Hatena::ブログ(Diary)

やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ このページをアンテナに追加 RSSフィード

GT-Rの買取ならここですわ。どこよりも高く買取ってもらえるはず。お勧め!GT-R 買取
電王戦出場記念! 書籍化されたで! 監修したで!(`ω´) 絶版なってしもた Kindle版で復活!! 記事書いたで!
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!

YaneuLabs / やねうら王公式 / やねうらおにメール / twitter / プロフィール

 | 

2014-01-10 やねうら王公式サイト

[] やねうら王公サイト  やねうら王公式サイトを含むブックマーク  やねうら王公式サイトのブックマークコメント

やねうら王公サイトのほう更新しました。


やねうら王公

http://yaneuraou.yaneu.com/

f:id:yaneurao:20140110142749p:image


上記サイトは、やねうら王2014の告知(?)以外に女の子のセリフを増やしたり、スマフォで見れるようにしときました。やねうら王2014にご期待ください。


あと、やねうら王は来月ぐらいに期間限定将棋倶楽部24にオートパイロット自動局後学習モード24時間放流するつもりです。お楽しみに。


■ やねうら王2014について


このブログの他の日の記事のコメントでも書いたのですが、バグを産む可能性があったり、ソースコード保守性を下げたりすることはせずに、なるべくソースコードを綺麗に保ちながらガンガン改良していくのが最近の主流なのかなと思っております


また探索は、Stockfishの探索手法以上のことは出来そうにないので、探索パラメーターを自動調整する“KO-BI-TOさん”フレームワークを開発し、探索パラメーターの調整に力を入れたいと思っています


あとNDF手法に関して論文が公開されれば評価関数パラメーターがいい感じに収束できるようになるのかと夢見ておりましたが、風の噂で聞いたところによると16コアXeon×8台でやって1回の収束が1ヶ月以上かかるらしく、個人開発者にとっては電気代、PC購入費ともに現実的手法ではないようです。


そこで、NDF手法のうち、学習させる局面を増やすhackである“水増し”メソッドのみを採用することにし、学習手法は新たに自分で開発します。これは、『ラーメンメソッド』(Apery作者平岡さんとやねうらおとの共同開発ラーメン屋で二人で考えたため)と呼びます。『ラーメンメソッド』が成功するかどうかはまだわかりません。成功すればボナンザメソッド以来のブレイクスルーと言えるかも知れません。


■ やねうら王のfloodgate参戦について


将棋倶楽部24と同時期にfloodgateのほうにも流します。おそらくR3000前後の点数になるかと思うのですが、floodgateのR3000将棋倶楽部24でいくらぐらいの点数なのかについてはいままでデータがなかったので貴重なデータが得られるのではないかと思います

usapyonusapyon 2014/01/10 15:15 将棋倶楽部24に24時間放流するのは2013年(今度の電王戦)バージョンでしょうか?それともやねうら王2014でしょうか?

yaneuraoyaneurao 2014/01/10 15:49 やねうら王2014はまだ影も形もないです。こちらはぼちぼち作っていきます。将棋倶楽部24に放流するのは2013年バージョン+αです。何か攻略みたいなものが発見されたら改良していきます。まあ、局後自動学習なので同じ手順でハマり続けることはないかと思いますが。

yaneuraoyaneurao 2014/01/10 21:03 ツイートに返信。

> くれすとさん@進捗できました! @thayamizu やねうら王 公式サイト -- The Computer Shogi Program http://yaneuraou.yaneu.com/  キャラ名わからないけどかわいい
https://twitter.com/thayamizu/status/421553530722193408

この女の子の名前は「詰野照子(つみのてるこ)」で、まわりからは「ツンデレ」と呼ばれております。(私の脳内設定)

>(無象) ‏@platoronical 3時間 @yaneuraoh ブログの更新いつも楽しみにしています。やねさんのところで使われてイラストっていうのはどなたが書かれていらっしゃるのですか? https://twitter.com/platoronical/status/421564266404007936

やねうら王公式の女の子は私の知人にお願いしました。その筋では有名な人なのですが、訳あって秘密です。それ以外の部分は私が描きました。

ぽぽんたぽぽんた 2014/01/10 23:52 前々から疑問に思っていたんですが、SETIとかUDみたいな分散コンピューティング的な感じで一瞬で学習を収束させるのは難しいんでしょうか?

フレームワークというかプラットフォームさえ作ってしまえば参加するコンピュータは、将棋ファンの数を考えると、それこそかなりな台数いそうな気がするんですが・・・

yaneuraoyaneurao 2014/01/11 01:14 ↑Xeon 16コア×8台ですとCorei7のハイエンドマシン40台分ぐらいなんだと思いますが、なかなかその人数に常時参加はしてもらえないのではないでしょうか…。

あと参加してもらえる仕組み(サーバーで参加者を管理したり、学習のためのソフトがアップデートしたときにそれをアナウンスする仕組みなど)を作る手間が発生しますから、その開発コストを考えると個人でやるのはなかなか難しいですね。

ssssss 2014/01/11 01:35 学習だけならGPGPUで何とかならん物なのかなぁ・・・Xeon 16コア×8台で1回まわすだけで1ヶ月とか・・・・だから暫くfloodgate参加してなかったのか・・・

yaneuraoyaneurao 2014/01/11 01:42 ↑未公開情報で、ここに書くとまずいかも知れないのでもしかしたらあとで消すかもですが、NDFの学習に要する時間のうちの8割程度は探索にかかっている時間でして、コンピューター将棋の探索自体がGPGPUで実現できていない現状では、この部分をGPGPU化するのは不可能なんです…。

ssssss 2014/01/11 17:58 そう言えば、アピール文書に「矛盾を探して、修正する」って書いてたね(floodgateに常駐してるのもそのためだと)・・・その矛盾を見つけるのに時間がかかってるのか・・・(´・ω・`)

testtest 2014/01/13 22:00 電王トーナメントは、ドスパラがPCを用意するそうですが、次回のトーナメントの使用PCの搭載CPUが、Broadwellの可能性が考えられます。

やねさんもそれに合わせて、CPUを買い換えるのでしょうか?
そうすると相当な出費ですね。

yaneuraoyaneurao 2014/01/14 00:58 ↑HaswellかBroadwellの6コアが出たら買います!出費!?電王戦トーナメントに出て回収だッ!!!

り 2014/01/15 22:31 > 16コアXeon×8台でやって1回の収束が1ヶ月以上かかるらしく

前の記事の話ですんません。
いくつかの将棋ソフトではとんでもない量の計算をしています。
けど、ここまでの計算量なら遺伝的アルゴリズムやニューロなどの
別のアプローチからのチャレンジもありなんではと思えます。

これって非現実的でしょうか?

yaneuraoyaneurao 2014/01/16 13:24 遺伝的アルゴリズムで平方根を求める人がいないように、数値解析に近いものは遺伝的アルゴリズムは向かないでしょうね。また、評価関数自体をニューラルネットやdeep learningを使うものに変えるのは、成功するかも知れないアイデアですが、Bonanzaの三駒パラメーターの学習には直接的には使えないでしょうね。(間接的には使えるかも知れません。)

かず@なのはかず@なのは 2014/01/18 20:51 24に常駐する場合、ソフトはどうするのでしょうか?

yaneuraoyaneurao 2014/01/18 22:41 ↑オートパイロットで接続するためのソフトという意味でしたら自作です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20140110
 | 

1900 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 |


Microsoft MVP
Microsoft MVP Visual C# 2006.07-2011.06