Hatena::ブログ(Diary)

やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ このページをアンテナに追加 RSSフィード

GT-Rの買取ならここですわ。どこよりも高く買取ってもらえるはず。お勧め!GT-R 買取
電王戦出場記念! 書籍化されたで! 監修したで!(`ω´) 絶版なってしもた Kindle版で復活!! 記事書いたで!
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!

YaneuLabs / やねうら王公式 / やねうらおにメール / twitter / プロフィール

 | 

2014-06-08 PonaXの出来がひどすぎてamazonのレビューが大荒れの件

[] PonaXの出来がひどすぎてamazonレビューが大荒れの件  PonaXの出来がひどすぎてamazonのレビューが大荒れの件を含むブックマーク  PonaXの出来がひどすぎてamazonのレビューが大荒れの件のブックマークコメント


昨年の電王トーナメントで優勝したPonanzaがPonaXとして商品化された。定価13,824円と比較的高めの設定だったが、「高すぎやろw」という棚瀬さん(東大将棋の作者)のツッコミに対して「それだけの価値はありますよ」と自信満々の山本君(Ponanza作者)。


f:id:yaneurao:20140608034533p:image

https://twitter.com/issei_y/status/453474099461758977


ところが、発売後、PonaXがあまりにも出来がひどいのでアマゾンでのレビュー将棋ソフトとしてかつてないほど荒れ放題となっている。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JH47X2S/aaaaab0c-22/ref=nosim

※ PonaXがどうひどいのかについて、ここには書かない。具体的な内容はアマゾンのレビューを見ていただきたい。


ここでは長文になるのを避けて

・何故、作者が直接批判されるのか

・PonaXがどれくらい強いのか

の2つに絞って書く。


■ 何故、作者が直接批判されるのか


まず、PonaXが将棋ソフトとして機能面で不足している感は否めないが、バグまわりに関しては、修正パッチでなおるレベルだと私は思う。修正パッチリリースされる前から大騒ぎするほどのことではないと私は思う。


あと、思考エンジン部以外は山本君が書いているわけではないのに、バグなどについてエンジンの作者(山本君)にtwitterで問い合わせるのはどうなのかという気はする。


こうなってしまった経緯を考えるに、販促用のPV山本君が自ら「神の一手を体感せよ!」とか言っていたが、こういう販促のために作者(思考エンジン開発者)が前に出て宣伝をするような宣伝の仕方をするから、何かあったときに、それが作者由来の問題ではなくとも、すべて作者のほうにtwitterなどでクレームが来るなど、矢面に立たされるのではないかという気がする。


D


山本君は思考エンジン提供しただけで、また思考エンジン側に不都合はないことは明らかなのに、このような批判のされかたは全くもって理不尽だと私は思う。


マスターアップ前に商品クオリティを思考エンジンの作者としてチェックすべきだったなどという意見もあるが、この手の製作物ではスケジュール上、そういう機会が作者に与えられるとは限らないわけである。また、山本君は製品クオリティコントロールをする立場ではないし(そのへんはディレクター/プロデューサーとかの仕事)、例えば、機能面で不足していることがわかっていたとしても、それをディレクターに進言できる立場でもなかったんだろうなぁと思う。


あと、電王トーナメント/電王戦以降、将棋ソフト開発者プロ棋士と同系列に扱われることが多くなったが、将棋ソフト開発者なんてただのプログラマであって、本来テレビメディア露出することのほうがおかしいわけであるしかソフト名だけを出して、将棋ソフト開発者のほうにスポットライトを当てないのでは興業的に成り立たないためか、変に脚光を浴びるようになり、今回のPonaXの一件のように作者としてそれ相応のリスク(何かあったとき反動のきつさ)を背負うようになった。


芸能人タレント業ならいざしらず、一介のプログラマがこのようなリスクを背負うのは何か状況的におかしいのではないかと思うのだが、いまさら嘆いたところでどうにもならない。


■ PonaXがどれくらい強いのか


PonaXをインストール後、将棋からエンジン設定をすれば、将棋所で使えるらしい。


PonaX 非公式マニュアル

http://www.ne.jp/asahi/to/yuuhi/ponax_00.html


じゃあ、もう、PonaXの将棋所以下の糞みたいなGUIは要らないじゃんということで、「PonaX、最高です!値段は高いですが、それだけの価値はありますね!!」といきなりPonaX信者豹変するのが私である


知らない人のために言っておくが、PonaXは2013年電王トーナメントPonanzaと同等である。つまり駒落ちは確かにひどく、2枚落ちだとPonaXが穴熊に囲いやすく、これではアマ10級ぐらいでも勝ててしまうだろう。(ニコ生で今年の3月芸人小籔千豊さん(アマ1級)が、Ponanzaに2枚落ちで勝っている。) この意味においては、10年以上前に発売された東大将棋であれ、これよりはマシだという意味はある。


私は駒落ちなんかどうでもいいので話を先に進める。


まず、思考エンジンであるが、32bitモードで動作している。64bitモードではないので、おそらく64bit版にコンパイルされたPonanzaと比べると10%ぐらい遅いと思う。おまけにx86用しかなく、SSEも使ってないのではないかと思う。普通は、64bit版のバイナリやSSE2/4が使える環境用なども用意して、64bit環境ならば64bit版が起動するようにするのだが、「そんな小細工しなくともPonanzaは最強!」みたいなことなのか64bit版などは用意されていない。まあ、実際最強なんだからいいじゃん。


次に、置換表(ハッシュ)設定は、小さめ(512MBぐらい)にすること。32bitモードからまり大きくすると確保に失敗する。確保に失敗していても停止するわけではない。このとき、そこはかとなく弱くなっているのだが、それでもBonanzaよりは強いようだ。置換表が確保できていない(?)のにBonanzaより強いというのが驚異的で、ちょっとしたミラクルであるのだが。(もしかしてFPGAでコンピュータ将棋、評価関数さえ軽量化すればBonanza以上の強さのものが作れるんじゃまいか…。)


それからHT(HyperThreading)、これは有効にしておいたほうが良い。有効にしているとタスクマネージャーで見るとCPU負荷率は50%になるが、この状態で正常。すべてのコアはきちんと動いているし、将棋所上のレスポンスも良くなるので(HTの余っているスレッドGUIを受け持つので)、お勧め


電王トーナメントときにやねうら王が秒読み時に9秒のところで指し手を送っているのにタイムアウトになっていて、これ何とかしないと…みたいな話を当時このブログに書いたが、あのあとaki.さんから「(別スレッドタイマー監視しているのであれば)HTをonにしているとそれは防げませんか?」と言われて、なるほどと思った。


ともかく、HTは有効にして、CPU負荷率50%。これが正常動作&お勧め設定。


さて、気になる勝率のほうであるが、Bonanza6にはほぼ負けなし。負けがなさすぎて、相当の試合数をやらないと正常なサンプルがとれない。100局しか試してないので具体的な数字を書くのは控える。もちろん勝率9割は優に超えている。


GPSfishに対しては勝率7割強。


いま開発版の最新のやねうら王は、先月の世界コンピュータ将棋選手権で優勝したAperyとやっても同等以上であると思うが(Aperyの3月度版には現バージョンは6割弱勝ち越し。Aperyは3月から5月の間でさほど改良はされてないと思う)、このやねうら王が勝率3割強。200局しかやっていないのであまり正確でもないと思うが、R150前後の差はあるのだろう。


この開発版のやねうら王は将棋倶楽部24自作の5万円PC(CPU = Core i7 4771)にてR3200を突破し、おそらくはR3300〜3350はあると思われるソフトである。これよりまだR150強いのだから、5万円PCであれ将棋倶楽部24にてR3450〜R3500クラスであるのは確実。個人的には、これだけ見ても値段ぐらいの価値はあると思うが、「R3000もR3500も棋力がR2000にも満たない人には変わらないジャン」みたいな人にはこの価値はわかってもらえないのかも。


ともかく、PonaX、5万円PCでR3500という価値のわかる人は買えばいいと思うよ。


■ 2014/6/13 22:00 追記


マイナビ、PonaXの回収・返金を発表

http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-771.html


amazonのマーケットプレイスでは一転してプレミア価格に!

loglog 2014/06/08 04:51 > 将棋ソフト開発者なんてただのプログラマであって、本来テレビやメディアに露出することのほうがおかしいわけである。
> 芸能人やタレント業ならいざしらず、一介のプログラマがこのようなリスクを背負うのは何か状況的におかしいのではないかと思うのだが、いまさら嘆いたところでどうにもならない。

これは将棋ソフト開発者に限らずとも言えることですよね。
どんな業種でも何か注目されるきっかけがあれば露出が(本人の意思によらず)起こり得ると思います。
その場合にリスクを背負うというデメリットはありますが、一方で認知される(有名人になる)ことによるメリットもありますよね。
メリットなんていらないから露出したくないという姿勢であったのであれば理解できますが、デメリットだけに注目して嘆いているというのはどうかと思います。

> あと、思考エンジン部以外は山本君が書いているわけではないのに、バグなどについてエンジンの作者(山本君)にtwitterで問い合わせるのはどうなのかという気はする。

問い合わせている人を擁護するわけではないですが、山本氏に問い合わせようと思うのは Ponanza = 山本氏という認知のされ方である以上、当然なように思います。
いや、「山本君は思考エンジンを提供しただけで、また思考エンジン側に不都合はないことは明らか」ではないと思います。
ソフトを買う一般の人が「思考部」とそれ以外を区別して考えられるでしょうか。
「山本氏は PonaX の開発者」だと思ってしまうのは自然ではないですかね。

> マスターアップ前に商品のクオリティを思考エンジンの作者としてチェックすべきだったなどという意見もあるが、
> (中略)
> それをディレクターに進言できる立場でもなかったんだろうなぁと思う。

この主張は同意です。私も開発・制作に関わる人間なのでこのあたりのやねさんの言い分には納得できます。
なので山本氏は思考部を開発しただけ、他の部分は山本氏の責任ではない、という前提で「作者としてチェックすべきだから、山本氏にも責任があるのは当然」という意見に対しては反感を覚えます。

> ともかく、PonaX、5万円PCでR3500という価値のわかる人は買えばいいと思うよ。
後半の内容も読みましたが、やねさんの結論は真理だと思います。

ただ、(PonaX、5万円PCでR3500という価値の分からない)一般的な将棋ソフトを求める一般人からすれば、GUIが使いづらいという時点で低い評価になるのは仕方ないと思います。
レビューにもありましたが、ソフトの強さだけを求める人には悪くない、というのは商品として世に出る将棋ソフトにとってはターゲットを絞り過ぎでしょう。

山本氏が悪いとは(やねさんの書いた理由で)思っていませんが、
PonaX というソフトの開発側に思うのは、そういう種類のソフトなら最初からそれを前面に押し出せば良かったのではとは思いました。
それをやらずに「PonaX、5万円PCでR3500という価値しかないソフト」に成り下がっている PonaX への Amazon の酷評レビューは妥当なように思います。

悪いのは、関係者(山本氏とか例えばやねさんとか)のレビューなしで製品化してソフトを世に出した
> (そのへんはディレクター/プロデューサーとかの仕事)
とかその辺の人達。目先の期日しか目を向けず将来性を無視する馬鹿な輩が悪い。

yaneuraoyaneurao 2014/06/08 16:18 ↑特に反論はないのですが、気になったのでひとつだけ。
> いや、「山本君は思考エンジンを提供しただけで、また思考エンジン側に不都合はないことは明らか」ではないと思います。

https://twitter.com/issei_y/status/471971914718523392
> 山本 一成@電王 ‏@issei_y 5月29日
> @shoaniwo ご連絡ありがとうございます。教えて頂いてありがとうございます。私自身は思考エンジンしか提供してない状態で、正直困り果ててます。

彼のtwitterはこのケースにおいて比較的オープンな情報に属すると思うので、これをもって「自明」と私は書きました。一般ユーザーが知っていることを前提に話を進めるわけではないですが、twitterで彼に問い合せているような人ならば比較的簡単に得られる情報ではあると思います。

HTHT 2014/06/08 16:42 >ともかく、HTは有効にして、CPU負荷率50%。これが正常動作&お勧め設定。
HTを有効にすると、PONANZAはともかく、他のソフトが弱くなってしまうのではありませんか?そうすると正確な実力関係が把握できなくなってしまうような気がするのですが。

り 2014/06/08 19:41 この記事の本題からは、ずれますが
> やねうら王が勝率3割強
コンピュータ将棋という世界に、そこまで強くなる余地がまだあったというのが驚きだし、その化け物じみた強さがもし「探索パラメタを根性の手調整」に起因するのものだったなら、もう意味が分かりません。

普通に想像すると、手で変えても全体のバランス絶対崩れるだろと思います。

yaneuraoyaneurao 2014/06/08 22:36 ↑*2 HT有効にしても、思考エンジンの思考スレッド数設定を物理コア数(論理コア数ではない!)にしておけば、自動的にロードバランスされる(各物理コアに思考スレッドが1スレッドずつ割当たる)ので、ほとんど弱くはなりません。これはどの思考エンジンでもそうです。
↑*1 やねうら王の評価関数は差分高速化しているものの、精度的にはBona6より少しいい程度(+R50程度?)なので、NDFの例からするとまだ+R300ぐらい伸びる余地はあるわけで、そう考えるとPonaXはまだ+R150ぐらいは伸びるのでしょう…。今年の電王トーナメントではそれくらい強くなったPonanzaが見られるのかも。

yaneuraoyaneurao 2014/06/09 06:07 ツイートに返信。
https://twitter.com/kazu_nanoha/status/475452889347813376
>かず@なのは ‏@kazu_nanoha 19 時間
>@yaneuraoh 独自Ponderが有効になっていて、Bona6にリソースが回ってない、なんてことはないでしょうか?

タスクマネージャーでCPU負荷見ても将棋所上でPonaXを動かした場合、ponderしてないようなのでそのへんは問題ないですね。

merom686merom686 2014/06/09 10:29 > PonaXは2013年の電王トーナメント版Ponanzaと同等である

http://www.4gamer.net/games/256/G025688/20140512034/
ここに「電王戦からさらに進化した最新バージョンが搭載されているとのこと」とありますが、
これは「第2回電王戦からさらに進化した第1回電王トーナメントバージョン」という意味なのでしょうか。

yaneuraoyaneurao 2014/06/10 07:14 ↑たぶんそういう意味なのでしょう。
参考)
https://twitter.com/issei_y/status/454683045245632512
> 山本 一成@電王 @issei_y
> @shogisoftsuki @anonaossan 電王戦バージョンですよ。csaサーバーとかは対応してません。

yasutako9yasutako9 2014/06/10 15:36 社交性のゲームであるビジネスで団体責任が問われるのは当たり前かと。それを踏まえて、監督、ネゴシエーションをするのは当たり前では?

chikatilochikatilo 2014/06/12 18:00 でももう少し待ったらPonanzaよりもっと強いやねうら王が発売されるんでしょう?

poppop 2014/06/12 19:06 作者は注目されたくない、露出したくないと思っているのですか?

mswarmswar 2014/06/13 10:58 なるほど、羽生将棋で羽生さん叩くような話だったわけですね。。。
(思考部分だけ提供してる人間が、販促にも使われる)

yaneuraoyaneurao 2014/06/13 13:49 ↑*3 やねうら王がPonaXに勝ち越せるようになったら考えます。(´ω`)
↑*2 思考エンジンの作者によるのでは。露出することがプラスになる人もいれば、何の得にもならないと考えている人もいるでしょうし。私は総合的にはプラスだと思っていますが、マイナスの側面も馬鹿にならないような…。

徘徊徘徊 2014/06/14 07:45 記事と関係ないのですが、Googleで「やねうらお」と検索しても
このHPが検索結果に反映されなくなっています。今流行りのGoogleの言葉狩りでしょうか?

yaneuraoyaneurao 2014/06/15 15:23 ↑普通に1位に出ますけども…。cookieを削除するか、シークレットモードで試すか、検索結果URLに &pws=0 をつけるかしてニュートラルな状態で検索してみてください。

わからん人わからん人 2014/06/17 00:41 露出することのマイナスはやねさんほどわかってる人はいない気がする……。
電王戦のあれを経てやねさんが露出を総合的にプラスと思ってるのは意外でした。

yaneuraoyaneurao 2014/06/17 08:01 ↑私の場合、電王戦はいまのところ仕事上は何の影響もないですし(プラスの影響もマイナスの影響も)、電王戦を経て人脈が増えたメリットのほうが大きいです。逆に、仮に私が普通の会社員とかだったら、この手の炎上は仕事に支障が出て大変だったでしょうね…。普通の会社員だったなら私は電王戦、出てないと思いますし。

り 2014/06/21 03:42 将棋やボカロとは全く関係ありませんが、サッカー盛り上がっていますね。
人工知能の課題としてロボットにサッカーやらせるロボカップがあるんですが、人工知能に興味を持ち、コンピュータ将棋も作っちゃうやねうらおさんは、ロボットにサッカーやらせるとしたらどんなプログラムを作りますか

みたいな会話が盛り上がるのもワールドカップのシーズンだけだろうな

yaneuraoyaneurao 2014/06/21 12:50 ↑相手のプレイヤーあっての味方チームの作戦を最適制御するのは、麻雀の思考ルーチンのようになりますね。麻雀の思考ルーチンについて詳しいことはまたいずれ…。

ジャックジャック 2014/06/22 10:52 サキどり見ました。
やねうらさん真面目でしたね。

り 2014/06/25 00:27 wikipediaで「ロボカップ」のページのシミュレーションリーグ読むとかなり人工知能ぽいゲームみたいですが、やねうらおさんんも今後時間が作れたらこれに参加してみたいなあ

なんて気持ちもありますか?

ジャックジャック 2014/06/27 23:10 2014年7月19日の電王戦リベンジマッチ 習甦VS菅井竜也さん 
どちらが勝つと予想しますか?

前にもツツカナVS船江恒平さんどちらが勝つと予想するか聞いたのですが
その時は、私の見立てでは船江五段、やや有利と言うところです。
と予想されてました。

今回はどちらが有利なんでしょう?
持ち時間8時間らしいです。

yaneuraoyaneurao 2014/06/27 23:47 ↑私は、菅井五段のほうが有利だと思いますね。習甦と菅井五段なら実力的には互角ぐらいなので、以前の(貸出時の)研究が生きるというのと、長時間になれば人間側有利でしょうから…。

り 2014/07/08 07:22 サイエンスzero
プロ棋士大苦戦! 進化する将棋コンピューター
2014年7月12日(土) [Eテレ] 昼0時30分〜
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp470.html

やねうらお氏の映像も流れるのかな?

Ta(ryTa(ry 2014/07/12 11:10 これ、見なあかんやつや。

名無し名無し 2014/07/19 01:13 「スタープログラマー」が活躍していた時代を思い出しました。
電波新聞社のソフトなんか、タイトルにプログラマーの名前がドーンと出てましたね。
そう思うと、将棋ソフトの世界は、プログラマーが表舞台に立てる(立たされる)商業的に未開の分野なのでしょうね…。

たまねぎ坊やたまねぎ坊や 2014/07/25 13:19 今年の2014電王トーナメントは見どころがいっぱいですね。
PONANZAの連覇やAperyの選手権とともに完全制覇、昨年調整不足で出なかったGPSの復活等、見どころがいっぱいですね。
やねさんも、そろそろ頂上とってください!
でもってソフト化もお待ちしてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20140608
 | 

1900 | 01 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 |


Microsoft MVP
Microsoft MVP Visual C# 2006.07-2011.06
Connection: close