。ページ内アンカーに意味がないなら、アンカーを使わなければいい。見出しレベルにこだわらないなら、はてダでは見出しを*にせず、**にすればアンカーがなくなります。

yaneuraoyaneurao 2013/07/09 10:03 ↑*3
> 某糞会社ゲームの時もそうでしたが1ユーザーが切れるカードは「退会」しかないのでは?

とりあえず今日の記事のはてブがトータルで100を超えて1万PV以上あったので、退会するよりはいい訴求手段だったのではないかと思います。

↑*1
あっ…URIに#は使えるんですね。なるほど。a)がc)にリダイレクトされるとおかしいというのは、確かに私もそんな気はするのですが、旧はてなダイアリーですとこれはリダイレクトされて欲しい気がします。

> ページ内アンカーに意味がないなら、アンカーを使わなければいい。見出しレベルにこだわらないなら、はてダでは見出しを*にせず、**にすればアンカーがなくなります。

なかなか素晴らしいhackだと思うのですが、

**[music] xxxxx
↑カテゴリー

としてしまいますとキーワードとして認識してくれないようです。
** に対してキーワードを認識しないのは、仕様なんですかね…。うーむ。

キーワードが認識されないなら、そもそも見出しを用意する意味が私にはないのですが、よくよく考えてみますと、このブログにとってはブックマークが分裂するほうが痛手なので、見出しを用意するのをやめることにしたいと思います。

yaneuraoyaneurao 2013/07/09 17:09 と思ったのですが、とりあえず代替え案として、CSSのほうで

.date {
pointer-events: none;
cursor: default;
}
として、日付のほうのリンクを選択できなくしておけば、こちらへのはてブはしにくくなるのではないかと予想します。

また、twitterなどでリンクを紹介するときには、#p1とついているほうのURLを紹介するようにしてみることにします。

yaneuraoyaneurao 2013/07/09 17:21 さっそく新しい記事を投稿してきました…が、その新しい記事がはてブされまくらないことには、そもそも実験にすらならないという。

yaneuraoyaneurao 2013/07/10 07:52 ↑*2の試みは、どうやら成功のようで、(いまのところ)ブクマが割れなくなりました。これは素晴らしいhack!!(自画自賛)

fafa 2013/07/16 18:28 でもchrome以外では効いてないような>CSS

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20130708

2013-07-02 曲をクラシック風にアレンジするには?

[] 曲をクラシック風にアレンジするには?  曲をクラシック風にアレンジするには?を含むブックマーク  曲をクラシック風にアレンジするには?のブックマークコメント


まらしぃさんが新作の動画を見たのだが、なんかひどく単調なアレンジだなぁと思った。


進撃の巨人OP】「紅蓮の弓矢」を弾いてみた【ピアノ

D

もちろん、一曲にかける時間にはムラがあるわけで、あまり編曲や練習のために時間をかけて撮影していない動画に対して、時間をかけて編曲し、十分に練習したのちに撮影された動画比較してどうのこうの言うのは本来間違っていることではある。


まらしぃさんがうまいだの下手だの言うつもりは私には毛頭なく、もう少し音楽的な可能性を考えてみたいという意味において、ここでAnimenzさんの同じ曲に対するピアノ演奏動画を参考のために挙げる。


Guren no Yumiya - Shingeki no Kyojin OP [Piano]

D


Animenzさんは日本では無名に近いかも知れないが、アニメ曲を中心にピアノアレンジをしてYouTube動画を数多くアップされていて、動画再生回数まらしぃさんにも迫る勢いだ。


Animenzさんはクラシックっぽいアレンジがお好きらしく、例えば未来日記OP「空想メソロギヰ」は次のような演奏になっている。


Kuusou Mesorogiwi - Mirai Nikki OP 1 [piano]

D


次の動画原曲である


未来日記 OP フル 「空想メソロギヰ」 【歌詞

D


出来れば原曲と聴き比べてもらいたい。原曲よりずいぶんとピアニスティックな仕上がりになっている。ぶっちゃけ原曲よりいい感じの仕上がりになっていると思う。この曲をこのような形にアレンジしていく過程についてAnimenzさんが自身のブログに書いているので、以下に翻訳したものを書いておく。


■ 以下は、翻訳記事。

(元記事 : http://animenz.wordpress.com/how-to-arrange-in-classical-style/ )


今日は、私がいままでやったなかでもっとも変わった編曲についてお見せしよう。未来日記のオープニングのクラシック風のアレンジだ。


この編曲はいくつかの観点において特別である。なぜなら、


楽譜全体の3分の1は完全にオリジナル要素だ。これにより、編曲をより完全にし、クラシック風に仕立てている。

・これはそこそこ演奏が難しく、演奏には相応のテクニック必要である

・私がいままで書いたなかで最も長い楽譜である。(8ページ)

100%編曲に満足するまで、ここ数日で150回以上修正した。おかげで、終わるまでにずいぶん時間を要した。


楽譜ダウンロード

[Kuusou Mesorogiwi pdf + midi] (difficulty: insane)

http://sheethost.com/sheet/r7hZjR


注意。以下の文章は、私の編曲に対する信じられないほど長い音楽的な解説であり、読者の99%は退屈であろう。しかし、ある種の人々には、この手の編曲が興味深いということがわかるかも知れないちょっとした機会であろう。基本的な音楽的知識があるといいかも。



さて、あなたが、すでに私の編曲したものを聴いてくれたとして、あなたはこう思ったかも知れない。「なんだ? なぜ、この冒頭にオリジナル要素を追加したんだ?」


そうだな、私は編曲テクニックちょっとした実験をしたかった。だから、何か新しいことをやってみたくなり、曲の終わりにつける代わりに冒頭のところにオリジナル小節を追加した。


いまから、そのオリジナル区分(26小節ある)がここ数日でどのように発展してきたかを説明しよう。


この曲の導入部である、1つ目のテーマを見てみよう。


f:id:yaneurao:20130702101614p:image


この曲の冒頭は私にはコラールのように聴こえた(わかりやすく言えば、合唱団が歌ってるみたいだということだ)、そして、私はこういう仰々しいサウンドが本当に好きなのだ。(私はヴォーカル作品のファンである)


残念なことに、この部分は4小節しかなく、ギターのリフが突然割り込んでくる。それにより、この小さな導入部は中断してしまう。


から、私はこの最初テーマバロック風のプレリュード(前奏曲)を書くことによってこの部分を引き延ばそうと決意した。


もちろん、単にでたらめに追加するというんじゃなくて、最初テーマですでに提供されていたたくさんの音楽的な素材を使う。


例えば、私のオリジナル区分の冒頭は、1つ目のテーマ右手パートから始まる。


f:id:yaneurao:20130702101615p:image

5小節から6小節目にかけて、1つ目のテーマ右手



これは基本的に最初テーマバリエーションである左手にも同じ和音があることに注意。


このバリエーションは、最初テーマさらスピードアップさせたもので、右手に16分音符がある。これは、のちにくるテーマ伏線を兼ねている。



f:id:yaneurao:20130702101616p:image

ここは同じ音符を含んでいる。これは似たリズムパターンでもある。



さらに言うなら、私は下方向の移動の一種である新しいモチーフを導入した。これは1つ目のテーマ最初に現れる。


f:id:yaneurao:20130702101617p:image


そして、6-7小節目の右手にも現れる。


f:id:yaneurao:20130702101618p:image


続いて8小節目の左手にも。


f:id:yaneurao:20130702101619p:image


そのあと9-14小節目の右手にも再び。


f:id:yaneurao:20130702101620p:image


私は最近バッハをたくさん弾いていて、彼のピアノ作品には多くのcircle progression(訳注:五度圏を反時計回り、すなわち、上四度進行を繰り返すコード進行)が使われていることに気づいた。だから、私はこの曲を発展させるために同じ方法を用いたのだ。正確に言うなら、このcircle progressionは3度使った。一つ目は冒頭(四分音符)



f:id:yaneurao:20130702101621p:image



もう一つは真ん中(左手のみ示す)



f:id:yaneurao:20130702101622p:image



最後の一つは、終わりの方。



f:id:yaneurao:20130702101623p:image



バロック風の部分の荒々しいオクターブの前に、私は最初テーマの適切なフィナーレを追加したかった。だから、1つ目のテーマの終わりに現れるこのメロディーを持ってきた。



f:id:yaneurao:20130702101624p:image



そして、この小さなモチーフでフガートを作った。(訳注 : フガート(fugato)とは、交響曲などの一部に現れるフーガのような部分。簡単に言うと、音の高さを変えて同じモチーフが繰り返されること。) 威風堂々たる感覚を得るために、私は多くのオクターブと多くのコード右手に追加した。それは鍵盤の上半分をほとんどカバーする。


f:id:yaneurao:20130702101625p:image


獰猛オクターブが割り込んでくる前のブリッジも、1つ目のテーマ最初の小さなモチーフから作った。


f:id:yaneurao:20130702101626p:image


大事なことをひとつ言い残していたが、私はこの編曲のなかにLisztのパロディを追加した。24から28小節目にあるこのまだらの狂気じみたオクターブは、Lisztのピアノ協奏曲 No.1とほとんど同じものだ。オリジナルの区間に適切な終止を与える。(原曲にある突然のギターのリフと等価である) 私は、バタンとそれを終わらせようと思い、巨匠Lisztのピアノ協奏曲の導入部はどうか?と考えた。偶然にもLisztピアノ協奏曲と同じキーである。(Lisztのピアノ協奏曲は実際はE♭ majorであるが、今回の曲に適合する)




f:id:yaneurao:20130702101627p:image

Lisztピアノ協奏曲 No.1原曲ピアノ譜。



f:id:yaneurao:20130702101628p:image

今回の編曲では、若干変更してある。



さて、いまのところ以上が言うべきすべてである。言い忘れている隠されたモチーフが他にもあるだろうが、読者はもうすでに疲れているだろうから、これぐらいにしておこうと思う。


ところで、私はこの曲以外の自分のいままでの編曲に関しても、上で見てきたような「隠されたモチーフ」(を発展させていく編曲技法)を、時折使ってきた。


あなたが興味を持ってくれるといいのだけど。

 | 

1900 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 |


Microsoft MVP
Microsoft MVP Visual C# 2006.07-2011.06